ニュース
ニュース
トピックス
【報告】第5回OHOW公開講演会開催(開催日:2022/10/18)

 ワンヘルス・ワンワールド連携研究機構(OHOW)は、10月18日(金)にウェビナー形式で第5回公開講演会を開催した。機構長である本所 竹内 渉 教授の開会挨拶ののち、本所の 松永 行子 准教授 (医用バイオ工学)が「毛細血管から美と健康を考える」、本所の米田 美佐子 特任教授 (応用獣医学)が「新興ウイルス感染症の基礎的研究とワクチン開発」と題して、それぞれ話題提供が行われた。微小血管を対象とした研究に従事されている松永准教授の講演では、血管が再生する様子を可視化できるデバイス開発の最新情報、カンパチ・青ミカン・生姜・ヒハツ・シナモン・スターフルーツなどが毛細血管力を高めること、デザイン・アート分野と連携したDIYヘルスへの取り組み、 Attune 毛細血管観察自動化システムの紹介などが行われた。ワクチン開発に取り組まれている米田特任教授の講演では、バングラデシュやインドでなおも流行している致死率70%のニパウィルスのワクチン開発に成功されたこと、より簡便で迅速な検出法を確立し疫学調査に役立てるための取り組みをされていること、新型コロナウイルスに対する組換え麻疹ウイルスワクチンの開発の紹介などが行われた。今後は12月8日(木)-10日(土)にタイ王国のパタヤで対面開催するThe 1st International Symposium on One Health, One World、2023年3月3日(金)の第6回公開講演会に向けて準備を進める予定である。

 (人間・社会系部門 教授 竹内 渉)

HP画像1.png

月別アーカイブ