LES研究会とは

さまざまな分野の研究者が集まりLESのモデルや計算法などの情報交換を行う場として、2008年9月にLES研究会が発足いたしました。現在2ヶ月に1回、東大生研にて研究会を開いています。LESに興味をお持ちの研究者、学生の方のご参加をお待ちしております。また研究会についてご質問ご要望がありましたら世話人までお知らせください。

世話人
半場 藤弘
東京大学生産技術研究所 基礎系部門
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
Tel: 03-5452-6115
E-mail: hambaアットマークiis.u-tokyo.ac.jp
地図:
 東大生研へのアクセス http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/#sec-1
 キャンパスマップ http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/#sec-3


アナウンス

研究会のメーリングリストで開催のお知らせをお送りしています。メーリングリストへのメールアドレスの登録、変更、削除をご希望の方は、世話人までお知らせください。また、各分野のLESに関連する講演や研究会のアナウンスなどの情報交換にもメーリングリストをお使いください。

第61回LES研究会を9月9日(水)14時より下記のとおり開催します。

日時 2020年9月9日(水) 14:00-15:30
場所 Zoomによるオンライン会議 (URLは後日メールでお知らせします)

話題提供

「壁乱流中の中間サイズ気泡挙動と抵抗低減効果」
大島伸行(北海道大学)
気泡導入による船舶摩擦抵抗低減技術(微小気泡法, 気膜法)は2000年代に入って新たに開発された計測技術により乱流摩擦抵抗メカニズムが解明され始めた.そのなかで,中間サイズ気泡(数mm〜cmオーダー)を用いた摩擦抵抗低減は比較的新しく注目され始めた技術であり主に実験的研究が進められている。一方、数値計算においては変形の小さい微小気泡(μmオーダー)に多数適用されてきたが、中間サイズ気泡のように変形性の高い気泡の数値計算では数値誤差や界面拡散につながる課題があり研究例が少ない。近年これらを扱う数値手法の理解が進み汎用ソフトウェアにも導入されてきたことから、本研究では、OpenFOAM Ver.18 にて開発された二相流ソルバー interFoam, interIsoFoam を用いて、壁乱流中の中間サイズ気泡の直接数値計算を試みている。実験可視化との比較検証とともに、その抵抗低減に及ぼす影響効果解析についての成果を紹介する。