有機機能材料学特論II

講義要領

日程

隔年開講 2016年度の講義はありません。

目的

生体分子工学,分子集合体化学,超分子化学等における分子モデリングの位置づけと有用性を理解し,その具体的な方法について習得する。

内容

  • 各種近似法
    • 分子力学法
    • 分子動力学法
    • 半経験的分子軌道法
    • ab initio分子軌道法
    • 密度汎関数法
    • 摂動法
    • 配置間相互作用
  • 解析法
    • 構造最適化
    • 励起状態計算
    • 反応経路解析
    • 基準振動解析
    • 磁気遮蔽定数
    • 溶媒効果

発表会について

講義資料

予備知識

力学・量子化学の初等知識(学部2年生レベル)

レポート課題

Topに戻る