Other Articles [報告,論説,解説,講演等]

principal papers and books[主な研究論文等]| other papers[一般論文]| Panels & Interviews[取材等]| Back to Home | ホームへ戻る

lists from 2011 [2011年以降]

  1. T. Oguchi: Contributions of ITS and vehicle automation for advanced road traffic society. "Foreword", JRC Review, No.69, pp.6-7, 2018.03. 大口敬: 道路交通社会の発展へ向けたITSと自動運転の貢献, 巻頭言, 日本無線技報, 2018.03.
  2. 大口敬: 次世代都市交通システム, テクノロジープレゼンテーション: 科学技術・イノベーションカンファレンス -社会課題と技術。2020年を転機として, 依頼講演, 時事通信ホール(東京), 2018.02.23.
  3. 大口敬: 自動運転技術などの社会実装に関する現状と将来展望, 〜江戸・東京の「まち」と「ひと」シリーズ〜大都市東京の交通/10年後,20年後を見据えた交通のあり方を考える, 首都大学東京オープンユニバーシティ, 首都大学東京オープンユニバーシティ飯田橋キャンパス, 2018.02.14.
  4. T. Oguchi: Advanced urban road traffic management scheme for congestion alleviation. Smart Infrastructures: future challenges, 2018 Civil Engineering Symposium, the Univ. of Tokyo, Tokyo, 2018.02.06.
  5. Y. Suda and T. Oguchi: Automated driving and mobility society. Journal of the Japan Society of Mechanical Engineers, Vol.121, No.1191, pp8.-11, 2018.02. 須田義大, 大口敬: 自動運転とモビリティ社会, 日本機械学会誌, 総説:特集・実用化迫る自動運転−産官学の視点から, 2018.02.
  6. 大口敬: 自動運転技術の進展と 今後の交通管理の方向性, 招待特別講演, 第25回交通管理技術研究発表会, 警察庁交通局, 2017.11.30.
  7. T. Oguchi: Toward Developing More Active International Activities by IATSS. Opening and Objective description, Global Interactive Forum on Traffic and Safety (GIFTS) 2017 Workshop, IATSS, United Nations Univeristy, Tokyo, 2017.11.18.
  8. T. Oguchi: Enhancing mobility & sustainability in urbanized area. Invited speaker, Prenary Session "Regional Activities and FOTs", SIP-adus Workshop 2017 on Connected and Automated Driving Systems, Tokyo International Exchange Center, Tokyo, 2017.11.14.
  9. 大口敬: 交通渋滞を解消する科学の力と未来の交通社会のデザイン, 依頼講演, 次世代育成オフィス(ONG)出張授業, 群馬県立前橋女子高等学校, 東京大学生産技術研究所, 2017.11.10.
  10. T. Oguchi: SIP-adus: Outline of activities on automated driving promotion in Japan. Invited lecture, University of Regina, Regina (Saskatchewan) Canada, 2017.11.03.
  11. 和田健太郎, 大口敬: ITSの取り組みと動向, 自動車交通研究-環境と政策2017, 2-7節, DOI: 10.20717/jrctptpj.2017.0_70, pp.70-71, (公社)日本交通政策研究会, 2017.10.26.
  12. T. Oguchi: Promotion of automated driving and advanced rapid transit as next generation urban transport in Japan. Keynote speach, Symposium on advanced urban traffic operation and control - the 3rd workshop on Intelligent Transport Systems between Tongji University and the Uiversity of Tokyo, Tongji University Jading Campus, 2017.10.20.
  13. 大口敬: 首都圏3環状道路の効率的な運用に関する研究開発, 道路政策の質の向上に資する技術研究開発・研究評価会(ソフト分野), 2017.09.28.
  14. 大口敬: 道路交通マネジメントの現在・過去・未来, 依頼講演, 国総技術総合政策研究所横須賀庁舎, 2017.09.14.
  15. 大口敬: 交通工学を発展させるTOP/TOE, 第7回TOP/TOE会, 交通工学研究会, 日本大学理工学部駿河台キャンパス, 2017.08.09.
  16. 大口敬: 交通渋滞を解消する科学の力と未来の交通社会のデザイン, 依頼講演, 模擬授業, 東京都市大学付属中学校・高等学校, 2017.07.19.
  17. 大口敬, 力石真, 岡英紀, 堀口良太: 東京都市圏大規模ネットワーク交通流シミュレーションの開発〜物流施設立地と貨物車挙動モデルとの統合〜, 次世代モビリティ社会のデザイン・ITS (Intelligent Transport Systems) に関する研究懇談会, 特別研究会RC-24, (一財)生産技術研究奨励会, 2017.07.18.
  18. T. Oguchi: Traffic Engineering 3 "Fundamentals of signal control & urban transport management", Lecture at JICA Knowledge Co-Creation Program (KCCP) "Practical Technology on Intelligent Transport Systems (ITS)", JICA Tokyo International Center, 2017.07.04.
  19. T. Oguchi: Traffic Engineering 2 "Traffic congestion analysis & congestion management", Lecture at JICA Knowledge Co-Creation Program (KCCP) "Practical Technology on Intelligent Transport Systems (ITS)", JICA Tokyo International Center, 2017.07.04.
  20. T. Oguchi: Traffic Engineering 1 "Traffic flow fundamentals", Lecture at JICA Knowledge Co-Creation Program (KCCP) "Practical Technology on Intelligent Transport Systems (ITS)", JICA Tokyo International Center, 2017.07.04.
  21. 大口敬: 東大ITSセンターの紹介および高度交通システム研究, 非常勤講師, 電気電子特別講義II, 愛媛大学大学院, 2017.06.16.
