LES研究会とは

さまざまな分野の研究者が集まりLESのモデルや計算法などの情報交換を行う場として、2008年9月にLES研究会が発足いたしました。現在2ヶ月に1回、東大生研にて研究会を開いています。LESに興味をお持ちの研究者、学生の方のご参加をお待ちしております。また研究会についてご質問ご要望がありましたら世話人までお知らせください。

世話人
半場 藤弘
東京大学生産技術研究所 基礎系部門
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
Tel: 03-5452-6115
E-mail: hambaアットマークiis.u-tokyo.ac.jp
地図:
 東大生研へのアクセス http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/#sec-1
 キャンパスマップ http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/#sec-3


アナウンス

研究会のメーリングリストで開催のお知らせをお送りしています。メーリングリストへのメールアドレスの登録、変更、削除をご希望の方は、世話人までお知らせください。また、各分野のLESに関連する講演や研究会のアナウンスなどの情報交換にもメーリングリストをお使いください。

次回の第54回LES研究会を1月8日(火)14時より東大生研で開催します。詳しくは後日このHPとメーリングリストでお知らせします。

第53回LES研究会を11月9日(金)14時より下記のとおり開催します。

日時 2018年11月9日(金) 14:00-17:00
場所 東京大学生産技術研究所 As棟3階 中セミナー室4 (As311)
 A棟はAn棟(北側)とAs棟(南側)に分かれています。

1. 自己紹介 (初めて参加される方)
今回初めて参加される方には簡単な研究紹介をお願いいたします。ノートPC(または配布資料)を持参いただいて一人3分程度で発表していただければと思います。あるいは口頭での短い自己紹介でもかまいません。

2. 話題提供

「自軸回転円管内乱流における完全発達状態と過渡現象」
岡本正芳(静岡大学)
円管を自軸周りに回転させた乱流場に関して直接数値計算(DNS)を実行した結果(発達過程と完全発達状態)について紹介する。よく知られているように、駆動力を固定して管回転を加えると流量の上昇が確認できるが、その点に関して様々な統計量を解析してその検討を実施している。また、急に回転を加えるとその直後極端に強い安定化が生じ、ほとんど層流の時間変化に沿うケースも発生する。この現象についても紹介していく。乱流モデルに関しても若干の検証を報告する予定である。

「SGS力およびSGSエネルギー輸送に基づくスケール相似則項を用いたSGSモデル」
小林宏充(慶大日吉物理)
最近安倍によって提案されたスケール相似則項を用いた安定化非等方SGSモデルは、平行平板間流れにおいて非常に粗い格子においても平均流速分布をよく再現する。ここで用いられるスケール相似則項には様々な選択肢があり得ることから、乱流中の典型的な渦としてモデル化されるバーガーズ渦周りにおけるSGS力およびSGSエネルギー輸送を検討することで、モデル化されたSGS応力項の振る舞いを理解する。安倍モデルにおけるスケール相似則項を変えた場合のポステリオリテストの結果、ならびに渦粘性項の代わりにスケール相似則項のみを用いたモデルの結果を示し、今後のモデル化の示唆としたい。