Hideki Kikumoto
and Lab.

Reports 論文

Peer-review journals

2018

  • Fei Xue, Hideki Kikumoto, Xiaofeng Li, Ryozo Ooka
    Bayesian source term estimation of atmospheric releases in urban areas using LES approach
    Journal of Hazardous Materials, 349, 68-78, 2018.5
    doi: 10.1016/j.jhazmat.2018.01.050
  • Keigo Nakajima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Evaluation of k-ε Reynolds stress modeling in an idealized urban canyon using LES
    Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, 175, 213-218, 2018.4
    doi: 10.1016/j.jweia.2018.01.034
  • Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Performance verification of typical and design weather year by thermal load calculation targeting office building
    Building Services Engineering Research and Technology, 014362441875437, 2018.1
    doi: 10.1177/0143624418754377
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Mengtao Han, Keigo Nakajima
    Consistency of mean wind speed in pedestrian wind environment analyses: Mathematical consideration and a case study using large-eddy simulation
    Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, 173, 91-99, 2018.2
    doi: 10.1016/j.jweia.2017.11.021
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    Large-eddy simulation of pollutant dispersion in a cavity at fine grid resolutions
    Building and Environment, 127, 127-137, 2018.1
    doi: 10.1016/j.buildenv.2017.11.005
  • Wonjun Choi, Hideki Kikumoto, Ruchi Choudhary, Ryozo Ooka
    Bayesian inference for thermal response test parameter estimation and uncertainty assessment
    Applied Energy, 209, 306-321, 2018.1
    doi: 10.1016/j.apenergy.2017.10.034

2017

  • 中島慶悟, 大岡龍三, 菊本英紀
    LESを用いた温度成層下の都市キャニオンにおける標準k-εモデルの乱流フラックスモデリングの妥当性評価
    日本建築学会環境系論文集, 第82巻第740号, 893-903, 2017.10
    Keigo Nakajima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Validity evaluation of turbulent flux modeling in standard k-ε model within and above urban canyon under various conditions of thermal stratification using LES [in Japanese]
    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ), 82(740), 893-903, 2017.10
    doi: 10.3130/aije.82.893
  • Fei Xue, Xiaofeng Li, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Weirong Zhang
    Turbulent Schmidt number for source term estimation using Bayesian inference
    Building and Environment, 125, 414-422, 2017.11
    doi: 10.1016/j.buildenv.2017.09.012
  • Hiroki Yokoyama, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Study of mobile measurement for detailed temperature distribution in a high-density urban area in Tokyo
    Urban Climate, In Press, 2017
    doi: 10.1016/j.uclim.2017.06.006
  • 横山広樹, 大岡龍三, 菊本英紀
    気温計測に基づく移動計測手法の適用可能性に関する検討: 移動計測を用いた高密度市街地における大気環境の高解像度観測 その1
    日本建築学会環境系論文集, 第82巻第738号, 767-777, 2017.8
    Hiroki Yokoyama, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Study of applicability of mobile measurements based on air temperature measurements: High-resolution observation of the atmospheric environment in high-density urban areas using mobile measurement Part 1 [in Japanese]
    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ), 82(738), 767-777, 2017.8
    doi: 10.3130/aije.82.767
  • Jongyeon Lim, Yasunori Akashi, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Youngjin Choi
    A probabilistic approach to the energy-saving potential of natural ventilation: effect of approximation method for approaching wind velocity
    Building and Environment, 122, 94-104, 2017.9
    doi: 10.1016/j.buildenv.2017.06.008
  • 菊本英紀, 崔元準, 大岡龍三
    ベイズ統計アプローチを用いた自然換気パラメータの推定
    日本建築学会環境系論文集, 第82巻第734号, 357-365, 2017.4
    Hideki Kikumoto, Wonjun Choi, Ryozo Ooka
    Estimation of natural ventilation parameters by a Bayesian approach [in Japanese]
    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ), 82(734), 357-365, 2017.4
    doi: 10.3130/aije.82.357
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Hirofumi Sugawara, Jongyeon Lim
    Observational study of power-law approximation of wind profiles within an urban boundary layer for various wind conditions
    Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, 164, 13-21, 2017.5
    doi: 10.1016/j.jweia.2017.02.003
  • 中島慶悟, 大岡龍三, 菊本英紀
    温度成層条件下の都市キャニオン流れに関するLESと標準k-εモデルの予測精度評価
    日本風工学会論文集, 第42巻第1号, 9-21, 2017.1
    Keigo Nakajima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Evaluation of prediction accuracy of LES and standard k-ε model for flow within and above urban canyon under various conditions of thermal stratification [in Japanese]
    Journal of Wind Engineering, JAWE, 42(1), 9-21, 2017.1
    doi: 10.5359/jwe.42.9
  • Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Proposal of typical and design weather year for building energy simulation
    Energy and Buildings, 139, 517-524, 2017.1
    doi: 10.1016/j.enbuild.2017.01.056

2016

  • 菊本英紀, 大岡龍三
    窓開け換気が室内粒子状物質濃度に与える変化の粒径依存性に関する実測
    日本建築学会環境系論文集, 第81巻第730号, 1127-1136, 2016.12
    Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    Field measurement of particle-size dependency in concentration changes of indoor particulate matter during ventilation with opening window [in Japanese]
    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ), 81(730), 1127-1136, 2016.12
    doi: 10.3130/aije.81.1127
  • 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀
    クオンタイルマッピングによる建築熱負荷計算用の気象データ作成のための全天日射量のバイアス補正手法
    日本建築学会環境系論文集, 第81巻第729号, 1047-1054, 2016.11
    Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Bias correction method for solar radiation based on quantile mapping to provide weather data for building energy simulations [in Japanese]
    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ), 81(729), 1047-1054, 2016.11
    doi: 10.3130/aije.81.1047
  • Jongyeon Lim, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Effect of diurnal variation in wind velocity profiles on ventilation performance estimates
    Energy and Buildings, 130, 397-407, 2016.10
    doi: 10.1016/j.enbuild.2016.08.075
  • 菊本英紀, 大岡龍三, 加藤信介
    反転流れ場におけるトレーサー拡散に基づく環境汚染物質の発生源同定
    日本建築学会環境系論文集, 第81巻第725号, 607-614, 2016.7
    Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Shinsuke Kato
    Source identification of environmental pollutants based on tracer dispersion in reversed flow field [in Japanese]
    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ), 81(725), 607-614, 2016.7
    doi: 10.3130/aije.81.607
  • 富永禎秀, 大風翼, 菊本英紀, 白澤多一, 義江龍一郎, 持田灯
    RANSモデルにおける各種の計算条件の違いが濃度分布の予測精度に及ぼす影響: 市街地における汚染質・熱拡散のCFD予測のガイドライン整備のためのベンチマークテスト
    日本建築学会技術報告集, 22(51), 609-614, 2016.6
    Yoshihide Tominaga, Tsubasa Okaze, Hideki Kikumoto, Taichi Shirasawa, Ryuichiro Yoshie, Akashi Mochida
    Influence of various computational conditions in RANS model on the prediction accuracy of concentration distributions: Benchmark tests for providing guidelines of CFD prediction on pollutant/thermal dispersion in urban areas [in Japanese]
    AIJ Journal of Technology and Design, 22(51), 609-614, 2016.6
    doi: 10.3130/aijt.22.609
  • Xuefan Zhou, Ryozo Ooka, Hong Chen, Yoichi Kawamoto, Hideki Kikumoto
    Impacts of inland water area changes on the local climate of Wuhan, China
    Indoor and Built Environment, 25(2), 296-313, 2016.4
    doi: 10.1177/1420326X14546774
  • Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Toru Yamanaka
    Effect of climate change on building cooling loads in Tokyo in the summers of the 2030s using dynamically downscaled GCM data
    Energy and Buildings, 114, 123-129, 2016.2
    doi: 10.1016/j.enbuild.2015.08.019
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Yusuke Arima
    A study of urban thermal environment in Tokyo in summer of the 2030s under influence of global warming
    Energy and Buildings, 114, 54-61, 2016.2
    doi: 10.1016/j.enbuild.2015.07.033