  22. 大口敬: 東京大学 生産技術研究所 人間・社会系部門/次世代モビリティ研究センター 大口研究室 大口敬教授/副センター長, News Letter from ITS Japan, ITS Japan, Vol.27, p.9, 2017.06.
  23. T. Oguchi: Challenge for understanding the mix-traffic flow nature. speaker, International Symposium on ITS Research – New Technologies and Their Applicability in Viet Nam, (joint sponsorship) ITS center of the Univ. of Tokyo, Univ. of Transport and Communications and NACENTECH, at University of Transport and Communications, Hanoi, 2017.04.24.
  24. 大口敬: 首都圏三環状高速道路の渋滞からの解放, ⼟⽊技術資料, 巻頭言, Vol.59, No.4, p.5, 2017.04.
  25. 日本不動産学会2016年度秋期全国大会シンポジウム 「テクノロジーの進化はまちと産業に何をもたらすか?」, 浅見泰司(コーディネータ)/パネリスト:野田由美子, 大口敬, 鈴木敬, 秋山剛, 栗田卓也, 日本不動産学会誌, Vol.30, No.4(No.119), pp.8-26, 2017.03.
  26. 大口敬: 交通状況シミュレーションと道路課金への応用, (講演), 道路交通のサステナビリティ勉強会, ITS Japan, 東京, 2017.02.16.
  27. 大口敬: 自動走行システムSIP-adus各領域報告 Next Generation Transport, (講演), 第11回日本ITS推進フォーラム, メルパルク東京, 東京, 2017.02.14.
  28. 都市住宅学会第24回学術講演会報告 「テクノロジーの進化はまちと産業に何をもたらすか?」, 浅見泰司(コーディネータ)/パネリスト:野田由美子, 大口敬, 鈴木敬, 秋山剛, 栗田卓也, 都市住宅学, No.96, pp.56-69, 2017 Winter, 2017.01.
  29. T. Oguchi: Role of the road for cooperative ITS. Road Construction, No.760, Japan Road Contractors Association (JRCA), pp.24-27, 2017.01.
    大口敬: 協調ITSにおける道路の役割, 道路建設, 日本道路建設業協会, 2017.01.
  30. T. Oguchi: Mixed traffic nature and data acquisition. International Workshop in UTC, Invited speaker, University of Tranport and Communications, Hanoi, 2016.12.09.
  31. T. Oguchi: Trial Proposals of Advanced Traffic Management on Tokyo Metropolitan Urban Expressway Rings - Development of Network Simulation Model and its Application -. International Symposium on Transport Management on the Road Network of Megacities, Sola City Conference Center (Tokyo), Jointly organized by Hitotsubashi Univ. and the Univ. of Tokyo, 2016.12.01.
    [和訳]大口敬: 東京都市圏三環状道路の交通マネジメントに関する試論~ネットワークシミュレーションモデルとその適用~, 国際シンポジウム:メガシティにおける道路ネットワーク交通マネジメント, 2016.12.01.
  32. T. Oguchi: SIP-adus and ART ; why ART, How Advanced?, Invited Speaker, 3rd SIP-adus Workshop on Connected and Automated Driving Systems 2016, Cabinet Office, Goverment of Japan, Tokyo International Exchange Center (TIEC) Plaza Heisi (Tokyo), 2016.11.16.
  33. T. Oguchi: Towards realization of ART (Advanced Rapid Transit) concept, Journal of the Japan Society of Civil Engineers, Vol.101, No.11, pp.-, 2016.11. [in Japanese]
    大口敬: ART (Advanced Rapid Transit)の実現に向けた取組み, 土木学会誌, 2016.11.
  34. 和田健太郎, 大口敬: ITSの取り組みと動向, 自動車交通研究-環境と政策2016, 2-7節, pp.74-75, (公社)日本交通政策研究会, 2016.10.27.
  35. 大口敬: 協調ITSの中長期的なサービスの実現に向けた要素技術の評価に関する研究, (講演), 東京大学ITSセミナーシリーズ28 「ITSセミナー in 東京」, 東京大学生産技術研究所ITSセンター, 東京大学生産技術研究所コンベンションホール(東京), 2016.10.27.
  36. T. Oguchi: Nature of road vehicular traffic and its energy consumption. 1st Seminar in FY2016 of Japan Society of Energy and Resources, Invited Speaker, 2016.10.26. [in Japanese]
    大口敬: 道路自動車交通とそのエネルギー消費の特性, エネルギー・資源学会平成28年度第1回講習会「来たるべき低炭素社会における新しいモビリティとエネルギー」, 依頼講演, 2016.10.26.
  37. T. Oguchi: Trial to analyze hierarchical system of road traffic rules. ReMOVED Seminar, Queensland University of Technology, Brisbane, 2016.10.18.
  38. 大口敬: 創立20周年へ寄せて・今後に期待すること, 機関誌「UTMS」, No.33, 一般社団法人UTMS協会, p.4, 2016.10.
  39. 大口敬: 東京大学生産技術研究所ITSセンターの取組み-交通流改善, ITSテクノロジー展セミナー, 東京ビッグサイト, 2016.09.30.
  40. 大口敬: 道路交通マネジメントの高度化の現状と将来, 地図・図面・位置情報を活用した業務システム事例紹介セミナー, (株)インフォマティクス, 川崎, 2016.09.16.
  41. T. Oguchi: History and the cutting edge of ITS in Japan. Expressway and Automobile Summer Seminar for International Students 2016, Toshi Center Hotel, Tokyo, 2016.08.01.
    [和訳]留学生のための高速道路と自動車サマーセミナー2016
  42. T. Oguchi: Traffic Engineering 3 "Signal control & urban transport management", Lecture at JICA Knowledge Co-Creation Program (KCCP) "Practical Technology on Intelligent Transport Systems (ITS)", JICA Tokyo International Center, 2016.07.25.
