LES研究会とは

さまざまな分野の研究者が集まりLESのモデルや計算法などの情報交換を行う場として、2008年9月にLES研究会が発足いたしました。現在2ヶ月に1回、東大生研にて研究会を開いています。LESに興味をお持ちの研究者、学生の方のご参加をお待ちしております。また研究会についてご質問ご要望がありましたら世話人までお知らせください。

世話人
半場 藤弘
東京大学生産技術研究所 基礎系部門
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
Tel: 03-5452-6115
E-mail: hambaアットマークiis.u-tokyo.ac.jp
地図:
 東大生研へのアクセス http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/#sec-1
 キャンパスマップ http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/#sec-3


アナウンス

研究会のメーリングリストで開催のお知らせをお送りしています。メーリングリストへのメールアドレスの登録、変更、削除をご希望の方は、世話人までお知らせください。また、各分野のLESに関連する講演や研究会のアナウンスなどの情報交換にもメーリングリストをお使いください。

次回の第56回LES研究会を7月12日(金)14時より東大生研で開催します。詳しくは後日このHPとメーリングリストでお知らせします。

第55回LES研究会を5月14日(火)14時より下記のとおり開催します。

日時 2019年5月14日(火) 14:00-17:00
場所 東京大学生産技術研究所 As棟3階 小セミナー室5 (As309)
 A棟はAn棟(北側)とAs棟(南側)に分かれています。

1. 自己紹介 (初めて参加される方)
今回初めて参加される方には簡単な研究紹介をお願いいたします。ノートPC(または配布資料)を持参いただいて一人3分程度で発表していただければと思います。あるいは口頭での短い自己紹介でもかまいません。

2. 話題提供

「乱流モデルによるH型流路内対向流の温度分布に関する数値解析」
斎藤寛之(鉄道総研)
鉄道の地下駅や、機械を構成する熱交換器などをモデル化して、そこでの流れと熱移動の特性を数値計算により調べる。その際に、現象の本質を損なわないように実際の形状をできる限り単純化して、平行な2本の流路の中央部が連結されたH型流路内の熱流動現象として捉えれば、流速や形状が特性に与える影響を明確にできると考えられる。ここでは、2次元H型流路内の対向流を対象として、乱流計算では低レイノルズ数型k-εモデルで速度場を、温度場0方程式モデルで温度場を計算した。計算において、流入部のレイノルズ数とH型流路を構成する平行な2本の流路の連結部の長さを変えて、それらの影響について調べた。また、一部の条件についてはLESも実行しているため、そのLESにより得られた結果とRANSの比較についても述べる。

「大規模竜巻発生装置における竜巻状渦の乱流特性の把握」
服部康男、江口譲、中尾圭佑(電中研)
竜巻状渦の地表面近傍での風速場の乱流特性の把握および相似則への理解を目指し,Re数の影響が無視しうる大きなRe数条件でテキサス工科大学の大型竜巻模擬実験装置VorTECHでの3成分瞬時風速の時系列計測を実行した.レイノルズ応力など基本乱流統計量の空間分布を把握するとともに,実際の竜巻とのスケール比について平均場と乱流場の両者の整合を確認した.さらに,竜巻状渦固有の乱流発生機構や速度場の計測値から圧力場を推定する際の乱流成分の寄与を解明した.