2015

  • 中島慶悟, 大岡龍三, 菊本英紀
    LESデータベースを用いた都市キャニオン内外におけるレイノルズストレスの勾配拡散近似に関する検討
    日本建築学会環境系論文集, 第80巻第717号, 1083-1093, 2015.11
    Keigo Nakajima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Study of gradient diffusion approximation of Reynolds stress within and above an urban canyon using LES database [in Japanese]
    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ), 80(717), 1083-1093, 2015.11
    doi: 10.3130/aije.80.1083
  • 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀, 山中徹
    夏季の関東地方を対象とした近未来標準気象データの試作と気候変動の建築熱負荷への影響評価: 力学的ダウンスケーリングによる建築熱負荷計算のための近未来気象データの作成 その1
    日本建築学会環境系論文集, 第80巻第710号, 371-379, 2015.4
    Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Toru Yamanaka
    A prototype of near future standard weather data and the impact of climate change on building energy load in Kanto region in summer: Making future weather data for building energy simulation by dynamical downscaling Part 1 [in Japanese]
    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ), 80(710), 371-379, 2015.4
    doi: 10.3130/aije.80.371
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Yusuke Arima, Toru Yamanaka
    Study on the future weather data considering the global and local climate change for building energy simulation
    Sustainable Cities and Society, 14, 404-413, 2015.2
    doi: 10.1016/j.scs.2014.08.007

2014

  • 地球環境委員会都市と気候適応小委員会GCMを活用した近未来標準気象データ作成ワーキンググループ
    GCMの力学的ダウンスケーリングによる近未来標準気象データの試作
    日本建築学会技術報告集, 第20巻第46号, 1041-1046, 2014.10
    Working Group for Future Standard Weather Data using GCM results, Sub-committee on Urban and Climate Adaptation, Research Committee on Global Environment
    The near future weather data for building energy simulation using dynamical downscaling of results from global climate model [in Japanese]
    AIJ Journal of Technology and Design, 20(46), 1041-1046, 2014.10
    doi: 10.3130/aijt.20.1041

2013

  • 菊本英紀, 大岡龍三, 高橋岳生, 林鍾衍, 伊藤一秀
    Large-eddy simulationにおける解析格子解像度下での濃度分散評価手法の検討: マイクロスケール大気汚染予測システムの開発 その4
    日本建築学会環境系論文集, 第78巻第689号, 579-588, 2013.7
    Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Takeo Takahashi, Jongyeon Lim, Kazuhide Ito
    A study of evaluation method of the concentration variance at the subgrid-scale in large-eddy simulation: Development of prediction system for micro-scale atmospheric pollution Part 4 [in Japanese]
    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ), 78(689), 579-588, 2013.7
    doi: 10.3130/aije.78.579

2012

  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    A study on air pollutant dispersion with bimolecular reactions in urban street canyons using large-eddy simulations
    Journal of Wind Engineering & Industrial Aerodynamics, 104-106, 516-522, 2012.6
    doi: 10.1016/j.jweia.2012.03.001
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    A numerical study of air pollutant dispersion with bimolecular chemical reactions in an urban street canyon using large-eddy simulation
    Atmospheric Environment, 54, 456-464, 2012.7
    doi: 10.1016/j.atmosenv.2012.02.039
  • 菊本英紀, 大岡龍三
    反応性大気汚染物質の濃度変動相関に関するレイノルズ平均モデルの提案と数値実験による検証: マイクロスケール大気汚染予測システムの開発 その3
    日本建築学会環境系論文集, 第77巻第674号, 267-273, 2012.4
    Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    Modeling and numerical verification of a Reynolds-averaged model for correlation of reactive air pollutants concentrations: Development of prediction system for micro-scale atmospheric pollution Part 3 [in Japanese]
    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ), 77(674), 267-273, 2012.4
    doi: 10.3130/aije.77.267

2011

  • 菊本英紀, 大岡龍三
    ストリートキャニオン内部での大気汚染物質拡散に街区形態と二分子化学反応が与える影響に関するLES: マイクロスケール大気汚染予測システムの開発 その2
    日本建築学会環境系論文集, 第76巻第666号, 697-704, 2011.8
    Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    LES on the effect of bi-molecular reactions on the air pollutants dispersion in urban street canyons with various roof-heights: Development of prediction system for micro-scale atmospheric pollution Part 2 [in Japanese]
    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ), 76(666), 697-704, 2011.8
    doi: 10.3130/aije.76.697
  • 呉秉哲, 大岡龍三, 香月壮亮, 菊本英紀
    連続した都市ストリートキャニオン空間の形態と大気安定度が流れと拡散に与える影響に関するCFD解析: ストリートキャニオン空間の流れと拡散に関する研究 その1
    日本建築学会環境系論文集, 第76巻第660号, 185-193, 2011.2
    Byoungchull Oh, Ryozo Ooka, Takeaki Katsuki, Hideki Kikumoto
    Influence of the configuration of consecutive urban street canyons and atmospheric stability on flow and concentration fields by CFD analysis: Study on flow and concentration fields within street canyons Part 1 [in Japanese]
    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ), 76(660), 185-193, 2011.2
    doi: 10.3130/aije.76.185

