LES研究会とは

さまざまな分野の研究者が集まりLESのモデルや計算法などの情報交換を行う場として、2008年9月にLES研究会が発足いたしました。現在2ヶ月に1回、東大生研にて研究会を開いています。LESに興味をお持ちの研究者、学生の方のご参加をお待ちしております。また研究会についてご質問ご要望がありましたら世話人までお知らせください。

世話人
半場 藤弘
東京大学生産技術研究所 基礎系部門
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
Tel: 03-5452-6115
E-mail: hambaアットマークiis.u-tokyo.ac.jp
地図:
 東大生研へのアクセス http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/#sec-1
 キャンパスマップ http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/#sec-3


アナウンス

研究会のメーリングリストで開催のお知らせをお送りしています。メーリングリストへのメールアドレスの登録、変更、削除をご希望の方は、世話人までお知らせください。また、各分野のLESに関連する講演や研究会のアナウンスなどの情報交換にもメーリングリストをお使いください。

次回の第55回LES研究会を5月14日(火)14時より東大生研で開催します。詳しくは後日このHPとメーリングリストでお知らせします。

第54回LES研究会を1月8日(火)14時より下記のとおり開催します。

日時 2019年1月8日(火) 14:00-17:00
場所 東京大学生産技術研究所 As棟3階 中セミナー室4 (As311)
 A棟はAn棟(北側)とAs棟(南側)に分かれています。

1. 自己紹介 (初めて参加される方)
今回初めて参加される方には簡単な研究紹介をお願いいたします。ノートPC(または配布資料)を持参いただいて一人3分程度で発表していただければと思います。あるいは口頭での短い自己紹介でもかまいません。

2. 話題提供

「SAMPSONコードによる東京電力福島第一原子力発電所の事故進展解析」
鈴木博之(エネルギー総合工学研究所)
当研究所が所有している過酷事故解析コードSAMPSONを用いた、東京電力福島第一原子力発電所の事故進展解析の解析結果を報告する。事故時に炉内へ到達した代替注水量が正確に分からないなどの制限がある中で、解析の不確かさを低減するために実施した検討内容を示す。加えて、SAMPSONコードの改良の方針を紹介する。なお、本研究は経済産業省「平成29年度廃炉・汚染水対策事業費補助金(総合的な炉内状況把握の高度化)」の一部として実施した。

「深水湖の鉛直循環の比較研究」
北澤大輔(東大生研)
温帯の深水湖は、春季から秋季にかけて成層が形成されるが、冬季には湖面冷却によって鉛直循環が発生し、湖面から湖底まで循環することを全循環と呼んでいる。全循環が発生すると、酸素が湖底まで届けられるが、全循環が欠損すると、湖底は低酸素状態となり、生態系に負の影響が生じる。琵琶湖では、毎年全循環が発生しているが、その発生時期が3月頃にずれこむことがあり、全循環の欠損が懸念される場合がある。鹿児島県の池田湖では、全循環が欠損することが多く、湖底近傍は貧酸素状態となっている。本研究会では、琵琶湖と池田湖のシミュレーション結果から、全循環の発生条件について考察する。