付    録


13 東京大学生産技術研究所受託処理規程

PreviousPage
NextPage
第49号 2000年度
2001.8.23


(昭和46年4月21日制定)

第1条 

東京大学受託研究取扱規則にもとづき生産技術研究所(以下「本所」という. )に対し, 生産技術に関係がある学理的問題または, 物品等の研究・試作・試験・調査等を委託しようとする者があるときは, この規程により処理する. ただし, 定型的試験・調査については別に定める.

第2条 

受託の諾否および受託すべきものについての担当官, その他必要な事項は, 所長が常務委員会の議を経て, これを決定し, 教授総会に報告する.

第3条 

常務委員会は, 必要に応じて常務委員以外の教授, 助教授, その他の職員の出席を求め, その受託研究に関して意見を徴することができる.

第4条 

主任担当官は研究を担当することの意義についての所見及び受託費用算定明細書を所長に提出するものとする.

第5条 

主任担当官は, 受託事項が終了したときは, 受託研究完了報告書を作成し, 所長に提出しなければならない.

第6条 

受託事項に関する成果の公表は, 担当官がこれを行うものとする.

第7条 

主任担当官となるものの資格は次のとおりとする.

1)教授  2)助教授  3)講師  4)併任教授  5)併任助教授

第8条 

受託事項に関し, 工業所有権が発生した場合には, 本所, 発明者, 委託者の三者が協議するものとする.

第9条 

受託研究実施に際し, 研究補助者を受入れる場合は, 人事取扱要領に準じて取扱うものとし, 所長が適当と認めた場合には, 当該受託研究期間中についてのみこれを許可するものとする.

附  則

 この規程は, 昭和46年4月21日から施行する.


previous page

next page