2010

  • 菊本英紀, 大岡龍三, 黄弘, 香月壮亮, 伊藤一秀
    LESによる2次元閉空間内の乱流場における二分子化学反応現象の数値解析: マイクロスケール大気汚染予測システムの開発 その1
    日本建築学会環境系論文集, 第75巻第653号, 629-636, 2010.7
    Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Hong Huang, Takeaki Katsuki, Kazuhide Ito
    Numerical study on bi-molecular reaction in turbulent flow field with two-dimensional test room using LES: Development of prediction system for micro-scale atmospheric pollution Part 1 [in Japanese]
    Journal of Environmental Engineering (Transactions of AIJ), 75(653), 629-636, 2010.7
    doi: 10.3130/aije.75.629

Conferences & Bulletins

2018

  • Hideki Kikumoto, Yusuke Arima, Ryozo Ooka
    Impact of climate change on the cooling load of an office building in Tokyo in the 2030s
    International Workshop on Wind-Related Disasters and Mitigation, Sendai, Japan, 2018.3
  • Han Mengtao, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Keigo Nakajima
    Comparison between lattice Boltzmann method and finite volume method with LES in the built environment
    International Workshop on Wind-Related Disasters and Mitigation, Sendai, Japan, 2018.3
  • Fei Xue, Xiaofeng Li, Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Ying Wang
    Bayesian inference for the location and strength of atmospheric releases using LES data
    International Workshop on Wind-Related Disasters and Mitigation, Sendai, Japan, 2018.3
  • 韓夢濤, 大岡龍三, 菊本英紀
    室内等温流れのLESにおける格子ボルツマン法の検証
    第33回生研TSFDシンポジウム, 東京大学生産技術研究所, 2018.3
  • 中島慶悟,大岡龍三,菊本英紀
    LESを用いた都市キャニオン形状がレイノルズストレスモデリングに与える影響に関する検討
    第33回生研TSFDシンポジウム, 東京大学生産技術研究所, 2018.3
  • 韓夢濤, 大岡龍三, 菊本英紀
    格子ボルツマン方程式から流体支配方程式の誘導 その1 格子ボルツマン方程式のChapman-Enskog展開
    日本建築学会関東支部研究発表会, 日本大学理工学部, 2018.3
  • 韓夢濤, 大岡龍三, 菊本英紀
    格子ボルツマン方程式から流体支配方程式の誘導 その2 連続の式とNavier-Stokes式の導出
    日本建築学会関東支部研究発表会, 日本大学理工学部, 2018.3

2017

  • 韓夢濤, 大岡龍三, 菊本英紀, 中島慶悟
    室内等温流れのLESにおける格子ボルツマン法と有限体積法の比較
    第31回数値流体力学シンポジウム, D06-3, 京都工芸繊維大学, 2017.12
  • 池谷直樹, 大風翼, 菊本英紀, 富永禎秀
    単体建物周辺速度の確率性状に対する移流項スキームの影響に関する検討
    第31回数値流体力学シンポジウム, B06-1, 京都工芸繊維大学, 2017.12
  • 大風翼, 菊本英紀, 小野浩己, 今野雅, 挾間貴雅, 岸田岳士, 中尾圭佑, 池谷直樹, 田畑侑一, 富永禎秀
    LESによる1:1:2単体建物周辺流れのベンチマークテストに基づく各種計算条件が計算結果に及ぼす影響の検討
    第31回数値流体力学シンポジウム, B09-1, 京都工芸繊維大学, 2017.12
  • Tsubasa Okaze, Hideki Kikumoto, Hiroki Ono, Masashi Imano, Naoki Ikegaya, Takamasa Hasama, Keisuke Nakao, Takeshi Kishida, Yuichi Tabata, Ryuichiro Yoshie, Yoshihide Tominaga
    Large-Eddy Simulation of Flow around Buildings: Validation and Sensitivity Analysis
    APCWE9, Auckland, New Zealand, 2017.12
    Tsubasa Okaze, Hideki Kikumoto, Hiroki Ono, Masashi Imano, Naoki Ikegaya, Takamasa Hasama, Keisuke Nakao, Takeshi Kishida, Yuichi Tabata, Ryuichiro Yoshie, Yoshihide Tominaga Large-Eddy Simulation of Flow around Buildings: Validation and Sensitivity Analysis APCWE9, Auckland, New Zealand, 2017.12
    online proceeding
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Mengtao Han, Keigo Nakajima

    Study on multiple definitions of mean wind speed in pedestrian wind environment analyses using LES