  43. T. Oguchi: Traffic Engineering 2 "Traffic congestion analysis & advanced management", Lecture at JICA Knowledge Co-Creation Program (KCCP) "Practical Technology on Intelligent Transport Systems (ITS)", JICA Tokyo International Center, 2016.07.25.
  44. T. Oguchi: Traffic Engineering 1 "Traffic flow fundamentals", Lecture at JICA Knowledge Co-Creation Program (KCCP) "Practical Technology on Intelligent Transport Systems (ITS)", JICA Tokyo International Center, 2016.07.25.
  45. H. Nakamura and T. Oguchi: Updates on highway capacity and quality of service studies in Japan. ISEHP2016 (International Symposium on Enhancing Highway Performance), Invited speaker, Berlin (Germany), 2016.06.15.
  46. 大口敬: 道路交通流の制御工学-2-交通制御の新しい形-交差点制御の工夫・自動運転の適用場面, 非常勤講師, 電気電子特別講義II, 愛媛大学大学院, 2016.06.10.
  47. 大口敬: 道路交通流の制御工学-1-交通流の科学, 非常勤講師, 電気電子特別講義II, 愛媛大学大学院, 2016.06.10.
  48. K. Wada and T. Oguchi: Trends and activities in ITS. Transport Policy in Perspective: 2015, Japan Research Center for Transport Policy, section 2-7 (in 2. Efforts to Assure Safe and Comfortable Mobility), pp.37-38, 2015.11.
  49. 和田健太郎, 大口敬: ITSの取り組みと動向, 自動車交通研究-環境と政策2015, 2-7節, pp.64-65, (公社)日本交通政策研究会, 2015.10.
  50. 大口敬: 都市部街路交通の将来像, 東京大学ITSセミナーシリーズ27 「ITSセミナー in 富山」, (講演), 東京大学生産技術研究所ITSセンター, 富山大学五福キャンパス(富山市), 2016.3.29.
  51. 大口敬: 自動走行技術の社会実装, 平成27年度社会人のためのITS専門講座, 東京大学生産技術研究所次世代モビリティ研究センター, 2016.01.21.
  52. T. Oguchi: Automation of automobile and motorways. Expressways and Automobiles, Vol.59, No.1 pp.15-18, 2016.01. [in Japanese]
    大口敬: 自動車の自動運転と自動車専用道路, 高速道路と自動車, 論説, 2016.01.
  53. T. Oguchi: Professional Certification. Traffic Engineering, Vol.51, No.1 pp.63-64, 2016.01. [in Japanese]
    大口敬: 資格・教育:交通工学研究会資格制度, 交通工学, 2016.01.
  54. 大口敬: 今後の交通安全対策の目指す方向, 依頼講演, 船舶交通管理のあり方に関する検討会, 海上保安庁, 2015.12.11.
  55. T. Oguchi: Urban Traffic Control and Management in the Connected Society. Invited speaker, 2015 Seoul Metropolitan Fora - Future Cities, University of Seoul, Seoul, Korea, 2015.11.20.
  56. 大口敬: 道路計画と渋滞対策, 平成27年度道路計画一般研修, 全国建設研修センター, 31p., 2015.11.06.
  57. T. Oguchi: Application of Automated Driving Based on the Hierarchy of Vehicular Road. Article, IATSS Review, Vol.40, No.2, pp.25-32, 2015.10. [in Japanese]
    大口敬: 車両の走行道路階層性を考慮した自動運転の適用, 論説, 国際交通安全学会誌, 2015.10.
  58. T. Oguchi: Visualization Technology Development of Vehicular Traffic CO2 Emission. invited speaker, 2nd SIP-adus Workshop on Connected and Automated Driving Systems 2015, Tokyo International Exchange Center (TIEC), Tokyo, 2015.10.27.
  59. 大口敬: 平面交差点における道路交通技術を再考する, 依頼講演, 第95回交通工学講習会(大阪), (一社)交通工学研究会, 建設交流館 グリーンホール, 2015.10.14.
  60. (一社)交通工学研究会: 道路の交通容量とサービスの質に関する研究, H24-26年度基幹研究課題・最終成果報告書, (副委員長), 264p. 2015.08.
  61. 大口敬: 道路交通流の制御工学-2-交通制御の新しい形-交差点制御の工夫・自動運転の適用場面, 非常勤講師, 電気電子特別講義, 愛媛大学大学院, 2015.08.08.
  62. 大口敬: 道路交通流の制御工学-1-流の科学, 非常勤講師, 電気電子特別講義, 愛媛大学大学院, 2015.08.08.
  63. T. Oguchi and T. Hirasawa: Traffic Engineering 3 "Traffic management & control", Lecture at JICA ITS training program, JICA Tokyo International Center, 2015.07.13.
  64. T. Oguchi: Traffic Engineering 2 "Traffic congestion analysis", Lecture at JICA ITS training program, JICA Tokyo International Center, 2015.07.13.
  65. T. Oguchi: Traffic Engineering 1 "Traffic flow fundamentals", Lecture at JICA ITS training program, JICA Tokyo International Center, 2015.07.13.
  66. 大口敬: 平面交差点における道路交通技術を再考する, 依頼講演, 第94回交通工学講習会(東京), (一社)交通工学研究会, 発明会館ホール, 2015.07.08.
  67. T. Oguchi: Impact of ACC Introduction for Alleviating Motorway Bottlenecks. Special Seminar Series on Transportation Planning and Travel Behavioral Analysis, Infrastructure Planning Committee, JSCE, The Univ. of Tokyo, 2015.07.03.
  68. T. Oguchi: Recent Activities of Research and Development of ITS in Japan. Invided Speaker, Workshop: Technology solution to improve the operationa capacity of Vietnam transport network, Mnistry of Science and Technology, Hanoi, 2015.06.26.
