研究グループ
研究グループ
建築物の総合的保存保全に関する研究グループ
建築物の総合的保存保全に関する研究グループ

research-group-irrg.jpg
* 建物内観写真:新築の明治建築,三菱一号館での見学会(内観)

先進国の多くでは,都市施設の充実に伴い,既存の建造物やインフラ構造物の維持保全行為の重要性が増している。維持保全の計画は,1.機能性,2.安全性,3.経済性,4.文化性,といった,異なる側面からの評価検討が必要であり,また,これらの評価自体も時間軸に沿って常に変化するものである。
本グループ研究は,生産技術研究所における第一線の専門研究者が互いの知見をアドホックに共有できるプラットフォームを構築し,より「総合的」な「建造物の保存保全」の提言を可能とするための高度な研究グループを顕在化させるものである。