LES研究会とは

さまざまな分野の研究者が集まりLESのモデルや計算法などの情報交換を行う場として、2008年9月にLES研究会が発足いたしました。現在2ヶ月に1回、東大生研にて研究会を開いています。LESに興味をお持ちの研究者、学生の方のご参加をお待ちしております。また研究会についてご質問ご要望がありましたら世話人までお知らせください。

世話人
半場 藤弘
東京大学生産技術研究所 基礎系部門
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
Tel: 03-5452-6115
E-mail: hambaアットマークiis.u-tokyo.ac.jp
地図:
 東大生研へのアクセス http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/#sec-1
 キャンパスマップ http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/ja/access/#sec-3


アナウンス

研究会のメーリングリストで開催のお知らせをお送りしています。メーリングリストへのメールアドレスの登録、変更、削除をご希望の方は、世話人までお知らせください。また、各分野のLESに関連する講演や研究会のアナウンスなどの情報交換にもメーリングリストをお使いください。

次回の第46回LES研究会を7月14日(金)14時より東大生研で開催します。詳しくは後日このHPとメーリングリストでお知らせします。

第45回LES研究会を5月9日(火)14時より下記のとおり開催します。

日時 2017年5月9日(火) 14:00-17:00
場所 東京大学生産技術研究所 As棟3階 中セミナー室4 (As311)
 A棟はAn棟(北側)とAs棟(南側)に分かれています。

1. 自己紹介 (初めて参加される方)
今回初めて参加される方には簡単な研究紹介をお願いいたします。ノートPC(または配布資料)を持参いただいて一人3分程度で発表していただければと思います。あるいは口頭での短い自己紹介でもかまいません。

2. 話題提供

「電磁流体乱流のSGSモデル」
半場藤弘(東大生研)
プラズマ気体などの電導性流体では磁場の配位が流体運動に影響を及ぼす。磁場の拡散率が小さい高磁気レイノルズ数の流れでは、速度場だけでなく磁場も乱れた状態となる。そのような電磁流体(MHD)乱流のモデル化と、スマゴリンスキーモデルを拡張したSGSモデルの導出の試みを説明する。またレイノルズ平均モデルの検証のためのチャネル乱流のLESについて紹介する。

「高温プラズマ実験装置"LHD"中の圧力駆動型不安定性・非線形飽和のラージ・エディ・シミュレーション」
三浦英昭(核融合研)
大型ヘリカル装置(LHD)は、高温プラズマを閉じ込めて核融合を目指すための実験装置である。LHD中でプラズマを安定に閉じ込めるための最も重要な課題の一つは、圧力駆動型不安定性による閉じ込め磁場の破壊の回避である。この圧力駆動型不安定性を模擬するための有力な手段として、ラージ・エディ・シミュレーション(LES)に注目している。この発表では、LHD中の圧力駆動型不安定性の概略、MHDモデルの破綻と2流体MHDモデルの導入、2流体MHDの性質、2流体MHDモデルのLESについての現状を紹介する。