  69. 大口敬: 都市部における道路公共交通運用の高度化, 依頼講演, 第4回APF情報科学セミナー「次世代モビリティとITS」, 愛知県立大学長久手キャンパス, 2015.05.12.
  70. T. Oguchi and K. Wada: Introduction of ITS Center of the University of Tokyo and its recent ITS reserach & development. Speaker, The 1st Workshop on Intelligent Transport Systems between the Univ. of Tokyo and Tongji university, Tongji Univ., Shanghai, 2015.05.01.
  71. T. Oguchi: Policy for urban road traffic management and public taransport priority. Speaker, Internatioanl Symposium on ITS Research, Tongji Univ., Shanghai, 2015.04.30.
  72. 大口敬:交通部門における ビッグデータの整備状況と課題, 依頼講演, 内閣府統計委員会・意見交換会, 2015.04.23.
  73. T. Oguchi: Prospective Road Transport Society with Vehicles in Future. (Forword), Traffic Engineering (JSTE), Vol.50, No.2, pp.1-2, 2015.04. [in Japanese]
    大口敬: 未来のクルマの道路交通社会, 巻頭言, 交通工学, 2015.
  74. 大口敬: 市街地における公共交通と道路交通管理, 持続可能な公共交通に関するシンポジウム, 依頼講演, とさでん交通(株), 高知市立自由民権会館民権ホール, 2015.2.13.
  75. T. Oguchi: Achieving Safe Road Traffic Experience in Japan. Thematic Track "Safe and Clean Transport for Sustainable City", 15th Delhi Sustainable Development Summit (New Delhi), 2015.02.06.
  76. K. Aoki, Y. Suda and T. Oguchi: Advanced Smart mobility Co., Ltd.(AS-MOBI) for commercialization of automated driving in Japan. Invited Speaker, Vehicle-Highway Automation Committee (AHB30) meeting, TRB 94th Annual Meeting (Washington D.C.), 2015.01.13.
  77. 大口敬: 交通円滑化ACC+;次世代モビリティ社会へ向けて, 平成26年度社会人のためのITS専門講座, 東京大学生産技術研究所次世代モビリティ研究センター, 2015.01.19.
  78. 大口敬: 交通工学-道路交通の制御工学, 東京大学交通ラボ研究会, 2014.12.22.
  79. 大口敬: 交通に関する話題, 依頼講演, 平成26年度高度専門技術研修I(交通), NEXCO中日本人財開発センター, 2014.12.08.
  80. 大口敬: 交通渋滞を科学の力で解消しよう!, 依頼講演, 模擬授業, 戸板中学校・戸板女子高等学校, 2014.11.29.
  81. T. Oguchi: Effects of Adaptive Cruise Control introduction on smoother traffic. Meeting of Special Interst Group (SIG) C2 "Urban Transport Operations" and C3 "Intelligent Transport Sysmtems" of WCTRS (World Conference on Transport Research Society), Queensland University of Technology (QUT), Brisbane, Australia, 2014.11.19.
  82. 大口敬: 平面交差点における交通流制御の課題と展望, 招待特別講演, 第22回交通管理技術研究発表会, 警察庁交通局, 2014.11.13.
  83. 大口敬: 道路計画と渋滞対策, 平成26年度道路計画一般研修, 全国建設研修センター, 2014.11.06.
  84. 和田健太郎, 大口敬: ITSの取り組みと動向, 自動車交通研究-環境と政策2014, 2-7節, pp.62-63, (公社)日本交通政策研究会, 2014.11.
  85. 大口敬: 道路自動車交通の効率化技術-現状と課題, 「高効率エネルギー利用未来都市の実現に向けた課題達成型研究開発構想ワークショップ」報告書, p.33-36, 2014.10.
  86. 大口敬: 交通円滑化ACC+ 〜安全・効率的な次世代モビリティ社会〜, 講演, 東京大学ITSセミナーシリーズ25 「ITSセミナー in 新潟」, 東京大学生産技術研究所ITSセンター, 新潟大学ライブラリーホール(新潟市), 2014.10.16.
  87. T. Oguchi: Prior Evaluation with sufficiently reliable methods of the ITS Technology introduction effects on Traffic Management Systems. Invited speaker, Workshop "Technology Applications in Traffic Safety and Operational Improvement of Transportation Network in Vietnam", MOST and NACENTECH of Vietnam, 2014.10.14.
  88. K. Ikeuchi, T. Oguchi, M. Kuwahara, S. Kamijo, S. Ono, T. Oishi, R. Horiguchi, K. Yoshimura, A. Tnakana, M. Hasegawa, S. Sasaki, H. Ichikawa: Development of a Social Feedback System for Promoting General Citizens to Change Their Travel Behavior by Providing Regional Transport Information. ICT Innovation Forum 2014, MIC, 2014.10.07. [in Japanese]
    池内克史, 大口敬, 桑原雅夫, 上條俊介, 小野晋太郎, 大石岳史, 堀口良太, 吉村方男, 田中淳, 長谷川雅人, 佐々木卓, 市川博一: 市民の交通行動変容を促進する持続可能な生活交通情報フィードバックシステムの研究開発, ICTイノベーションフォーラム2014予稿集, 2014.10.07.
  89. T. Oguchi: Innovation of entire road traffic system -Creation of proper road traffic space for various mobilities. IATSS Review, Vol.39, No.2, pp.141, 2014.09. [in Japanese]
    大口敬: 道路交通システム全体をイノベーションしよう-多様な移動体に適した道路交通空間の創出, 国際交通安全学会誌, 特集/国際交通安全学会創立四十周年, 2014.09.
