VI. 研究および発表論文


2. 著書および学術雑誌等に発表したもの
高次協調モデリング(客員部門)

PreviousPage
NextPage
第49号 2000年度
2001.8.23


伊東 研究室 Itoh Lab.

透層する建築: 伊東豊雄・青土社, 2000.10 B

アルミの家への期待: 伊東豊雄・新建築社「住宅特集」2000年4月号, p.53, 2000.4 G

<ビルバオ・グッゲンハイム>があからさまにした未来: 伊東豊雄・新建築社「新建築創刊75周年記念臨時増刊号」2000年11月, pp.10-15 2000.11 G

畔上 研究室 Azegami Lab.

モード解析ハンドブック: モード解析ハンドブック編集委員会(委員長:長松昭男), コロナ社, 2000.1 B

非定常熱伝導場における形状同定問題の解法: 片峯英次, 畔上秀幸, 松浦易広・日本機械学会論文集B編, 66巻, 641号, pp.227-234, 2000.1 C

材料非線形性を考慮した形状最適化問題の解法: 井原 久, 畔上秀幸, 下田昌利, 渡邊勝彦・日本機械学会論文集A編, 66巻, 646号, pp.1111-1118, 2000.6 C

座屈に対する形状最適化: 畔上秀幸, 須貝康弘, 下田昌利・日本機械学会論文集A編, 66巻, 647号, pp.1262-1267, 2000.7 C

特発性側彎症に対する感度解析(構造最適化理論の応用): 竹内謙善, 畔上秀幸, 村地俊二, 鬼頭純三, 石田義人, 川上紀明, 牧野光倫・脊柱変形, 日本側彎症学会誌, 15巻, 1号, pp.24-27, 2000.12 C

特発性側彎症発生における座屈と骨リモデリングの関与(有限要素法を用いた検討): 後藤 学, 川上紀明, 松原祐二, 金村徳相, 畔上秀幸, 竹内謙善, 笹岡 竜, 松山幸弘・脊柱変形, 日本側彎症学会誌, 15巻, 1号, pp.28-31, 2000.12 C

Sensitivity Analysis with Respect to Idiopathic Scoliosis:Application of Structural Optimization Theory: K. Takeuchi, H. Azegami, S. Murachi, M. Shimoda, Y. Ishida, N. Kawakami and M. Makino・Proceedings of the Eleventh International Conferences on Mechanics in Medicine and Biology, pp.143-146, 2000.4 D

Solution to Boundary Shape Identification Problems in Elliptic Boundary Value Problems Using Shape Derivatives: H. Azegami ・Inverse Problems in Engineering Mechanics II, eds. M. Tanaka and G.S. Dulikravich, pp.277-284, 2000.12 D

Shape Optimization of Transient Response Problems: Z. Q. Wu, Y. Sogabe, Y. Arimitsu and H. Azegami・Inverse Problems in Engineering Mechanics II, eds. M. Tanaka and G.S. Dulikravich, pp.285-294, 2000.12 D

Solution to Shape Determination Problem on Unsteady Heat-Conduction Fields: E. Katamine, H. Azegami, Y. Matsuura・Inverse Problems in Engineering Mechanics II, eds. M. Tanaka and G.S. Dulikravich, pp.295-304, 2000.12 D

音場を対象とした形状最適化問題の解法(コンサートホール問題): 畔上秀幸, 松浦易広・日本機械学会2000年度年次大会講演論文集, 1巻, pp.127-128, 2000.8 E

線形弾性変形を利用したメカニズムの創生: 畔上秀幸, 佐竹晶宙, 児玉和美・日本機械学会2000年度年次大会講演論文集, 1巻, pp.133-134, 2000.8 E

脊柱特発性側彎症の治療法に関する検討(座屈説に基く感度解析): 竹内謙善, 笹岡 竜, 畔上秀幸, 川上紀明・日本機械学会2000年度年次大会講演論文集, 1巻, pp.487-489, 2000.8 E

特発性側彎症の成因に関する数値シミュレーション(多様なモードの成因): 竹内謙善, 畔上秀幸, 笹岡 竜, 村地俊二, 鬼頭純三, 石田義人, 川上紀明, 後藤 学, 牧野光倫, 松山幸弘・第34回日本側彎症学会演題抄録集, p.49, 2000.11 E

無限自由度系最適化理論とその機器設計への応用: 畔上秀幸・MSC. Softwareソリューションフォーラム2000事例・論文集, No.32, pp.1-10, 2000.10 G


previous page

next page