VI. 研究および発表論文


2. 著書および学術雑誌等に発表したもの
海中工学研究センター

PreviousPage
NextPage
第49号 2000年度
2001.8.23


浦 研究室 Ura Lab.

自律型海中ロボット“Tri-Dog 1”の設計とミッション: 近藤逸人・浦  環・能勢義昭・生産研究, Vol.52, No.5, pp.243-246, 2000.5 A

水中ランドマークを利用した水中ロボットの航法制御: 柳 善鉄・浦  環・藤井輝夫・生産研究, Vol.52, No.5, pp.247-250, 2000.5 A

自律型海中ロボットによる鯨観測の研究―その1 観測装置―: 岩上 寛, 浦  環, 藤井輝夫, 浅川賢一, 小島淳一, 浅田輝之, 東 直人・福地鐵雄・生産研究, Vol.52, No.7, pp.312-315, 2000.7 A

自律型海中ロボットによる鯨観測の研究―その2 座間味沖における観測実験―: 岩上 寛, 浦   環, 藤井輝夫, 浅川賢一, 能勢義昭, Rajendar Bahl, 福地鐵雄・生産研究, Vol.52, No.7, pp.316-319, 2000.7 A

自律型海中ロボットの訓練システム―その1:障害物回避行動の教示と自己学習―: 川野 洋, 浦  環・生産研究, Vol.52, No.8, pp.360-363, 2000.8 A

Electromagnetic Imaging in Science and Medicine: P.R.P. Hoole 編集, (うち第8章をB. A.A.. P Balasuriya, 浦 環が執筆)・WIT press, pp.215-233, 2000.2 B

水道管用管内調査ロボット: 戸島敏雄, 泉野有司, 浦  環・ロボット, No.132, pp.47-50, 2000.1 C

An adaptive neural-net controller system for an underwater vehicle: 石井和男, 浦  環・Control Engineering Practice, Vol.8, Issue 2, pp.177-184, 2000.2 C

自律型海中ロボット: 浦  環・日本ロボット学会誌, Vol.18, No.7, pp.933- 936, 2000.7 C

R-One Robot Cruising Type Long-Range AUV with 12-Hour Duration, Equipped with Closed-Cycle(Air Independent)Diesel Engine System: 浦  環, 小原敬史・Sea Technology, Vol.41, No.7, pp.30-34, 2000.7 C

自律型海中ロボットの発展する方向: 浦 環・地學雑誌, Vol.109, No.6, pp.900-906, 2000.12 C

Role of the Human Element - Report on the investigation into near misses -: 浦  環, 今津隼馬・IMO, 72/INF. 9, 2000.2 D

Establishment of Underwater Technology Research Center at the Institute of Industrial Science of the University of Tokyo and Its Activities on AUV Development: 浦  環・Proc. UT2000, pp.140-145, 2000.5 D

Underwater Gravimeter on Board the R-one Robot: 藤本博巳, 小泉金一郎, 渡辺正晴, 押田 淳, 古田俊夫, 高村直也, 浦  環・Proc. UT2000, pp.297-300, 2000.5 D

自律型海中ロボット“Tri-Dog 1”の開発: 近藤逸人, 浦  環・ロボメック"00(CD-ROM)講演集, 2A1-05-002, 2000.5 D

System Identification and Modeling of an Autonomous Underwater Vehicle by the Aid of Neural Network Method: Hassan Sayyaadi, 浦  環・Proc ISME2000, Tehran, pp.155-162, 2000.5 D

Collision Avoidance Controller for AUV Systems Using Stochastic Real Value Reinforcement Learning Method: Hassan Sayyaadi, 浦  環, 藤井輝夫・Proc. SICE 2000, (CD-ROM)講演集, 2000.7 D

船舶からのCO2排出に関するライフ・サイクル・インベントリ分析: 亀山道弘, 木原 洸, 平岡克英・浦  環・第4回エコバランス国際会議講演集, pp.517-520, 2000.10 D

自律型海中ロボットの発展: 浦  環・Proc. Techno Ocean 00, 神戸, pp.27-32, 2000.11 D

自律型海中ロボット“Tri-Dog 1”の開発と水槽実験: 近藤逸人, 浦  環, 柳 善鉄, 能勢義昭・Proc. Techno Ocean 00, 神戸, pp.339-344, 2000.11 D

Autonomous Target Tracking by Twin-Burger 2: B.A.A.P. Balasuriya・浦  環・Proc. The 2000 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Sysems, pp.849-854, 2000.11 D