  90. 大口敬: 「平面交差の計画と設計−基礎編−」の改定方針, 交通事故対策の動向に関する講演会, 北海道土木技術会道路研究委員会, 平成26年度第2回講演会, 札幌, 2014.09.04.
  91. 大口敬: 交通工学を発展させるTOP/TOE, 第4回TOP/TOE会, 交通工学研究会, 日本大学理工学部駿河台キャンパス, 2014.08.08.
  92. 大口敬: 道路交通流の制御工学-3-交通制御の将来, 非常勤講師, 電気電子特別講義II, 愛媛大学大学院, 2014.08.05.
  93. 大口敬: 道路交通流の制御工学-2-交通信号制御とみち案内, 非常勤講師, 電気電子特別講義II, 愛媛大学大学院, 2014.08.05.
  94. 大口敬: 道路交通流の制御工学-1-自動車交通流の科学, 非常勤講師, 電気電子特別講義II, 愛媛大学大学院, 2014.08.05.
  95. T. Oguchi: Traffic Engineering 3 "Traffic management & congestion", Lecture at JICA ITS training program, JICA Tokyo International Center, 2014.07.24.
  96. T. Oguchi: Traffic Engineering 2 "Traffic congestion analysis", Lecture at JICA ITS training program, JICA Tokyo International Center, 2014.07.22.
  97. T. Oguchi: Traffic Engineering 1 "Traffic flow fundamentals", Lecture at JICA ITS training program, JICA Tokyo International Center, 2014.07.22.
  98. 大口敬: データ融合で期待される高度な交通マネジメント, 依頼講演, 第92回交通工学講習会(東京), (一社)交通工学研究会, 発明会館ホール, 2014.07.11.
  99. T. Oguchi: ITS for Traffic Management Systems -Evaluation of ITS applications-. Invited speaker, "Vietnam - Japan ITS Workshop 2014", Palace Hotel, Ho Chi Minh City, Vietnam, 2014.6.19.
  100. T. Oguchi: ITS for Traffic Management Systems -Evaluation of ITS applications-. Invited speaker, "International Workshop: Intelligent Transportation System, Japan Technologies and Applications in Vietnam", University of Transport and Communications, Hanoi, Vietnam, 2014.06.17.
  101. D. Oshima, M. Kuwahara, T. Oguchi, M. Yonezawa, S. Hayashi and R. Horiguchi: Development of an evaluation method of the effects of ITS on CO2 emissions and approaches to promote its application. 4th International Symposium of Transport Simulation(ISTS'14), Ajaccio, France, 2014.06.03.
  102. T. Oguchi: Effects of Adaptive Cruise Control introduction on smoother traffic. speaker, International Symposium on Intelligent Transport Systems Research, (joint sponsorship) ITS center of the Univ. of Tokyo and Univ. of Auckland, at University of Auckland, Auckland, 2014.05.01.
  103. 大口敬: 書籍案内「路車協調でつくるスマートウェイ(牧野浩志他共著)」, 交通工学, Vol.49, No.2, pp.89 2014.04.
  104. 大口敬: 交通円滑のための自動運転, 次世代モビリティ研究センター設立記念シンポジウム, 東京大学生産技術研究所, 2014.04.21.
  105. 大口敬: 道路自動車交通の効率化技術現状と課題, 依頼講演, 高効率エネルギー利用未来都市の実現に向けた課題達成型研究開発構想ワークショップ, (独)科学技術振興機構・研究開発戦略センター, 2014.04.16.
  106. 大口敬: 自動運転による交通円滑化, 講演, 情報科学共同研究所セミナー「自動走行時代の新しいITSの展望」, 愛知県立大学情報科学共同研究所・東京大学生産技術研究所先進モビリティ研究センター共催, 愛知県立大学長久手キャンパス, 2014.03.13.
  107. 大口敬: 自動運転の功罪, 依頼講演, IATSSサロン, 国際交通安全学会, 2014.03.10.
  108. 大口敬: 次世代ITS社会のデザイン〜オートパイロットシステムの展望と課題〜, 依頼講演, 第12290回JPI特別セミナー, 日本計画研究所, 2014.02.24.
  109. 大口敬: 自動車交通の渋滞メカニズムと円滑化ITS, 依頼講演, ITS Japanコミュニティプラザ, ITS Japan, 2014.02.18.
  110. 大口敬: 高速道路交通渋滞とITS, 平成25年度社会人のためのITS専門講座, 東京大学生産技術研究所先進モビリティ研究センター, 2014.01.23.
  111. T. Oguchi: Use of Adaptive Cruise Control to Resolve Emerging Highway Congestion Bottlenecks. Invited speaker, Lectern Session 845 "New Developments in Vehicle-Highway Automation", TRB 93rd Annual Meeting, 2014.01.15.
  112. 大口敬: 自動車交通社会を支える道路技術1 -まちの形・交通の速度-, 非常勤講師, 宮城大学産業集積人材育成プログラム「自動車産業論」, 宮城大学, 2014.01.10.
  113. 大口敬: 自動車交通社会を支える道路技術2 -交通制御の将来-, 非常勤講師, 宮城大学産業集積人材育成プログラム「自動車産業論」, 宮城大学, 2014.01.10.
  114. T. Oguchi: Progress of automotive technology and outlooks for traffic congestion countermeasures. Electric Power Civil Engineering, No.369, p.6-11, 2014.01. [in Japanese]
    大口敬: 自動車技術の進展と交通渋滞対策の今後の展望, 電力土木, 総説, 2014.01.
  115. 洪性俊, 大口敬: ITSの取り組み, 自動車交通研究-環境と政策2013, 2-7節, pp.62-63, (公社)日本交通政策研究会, 2013.11.
  116. 大口敬: 道路計画と渋滞対策, 平成25年度道路計画一般研修, 全国建設研修センター, 2013.11.07.
