VI. 研究および発表論文


2. 著書および学術雑誌等に発表したもの
東京大学国際・産学共同研究センター

PreviousPage
NextPage
第49号 2000年度
2001.8.23


魚本 研究室 Uomoto Lab.

コンクリート構造物の複合非破壊検査方法: 吉沢 勝, 魚本健人・生研リーフレット, No.305, 2000.6.1 A

超音波法によるコンクリート構造物のひび割れ調査に関する研究(1)−複合手法によるひび割れ深さ測定精度の検討−: 平田 隆祥, 魚本 健人・生産研究10月号52巻10号, pp.51-54, 2000.10 A

吹付けコンクリートの特性に関する基礎的研究(16)−吹付けコンクリートの強度特性と水和性状の関係−: 細川佳史, 魚本健人・生産研究11月号52巻10号, pp.48-51, 2000.11 A

超音波法によるコンクリートのひび割れ深さ測定精度の向上: 平田隆祥, 魚本健人・コンクリート工学年次論文集, Vol.22, No.1, pp.355-360, 2000 C

乾燥収縮ひび割れ発生に及ぼす水分分布の影響: 大野俊男, 魚本健人・コンクリート工学年次論文集, Vol.22, No.2, pp.49-653, 2000 C

圧送方式が吹き付けコンクリートの諸性状に及ぼす影響: 赤坂雄司, 杉山 律, 田湯正孝, 魚本健人・コンクリート工学年次論文集, Vol.22, No.2, pp.1363-1368, 2000 C

吹き付けコンクリートにおける圧送前後の品質変化に関する研究: 伊藤正憲, 富山 徹, 大槻直紀, 魚本健人・コンクリート工学年次論文集, Vol.22, No.2, pp.1369-1374, 2000C

使用材料が吹き付けコンクリートの耐久性に及ぼす影響: 松浦誠司, 坂本 淳, 加藤佳孝, 魚本健人・コンクリート工学年次論文集, Vol.22, No.2, pp.1375-1380, 2000 C

使用材料が吹き付けコンクリートの強度特性に及ぼす影響: 平間昭信, 安藤慎一郎, 荒木昭俊, 魚本健人・コンクリート工学年次論文集, Vol.22, No.2, pp.1381-1386, 2000 C

使用材料が吹き付けコンクリートの施工性に及ぼす影響: 石関嘉一, 駒田憲司, 西村次男, 魚本健人・コンクリート工学年次論文集, Vol.22, No.2, pp.1387-1392, 2000 C

ニュートラルネットワークにいよる吹き付けコンクリートの品質推定: 細川佳史, 小林裕二, 大野俊夫, 魚本健人・コンクリート工学年次論文集, Vol.22, No.2, pp.1393-1398, 2000 C

酸素拡散理論に基づくコンクリート中の鉄筋の腐食速度予測法: 大住道生, 魚本健人・土木学会論文集, No.648/V-47, 1-8, pp.1-8, 2000.5 C

遷移帯の特性に着目した硬化体の物質移動特性のモデル化: 加藤佳孝, 魚本健人・土木学会論文集, No.655/V-48, 13-1, pp.13-21, 2000.8 C

吹付けコンクリートの配合推定と吹付けメカニズム: 荒木昭俊, 西村次男, 魚本健人・コンクリート工学論文集第11巻第2号, 2000.5 C

ポリカルボン酸系セメント分散剤の作用効果に関する研究: 太田 晃, 魚本健人・第54回セメント技術大会講演論文集, 2000.2 E

超音波法によるコンクリートのひび割れ深さ測定における探触子の影響: 平田隆祥, 魚本健人・第54回セメント技術大会講演論文集, 2000.2 E

各種混和材を使用した吹き付けコンクリートに関する基礎的研究: 細川佳史, 岡田 喬, 田中 斉, 魚本健人・第54回セメント技術大会講演論文集, 2000.2 E

混和材が吹き付けコンクリートの施工性およびリバウンドに及ぼす影響: 石関嘉一, 駒田憲司, 西村次男, 魚本健人・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 第5部, V-217, pp.434-435, 2000.9 E

各種混和材を使用した吹き付けコンクリートの強度特性に関する考察: 細川佳史, 大野俊男, 田中 斉, 魚本健人・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 第5部, V-218, pp.436-437, 2000.9 E

急結剤の種類がコンクリートの圧縮強度に及ぼす影響について: 平間昭信, 安藤慎一郎,  荒木昭俊, 魚本健人・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 第5部, V-219, pp.438-439, 2000.9 E

圧送方式の違いによって生じる吹き付けコンクリートの諸特性: 赤坂雄司, 杉山 律, 魚本健人, 田湯正孝,土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 第5部, V-224, pp.448-449, 2000.9 E

吹き付けコンクリートの圧送前後のスランプ, 空気量の変化に関する研究: 伊藤正憲, 富山 徹, 大槻真紀, 魚本健人・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 第5部, V-225, pp.450-451, 2000.9 E

湿式吹き付けコンクリートの衝撃力に関する実験と考察: 小林裕二, 西村次男, 岡田 喬, 大森啓至, 魚本健人・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 第5部, V-226, pp.452-453, 2000.9 E

各種混和剤を使用した吹き付けコンクリートの冷結融解抵抗性に関する一考察: 松浦誠司, 坂本 淳, 田中 徹, 魚本健人・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 第5部, V-227, pp.454-455, 2000.9 E

モルタルの材料分離性状に関する実験的検討: 加藤佳孝, 魚本健人・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 第5部, V-251, pp.502-503, 2000,9 E

超音波探触子の受振電圧の低下による伝播時間の遅延と周波数の関係: 平田隆祥, 魚本健人, 宮本一成・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 第5部, V-446, pp.894-895, 2000,9 E

桜井 研究室 Sakurai Lab.

