研究グループ
研究グループ
快適性の工学的応用に関する研究グループ
快適性の工学的応用に関する研究グループ

research-group-ciae.jpg

室内,車両内の物理的環境の調整に使用されるエネルギーやスペース,材料を合理的に使用し,居住性や乗り心地などの機能向上を図るためには,人間の環境に対する認知,行動要因を解明することが強く求められている。本研究は主に,温熱感に関わる温熱空気環境や視的快適につながる照明,騒音などの音環境,開放感,公共の場におけるテリトリーの確保による利用されない無駄なスペースの発生などを対象とした快適性について,視覚,聴覚,触覚,温感,体感と人間行動の関係を説明するモデル構築を試み,評価手法や設計手法への展開を模索している。本所の分野横断活動の特徴を生かし,建築工学,機械工学,情報工学,電気工学,環境心理学,生体システムなどの幅広い分野の研究者が参加し,実践的な研究としては,トヨタ自動車と人間行動生態心理学に基づく自動車車内の快適性評価に関する共同研究を実施し,鉄道においても提案した評価手法を基に東急電鉄にて実用化された。