生研で学びたい方へ

本所では、独自に入試を行っておりません。本所の研究室で研究されたい場合は、該当する先生の所属する研究科・専攻を受験してください。
本所に所属している先生がどの研究科・専攻に所属しているかは、研究者をご覧ください。

入試日程はこちら

各研究科へのお問い合わせはこちら

在留関係の手続きや住居等に関する情報は、本学の公式サイトを参照願います。

東京大学の公式サイトはこちら

駒場リサーチキャンパス日本語教室

研究活動の傍ら日本語を学ぼうという人たちのために、本学の日本語教育センターが駒場リサーチキャンパスにて開講しているコースです。夏学期(4月~7月)と冬学期(10月~2月)の年2回開催しています。

詳しくはこちら

本所は様々な専攻の研究室で構成されており、専門分野の垣根を越えた交流が盛んに行われています。また、海外からの留学生、研究者がとても多く、国際色が豊かなことも特徴です。同じキャンパスに位置する先端科学技術研究センター、駒場オープンラボラトリーとの交流も盛んです。ここでは、そのような特色を感じることが出来る本所ならではの行事を紹介します。

駒場リサーチキャンパス公開

東大駒場リサーチキャンパス公開は、毎年 6 月に開催される一大イベントで、本所、および先端科学技術研究センター、駒場オープンラボラトリーなどの研究機関が一緒になり、これら研究所で行われている研究を広くご紹介し、発信する場となっています。ポスター発表やロボットの実演、体験型イベントなど、各研究室が趣向を凝らした展示を行い、普段は立ち入ることの出来ない研究室内部の見学や、世界トップクラスの研究者たちによる最新の研究成果などに触れられる貴重な機会となっています。
企業や他研究機関の研究者はもちろん、近隣住民や未来の科学者である小中高生も数多く訪れています。

シンポジウム

本所内のコンベンションホールを利用し、各種学会、シンポジウム、セミナーが盛んに開催されています。トピックはエネルギー、海洋、資源など多岐にわたり、内外の著名な先生方や企業の方を招いて講演が行われます。その分野の研究に携わる研究者はもちろん、一般の方が参加できるものも多数あります。学生は無料で参加できることも多く、学術的な見聞を広げる場として有意義に活用することが出来ます。

国際交流

国際的な交流、親交を深める場として、先端科学技術研究センターと合同で国際交流イベントが毎秋開催されています。過去のイベントでは、キャンパスの中庭を利用し、屋台では各国の料理が提供され、ステージでは舞踏、音楽などのパフォーマンスが行われました。

スポーツ

良い研究成果を生むには、適度なリフレッシュも大切です。駒場リサーチキャンパスでは、テニスやサッカーで体を動かす人も多く、身分や所属を超えた交流の場ともなっています。研究室や部局対抗でのテニス大会、サッカー大会、駅伝大会も開催されます。トレーニング室、卓球台も利用可能です。

生研ニュース「キャンパスライフ特集号」

本所での研究生活を紹介することを目的として生研ニュース「キャンパスライフ特集号」を発行しています。

詳しくはこちら