低電力LSI論文小特集の発行にあたって:桜井貴康・電子情報通信学会論文誌, Vol.J83-C, No.6, p.445, 2000.6 C

マイクロIDDQテストのための電流測定デバイス: 野瀬浩一, 桜井貴康・電子情報通信学会論文誌, Vol.J83-C, No.6, pp.516-522, 2000.6 C

Analysis and Future Trend of Short-Circuit Power: K. Nose and T. Sakurai・IEEE Transactions on Computer-Aided Design of Integrated Circuits and Systems, Vol.19, No.9, pp.1023-1030, 2000.9 C

A Super Cut-off CMOS(SCCMOS)Scheme for 0.5-V Supply Voltage with Picoampere Stand-by Current: H. Kawaguchi, K. Nose and T. Sakurai・IEEE Journal of Solid-State Circuits, Vol.35, No.10, pp.1498-1501, 2000.10 C

Design Challenges for 0.1um and Beyond: T. Sakurai・Proceedings of Asia and South Pacific Design Automation Conference, pp.553-558, 2000.1 D

Run-Time Power Control Scheme Using Software Feedback Loop for Low-Power Real-Time Applications: S. Lee and T. Sakurai・Proceedings of Asia and South Pacific Design Automation Conference, pp.381-386, 2000.1 D

Compact yet High-Performance(CyHP)Library for Short Time-to-Market with New Technologies: N. D. Minh and T. Sakurai・Proceedings of Asia and South Pacific Design Automation Conference, pp.475-480, 2000.1 D

Optimization of VDD and VTH for Low-Power and High-Speed Applications: K. Nose and T. Sakurai・Proceedings of Asia and South Pacific Design Automation Conference, pp.469-474, 2000.1 D

Low Power Design of Digital Circuits: T. Sakurai・International Symposium on Key Technologies for Future VLSI Systems, pp.1-5, 2000.1 D

Reducing Power Consumption of CMOS VLSI's through VDD and VTH Control: T. Sakurai・IEEE International Symposium on Quality Electronic Design, pp.417-423, 2000.3 D

Boosted Gate MOS(BGMOS): Device/Circuit Cooperation Scheme to Achieve Leakage-Free Giga-Scale Integration: T. Inukai, M. Takamiya, K. Nose, H. Kawaguchi, T. Hiramoto and T. Sakurai・Proceedings of IEEE Custom Integrated Circuits Conference, pp.409-412, 2000.3 D

Run-Time Voltage Hopping for Low-Power Real-Time Systems: S. Lee and T. Sakurai・Proceedings of Design Automation Conference, pp.806-809, 2000.1 D

Voltage Dependent Gate Capacitance and Its Impact in Estimating Power and Delay of CMOS Digital Circuits with Low Supply Voltage: K. Nose, S. Chae and T. Sakurai・Proceedings of International Symposium on Low Power Electronics and Design, pp.228-230, 2000.7 D

携帯型超高性能情報端末実現に向けた超低消費電力集積化技術: 桜井貴康・国際固体素子・材料コンファレンス, ショートコース2, pp.1-25, 2000.8 D

Interconnction from Design Perspective: T. Sakurai・Advaned Metallization Conrerence, 2000.10 D

Power Optimization of Real-Time Embedded Systems on Variable Speed Processors: Y. Shin, K. Choi and T. Sakurai・Proceedings of IEEE/ACM International Conference on Computer Aided Design, pp.365-368, 2000.11 D

Super-connect:T. Sakurai・International Packaging Strategy Symposium, pp.19-26, 2000.11 D

