VI. 研究および発表論文


1. 研究課題とその概要
H. その他

PreviousPage
NextPage
第49号 2000年度
2001.8.23


科学技術振興事業団 個人研究推進事業さきがけ研究21

1. 分散されたデバイスと相互作用し賢くなる知的空間

助教授 橋本 秀紀

 人間を観測し, その意図を把握して適切な支援を提供する人工的な空間の創造を目指す. 具体的には, その空間内に分散配置された多数のデバイスがネットワーク化され, 人間から得られる多様なデータの取得手法とそ, の情報化および知能化を検討し, データの持つ意味を抽出して適切な支援を発現する仕組みを提案する.


previous page

next page