    APCWE9, Auckland, New Zealand, 2017.12
    Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Mengtao Han, Keigo Nakajima
    Study on multiple definitions of mean wind speed in pedestrian wind environment analyses using LES
    APCWE9, Auckland, New Zealand, 2017.12
    online proceeding
  • 菊本英紀, 崔元準, 大岡龍三
    地中熱交換器設計のための熱性能・応答試験に関する考察 (第1報)熱性能試験装置の制作とパラメータ推定法の開発
    空気調和・衛生工学会大会(高知), A-14, 高知工科大学, 2017.9
  • 崔元準, 菊本英紀, 大岡龍三
    地中熱交換器設計のための熱性能・応答試験に関する考察 (第2報)熱応答試験と熱性能試験の比較
    空気調和・衛生工学会大会(高知), A-15, 高知工科大学, 2017.9
  • 呉元錫, 大岡龍三, 中野淳太, 菊本英紀, 小川修
    ミスト噴霧条件下の快適性・寒暑感と温熱環境評価指標の検討
    空気調和・衛生工学会大会(高知), G-26, 高知工科大学, 2017.9
  • 菊本英紀, 大岡龍三, 韓夢濤, 中島慶悟
    風環境評価における「平均風速」の一致性に関する検討 その1 複数の平均風速の定義とそれらの関係
    日本建築学会大会(中国), 41443, 広島工業大学, 2017.9
  • 韓夢濤, 大岡龍三, 菊本英紀, 中島慶悟
    風環境評価における「平均風速」の一致性に関する検討 その2 単体建物モデル周りの流れにおける平均風速の比較
    日本建築学会大会(中国), 41444, 広島工業大学, 2017.9
  • 大風翼, 菊本英紀, 小野浩己, 今野雅, 挾間貴雅, 岸田岳士, 中尾圭佑, 池谷直樹, 田畑侑一, 富永禎秀
    LESによる市街地風環境予測のためのガイドライン策定に向けて その1 1:1:2単体建物周辺流れのベンチマークテスト概要
    日本建築学会大会(中国), 41445, 広島工業大学, 2017.9
  • 大岡龍三, 菊本英紀, 大風翼, 富永禎秀
    LESによる市街地風環境予測のためのガイドライン策定に向けて その2 1:1:2単体建物周りの平均風速に関するサンプリング時間と統計的不確実性の関係
    日本建築学会大会(中国), 41446, 広島工業大学, 2017.9
  • 小野浩己, 大風翼, 菊本英紀, 今野雅, 富永禎秀
    LESによる市街地風環境予測のためのガイドライン策定に向けて その3 1:1:2単体建物周辺流れの計算格子分割数に関する検討
    日本建築学会大会(中国), 41447, 広島工業大学, 2017.9
  • 池谷直樹, 大風翼, 菊本英紀, 富永禎秀
    LESによる市街地風環境予測のためのガイドライン策定に向けて その4 1:1:2単体建物周辺流れの変動風速確率密度に対する移流項スキームの影響
    日本建築学会大会(中国), 41448, 広島工業大学, 2017.9
  • 富永禎秀, 大風翼, 今野雅, 菊本英紀, 小野浩己
    LESによる市街地風環境予測のためのガイドライン策定に向けて その5 1:1:2単体建物周辺流れにおけるSGS乱流モデルの影響
    日本建築学会大会(中国), 41449, 広島工業大学, 2017.9
  • 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀
    オフィスビルを対象とした熱負荷計算による標準設計用気象データの性能検証
    日本建築学会大会(中国), 41222, 広島工業大学, 2017.9
  • 中島慶悟, 大岡龍三, 菊本英紀
    PIVを用いた都市キャニオン内外における流れ場の測定 (その2)画像解析パラメータが測定結果に及ぼす影響に関する検討
    日本建築学会大会(中国), 41440, 広島工業大学, 2017.9
  • 横山広樹, 大岡龍三, 菊本英紀
    移動計測による都市大気環境の高解像度観測 その2 通常型クリギングによる気温と粒子状物質濃度の空間分布推定
    日本建築学会大会(中国), 40311, 広島工業大学, 2017.8
  • 韓夢濤, 大岡龍三, 菊本英紀, 中島慶悟
    キャビティ流れのLESにおける格子ボルツマン法と有限体積法の比較
    日本流体力学会年会2017, 東京理科大学, 2017.8
  • Tsubasa Okaze, Hideki Kikumoto, Hiroki Ono, Masashi Imano, Takamasa Hasama, Takeshi Kishida, Keisuke Nakao, Naoki Ikegaya, Yuichi Tabata, Yoshihide Tominaga
    Large-eddy simulations of flow around a high-rise building: validation and sensitivity analysis on turbulent statistics
    EACWE 2017, Liege, Belgium, 2017.7
  • Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Typical and design weather year for building energy simulation
    ASHRAE Annual Conferences, California, USA, 2017.6
  • Wonjun Choi, Hideki Kikumoto, Ruchi Choudhary, Ryozo Ooka
    Parameter estimation and uncertainty assessment of thermal response test using Bayesian approach
    12th IEA Heat Pump Conference, Rotterdam, Netherlands, 2017.5
  • Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    New type of year weather data based on quantile mapping called as typical and design weather year (TDWY)
    CIBSE ASHRAE Technical Symposium 2017, Leicestershire, UK, 2017.4

2016

  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    Large-eddy simulation at high-spatial resolution of gaseous dispersion experiment in a cavity
    IAQVEC 2016, 1068, Seoul, Republic of Korea, 2016.10
  • Wonjun Choi, Hideki Kikumoto, Ruchi Choudhary, Ryozo Ooka
    Estimation of parameters related to natural ventilation using Bayesian approach
    IAQVEC 2016, 1063, Seoul, Republic of Korea, 2016.10
  • Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Impact of climate change on annual cooling and heating load in Tokyo using prototype of near-future weather data
    IAQVEC 2016, 1316, Seoul, Republic of Korea, 2016.10
  • Hiroki Yokoyama, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Study of mobile measurement for atmospheric properties in a high-density urban area in Tokyo
    IAQVEC 2016, 1199, Seoul, Republic of Korea, 2016.10
  • 菊本英紀, 崔元準, 大岡龍三, 加藤信介
    随伴濃度とベイズ推定を用いた2次元居室空間における環境汚染物質の発生源同定
    日本流体力学会年会2016, 名古屋工業大学, 2016.9
  • 中島慶悟, 大岡龍三, 菊本英紀
    境界層の発達が都市キャニオン流れに及ぼす影響に関するPIV測定
    日本流体力学会年会2016, 名古屋工業大学, 2016.9
  • 菊本英紀, 大岡龍三, 崔元準, Ruchi Choudhary
    ベイズ統計アプローチを用いた自然換気パラメータの推定(第1報)推定手法と模擬実験データの設定
    空気調和・衛生工学会大会(鹿児島), C-53, 鹿児島大学, 2016.9
  • 崔元準, 大岡龍三, 菊本英紀, Ruchi Choudhary
    ベイズ統計アプローチを用いた自然換気パラメータの推定(第2報)推定結果と不確かさ評価
    空気調和・衛生工学会大会(鹿児島), C-54, 鹿児島大学, 2016.9
  • 菊本英紀, 大岡龍三
    オフィス空間における自然換気時の粒子状物質濃度の変化に関する実測
    日本建築学会大会(九州), 41337, 福岡大学, 2016.8
  • 中島慶悟, 大岡龍三, 菊本英紀, 小林真太朗
    PIVを用いた都市キャニオン内外における流れ場の測定(その1)熱線風速計との比較によるPIVの測定精度に関する検討
    日本建築学会大会(九州), 41376, 福岡大学, 2016.8
  • 小林真太朗, 大岡龍三, 菊本英紀, 中島慶悟
    PIVによる単体角柱後流の乱流統計量計測に関する精度評価
    日本建築学会大会(九州), 41375, 福岡大学, 2016.8
  • 谷本光咲, 大岡龍三, 菊本英紀
    領域化学輸送モデルWRF-Chemを用いた都市域の換気能力の評価
    日本建築学会大会(九州), 40487, 福岡大学, 2016.8
  • 横山広樹, 大岡龍三, 菊本英紀
    移動計測による都市大気環境の高解像度観測その1 渋谷住宅地における粒子状物質濃度の分布
    日本建築学会大会(九州), 40434, 福岡大学, 2016.8
  • 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀
    GCMを使用した領域気象モデルによる近未来標準気象データ作成に関する研究(その5) クオンタイルマッピングによる全天日射量のバイアス補正手法
    日本建築学会大会(九州), 40429, 福岡大学, 2016.8
  • Hiroki Yokoyama, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Study of mobile measurement for detailed temperature distribution in a high-density urban area in Tokyo
    4th IC2UHI, Singapore, 2016.5
  • 横山広樹, 大岡龍三, 菊本英紀
    高密度市街地における移動計測手法の適用可能性に関する検討 新宿における気温分布計測
    日本地球惑星科学連合2016年大会, 幕張メッセ国際会議場, 2016.5
  • 菊本英紀, 大岡龍三, 加藤信介
    反転流れ場でのトレーサー拡散と2次元居室空間における汚染物質の発生源同定
    第31回生研TSFDシンポジウム, pp. 48-54, 東京大学生産技術研究所, 2016.3
  • 菊本英紀, 大岡龍三
    キャビティ空間におけるガス拡散実験を対象とした高解像度LES
    生産研究, 68巻1号, 43-49, 2016.1
    doi: 10.11188/seisankenkyu.68.43
  • 中島慶悟, 大岡龍三, 菊本英紀
    様々な温度成層条件下の都市キャニオン内外におけるLESと標準k-εモデルの比較
    生産研究, 68巻1号, 35-41, 2016.1
    doi: 10.11188/seisankenkyu.68.35