エレクトロニクス産業の将来技術: 桜井貴康・シンポジウム「ガラス産業技術戦略2025年」, 2000.3 E

2010年のLSIと電子システム: 桜井貴康・エレクトロニクス実装学術講演大会, pp.17, 2000.3 E

回路設計への影響: 桜井貴康・応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 2000.3 E

電圧ホッピングによるSH-4搭載システムの低電力化: 桜井貴康・SHフォーラムシンポジウム, pp.1-20, 2000.4 E

デバイスパネルディスカッション: 桜井貴康・21世紀を拓く半導体技術ワークショップ, No.3, pp.19-26, 2000.6 E

低消費電力乗算器における加算回路形式の検討: 平林雅之, 桜井貴康・応用物理学会学術講演会講演予稿集, p.800, 2000.9 E

Adiabatic概念を応用したCMOS用クロック回路: 浅野雄太郎, 桜井貴康・応用物理学会学術講演会講演予稿集, p.800, 2000.9 E

高効率容量型DC−DCコンバータ: 張  綱, 桜井貴康・応用物理学会学術講演会講演予稿集, p.801, 2000.9 E

GSI配線の設計課題と解決策の模索: 桜井貴康・電子情報通信学会ソサイエティ大会, p.67, 2000.11 E

LSIの複雑化動向: 桜井貴康・電子情報通信学会ソサイエティ大会, p.26, 2000.10 E

高速周波数切り替え可能なクロック生成系: 張  綱, 桜井貴康・電子情報通信学会ソサエティー大会, p.28, 2000.10 E

基板バイヤス制御を可能にする自動設計手法: 平林雅之, 桜井貴康・電子情報通信学会ソサエティー大会, p.28, 2000.10 E

ITRSロードマップ準拠標準SPICEモデルの構築: 稲垣賢一, 神田浩一, 桜井貴康・電子情報通信学会ソサイエティ大会, p.28, 2000.10 E

デプリーション形CMOSゲートの特性: 浅野雄太郎, 野瀬浩一, 桜井貴康・電子情報通信学会ソサエティー大会, p.28, 2000.10 E

エレクトロニクス機器設計力強化技術の調査研究報告書: 桜井貴康・新エネルギー・産業技術総合開発機構, 社団法人日本電子機械工業会, 2000.3 F

21世紀のLSI技術体系, 提言「スーパーコネクト」: 桜井貴康・日経マイクロデバイス4月1日号, p.7, 2000.4 G

LSIの新境地を切り開く「スーパーコネクト」技術: 桜井貴康・日経マイクロデバイス・セミナー, 「スーパーコネクト」の衝撃, No.1, pp.1-27, 2000.4 G

なぜシステム・イン・パッケージか?―システムLSIとの対比: 桜井貴康・日経マイクロデバイス・セミナー, 「システム・イン・パッケージ」の実像に挑む, No.1, pp.1-33, 2000.4 G

巨大配線でLSIの限界を打破: 桜井貴康・日経マイクロデバイス6月1日号, pp.72-75, 2000.6 G

設計からみた低消費電力・高速化技術: 桜井貴康・セミコン関西2000, ULSI技術セミナー, No.3, pp.25-41, 2000.6 G

デジタルVLSI設計技術の基礎: 桜井貴康・VLSI設計チュートリアル講座, No.2, 2000.11 G

山本 研究室 Yamamoto Lab.

Sliding wear behavior of polycrystalline TiN/CrN multilayers against an alumina ball: Y. M. Zhou, R. Asaki, K. Higashi, W. H. Soe and R. Yamamoto・Surface and Coatings Technology, 130, pp.9-14, 2000 C

Comparison of effects of sodium and silicon impurities on aluminum grain boundary by fist principles calculation: G.-H. Lu, A. Suzuki, A. Ito, M. Kohyama and R. Yamamoto・Modelling and Simulation in Materials Science & Engineering, Vol.8, pp.727-736, 2000 C

仮想実験技術を用いた分子動力学シミュレーションの現状と展望: 神子公男, 舘泉雄治, 橋本 稔, 鈴木 晃, 山本良一・シミュレーション, 19, 1, pp.26-33, 日本シミュレーション学会, 2000.3 C

Pb-surfactant mediated growth of Fe/Cr multilayers by MBE: M. Kamiko, K.-Y. Kim and R. Yamamoto・International Symposium on Nanoscale Magnetism and Transport 2000, Sendai, 2000.3 D

The Effect of Pb on the Interface Structure of Fe/Cr(100)Metallic Maltilayers: M. Kamiko, K.-Y. Kim, S.-M. Oh and R. Yamamoto・Materials Research Society Fall-meeting 2000, Boston, 2000.11D

Al grain boundary embrittlement promoted by Na impurity: G.-H. Lu, M. Kohyama and R. Yamamoto・Materials Research Society Fall-meeting 2000, Boston, 2000.11 D

Development of Ecoproducts in Japan from the Viewpoint of Ecoefficiency: R. Yamamoto・Eco Efficiency 2000 -towards Sustainable Economic Growth, Malmo, Sweden, 2000.6 D

Environmental Protection by Developing Eco-efficient Products and Services: R. Yamamoto・EXPO2000 HANNOVER-World Engineers' Convention, Hannover, 2000.6 D

ECO-DESIGN:JAPANS VISION FOR ELECTRONICS: R. Yamamoto・Electronic Goes Green 2000+, Berlin, 2000.9 D

Ecodesign and Development of Environmentally Conscious Materials: R.Yamamoto・ICETS2000(International Conference on Engineering and Technological Sciences), Beijing, China, 2000.10 D

Development of Ecoproducts in Japan: R.Yamamoto・PROCEEDINGS OF THE 5th NATIONAL SYMPOSIUM ON ENVIRONMENTAL TECHNOLOGY AND MANAGEMENT, Chiang-mai, Thailand, 2000.11 D