  117. T. Oguchi: Traffic Engineering 3 "Traffic management & congestion", Lecture at JICA ITS training program, JICA Tokyo International Center, 2013.10.24.
  118. 大口敬: 道路交通マネジメント技術による交通安全, 講演, 東京大学ITSセミナーシリーズ21「ITSセミナー in 広島」, 東京大学生産技術研究所ITSセンター, 広島県立大学サテライトキャンパスひろしま(広島市), 2013.10.23.
  119. T. Oguchi: Traffic Engineering 2 "Traffic congestion analysis", Lecture at JICA ITS training program, JICA Tokyo International Center, 2013.10.22.
  120. T. Oguchi: Traffic Engineering 1 "Traffic flow fundamentals", Lecture at JICA ITS training program, JICA Tokyo International Center, 2013.10.22.
  121. N. Izumi and T. Oguchi: "Traffic safety measures in USA -Autonomous establishment of safety consciousness, campaign, cooperation and collaboration". Road Engineering & Management Review, Vol.871, pp.50-53, 2013.10. [in Japanese]
    泉典宏, 大口敬: アメリカ合衆国における交通安全施策〜自律的な安全意識の醸成,キャンペーン,連携・協働〜, 道路, Road Safety・世界の知見3, 2013.10.
  122. 大口敬: 交通の流れが見せる脆弱性, 依頼講演, 第1回交通工学スペシャリト養成道場, 2013.10.12.
  123. 大口敬: ITSが描く将来の交通社会像, 依頼講演, モビリティデザイン 人の移動からまちづくりを考える−ITSの可能性−, 柏まちづくりスクール2013後期コース, UDCK, 2013.10.05.
  124. T. Oguchi: Recent Trend of Traffic Congestion Alleviating Measures on Motorways. Journal of the Automotive Engineering of Japan, Vol.67, No.10, pp.11-16, 2013.10. [in Japanese]
    大口敬: 高速道路における交通渋滞緩和策の最新動向, 自動車技術, 解説, 2013.10.
  125. 大口敬: 2030年の道路交通を考える, 依頼講演, 自動車技術会・交通システム分科会, 自動車技術会(東京), 2013.09.19.
  126. 大口敬: 高速道路単路部ボトルネック現象の原因となる車群形成メカニズムに関する基礎的研究, 平成24年度高速道路関連社会貢献協議会助成研究の概要(2), 高速道路と自動車, Vol.56, No.9, pp.65-66, 2013.09.
  127. 大口敬: 道路交通流の制御工学-3-交通制御の将来, 非常勤講師, 電気電子特別講義I, 愛媛大学大学院, 2013.08.01.
  128. 大口敬: 道路交通流の制御工学-2-交通信号制御とみち案内, 非常勤講師, 電気電子特別講義I, 愛媛大学大学院, 2013.08.01.
  129. 大口敬: 道路交通流の制御工学-1-自動車交通流の科学, 非常勤講師, 電気電子特別講義I, 愛媛大学大学院, 2013.08.01.
  130. 大口敬: 高速道路単路部ボトルネック現象の原因となる車群形成メカニズムに関する基礎的研究, 講演, 高速道路関連社会貢献協議会, 平成24年度研究成果報告会, 2013.07.05.
  131. The University of Tokyo, i-Transport Lab. Co., Ltd. and Japan Automobile Research Institute: Guideline for Assessing the Effects of ITS on CO2 Emission - International Joint Report -, (shared author, Introduction), Supported by NEDO, 2013.03.
  132. 大口敬: 東日本大震災に伴う高速道路 における大型車交通流変化, 講演, 東京大学ITSセミナーシリーズ20「ITSセミナー in 岩手 -防災とITS-」, 東京大学生産技術研究所ITSセンター, 岩手県立大学講堂(岩手郡滝沢村), 2013.05.29.
  133. T. Oguchi: Outline of recent activities in Transportation Engineering Laboratory of the University of Tokyo. Invited speaker, Special lecture in the School of Transportation Engineering, Tongji Univ., Shanhai, 2013.05.20.
  134. (財)国際交通安全学会: ラウンドアバウトの社会実装と普及促進に関する研究, 平成24年度研究調査プロジェクト(H2420)報告書, (メンバ), 56p. 2013.03.
  135. (財)国際交通安全学会: (社会貢献テーマ)安全でエコなラウンドアバウトの実用展開に関する研究, 平成24年度研究調査プロジェクト(H2425)報告書, (メンバ), 35p. 2013.03.
  136. T. Oguchi: Safety check behavior at unsignalized intersections including roundabouts. Invited speaker, 2nd International Symposium on Traffic Safety, Tongji Univ., Shanghai, 2013.05.19.
  137. 大口敬, 泉典宏: 4.アメリカ, 欧米諸国における交通安全に関する計画・制度把握調査報告書, 日本道路協会, pp.4-1-4-134, 2013.03.
  138. 大口敬: ビッグデータ時代の道路交通システム, 依頼講演, ニューラルネットワークフォーラム2013, 計測自動制御学会システム・情報部門ニューラルネットワーク部会, 九州大学, 2013.03.29.
  139. T. Oguchi: ITS -the Intelligent Transport Systems-. Invited speaker, Seminar 'Intelligent Transport System in Vietnam, Application and Technology Solutions', Hanoi Univ. of Transport and Communication, Hanoi, 2013.02.19.
  140. 大口敬: 交通渋滞とIT, 依頼講演, 第24回情報未来研究会, NTTデータ経営研究所, 2013.02.08.
  141. T. Oguchi: Special suplement/ transport systems of the near future: introduction. IATSS Review, Vol.37, No.3, pp.164-165, 2013.01. [in Japanese]
    大口敬: 特集/近未来の交通システム:特集にあたって, 国際交通安全学会誌, 2013.01.
