最新の研究
最新の研究
血管の新生能と透過性を定量的に評価できる、三次元微小血管デバイスを開発〜 薬剤開発の前臨床試験モデルへ 〜
血管の新生能と透過性を定量的に評価できる、三次元微小血管デバイスを開発〜 薬剤開発の前臨床試験モデルへ 〜

がん組織に栄養や酸素を届ける血管を標的とし、兵糧攻めをねらう「血管新生阻害療法」ががんの新しい治療法として注目されています。生産技術研究所の松永 行子 講師とポティ・ジョリス 特任研究員らのグループは、コラーゲンゲルのトンネル構造をもつマイクロデバイスの中で、ヒトの臍帯に含まれる静脈内皮細胞を培養し、微小な人工血管を作製しました。薬剤を添加すればがん環境を再現でき、さまざまな薬剤が血管新生と血管バリア機能へ与える影響を視覚的・定量的に評価できます。今後、創薬・医療・生命科学分野への貢献が期待されます。