Eco-innovation through Green Purchasing and Investment: R. Yamamoto・PACIFICHEM2000, Hawaii, 2000.12 D

不純物Naが偏析したAl粒界の第一原理引張試験: 呂 広宏, 香山正憲, 山本良一・日本金属学会2000年秋期大会, 名古屋, 2000.10 E

薄膜成長に対する成長核の解離の影響: 弓野健太郎, 林 聡史, 山本良一, Gert Ehrlich・日本金属学会2000年秋期大会, 名古屋, 2000.10 E

環境の世紀開く エコマネジメントの挑戦: 山本良一・日本経済新聞, 1.1, 2000.1 G

大量生産・消費型社会から地球の持続に向けた省エネルギー化へ: 山本良一・会報長岡商工会議所, 1.15, 2000.1 G

ミレニアムの主役たち: 山本良一・日刊工業新聞, 1.17, 2000.1 G

あすの環境: 山本良一・環境新聞, 1.26, 2000.1 G

エコロジーとエコノミーの両立: 山本良一・日経事業局報, 新春号, pp.5, 2000.1 G

環境経営の今後の展望: 山本良一・環境新聞, 2.9, 2000.2 G

地球限界の認識から環境効率の飛躍的向上を: 山本良一・月間丸の内, 2月号, pp.8-9, 2000.2 G

持続可能社会へのキーワード エコデザインとは何か!?: 山本良一・高知ジャーナル, 2月号, pp.3, 2000.2 G

Eco-friendly Production-Eco Design: 山本良一・アジアデザインニュース, No.12, pp.19-22, 2000.3.6 G

脱物質経済: 山本良一・TC(TODA CORP.), No.70, pp.16-17, 2000.3 G

あすの環境: 山本良一・環境新聞, 4.12, 2000.4 G

エコマテリアルはどこまで普及したか: 鈴木淳史, 山本良一・MATERIALS((株)テクノプラザ), pp.18-21, 2000.4 G

自治体の購買力は国内15%: 山本良一・環境自治体, 4月号, pp.10-13, 2000.4 G

エコデザインを旗印に, 企業の環境経営を応援しましょう: 山本良一・Green Will(日興アセットマネジメント), 春号, 2000.4 G

エコデザインの目標は持続可能社会の達成: 山本良一・日経ECO21, 5月号, pp.28-29 2000.5 G

あすの環境: 山本良一・環境新聞, 7.5, 2000.7 G

循環型経済の構築に向けて: 山本良一・読売新聞, 7.31, 2000.7 G

理念打ち立て環境先進企業に: 山本良一・山陽新聞, 9.20, 2000.9 G

消費経済の暴走状態を自覚してほしい: 山本良一・消費生活新報, 10.15, 2000.10 G

環境破壊と金融機関の役割: 山本良一・信用金庫((社)全国信用金庫協会), 10月号, pp.62-64, 2000.10 G

グリーン購入法の意義: 山本良一・冷凍と空調((社)日本冷凍空調工業会), 10月号, pp.3, 2000.10 G

脱物質経済は可能か: 山本良一・環境新聞, 11.1, 2000.11 G

エコプロダクツ時代の到来 −真の循環型社会を目指して−: 山本良一・電気協会報((社)日本電気協会), 11月号, pp.42-45, 2000.11 G

経済と環境の統合による持続可能な社会の実現: 山本良一・しみずまんすりー(清水建設(株)), 11月号, 2000.11 G

目指すのは豊かなシンプルライフ: 山本良一・環境会議, 11月号, pp.5, 2000.11 G

「エココマース」の波到来: 山本良一・日本経済新聞, 12.14, 2000.12 G

持続可能な社会を実現: 山本良一・日本経済新聞, 12.14, 2000.12 G

環境型社会へ市民, 企業, NPO, 行政のグリーン連合の結束を呼びかける: 山本良一・CEL, 12月号, 2000.12 G

横井 研究室 Yokoi Lab.

可視化・温度分布計測用小型加熱シリンダの開発: 横井秀俊, 高次 聡, 白石 亘・生産研究, 52, 9, pp.410-413, 東京大学生産技術研究所, 2000.9 A

3次元可視化金型による繊維高充填系樹脂の不安定流動観察: 松田 元, 横井秀俊・生産研究, 52, 9, pp.414-417, 東京大学生産技術研究所, 2000.9 A

射出成形機における可視化実験解析−連載2. : 横井秀俊・電気加工学会誌, 34, 75, pp.6-13, 電気加工学会, 2000.3 C

射出成形におけるスクリュ軸方向トルク分布計測I−計測方法の開発−: 横井秀俊, 金 佑圭・成形加工, 12, 6, pp.356-361, プラスチック成形加工学会, 2000.6 C

射出成形機のホッパー下における樹脂ペレット噛込み状況の可視化解析I−噛込み不良現象の解析−: 横井秀俊, 高次 聡・成形加工, 12, 7, pp.457-463, プラスチック成形加工学会, 2000.7 C