2015

  • 菊本英紀, 大岡龍三
    都市キャニオン内での汚染物質濃度変動に関する高解像度Large-eddy simulation
    第29回数値流体力学シンポジウム, 九州大学, 2015.12
  • 中島慶悟, 大岡龍三, 菊本英紀
    様々な温度成層条件下の都市キャニオン内外におけるLESと標準k-εモデルの比較
    第29回数値流体力学シンポジウム, 九州大学, 2015.12
  • Jongyeon Lim, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Uncertainty in airflow rate estimation of daytime ventilation associated with atmospheric stability
    36th AIVC conference, Madrid, Spain, 2015.9
  • 谷本光咲, 大岡龍三, 菊本英紀
    都市キャノピー内と室内環境におけるオゾン及び窒素酸化物濃度の変化
    空気調和・衛生工学会大会(大阪), 大阪大学, 2015.9
  • 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀, 山中徹
    近未来気象データを用いた気候変動が夏季と冬季の建築熱負荷に与える影響評価
    空気調和・衛生工学会大会(大阪), 大阪大学, 2015.9
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    Large-eddy simulation of pollutant dispersion in a modeled urban canyon at fine grid resolution
    PHYSMOD2015, Zurich, Switzerland, 2015.9
  • 富永禎秀, 大風翼, 菊本英紀, 義江龍一郎, 持田灯
    CFD に基づく市街地の汚染質・熱拡散の予測手法に関する研究 RANS モデルにおける各種の計算条件の違いが濃度分布の予測精度に及ぼす影響
    日本建築学会大会(関東), 41352, 東海大学, 2015.9
  • 谷本光咲, 大岡龍三, 菊本英紀
    実測に基づく都市キャノピー内及び室内環境における汚染質濃度減衰の分析
    日本建築学会大会(関東), 40295, 東海大学, 2015.9
  • 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀, 山中徹
    GCMを使用した領域気象モデルによる近未来標準気象データ作成に関する研究(その4) 気候変動が夏季と冬季の建築熱負荷に与える影響評価
    日本建築学会大会(関東), 40412, 東海大学, 2015.9
  • 中島慶悟, 大岡龍三, 菊本英紀
    LESデータベースを用いた都市キャニオンにおけるレイノルズストレスの勾配拡散近似に関する検討
    日本建築学会大会(関東), 41354, 東海大学, 2015.9
  • 林鍾衍, 大岡龍三, 菊本英紀, 小林真太朗
    風速プロファイルの日変化が室内換気量評価の不確かさに与える影響検討(その2) べき指数の日変化がもたらす室内換気量の評価誤差
    日本建築学会大会(関東), 41283, 東海大学, 2015.9
  • 小林真太朗, 林鍾衍, 大岡龍三, 菊本英紀
    風速プロファイルの日変化が室内換気量評価の不確かさに与える影響検討(その1) ドップラーライダー観測により得られたべき指数の不確かさ
    日本建築学会大会(関東), 41282, 東海大学, 2015.9
  • 菊本英紀, 大岡龍三, 菅原広史
    都市境界層内の風速プロファイルのモデル化における風速と大気安定度の影響
    日本建築学会大会(関東), 41348, 東海大学, 2015.9
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Hirofumi Sugawara
    Variations in the power-law index with stability and height for wind profiles in the urban boundary layer
    ICUC9, Toulouse, France, 2015.7
  • Jongyeon Lim, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Wind velocity profile observations for roughness parameterization of real urban surfaces
    ICUC9, Toulouse, France, 2015.7
  • Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Toru Yamanaka
    Near future weather data for building energy simulation in summer/winter seasons in Tokyo developed by dynamical downscaling method
    ICUC9, Toulouse, France, 2015.7
  • Shintaro Kobayashi, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Jongyeon Lim
    CFD analysis of urban wind environment with actual inflow obtained by Doppler lidar measurement
    ICUC9, Toulouse, France, 2015.7
  • Misaki Tanimoto, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Reduction of pollutant concentrations within the urban canopy and indoor environment
    ICUC9, Toulouse, France, 2015.7
  • Keigo Nakajima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Evaluation of Reynolds-averaged Navier-Stokes modeling for flow within and above urban canyon using large-eddy simulation database
    ICWE14, Porto Alegre, Brazil, 2015.6
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    Study of power-law approximation of wind profile in urban boundary layer with Doppler lidar measurement in Tokyo
    ICWE14, Porto Alegre, Brazil, 2015.6
  • 中島慶悟, 大岡龍三, 菊本英紀
    LESデータベースを用いた都市キャニオン内外におけるRANSの予測精度評価
    第30回生研TSFDシンポジウム, pp. 37-42, 東京大学生産技術研究所, 2015.3
  • 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀, 山中徹
    力学的ダウンスケーリングによる近未来標準気象データの試作
    第30回生研TSFDシンポジウム, pp. 17-23, 東京大学生産技術研究所, 2015.3
  • 中島慶悟, 大岡龍三, 菊本英紀
    LESデータベースを用いた都市キャニオン内外における運動量の輸送機構に関する検討
    生産研究, 67巻1号, pp. 31-37, 2015.1
  • 有馬雄祐, 大岡龍三, 菊本英紀, 山中徹
    力学的ダウンスケーリングによる近未来標準気象データの試作と精度検証
    生産研究, 67巻1号, pp. 25-30, 2015.1
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    Subgrid-scale modeling of concentration variance in large-eddy simulation for reactive pollutant dispersion
    95th AMS Annual Meeting, Phoenix, Arizona, USA, 2015.1