Utilization of Artificial Signboard Landmarks for Navigation of Advanced Autonomous Underwater Vehicle: 柳 善鉄, 浦  環, 藤井輝夫・Proc. ICARCV2000, Singapore, (CD-ROM)講演集, 459(I), 2000.12 D

自律型海中ロボット開発研究と水産資源研究への応用の展望: 浦  環・水産調査計測部会講演要旨集, pp.48-56, 2000.1 E

自律型海中ロボット開発研究と水産資源研究への応用の展望: 浦  環・平成11年度水産工学研究推進全国会議水産調査計測部会講演要旨集, pp.25-32, 2000.1 E

水中ランドマークを利用した水中ロボットの航法: 柳 善鉄, 浦  環, 藤井輝夫・第15回海洋工学シンポジウム講演集, pp.317-324, 2000.1 E

Study on Prevention of Sliding Failure of Ore In Bulk - New Procedure for Evaluationg Shear Strength -: 太田 進, 浦  環, 村山雅己, 田中正人・日本造船学会論文集, Vol.187, pp.301-307, 2000.6 E

水道管用管内調査ロボットの開発: 戸島敏雄, 嘉戸善胤, 泉野有司, 竹内邦和, 浦  環, 能勢義昭・第8回建設ロボットシンポジウム講演集, pp.221-228 2000.7 E

浅田 研究室 Asada Lab.

Development of a Sea-bottom Crustal Deformation Observation System: T. Yabuki and A. Asada・Proc. the Third EU-Japan Workshop on Seismic Risk, Kyoto, pp.27-30, 2000.3 D

熊野トラフにおける海底音響測地: 浅田 昭, 矢吹哲一朗, 仙石 新, 長屋好治・地球惑星科学関連学会2000年合同大会予稿集, 2000.5 E

熊野トラフにおける海底音響測地基準点の長期観測: 浅田 昭, 矢吹哲一朗・平成12年度海洋音響学会講演予稿集, pp.111-114, 2000.6 E

海底音響基準ネット: 浅田 昭, 矢吹哲一朗・生産研究, 52, 7, pp.1-4, 2000.7 A

シービーム2000水深データとイザナギ音響画像データから作成した3次元アニメーション: 加藤幸弘, 浅田 昭・海洋理工学会秋季研究会要旨集, pp.28-29, 2000 E

GPSと音響測距の結合による海底地殻変動観測のデータ解: 浅田 昭, 矢吹哲一朗・日本測地学会第94回講演予稿集, pp.19-20, 2000.10. E

The performance of the GPS/acoustic positioning for ocean bottom geodesy: A. Asada and T. Yabuki・Proc. 29th Joint Meeting of UJNR Sea-bottom Survey Panel, 2000.10 D

High spatial resolution and three-dimensional walk-through panoramatic animation for topography around Japan: T. Suzuki, A. Asada, S. Oshima, F. Suzuki and S. Hirota・Proc. 29th Joint Meeting of UJNR Sea-bottom Survey Panel, 2000.10 D

K-GPS測位と音響測距を結合した海底地殻変動観測システムについて: 矢吹哲一朗, 浅田 昭・海洋調査技術学会第12回研究成果発表会講演要旨集, pp.29-30, 2000.11 E

浅海用マルチビーム音響測深と, その誤差要因と精度評価法について: 浅田 昭・海洋調査技術学会第12回研究成果発表会講演要旨集, pp.44-45, 2000.11 E

海底測地技術の開発と熊野トラフにおける長期観測: 浅田 昭, 矢吹哲一朗・日本地震学会2000年秋季大会予講集, C45, 2000.11 E

合成開口手法によるマルチビーム音響計測: 浅田 昭・平成12年度電気関係学会関西支部連合大会, シンポジウム「海洋音響技術の現状と将来展望」, S72, 2000.11 E

海底地形のマルチビーム音響探査と可視化技術: 浅田 昭・地学雑誌, 109, 6, pp.874-884, 2000.12 C

Approach for the realization of sea bottom crustal deformation observations: T. Yabuki, Y. Nagaya, A. Asada・Targets and Tactics in waters around Japan, International Hydrographic Review, Vol.1, No2(New Series), pp.62-70, 2000 C

藤井(輝) 研究室 Fujii T. Lab.