第11回年次大会の報告−第11回プラスチック成形加工学会年次大会を終えて−: 横井秀俊・成形加工, 12, 8, pp.466, プラスチック成形加工学会, 2000.8 C

大会講演・討論を聞いて(セッション報告)−特別セッションIII新成形法−: 村田泰彦・成形加工, 12, 8, pp.467, プラスチック成形加工学会, 2000.8 C

Development of Measurement System for Die-Pad Behavior in IC Encapsulation Process Using Hall Elements: M. Sato and H. Yokoi・IEEE Transactions on Advanced Packaging, 23, 3, pp.546-553, IEEE,2000.8 C

Influences of Molding Conditions on Die-Pad Behavior in IC Encapsulation Process Analyzed by Hall Element Method: M. Sato and H. Yokoi・IEEE Transactions on Advanced Packaging, 23, 3, pp.574-581, IEEE, 2000.8 C

射出成形現象の可視化と基礎計測技術: 横井秀俊・精密工学会誌, 66, 10, pp.1518-1523, 精密工学会, 2000.10 C

Visualization Analysis of Melt Flow in IC Packaging Process along Thickness Direction: M. Sato and H. Yokoi・IEEE Transactions on Advanced Packaging, 23, 4, pp.729-736, IEEE, 2000.11 C

射出成形における成形品表面不良現象の可視化解析: 横井秀俊・表面技術, 51, 12, pp.1182-1186, 表面技術協会, 2000.12 C

半導体素子樹脂封止過程の可視化解析: 佐藤正博, 横井秀俊・表面技術, 51, 12, pp.1187-1193, 表面技術協会, 2000.12 C

Visualization of Screw-Plastication Process of Plastics Pellets by Glass-Inserted Heating Cylinder: H. Yokoi, S. Hayasaki, A. Kuroda and M. Tatsuno・Journal of Flow Visualization and Image Processing, 7, pp.231-241, Pacific Center Thermal-Fluid Engineering, 2000.12 C

Visualization Analyses of Cavity Filling Phenomena Using Rotary Runner Exchanger System: H. Yokoi, Y. Kanetoh and Y. Murata・Abstracts for the 5th Joint Workshop on Production Technology, pp.24, RIMT, ERC/NSDM of Pusan National University and IIS, University of Tokyo, 2000.1 D

Progress in Visualization Technologies for Analyzing Injection Molding Phenomena: H. Yokoi・Abstracts for the 16th Annual Meeting of the Polymer Processing Society, pp.136-137, Polymer Processing Society,2000.6 D

Measurement of Melt Temperature Profiles Along Cavity Thickness by Using a New Integrated Thermocouple Sensor(PartIII: Influence of Gate Shape): Y. Murata, S. Abe and H. Yokoi・Abstracts for the 16th Annual Meeting of the Polymer Processing Society, pp.209-210, Polymer Processing Society, 2000.6 D

Development of Sensor Unit for Measuring Melt Temperature Profiles inside Nozzle Using Integrated Thermocouple Ceramic Sensor: W.K. Kim and H. Yokoi・Abstracts for the 6th Joint Workshop on Production Technology, pp.99-104, IIS, University of Tokyo and RIMT, Pusan National University,2000.11 D

成形加工の可視化・計測技術: 横井秀俊・高分子学会東海シンポジウム講演要旨集, pp.53-57, 高分子学会, 2000.2 E

ガスインジェクション成形過程におけるガス流路形状制御: 横井秀俊, 岩田 弘・成形加工'00, pp.33-34, プラスチック成形加工学会, 2000.6 E

厚肉成形における流動, ボイド生成過程の可視化解析II: 折野厚志, 横井秀俊・成形加工'00, pp.93-94, プラスチック成形加工学会,2000.6 E

ゲート着磁法による半導体パッケージング過程の樹脂流動解析II: 佐藤正博, 中村俊康, 横井秀俊・成形加工'00, pp.95-96, プラスチック成形加工学会, 2000.6 E

型内樹脂流動における速度ベクトル計測の試み: 横井秀俊, 増田範通・成形加工'00, pp.97-98, プラスチック成形加工学会, 2000.6 E

射出成形におけるメルトフロント挙動の解析: 横井秀俊, 梶田幸宏, 増田範通・成形加工'00, pp.103-104, プラスチック成形加工学会, 2000.6 E

スクリュ径・ペレット形状と可塑化状況との相関解析: 宮川 守, 龍野道宏, 横井秀俊・成形加工'00, pp.109-110, プラスチック成形加工学会, 2000.6 E

スクリュ温度と可塑化状況の相関解析II: 市原稔章, 高次 聡, 横井秀俊・成形加工'00, pp.111-112, プラスチック成形加工学会, 2000.6 E

射出成形におけるノズル内部の温度分布計測: 横井秀俊, 天野光昭, 西尾興人・成形加工'00, pp.113-114, プラスチック成形加工学会, 2000.6 E

射出成形におけるバレル内壁面への作用力の計測: 横井秀俊, 西尾興人, 金 佑圭・成形加工'00, pp.115-116, プラスチック成形加工学会, 2000.6 E