  142. 大口敬: 自動車交通社会を支える道路技術1- まちの形・交通の速度, 非常勤講師, 宮城大学産業集積人材育成プログラム「自動車産業論」, 宮城大学, 2013.01.25.
  143. 大口敬: 自動車交通社会を支える道路技術2- 信号制御とみち案内, 非常勤講師, 宮城大学産業集積人材育成プログラム「自動車産業論」, 宮城大学, 2013.01.25.
  144. T. Oguchi: ITS as a software technology for the efficient use of expressways. Expressways and Automobiles, Vol.56, No.1 pp.32-33, 2013.01. [in Japanese]
    大口敬: 高速道路と有効活用するソフトウェア技術としてのITS, 高速道路と自動車, 講演報告, 2013.01.
  145. T. Murano, T. Shirota, M. Kuwahara and T. Oguchi: Method for forecasting traffic accident occurrence on expressways. TOSHIBA REVIEW, Special Reports, Vol.67, No.12, pp.23-26, 2012.12. [in Japanese]
    村野剛教, 代田孝広, 桑原雅夫, 大口敬: 高速道路の交通事故発生予報手法, 東芝レビュー, 特集, 2012.12.
  146. 洪性俊, 大口敬: ITSの取組み, 自動車交通研究-環境と政策2012, 2-7節, pp.60-61, (公社)日本交通政策研究会, 2012.11.
  147. 大口敬: 平面交差点の幾何構造と信号制御の融合化手法の検討, 講演, 米谷佐々木賞研究報告講演, (社)システム科学研究所, 2012.11.30.
  148. T. Oguchi: ITS -'The Intelligent Transport Systems'-, Special lecture at NCTS in Univ. of Philippines, 2012.11.28.
  149. T. Oguchi: Traffic Engineering -Traffic congestion through the basic theories-, Special lecture at NCTS in Univ. of Philippines, 2012.11.27.
  150. 大口敬: 高速道路を有効活用するソフトウェア技術としてのITS, 依頼講演, ハイウェイテクノフェア特別講演, 高速道路調査会, 2012.11.16.
  151. 大口敬: 道路計画と渋滞対策, 平成24年度道路計画一般研修, 全国建設研修センター, 2012.11.15.
  152. 大口敬: 海外道路の実態と日本への示唆〜市街地道路のリノベーション〜, 依頼講演, 道路専門委員会講習会, 建設コンサルタンツ協会, 2012.11.12.
  153. T. Oguchi: ITS for Traffic Management Systems — Evaluation of ITS applications —. Invited speaker, ADB Transportation Forum 2012, Training Course 2: Intelligent Transportation Systems (ITS), Asian Development Bank (Manila), 2012.11.05.
  154. T. Oguchi: Project Introduction of Evaluation Method of CO2 Emission reduction with ITS Applications. Invited speaker, Special Session SIS78 'Global Perspective - Cooperative energy efficiency applications', 19th World Congress on ITS (Vienna), 2012.10.26.
  155. 大口敬, 野村和嗣: 第4章自動車専用道路における路面標示, 講演, 「路面標示設置マニュアル」講習会 - 道路の多様化に即したかしこい路面標示の設置方法 -, 日本大学駿河台校舎, 交通工学研究会, 2012.10.19.
  156. 大口敬: 自動車交通流の科学と制御, 非常勤講師, 電子情報工学特別講義I, 愛媛大学大学院, 2012.10.
  157. 大口敬: 地域特性・課題をふまえた道路構造の独自基準の考え方 -交通渋滞の緩和、交通安全性の向上、道路空間の再配分等を目指して, 依頼講演, 地域主権一括法による条例制定と政策法務/ 道路法:道路構造の地域独自基準の条例化 -渋滞緩和、違法駐車防止、交通安全、案内、自転車走行空間等地域固有の課題の解決に向けて- , (株)地域科学研究会, 日本教育会館, 2012.08.23.
  158. 大口敬: EV社会実現のための交通技術の課題と展望, 講演, 東京大学ITSセミナーシリーズ18「ITSセミナー in 群馬 〜次世代モビリティの今後の動向と地域ITS〜」, 東京大学生産技術研究所ITSセンター, 桐生市地場産業振興センター(桐生), 2012.08.02.
  159. 大口敬: DRM標準フォーマット21の交通流シミュレーション活用に関する研究, 平成23年度研究助成等報告書, 日本デジタル道路地図協会, pp.105-131, 2012.07.
  160. 大口敬: 交通工学における古典的な交通流理論と交通渋滞, 依頼講演, FIRST合原最先端数理モデルプロジェクト・テーマWS, 東京大学生産技術研究所(東京), 2012.07.21.
  161. 大口敬: 高速道路単路部ボトルネック現象の原因となる車群形成メカニズムに関する基礎的研究, 講演, 高速道路関連社会貢献協議会, 平成23年度研究成果報告会, 2012.07.06.
  162. T. Oguchi: Introduction to Traffic Engineering 3.Research Methodology. Traffic Engineering, Vol.47, No.3, pp.82-83, 2012.07. [in Japanese]
    大口敬: 交通工学入門第3回「研究の進め方」, 交通工学, 解説, 2012.07.
  163. 大口敬: 交差点からはじめよう!?発想の転換のススメ, 講演, 東京大学ITSセミナーシリーズ17「ITSセミナー in 松山 -次世代のモビリティ確保に向けて-」, 東京大学生産技術研究所ITSセンター, 愛媛大学城北キャンパス 南加記念ホール(松山), 2012.06.11.
  164. T. Oguchi: Motorization and Highway Traffic. Journal of the Automotive Engineering of Japan, Vol.66, No.6, pp.58-63, 2012.06. [in Japanese]
    大口敬: モータリゼーションと道路交通, 自動車技術, 解説, 2012.06.
