LES研究会とは

さまざまな分野の研究者が集まりLESのモデルや計算法などの情報交換を行う場として、2008年9月にLES研究会が発足いたしました。現在2ヶ月に1回、東大生研にて研究会を開いています。LESに興味をお持ちの研究者、学生の方のご参加をお待ちしております。また研究会についてご質問ご要望がありましたら世話人までお知らせください。

世話人
半場 藤弘
東京大学生産技術研究所 基礎系部門
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
Tel: 03-5452-6115
E-mail: hambaアットマークiis.u-tokyo.ac.jp
地図:
 東大生研へのアクセス http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/#sec-1
 キャンパスマップ http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/#sec-3


アナウンス

研究会のメーリングリストで開催のお知らせをお送りしています。メーリングリストへのメールアドレスの登録、変更、削除をご希望の方は、世話人までお知らせください。また、各分野のLESに関連する講演や研究会のアナウンスなどの情報交換にもメーリングリストをお使いください。

次回の第74回LES研究会を5月9日(火)14時より開催します。詳しくは後日このHPとメーリングリストでお知らせします。

第73回LES研究会を1月10日(火)14時より下記のとおり開催します。

日時 2023年1月10日(火) 14:00-15:30
場所 Zoomによるオンライン会議 (URLは後日メールでお知らせします)

話題提供

「低圧旋回渦同定手法を用いた横風時の自動車の空気抵抗増大に寄与する渦の同定」
中村優佑(マツダ)
簡易ノッチバック車両の空気抵抗は,あるヨー角で増大することが知られている.そこで,空気抵抗の増大に関連する後流中の渦を数値計算と低圧旋回渦同定手法を用いて分析した結果を報告する.具体的には,高抵抗状態および低抵抗状態となるヨー角における数値計算結果に対して,2つの渦同定手法(渦度等値面と渦中心線)を適用し,後流中の渦の違いを定性的に議論した.結果,2状態に共通する渦として,回転方向が異なる1対の渦が後端近傍に発生した.また,高抵抗状態では,ルーフエッジ渦が風下側に発生し,後端下部に2つの渦が新たに観察された.流線による分析の結果,これらの渦は風下の巻き込み流れによるものであった.