ガラスインサート金型による発泡成形過程の型内可視化解析II: 横井秀俊, 河村 学・成形加工'00, pp.155-156, プラスチック成形加工学会, 2000.6 E

共押出成形における可視化解析II: 栢 英則, 横井秀俊・成形加工'00, pp.263-264, プラスチック成形加工学会, 2000.6 E

型締完了前射出開始成形プロセスの実験解析: 横井秀俊, 市原稔章, 川崎達也, 高次 聡・成形加工'00, pp.369-370, プラスチック成形加工学会, 2000.6 E

射出成形におけるノズル内現象の観察: 横井秀俊, 西尾興人, 入部和成・成形加工'00, pp.365-366, プラスチック成形加工学会, 2000.6 E

可視化加熱シリンダによるスクリュ溝内ペレット移動状況解析III: 宮川 守, 龍野道宏, 横井秀俊・成形加工'00, pp.367-368, プラスチック成形加工学会, 2000.6

ランナー切替機構を利用したキャビティ充填挙動およびガス流路形状の制御: 横井秀俊, 岩田 弘, 日向博実, 金藤芳典・第12回高分子加工技術討論会講演要旨集, pp.41-42, 日本レオロジー学会, 2000.10 E

ゲート着磁法による熱硬化性樹脂の型内流動挙動可視化解析: 横井秀俊, 佐藤正博, 太田 隆・第12回高分子加工技術討論会講演要旨集, pp.43-44, 日本レオロジー学会, 2000.10 E

集積熱電対セラミックスセンサによるノズル内温度分布計測VII−ユニット式計測センサの開発−: 金 佑圭, 横井秀俊・成形加工シンポジア'00, pp.49-52, プラスチック成形加工学会, 2000.11 E

共押出成形における可視化解析III: 栢 英則, 横井秀俊・成形加工シンポジア'00, pp.85-88, プラスチック成形加工学会, 2000.11 E

ヒンジ部におけるツヤムラ現象の解析I: 横井秀俊, 増田範通・成形加工シンポジア'00, pp.169-172, プラスチック成形加工学会, 2000.11 E

集積熱電対センサによる流動樹脂内部の温度分布計測IX−キャビティ両端部におけるフローフロント先行現象の解析−: 村田泰彦, 阿部 聡, 横井秀俊・成形加工シンポジア'00, pp.173-176, プラスチック成形加工学会, 2000.11 E

ホッパ口形状とペレット挙動の相関解析: 横井秀俊, 入部和成, 高次 聡・成形加工シンポジア'00, pp.177-180, プラスチック成形加工学会, 2000.11 E

可視化加熱シリンダによるスクリュ形状とペレット挙動の相関解析I: 横井秀俊, 入部和成, 高次 聡・成形加工シンポジア'00, pp.181-184, プラスチック成形加工学会, 2000.11 E

スクリュ径・ペレット形状と可塑化状況との相関解析III−粉砕材混入による影響調査−: 宮川 守, 龍野道宏, 横井秀俊・成形加工シンポジア'00, pp.185-188, プラスチック成形加工学会, 2000.11 E

スクリュ温度と可塑化状況の相関解析III: 横井秀俊, 市原稔章, 高次 聡・成形加工シンポジア'00, pp.189-192, プラスチック成形加工学会, 2000.11 E

可視化加熱シリンダによる計量可塑化過程の画像解析III−計量可塑化過程と間欠可塑化過程の比較−: 横井秀俊, 寺嶋 貴, 龍野道宏・成形加工シンポジア'00, pp.193-196, プラスチック成形加工学会, 2000.11 E

スクリュ径・ペレット形状と可塑化状況との相関解析II−ペレット移動速度の解析−: 宮川 守, 龍野道宏, 横井秀俊・成形加工シンポジア'00, pp.303-306, プラスチック成形加工学会, 2000.11 E

ガスインジェクションの可視化解析: 日向博実, 横井秀俊・豊田合成技報, 42, 1, pp.21-26, 豊田合成株式会社, 2000.6 G

プラスチック成形−見えないプラスチック: 横井秀俊・プラスチックの時代−美術とデサイン−テキスト, pp.50-54,埼玉県立近代美術館, 2000.10 G

Polymer Processing - Invisible Plastics: H. Yokoi・Plastic Age: Art and Design−Text, pp.55-59, The Museum of Modern Art, Saitama, 2000.10 G

射出成形現象工学コース−射出成形現象を視る, 測る, 理解する−[金型編テキスト]: 横井秀俊, 村田泰彦・(財)神奈川科学技術アカデミー教育講座テキスト, (財)神奈川科学技術アカデミー, 2000.11 G

射出成形現象工学コース−射出成形現象を視る, 測る, 理解する−[加熱シリンダ編テキスト]: 横井秀俊, 村田泰彦・(財)神奈川科学技術アカデミー教育講座テキスト, (財)神奈川科学技術アカデミー, 2000.11 G

須田 研究室 Suda Lab.