  165. T. Oguchi: Traffic congestion countermeasures and ITS. Road Engineering & Management Review, 'Special Feature'-Improving convenience of road users by infromation-communication technology, Vol.854, pp.12-15, 2012.05. [in Japanese]
    大口敬: 渋滞対策とITS, 道路, (特集)”情報通信技術による道路利用者の利便性向上”, 2012.05.
  166. 大口敬: 交通制御工学, 交通流の計測と可視化, ポスター講演, シンポジウム「先端表現情報学へのいざない」, 東京大学大学院情報学環先端表現情報学コース, 東京大学大学院情報学環福武ホール, 2012.05.19.
  167. 大口敬: 社会生活の核となる情報統合の価値, 講演, まちづくり・交通へのIT活用講習会, 東京大学生産技術研究所ITSセンター・奈良県, 奈良商工会議所(奈良), 2012.05.18.
  168. 大口敬: 高速道路単路部ボトルネックにおける車線利用の時空間変動分析, 講演, The First Data Driven Seminar, 東北大学, 2012.05.13.
  169. T. Oguchi: Challenge for the smarter EV transport society. speaker, International Symposium on Intelligent Transport Systems Research, Selangor Darul Ehsan, Malaysia, 2012.04.14.
  170. (財)国際交通安全学会: 安全でエコなラウンドアバウトの実用展開に関する研究(III), 平成23年度研究調査プロジェクト(H2303)報告書, (メンバ), 2012.03.
  171. T. Oguchi: Introduction to Traffic Engineering 1. Traffic Jam. Traffic Engineering, Vol.47, No.1, pp.57-59, 2012.01. [in Japanese]
    大口敬: 交通工学入門第1回「交通渋滞」, 交通工学, 解説, 2012.01.
  172. T. Oguchi: Traffic Engineering on Motorways in Japan. Civil Engineering, Vol.67, No.1, pp.24-28, 2012.01. [in Japanese]
    大口敬: 日本の高速道路の交通技術, 土木技術, 総説, 2012.01.
  173. T. Oguchi: Technical review for the EV transport society. Special Lecturs on Nagasaki EV& ITS, Nagasaki, Invited lecture, 2011.12. [in Japanese]
    大口敬: 招待講演, EV交通社会へ向けた技術的展望, 長崎EV&ITS特別講演会, 長崎県長崎市, 2011.12.
  174. 大口敬: 道路計画と渋滞対策, 平成23年度研修道路計画一般研修テキスト, (財)全国建設研修センター, 21p., 2011.11.
  175. 大口敬: ITSによる高速道路渋滞対策, 講演, 東京大学ITSセミナーシリーズ15「ITSセミナー in 仙台 -地域社会の活性化と次世代モビリティ-」, 東京大学生産技術研究所ITSセンター・東北大学次世代移動体システム研究会, 東北大学片平キャンパス 片平さくらホール(仙台), 2011.10.
  176. T. Oguchi: Bottlenecks at basic segments on expressways in Japan and expectation of ACC impacts. Invited speaker, Special Session SS52 "Sollution for traffic jam in highways using ACC and C2X communication technology", 18th World Congress on ITS (Orlando), 2011.10.
  177. T. Oguchi: Issues of harmonization of traffic simulation and CO2 emission. Invited speaker, Special Session SS76 "Traffic management to reduce fuel use and CO2 Emissions - Applications and insigths from field experiments", 18th World Congress on ITS (Orlando), 2011.10.
  178. 大口敬: 交通流とボトルネックへの対応, 国土交通大学校, 平成23年度専門課程「道路計画・交通分析」研修テキスト, pp.1-23, 2011.10.
  179. 大口敬: 高速道路単路部ボトルネック現象の原因となる車群形成メカニズムに関する基礎的研究, 講演, 高速道路関連社会貢献協議会, 平成22年度研究成果報告会, 2011.07.
  180. H. Nakamura and T. Oguchi: Present state of capacity and quality of service research and practice in Japan. Invited speaker, Country Reports of the 6th International Symposium on Highway Capacity and Quality of Service (ISHC2011, Stockholm), pp.38-51, Ed. K. L. Bang, A. Nissan and H. N. Koutsopoulos, 2011.06.
  181. 大口敬: ITSセンシング技術による流れの観察と評価, 講演, 東京大学ITSセミナーシリーズ14「ITSセミナー in 京都-観光とITS-」, 東京大学生産技術研究所ITSセンター, 京都大学芝蘭会館稲盛ホール(京都), 2011.04.
  182. M. Mitsuhasi, Y. Moriyama, M. Ishiguro and T. Oguchi: Lane change experiment that was aimed at reducing a traffic congestion. PIARC International Seminar 2011 (Kuala Lumpur), 2011.04.
  183. (財)国際交通安全学会: 安全でエコなラウンドアバウトの実用展開に関する研究(II), 平成23年度研究調査プロジェクト(H2292)報告書, (メンバ), 2011.03.
  184. T. Oguchi: Perseverance of persuasion and agreement through discussion. IATSS Review, in Opinions, Vol.35, No.3, p.3, 2011.02. [in Japanese]
    大口敬: 地道な対話と説得と妥協の賜物, 国際交通安全学会誌, 論壇, 2011.02.
  185. T. Oguchi: Traffic Safety Measures, Transport Policy in Perspective: 2010, Japan Research Center for Transport Policy, section 2-3 (in 2. Efforts to Assure Safe and Comfortable Mobility), pp.28-29, 2011.01.


lists to 2010[2010年以前へ]


to The TOPBack to Home Page in Englishホームへ戻る
Last modified 2018/03/26
Maintained by T. Oguchi [takog(at)iis.u-tokyo.ac.jp]