研究グループ
研究グループ
地球環境工学研究グループ
地球環境工学研究グループ

research-group-earth.jpg
生研NAOO受信システムによる東アジア地域の植生 モニタリング

地球環境を把握するうえで,長期にわたり広い範囲の状態を均一な精度で観測するとともに,数値モデルによるシミュレーションによって将来の状態を予測・評価することは不可欠である。本研究グループでは,地球環境の現状を準実時間で把握し,人間活動の影響も考慮しつつ将来推計を行うことにより,人類の未来を切り開く礎となる情報を提供することを目的として,衛星観測システム,高速コンピュータネットワークシステム,巨大データベースなどを駆使した新世代の地球環境監視・予測技術の研究・開発活動を展開している。また,地球環境工学分野の研究者間の情報交換の場として生研フォーラム「広域の環境災害リスク情報の収集と利用」を開催している。