LRT車両の曲線通過性能: 須田義大, 河野浩幸・生産研究, 52, 7, 610, pp.28-31, 東京大学生産技術研究所, 2000.7 A

それは足からはじまった−モビリティの科学−:(家田仁編)須田義大(一部執筆)・東京大学・交通研究共同体, 技報堂出版, 2000 B

ウェーブレット解析を用いたレール波状摩耗検出手法に関する研究: 須田義大, 奥村幹夫, 小峰久直, 岩佐崇史, 銭 倍麗, 曄道佳明・日本機械学会論文集(c), 66-642, pp.615-620, 日本機械学会, 2000.2 C

車輪とレールにおけるコンタクトメカニクスの課題: 須田義大・トライボロジスト, Jul-45, pp.497-502, トライボロジー学会, 2000.7 C

Compatibility of Curving Performance and Hunting Stability of Railway Bogie: A. Matumoto, Y. Sato, H. Ohno, Y. Suda, R. Nishimura, M. Tanimoto, Y. Oka and E. Miyauchi・33 Supplement for the 16th International Association for Vehicle System Dynamics Symposium, Vehicle System Dynamics, pp.740-748, 2000 C

Self-steering trucks using unsymmetrical suspension with independently rotating wheels-Comparison between stand tests and calculations: Y. Suda, R. Nishimura, A. Matsumoto, Y. Sato, H. Ohno, M. Tanimoto and E. Miyauchi・33 Supplement for the 16th International Association for Vehicle System Dynamics Symposium, Vehicle System Dynamics, pp.180-190, 2000 C

Intermodal Integration of Light Rail Systems: Y. Suda・Proc. of International LRT Workshop 2000 International Mobile Workshop on Light Rail Transit, pp.105-109, Australia, 2000.3 D

Experimental study on mechanism of rail corrugation using corrugation simulator: Y. Suda, H. Komine, T. Iwasa and Y. Terumichi・Proc. of The 5th International Conference CONTACT MECHANICS and WEAR of RAIL/WHEEL SYSTEMS(CM2000), SEIKEN SYMPOSIUM No.27, Tokyo, pp.66-73, Institute of Industrial Science University of Tokyo, 2000.7 D

Study on rail corrugation in sharp curves of commuter line: Y. Suda, M. Hanawa, M. Okumura and T. Iwasa・Proc. of The 5th International Conference CONTACT MECHANICS and WEAR of RAIL/WHEEL SYSTEMS(CM2000), SEIKEN SYMPOSIUM No.27, Tokyo, pp.171-176, Institute of Industrial Science University of Tokyo, 2000.7 D

Active controlled rail vehicles for improved curving performance and response to track irregularity: Y. Suda, T. Miyamoto and N. Katoh・Proc. of The 20th International Congress of Theoretical and Applied Mechanics(ICTAM 2000), Chicago, , USA, 2000.8 D

Study on Electromagnetic Suspension for Automobiles - Simulations and Experiments of Performance: Y. Suda, K. Suematsu, K. Kimihiko and T. Shiiba・Proc. of The 5th International Symposium on Advanced Vehicle Control(AVEC’2000), , , Ann Arbor, pp.699-704, USA, 2000.8 D

Vehicle Dynamics and ITS: Y. Suda・Proc. of International Symposium on Intelligent Transport System(ITS), pp.32-38, University of TOKYO, 2000.9 D

Self-Powered Active Vibration Control with a Single Motor: K. Nakano, Y. Suda, S. Nakadai and Y. Koike・Proc. of the 5th international conference on motion and Vibration Control, , Vol.1, Sydney, pp.335-346, Australia, 2000.12 D

自動車における電磁サスペンションの研究: 須田義大, 末松啓吾, 中野公彦, 椎葉太一・自動車技術会講演会前刷集, 自動車技術会, 2000.5 E

日本の路面電車における運賃収受方式の課題と今後の方向: 服部重敬, 須田義大, 高木 亮・電気学会 交通・電気鉄道研究会資料, TER-00-30, 2000.6 E

マルチボディシステムの解析モデルを用いた車両運動解析の効率化: 椎葉太一, 須田義大・日本機械学会講演論文集年次大会, No.00-1, Vol.II, pp.283-284, 日本機械学会, 2000.8 E

車輪・柔軟軌道系に対するモデリングと定式化: 曄道佳明, 須田義大, 曽我部潔・日本機械学会講演論文集年次大会, No.00-1, II, pp.279-280, 日本機械学会, 2000.8 E

単一型セルフパワード・アクティブ制御器の設計法: 中野公彦, 須田義大, 中代重幸・機械力学・計測制御(D&D2000)講演論文集, No.00-6, p.41, 日本機械学会, 2000.9 E

複合型セルフパワード・アクティブ制御器の設計法: 中野公彦, 須田義大, 中代重幸・機械力学・計測制御(D&D2000)講演論文集, No.00-6, p.42, 日本機械学会, 2000.9 E

車輪・柔軟軌道系の運動解析: 曄道佳明, 近藤純治, 須田義大, 曽我部潔・機械力学・計測制御(D&D2000)講演論文集, No.00-6, p.267, 日本機械学会, 2000.9 E