水中ランドマークを利用した水中ロボットの航法制御: 柳 善鉄, 浦  環, 藤井輝夫・生産研究, Vol.52-5, pp.35-38, 2000.5 A

マイクロ生化学システムの開発と海中微生物探査への応用: 藤井輝夫・生産研究, Vol.52-7, pp.12-19, 2000.7 A

自律型海中ロボットによる鯨観測の研究 −その1 観測装置−: 岩上 寛, 浦  環, 藤井輝夫, 浅川賢一, 能勢義昭, Rajendar Bahl, 福地鐡雄・生産研究, Vol.52-7, pp.20-23, 2000.7 A

自律型海中ロボットによる鯨観測の研究 −その2 座間味沖における観測実験−: 岩上 寛, 浦  環, 藤井輝夫, 浅川賢一, 小島淳一, 浅井輝之, 福地鐡雄・生産研究, Vol.52-7, pp.24-27, 2000.7 A

情報は環境にあり−群ロボットと環境の共進化: 淺間 一, 藤井輝夫・知の創発, NTT出版, pp.071-086, 2000.3 B

マイクロチップ上での蛋白質合成: 藤井輝夫・バイオミメティクスハンドブック, 第11章3節, エヌ・ティー・エス, pp.1104-1108, 2000.9 B

Cell-free Protein Synthesis in a Microfabricated Reactor: Nojima, T., Fujii, T., Hosokawa, K., Yotsumoto, A., Shoji, S. and Endo, I.・Bioprocess Engineering, Vol.22, Issue 1, Springer, pp.13-17, 2000.1 C

Optimization of DNA Separation by Capillary Gel Electrophoresis on a Microfabricated Polymer Chip: J. W., Hong, T. Fujii, M. Seki and I. Endo・Chemical Engineering Symposium Series, Vol.65, pp.177-180, 2000.1 C

Controlling the Geometry and the Coupling Strength of the Oscillator Systems in Physarum Plasmodium by Microfabricated Structure: A. Takamatsu, T. Fujii, H. Yokota, K. Hosokawa, T. Higuchi and I. Endo・Protoplasma, Vol.210, Springer-Verlag, pp.164-171, 2000.1 C

Microfabricated Structures for Bioseparation: J.W. Hong, K. Hosokawa, T. Fujii, M. Sekiand I. Endo・Bioseparation Engineering, Progress in Biotechnology 16, Elsevier, pp.69-74, 2000.1 C

Local Communication-based Navigation in a Multirobot Environment: Y. Arai, T. Fujii, H. Asama, H. Kaetsu and I. Endo・Cutting Edge of Robotics in JAPAN'99, Advanced Robobics, Vol.13, No.3, VSP, pp.233-234, 2000.2 C

Control of Interaction Strength in a Network of the True Slime Mold by Microfabricated Structure: A. Takamatsu, T. Fujii and Endo, I.・Biosystems, Vol.55, Elsevier, pp.33-38, 2000.5 C

Self-diagnosis System of an Autonomous Mobile Robot Using Sensory Information: S. Okina, K. Kawabata, T. Fujii, Y. Kunii, H. Asama and I. Endo・Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.12, No.2, pp.72-77, 2000.5 C

仮想世界を利用した移動ロボットの遠隔操作システムの開発: 鈴木 剛, 関根 武, 藤井輝夫, 淺間 一, 遠藤 勲・電気学会論文誌C, Vol.120-C, No.5, pp.662-667, 2000.6 C

協調的判断に基づくバイオプロセスの異常診断・操作システムの開発: 鈴木 剛, 先野嘉人, 中嶋幹男, 藤井輝夫, 淺間 一, 佐藤一省, 遠藤 勲・精密工学会誌, Vol.66, No.5, pp.806-810, 2000.6 C

ポリマーマイクロチップを用いたDNAの分離: 関 実, 藤井輝夫, 遠藤 勲・バイオサイエンスとインダストリー, Vol.58, No.6, pp.413-414, 2000.6 C

Distributed Task Processing by a Multiple Autonomous Robot System Using an Intelligent Data Carrier System: H. Asama, T. Fujii, H. Kaetsu, I. Endo and T. Fujita・International Journal of Intelligent Automation and Soft Computing, Autosoft Press, Vol.6, No.3, pp.215-224, 2000.7 C

Time Delay Effect in a Living Coupled Oscillator System with the Plasmodium of Physarum polycephalum: A. Takamatsu, T. Fujii and I. Endo・Physical Review Letters, Vol.85, No.9, pp.2026-2029, 2000.8 C

複数の技術を統合して進めるゲノム解析戦略: 藤井輝夫・電気学会誌, 十見百聞, Vol.120, No.8/9, pp.495-498, 2000.8 C

群ロボットの作業分担のための適応スケジューリングシステムの開発: 鈴木 剛, 先野嘉人, 藤井輝夫, 淺間 一, 遠藤 勲・精密工学会誌, Vol.66, No.10, pp.1543-pp.1547, 2000.10 C

