最新の研究
最新の研究
体内のビタミンCの挙動を追跡する蛍光バイオイメージング技術を開発 ~ がん治療法「高濃度ビタミンC療法」への有用な知見 ~
体内のビタミンCの挙動を追跡する蛍光バイオイメージング技術を開発 ~ がん治療法「高濃度ビタミンC療法」への有用な知見 ~

近年、ビタミンCを高濃度で投与すると、がん治療などに効果的であることが報告され、注目されている。しかし、これまでに効果的な蛍光プローブは開発されておらず、生体内のビタミンCの挙動は解明されていなかった。
東京大学 生産技術研究所の石井 和之 教授らの研究グループは、生体内で長時間活性を維持し、高感度かつ高い選択性でビタミンCを検出する蛍光プローブを新たに開発した。それにより、静脈から投与されたビタミンCを、マウスを解剖することなく可視化することに初めて成功した。本研究成果により、投与されたビタミンCが、活性を持った状態でどの臓器に輸送されるかを知ることができ、高濃度ビタミンC療法への有用な知見が得られると期待できる。