LES研究会とは

さまざまな分野の研究者が集まりLESのモデルや計算法などの情報交換を行う場として、2008年9月にLES研究会が発足いたしました。現在2ヶ月に1回、東大生研にて研究会を開いています。LESに興味をお持ちの研究者、学生の方のご参加をお待ちしております。また研究会についてご質問ご要望がありましたら世話人までお知らせください。

世話人
半場 藤弘
東京大学生産技術研究所 基礎系部門
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
Tel: 03-5452-6115
E-mail: hambaアットマークiis.u-tokyo.ac.jp
地図:
 東大生研へのアクセス http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/#sec-1
 キャンパスマップ http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/#sec-3


アナウンス

研究会のメーリングリストで開催のお知らせをお送りしています。メーリングリストへのメールアドレスの登録、変更、削除をご希望の方は、世話人までお知らせください。また、各分野のLESに関連する講演や研究会のアナウンスなどの情報交換にもメーリングリストをお使いください。

第50回LES研究会を5月8日(火)14時より下記のとおり開催します。

日時 2018年5月8日(火) 14:00-17:00
場所 東京大学生産技術研究所 As棟3階 中セミナー室5 (As313)
 A棟はAn棟(北側)とAs棟(南側)に分かれています。

1. 自己紹介 (初めて参加される方)
今回初めて参加される方には簡単な研究紹介をお願いいたします。ノートPC(または配布資料)を持参いただいて一人3分程度で発表していただければと思います。あるいは口頭での短い自己紹介でもかまいません。

2. 話題提供

「スカラー混合を伴う平面乱流噴流の Implicit Large-Eddy Simulation」
松山新吾(JAXA)
本講演では Implicit Large-Eddy Simulation(ILES)によりスカラー混合を伴う平面乱流噴流の解析を行った結果について報告する.ILES は対流項の数値粘性によって SGS モデルを代用する手法であるが,数値粘性は格子スケール程度の数値振動を取り除くフィルタリングの機能しか果たさないため,SGS 乱流成分を陽的に考慮しない ILES では格子スケール以下の乱流は完全に除外されてしまうことになる.そこで Re = 3000 および 10000 の条件について空間高次精度スキームと格子解像度を変化させて解析を行い,マクロな統計量(平均場と変動場)にどのような影響を及ぼすかを調査し,ILES で良い結果を得るための要件などについて報告する.

「空力騒音の数値予測とその評価」
吉野 崇(本田技術研究所)
近年,燃費改善のためのパワープラントの電動化に伴いエンジン系の騒音が低下する傾向にあり,車両各部に存在する流れのはく離が起因となる風切音による騒音のさらなる低減が快適性向上のための一要因として重要であると考えられている.そのため,対策案を考える上で風切音発生の予測技術が重要となる.本発表では,風切音予測技術の確立を目的として,
1.単純流れの数値解析の再現と音伝達メカニズムの解明,
2.単純ミラーモデルを用いた流体解析手法の確立,
3.量産ミラーへの適用事例
の紹介を実施することとする.