2014

  • 中島慶悟, 大岡龍三,菊本英紀
    LESデータベースを用いた都市キャニオン内外における運動量の輸送機構に関する検討
    第28回数値流体力学シンポジウム, タワーホール船堀, 2014.12
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Yusuke Arima
    A study of urban thermal environment in Tokyo in summer of the 2030s under influence of global warming
    3rd IC2UHI, 215, Venice, Italy, 2014.10
  • Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto, Toru Yamanaka
    Effect of climate change on building energy simulations in Tokyo in summer of the 2030s using the dynamically downscaled GCM data
    3rd IC2UHI, 086, Venice, Italy, 2014.10
  • 菊本英紀, 大岡龍三
    都市境界層における風速プロファイルのべき法則による近似精度に関する観測
    日本流体力学会年会2014, 東北大学, 2014.9
  • 中島慶悟, 大岡龍三,菊本英紀
    LESを用いた都市キャニオン内外におけるレイノルズ応力の収支構造の解析
    日本建築学会大会(近畿), 41322, 神戸大学, 2014.9
  • 有馬雄祐, 大岡龍三,菊本英紀,山中徹
    GCMを使用した領域気象モデルによる近未来標準気象データ作成に関する研究(その3) 気象データのバイアス補正と気候変動が夏季の建築熱負荷に与える影響の評価
    日本建築学会大会(近畿), 40443, 神戸大学, 2014.9
  • 菊本英紀, 大岡龍三,林鍾衍
    ドップラーライダー観測に基づいた風速鉛直分布の平均時間とべき法則に関する検討
    日本建築学会大会(近畿), 41314, 神戸大学, 2014.9
  • Keigo Nakajima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Large-eddy simulation of the momentum and heat transport of turbulent structures in an urban boundary layer with thermal stratification
    CWE2014, Hamburg, Germany, 2014.6
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    Study on SGS concentration variance in large-eddy simulation for dispersing plume within urban canyon
    CWE2014, Hamburg, Germany, 2014.6
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    Modeling of air pollutants dispersion with chemical reactions using large-eddy simulation
    COMPSAFE2014, Proceedings, pp. 298 - 301, Sendai, Japan, 2014.4
  • 中島慶悟, 大岡龍三,菊本英紀
    都市境界層における運動量及び熱の輸送メカニズムに関するLES
    第29回生研TSFDシンポジウム, pp. 44-48, 東京大学生産技術研究所, 2014.3
  • 中島慶悟, 大岡龍三,菊本英紀
    都市境界層における運動量及び熱の輸送メカニズムに関するLarge-eddy simulation
    生産研究, 66巻1号, pp. 53-59, 2014.1
  • 有馬雄祐, 大岡龍三,菊本英紀,山中徹
    力学的ダウンスケーリングによる近未来標準気象データ作成に関する研究
    生産研究, 66巻1号, pp. 61-68, 2014.1
  • Keigo Nakajima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Large-eddy simulation of efficiency of momentum transport in spatially developing urban boundary layer
    94th AMS Annual Meeting, Atlanta, Georgia, USA, 2014.2
  • Yusuke Arima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    A study on the future weather data considering the climate change and local climate phenomena for building energy simulation by dynamical downscaling
    94th AMS Annual Meeting, Atlanta, Georgia, USA, 2014.2
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Yusuke Arima
    Impact of global warming on the sensible heat load in a detached house in Tokyo in the 2030s
    94th AMS Annual Meeting, Atlanta, Georgia, USA, 2014.2
    PDF: poster

2013

  • 中島慶悟, 大岡龍三,菊本英紀
    LESを用いた都市境界層におけるレイノルズ応力の収支構造の解析
    第27回数値流体力学シンポジウム, 名古屋大学, 2013.12
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Satoru Iizuka
    Large-eddy simulation of the turbulent boundary layer using generated inflow turbulence with estimated statistics
    APCWE8, Chennai, India, 2013.12
  • Keigo Nakajima, Ryozo Ooka, Hideki Kikumoto
    Numerical analysis of the momentum transport and temporal and spatial scales of turbulent coherent structures in the urban boundary layer using large eddy simulation
    APCWE8, Chennai, India, 2013.12
  • 有馬雄祐, 大岡龍三,菊本英紀
    GCMを使用した領域気象モデルによる近未来標準気象データ作成に関する研究 領域気象モデルによるダウンスケーリングの必要性
    日本気象学会2013年度秋季大会, 仙台国際センター, 2013.11
  • 中島慶悟, 大岡龍三,菊本英紀
    空間発達する都市境界層における運動量の輸送効率に関するLarge-Eddy Simulation
    日本気象学会2013年度秋季大会, 仙台国際センター, 2013.11
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Yusuke Arima, Toru Yamanaka
    Study on the future weather data considering the global and local climate change for building energy simulation
    AIVC Conference 2013, Athens, Greece, 2013.9
  • 中島慶悟, 大岡龍三,菊本英紀
    温度成層を考慮した都市境界層における運動量及び熱の輸送効率に関するLarge-Eddy Simulation
    日本流体力学会年会2013, 東京農工大学, 2013.9
  • 中島慶悟, 大岡龍三,菊本英紀
    Large Eddy Simulationを用いた都市境界層における乱流組織構造に関する数値解析(その1) 都市境界層に発生する乱流組織構造の運動量輸送及び時空間スケールに関する検討
    日本建築学会大会(北海道), 41392, 北海道大学, 2013.8
  • 林鍾衍, 大岡龍三,菊本英紀
    居住者への換気促進行動のための情報提供による省エネ効果に関する研究(その1) 窓開閉パターンの情報提供のための気象モニタリングの位置検討
    日本建築学会大会(北海道), 41300, 北海道大学, 2013.8
  • 有馬雄祐, 大岡龍三,菊本英紀,山中徹
    GCMを使用した領域気象モデルによる近未来標準気象データ作成に関する研究(その2) MIROCを用いた過去再現実験による領域気象モデルの予測精度の検証
    日本建築学会大会(北海道), 40420, 北海道大学, 2013.8
  • 菊本英紀, 大岡龍三,有馬雄祐,山中徹
    GCMを使用した領域気象モデルによる近未来標準気象データ作成に関する研究(その1) 再解析データを用いた過去再現実験による領域気象モデルの予測精度の検証
    日本建築学会大会(北海道), 40419, 北海道大学, 2013.8
  • 菊本英紀
    光化学オキシダントの実態、予測と対策
    第22回空気シンポジウム, 札幌コンベンションセンター, 2013.8
  • 菊本英紀, 大岡龍三
    Subgrid-scaleの濃度分散が都市キャニオン内の汚染物質拡散予測に与える影響
    生産研究, 65巻1号, pp. 19-22, 2013.1

