ニュース
ニュース
トピックス
【報告】「2022 COMMON GROUND Symposium in NYC」を開催(開催日:2022/10/13)

 10月13日(木)現地時間夕刻(日本時間14日(金)早朝)、東京大学ニューヨークオフィスとの共催にて、「2022 COMMON GROUND Symposium in NYC」が開催された。オフィスに程近いCornell Techキャンパス内のVerizon Executive Education Centerが会場となり、多くの方々にご来場、またはオンラインでご視聴いただいた。

 実空間の建築・都市・地域をサイバー空間上に精緻に再現し、両空間の自在な相互連携の基盤となるコモングラウンドをテーマに、本所 インタースペース研究センターの研究者の他、米国のアカデミアやテック産業で活躍する専門家にご登壇頂いた。

本シンポジウムは、本所 岡部 徹 所長による開会の挨拶の後、本所 野城 智也 センター長・教授から、コモングラウンドの構築、オープンプラットフォーム化を目指し、アカデミア・産業界によるグローバルで包括的なアプローチを呼びかける形で始まった。

 続いて、本所 豊田 啓介 特任教授によるコモングラウンドの基礎概念の解説、本所 三宅 陽一郎 特任教授によるゲームエンジン・AIの特性および実空間での実装可能性に関する基調講演を行った。パネルディスカッションでは、米国のアカデミアおよび産業界から4名のパネリストを招き、実空間とデジタル空間の融合などにより生み出される様々な可能性や、将来に向けてのコラボレーションを議論し、今後のコモングラウンドをテーマとした様々な共同研究や連携による発展を大いに期待させつつ、盛会の内に終了した。

 (総務課広報チーム 菊地 妙子)

上段.png
左から 岡部所長による挨拶、野城センター長による講演

中段.png
左から 豊田特任教授による講演、三宅特任教授による講演

下段トリミング.png
パネルディスカッションの様子

月別アーカイブ