ニュース
ニュース
イベント
[オンライン開催]第14回 ESIシンポジウム「2050年のエネルギーと社会:俯瞰的視点」(開催日:2021/9/27)

東京大学生産技術研究所エネルギーシステムインテグレーション社会連携研究部門(ESI)では、9月27日に第14回ESIシンポジウム「2050年のエネルギーと社会:俯瞰的視点」をオンラインで開催します。

今回のシンポジウムでは、我が国の長期のエネルギーと経済のあるべき姿と
温室効果ガス低減に向けた長期発展戦略の策定に関する
「2050年エネルギーと社会」シンポジウムとして、2020年12月の「課題解決の方向性」、
2021年2月の「選択肢の深掘り」、同5月の「何が難しいのか」の議論に続き、
第4回として、2050年カーボンニュートラルなどの脱炭素を進めるにあたっての
「俯瞰的視点」を講演いただき、同時解決の可能性を議論します。
─────────────────────────────────
「2050 年に向けた日本のエネルギー需給」研究委員会
2021年度第2回シンポジウム(第14回 ESIシンポジウム)

 「2050年のエネルギーと社会:俯瞰的視点」

 日時 :2021年9月27日(月)13:00-17:50
 場所 :ZOOMによるオンライン開催
─────────────────────────────────
■会場:オンライン開催(参加者にZoom URLを開催1週間前にお知らせします) 
■シンポジウム参加費:1,000円(学生:無料)
■参加申込方法:以下の東京大学ESIのHPよりお申込みください。(要事前登録)
https://www.esisyab.iis.u-tokyo.ac.jp/symposium/20210927/sympo20210927.html
 *申込締切:定員に達した時点 、または2021年9月22日(水)
■お問い合わせ:一般社団法人エネルギー・資源学会 事務局
TEL 06-6446-0537 FAX 06-6446-0559 E-mail:gyoji@jser.gr.jp
af4bbea7380a31300b1af0c4cb3d033d6d82f4e2.jpeg

趣旨説明

荻本 和彦(東京大学 生産技術研究所 エネルギーシステムインテグレーション社会連携研究部門 特任教授)

第1部・講演

「2050年の脱炭素シナリオ:多様性と非欧米の視点」
 杉山 昌広(東京大学 未来ビジョン研究センター 准教授)

「2050年の脱炭素シナリオと脱炭素技術の有効性」
松尾 雄司((一財)日本エネルギー経済研究所 研究主幹)

「日本の経済成長とエネルギー生産性-20世紀の経験と2050年に向けた展望」
野村 浩二(慶應義塾大学 産業研究所 教授)

「脱炭素困難部門での対策」
 中垣 隆雄(早稲田大学理工学術院教授 創造理工学部総合機械工学科)

「アルミニウムの天分を活かそう」
熊井 真次(東京工業大学 物質理工学院 教授)

「エネルギー需要側技術・社会変化の展望と国際モデル比較プロジェクト」
秋元 圭吾((公財)地球環境産業技術研究機構 システム研究グループリーダー 主席研究員)

第2部・パネルディスカッション:忘れてはならない視点とは何か

モデレータ:荻本 和彦
(東京大学 生産技術研究所)
パネリスト:各講演者
(2020年度 第1回、第2回、2021年度 第 1 回の各登壇者)
竹内 知哉
(東京大学 生産技術研究所 人間・社会系部門 特任准教授)
*シンポジウムの内容は予告なく変更する場合があります
月別アーカイブ