2012

  • 菊本英紀, 大岡龍三
    Subgrid scaleでの濃度変動がストリートキャニオン内での汚染物質拡散予測に与える影響
    日本流体力学会年会2012, 高知大学, 2012.9
  • 菊本英紀, 大岡龍三,伊藤一秀,高橋岳生,林鍾衍
    都市キャニオン内での濃度変動に関する拡散実験とLarge-Eddy Simulation
    日本建築学会大会(東海), 41368, 名古屋大学, 2012.9
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    Large-eddy simulation of reactive pollutant dispersion in a street canyon using a subgrid scale variance model of concentration field
    BBAA7, Shanghai, China, 2012.9
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Kazuhide Ito, Takeo Takahashi, Jongyeon Lim, Xuefan Zhou
    Experiment and large-eddy simulation of passive scalar dispersion within an urban canyon
    ICUC8, Proceedings, T2B/453, Dublin, Ireland, 2012.8
  • Xuefan Zhou, Hong Chen, Ryozo Ooka, Yoichi Kawamoto, Hideki Kikumoto
    Effects of inland water area and anthropogenic heat on UHI in China
    ICUC8, Proceedings, R2B/421, Dublin, Ireland, 2012.8
  • Xuefan Zhou, Ryozo Ooka, Hong Chen, Yoichi Kawamoto, Hideki Kikumoto
    Impact of Water Area Changes on Local Thermal Environment and Atmosphere: A Winter Case Study of Wuhan City, China
    5th IBPC, Proceedings, pp. 1207-1212, Kyoto, Japan, 2012.5
  • 菊本英紀, 大岡龍三
    レイノルズ平均型二分子化学反応速度モデルの提案と数値実験による検証
    第27回生研TSFDシンポジウム「乱流数値シミュレーション-安全・安心分野への応用」, 講演論文集, pp. 20-14, 東京大学生産技術研究所, 2012.3
  • X.F. Zhou, R. Ooka, H. Chen, Y. Kawamoto, H. Kikumoto
    Impact of inland-water area changes to local climate and thermal environment of Wuhan city in China under hot weather condition
    生産研究, 64巻1号, pp. 67-72, 2012.1

2011

  • 周雪帆, 大岡龍三,陳宏,川本陽一,菊本英紀
    WRFメソスケールモデルを用いた内陸部水域に関連する都市熱環境に関する研究
    日本流体力学会年会, 講演要旨集, p. 253, 首都大学東京, 2011.9
  • 呉秉哲, 大岡龍三,高橋岳生,菊本英紀
    発達過程にある境界層流中の大気拡散に関する研究
    日本流体力学会年会, 講演要旨集, p. 240, 首都大学東京, 2011.9
  • 菊本英紀, 大岡龍三
    反応性大気汚染物質の濃度変動相関に関するレイノルズ平均モデルの提案とLESによる数値的検証
    日本流体力学会年会, 講演要旨集, p. 243, 首都大学東京, 2011.9
  • X.F. Zhou, R. Ooka, H. Chen, Y. Kawamoto, H. Kikumoto
    Impact of inland water body changes from 1965 to 2008 on local climate and environment of Wuhan, China
    日本建築学会大会(関東), 学術講演会梗概集D-1, pp. 727-728, 早稲田大学, 2011.8
  • 呉秉哲, 大岡龍三,菊本英紀,香月壮亮
    都市キャニオン空間の流れと拡散に関する研究(その3): 都市境界層の発達過程において建物形状が流れ場と拡散場に与える影響のCFD解析
    日本建築学会大会(関東), 学術講演会梗概集D-2, pp. 869-870, 早稲田大学, 2011.8
  • 菊本英紀, 大岡龍三 LESによる二分子化学反応を伴う大気汚染物質拡散の数値解析(その3): RANS型二分子化学反応速度モデルの開発 日本建築学会大会(関東), 学術講演会梗概集D-2, pp. 821-822, 早稲田大学, 2011.8
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    An approach to bimolecular chemical reaction rate of air pollutants in RANS modeling
    Urban Air Quality and Climate Change Workshop, the KlimaCampus, University of Hamburg, Hamburg, Germany, 2011.8
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    A study on the air pollutants dispersion with bi-molecular reactions in urban street canyons using LES
    ICWE13, Amsterdam RAI, Amsterdam, Netherlands, 2011.7
  • 菊本英紀, 大岡龍三
    市街地空間内の大気汚染物質濃度に街区形態と二分子化学反応が与える影響に関するLES
    日本風工学会年次研究発表会, 日本風工学会誌第36巻第2号, pp. 95-96, 大阪市立大学, 2011.5
  • 呉秉哲, 大岡龍三, 菊本英紀, 香月壮亮
    境界層の発達過程における都市ストリートキャニオン空間の形状が流れ場と拡散場に及ぼす影響に関するCFD解析
    第60回理論応用力学講演会, OS16-03, pp.1-2, 東京工業大学, 2011.3
  • 菊本英紀, 大岡龍三 二分子化学反応が2次元市街地空間における大気汚染物質の濃度及び輸送に与える影響: LESを用いたマイクロスケール大気汚染予測システムの開発 その2 生産研究, 63巻1号, pp. 43-49, 2011.1