単一のアクチュエータによるセルフパワード・アクティブ振動制御: 中野公彦, 須田義大, 中代重幸・第43回 自動制御連合講演会, pp.71-72, 計測自動制御学会他, 2000.11 E

自動傾斜調整機能を持つ吸引式磁気浮上系の浮上制御及び減揺制御: 荘 志忠, 須田義大, 小峰久直, 岩佐崇史・第43回 自動制御連合講演会, pp.45-46, 計測自動制御学会他, 2000.11 E

ITS研究用実験車両の開発: 須田義大, 椎葉太一, 檜尾幸司, 桑原雅夫, 小根山裕之, 西川 功・第9回 交通・物流部門大会(TRANSKLOG 2000), No.00-50, pp.63-64, 日本機械学会, 2000.12 E

モータばねを用いたセルフパワード・アクティブ制御: 須田義大, 林 隆三, 小池裕二, 中代重幸, 中野公彦・第9回 交通・物流部門大会(TRANSKLOG 2000), No.00-50, pp.205-208, 日本機械学会, 2000.12 E

車両/レール系のダイナミクス−車両における新たな展開: 須田義大・第7回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL 2000), No.00-50, pp.5-6, 日本機械学会, 2000.12 E

一軸台車車両の曲線通過性能に関する理論と実験の比較: 須田義大, 柴野和彦, 西村誠一, 松本 陽, 鈴木光雄, 陸 康思・第7回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL 2000), No.00-50, pp.289-292, 日本機械学会, 2000.12 E

試作一軸台車の運動性能(走行試験と台上実験による検証): 松本 陽, 佐藤安弘, 大野寛之, 陸 康思, 鈴木光雄, 須田義大, 西村誠一・第7回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL 2000), No.00-50, pp.285-288, 日本機械学会, 2000.12 E

試作一軸台車の実車走行試験での蛇行動特性に関する検討: 須田義大, 松本 陽, 佐藤吉彦, 鈴木光雄, 長沢 卓, 西村誠一・第7回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL 2000), No.00-50, pp.277-280, 日本機械学会, 2000.12 E

車輪/レール表面状態とクリープ特性: 須田義大, 岩佐崇史, 松本耕輔, 加部直治, 谷本益久, 仲田摩智・第7回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL 2000), No.00-50, pp.83-86, 日本機械学会, 2000.12 E

車輪/レール間の摩擦調整と曲線旋回性能: 須田義大, 小峰久直, 留岡正男, 加部直治, 生方伸幸, 谷本益久, 仲田摩智・第7回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL 2000), No.00-50, pp.43-46, 日本機械学会, 2000.12 E

自動傾斜調整機能を持つ吸引式磁気浮上系の回転体による減揺装置: 荘 志忠, 須田義大, 小峰久直, 岩佐崇史・第7回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL 2000), No.00-50, pp.229-232, 日本機械学会, 2000.12 E

鉄道における快適性評価の新たな試み: 須田義大・第7回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL 2000), No.00-50, pp.19-22, 日本機械学会, 2000.12 E

アフォーダンス理論による車両空間評価の説明: 平沢隆之, 須田義大・第7回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL 2000), No.00-50, pp.385-386, 日本機械学会, 2000.12 E

通勤座席配置の快適性・乗降容易性の評価: 平沢隆之, 須田義大・第7回 鉄道技術連合シンポジウム(J-RAIL 2000), No.00-50, pp.387-390, 日本機械学会, 2000.12 E

RC167マルチボディのダイナミクスと制御に関する研究分科会中間報告(一部執筆): 須田義大・日本機械学会, 2000.3 F

鉄道における車輪・レール系の知能化に関する基礎的研究成果報告書(一部執筆): 須田義大・運輸施設整備事業団, 2000.3 F

ITSに関する基礎的先端的研究報告書(一部執筆): 須田義大・建設省土木研究所・東京大学生産技術研究所, 2000.3 F

高性能・低コスト1軸台車の開発(一部執筆): 須田義大・日本鉄道技術協会, 2000. 9 F

日比谷線中目黒駅構内列車脱線衝突事故に関する調査報告書(一部執筆): 須田義大, 2000.10 F

車両の運動力学とマルチボディダイナミクス: 須田義大・生研セミナー テキスト, 2000. 2 G

協調と知恵: 須田義大・R&m, 8, 6, pp.2-3, 鉄道車両機械技術協会, 2000.6 G

鉄道車両のアクティブコントロールをめぐる技術動向: 須田義大・鉄道車両と技術, 60, pp.2-7, レールアンドテック出版, 2000.7 G

ITS車両とインフラの協調: 須田義大・生研セミナー テキスト 学究新世紀−ITSが支える交通社会, pp.1-8, 2000. 9 G

CM2000−第5回車両軌道系の接触力学と摩耗国際会議−を終えて: 須田義大・鉄道車両と技術, 6-8, 61, pp.6-7, レールアンドテック出版, 2000.9 G

舶用減揺装置へのセルフパワード・アクティブ制御の適用: 小池裕二, 須田義大・石川島播磨技報, 40-6, 236, pp.305-309, 石川島播磨重工業, 2000.11 G


previous page

next page