2010

  • 菊本英紀, 大岡龍三
    乱流拡散場において二分子化学反応が大気汚染物質の濃度及び輸送に与える影響
    第21回風工学シンポジウム論文集, pp. 91-96, 東京大学, 2010.12
    doi: 10.14887/kazekosymp.21.0.91.0
  • 香月壮亮, 大岡龍三,ラーマン・マフィズール,リジャル・ホム,ヘフニー・モハメド,菊本英紀
    ダッカにおける大気汚染の実測と数値シミュレーションの比較
    第21回風工学シンポジウム論文集, pp. 79-84, 東京大学, 2010.12
    doi: 10.14887/kazekosymp.21.0.79.0
  • Hideki Kikumoto
    LES on the Effect of Bi-Molecular Reactions on the Air Pollutants Dispersion in an Urban Street Canyon
    5th Asian Symposium on Urban Environment and Energy, pp. 6-9, Tsinghua University, Beijing, China, 2010.12
  • 香月壮亮, 大岡龍三, ラーマン・マフィズール, リジャル・ホム, ヘフニー・モハメド, 菊本英紀
    ダッカにおける大気汚染の実測と数値シミュレーションの比較
    日本流体力学会第24回数値流体力学シンポジウム, D4-5, 慶応義塾大学日吉キャンパス, 2010.12
  • 菊本英紀, 大岡龍三
    2次元市街地空間における二分子化学反応を伴う大気汚染物質拡散に関するLES
    日本流体力学会第24回数値流体力学シンポジウム, D2-4, 慶応義塾大学日吉キャンパス, 2010.12
  • Byoungchull Oh, Ryozo Ooka, Takeaki Katsuki, Hideki Kikumoto
    Study on the ventilation efficiency in urban street canyon by CFD analysis: Influence of the configuration of consecutive street canyons and atmospheric stability
    AIVC, p. 220 (4B-1), Seoul, Korea, 2010.10
  • 大岡龍三, 呉秉哲,香月壮亮,菊本英紀
    都市キャニオン空間の流れと拡散に関する研究(その2): 周期的連続性を仮定した街区において大気安定度が換気効率に与える影響に関するCFD解析
    日本建築学会大会(北陸), 学術講演会梗概集D-1, pp. 801-802, 富山大学, 2010.9
  • 呉秉哲, 大岡龍三,香月壮亮,菊本英紀
    都市キャニオン空間の流れと拡散に関する研究(その1): 周期的連続性を仮定した街区において建物形状が換気効率に与える影響のCFD解析
    日本建築学会大会(北陸), 学術講演会梗概集D-1, pp. 799-800, 富山大学, 2010.9
  • 黄弘, 大岡龍三,菊本英紀
    LESによる二分子化学反応を伴う大気汚染物質拡散の数値解析(その2): 二分子化学反応が2次元市街地モデルの汚染物質拡散に与える影響
    日本建築学会大会(北陸), 学術講演会梗概集D-2, pp. 805-806, 富山大学, 2010.9
  • 菊本英紀, 大岡龍三,黄弘,香月壮亮,伊藤一秀
    LESによる二分子化学反応を伴う大気汚染物質拡散の数値解析(その1): 2次元閉空間を用いた二分子化学反応モデルの検討
    日本建築学会大会(北陸), 学術講演会梗概集D-2, pp. 803-804, 富山大学, 2010.9
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    Numerical Studies of Bi-Molecular Reactions in an Urban Street Canyon using Large-Eddy Simulation
    Urban Environmental Pollution, P1.40, the Westin Boston Waterfront Hotel, Boston, USA, 2010.6
  • 香月壮亮, 大岡龍三,Md. Mafizur Rahman,H.B.Rijal,M.M. Hefny,菊本英紀
    ダッカにおける大気汚染の実測と数値シミュレーションの比較
    第59回理論応用力学講演会, 2D02, pp. 219-220, 日本学術会議, 2010.6
  • 菊本英紀, 大岡龍三
    ストリートキャニオンにおける二分子化学反応を伴う大気汚染物質拡散の数値解析
    第59回理論応用力学講演会, 2D03, pp. 221-222, 日本学術会議, 2010.6
  • 菊本英紀, 大岡龍三
    Arrhenius形反応速度式の物理化学的基礎: 化学反応モデリングのための基礎理論
    日本建築学会関東支部研究発表会, 環境工学Ⅰ, 4024, 日本建築学会建築会館, 2010.3
  • Takeaki Katsuki, Ryozo Ooka, Md. Mafizur Rahman, H.B. Rijal, M.M. Hefny, Hideki Kikumoto
    Field measurement and CFD simulation of pollutant dispersion caused by automotive exhaust in Dhaka city
    AGS annual meeting 2010, the University of Tokyo, Tokyo, Japan, 2010.3
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka
    Development of prediction system for reactive air pollutant dispersion by means of Large-Eddy Simulation
    AGS annual meeting 2010, the University of Tokyo, Tokyo, Japan, 2010.3
  • 菊本英紀, 大岡龍三,黄弘,香月壮亮
    LESを用いた乱流場における二分子化学反応モデルの検討 : LESを用いたマイクロスケール大気汚染予測システムの開発
    生産研究, 62巻1号, pp. 69-76, 2010.1

2009

  • 菊本英紀, 大岡龍三,黄弘,香月壮亮
    LESを用いた乱流場における二分子化学反応モデルの検討 : LESを用いたマイクロスケール大気汚染予測システムの開発
    日本流体力学会第23回数値流体力学シンポジウム, G3-3,pp. 80, 仙台市民会館, 2009.12
  • Hideki Kikumoto
    Numerical study on bi-molecular reaction in turbulent flow field with two-dimensional test room using LES
    4th Asian Symposium on Urban Environment and Energy, pp. 62-67, IIS, the University of Tokyo, Tokyo, Japan, 2009.12
  • Hideki Kikumoto, Ryozo Ooka, Kiyoshi Uehara
    Large-eddy simulation of gaseous diffusion in street canyon with thermal stratification
    The 7th Asia-pacific Conference on Wind Engineering, 10208, pp. 497-500, the Grand Hotel, Taipei, Taiwan, 2009.11
  • Yujin Nam, Ryozo Ooka, Minki Sung, Doosam Song, Hideki Kikumoto
    CFD analysis of non-uniform thermal comfort and energy efficiency in hybrid air-conditioning systems
    Healthy Buildings 2009, Syracuse, NY, USA, 2009.9
  • 菊本英紀, 大岡龍三,南有鎮、成旻起、宋斗三
    CFDに基づいたハイブリッド空調システムにおける熱的快適性の不均一性に関する研究
    空気調和・衛生工学会学術講演会(熊本), 講演論文集, pp. 245-248, 崇城大学, 2009.9
  • 菊本英紀, 大岡龍三,上原清
    LESを用いた温度成層下における市街地低層部の汚染質拡散予測
    日本建築学会大会(東北), 学術講演会梗概集D-1, pp. 963-964, 東北学院大学, 2009.8
  • Yujin Nam, Ryozo Ooka, Minki Sung, Doosam Song, Hideki Kikumoto
    Study on non-uniform thermal comfort and energy efficiency in hybrid air-conditioning systems
    Roomvent 2009, Busan Exhibition & Convention Center, Busan, Korea, 2009.5