Microbiochemical Reactors for Enzymatic Reactions Including Cell-free mRNA Translation: K. Hosokawa, T. Fujii, T. Nojima, S. Shoji, A. Yotsumoto and I. Endo・Journal of Micromechatronics, Vol.1, No.1, VSP, pp.85-98, 2000.11 C

生化学反応を行うマイクロリアクター: 藤井輝夫・ペトロテック, Vol.23, No.11, pp.932-938, 2000.11 C

A Study of Self-diagnosis System for an Autonomous Mobile Robot: S. Okina, K. Kawabata, T. Fujii, K. Yasuharu, H. Asama and I. Endo・Cutting Edge of Robotics in JAPAN 2000, Advanced Robobics, Vol.14, No.4, VSP, pp.339-341, 2000.12 C

群ロボット環境における局所的通信に基づく衝突回避: 新井義和, 藤井輝夫, 淺間 一, 鈴木昭二, 嘉悦早人, 遠藤 勲・日本ロボット学会誌, Vol.19, No.1, pp.45-58, 2001.1 C

PDMS(polydimethylsiloxane)Microchips for Capillary Gel Electrophoresis and Microfluidic Operations: T. Fujii, J.W. Hong, K. Hosokawa, M. Seki and I. Endo・Proceedings of the 12th International Symposium on High Performance Capillary Electrophoresis & Related Microscale Techniques(HPCE2000), Saarbrucken, Germany, p.112(P243), 2000.2 D

Use of DNA-Chips and Microarrays for in situ Characterization of Microflora in the Deep Subsurface Biosphere: A Planned Design: T. Fukuba, T. Fujii and T. Naganuma・PLab-Chips and Microarrays Japan, Tokyo, 2000.5 D

Formation and Active Mixing of Metered Nano/Picoliter Liquid Droplets in a Microfluidic Device: K. Hosokawa, T. Fujii and I. Endo・Proceedings of the 4th International Symposium on Micro Total Analysis Systems 2000, Enschede, The Netherlands, pp.481-484, 2000.5 D

Cell-Free Protein Synthesis in PDMS-Glass Hybrid Microreactor: T. Yamamoto, T. Fujii, T. Nojima, J. W. Hong and I. Endo・Proceedings of SPIE 2000 Sympoium on Micromachining and Microfabrication, Microfluidic Devices and Systems III, Santa Clara, pp.72-79, 2000.9 D

Downsizing Biochemical/Chemical Processes - Technologies and Future Perspectives - :T. Fujii・Proceedings of the International Workshop on Microfactories(IWMF2000), Fribourg, Switzerland, pp.111-114, 2000.10 D

PDMS(polydimethylsiloxane)- Glass Hybrid Microchip for Gene Amplification: J. W., Hong, T., Fujii, M., Seki, T. Yamamoto and I. Endo・Proceedings of the 1st Annual International IEEE-EMBS Special Topic Conference on Microtechnologies in Medicine & Biology, Lyon, France, pp.407-410, 2000.10 D

Multiple Diagnostic Analyses by Enzymatic and Chemical Reactions on a PDMS Microchip: M. Seki, R. Aoyama, J.W., Hong, T. Fujii and I. Endo・Proceedings of the 1st Annual International IEEE-EMBS Special Topic Conference on Microtechnologies in Medicine & Biology, Lyon, France, pp.21-24, 2000.10 D

Development of Microbiosystems with Microchannels: M. Seki, J. W., Hong, R. Aoyama, R. Ezaki, Y. Kakigi, T. Fujii and I. Endo・Proceedings of NFRI-BRAIN International Workshop on Monodisperse Microspheres and Microchannel Technologies, Tsukuba, JAPAN, pp.657-660, 2000.10 D

New Approach to Chemistry and Biochemistry through Microchip Technology: T. Fujii・Proceedings of The Sixth International Micromachine Symposium, Tokyo, JAPAN, pp.105-109, 2000.11 D

PDMS-Glass Hybrid Microreactor for Cell-Free Protein Synthesis: T. Yamamoto, T. Fujii, T. Nojima, J.-W. Hong and I. Endo・Handout of the European Conference on Micro and Nanoscale Technologies for Biosciences(Nanotech2000), Montreux, Switzerland, 2000.11 D

A PDMS(Polydimethylsiloxane)-Glass Hybrid Microchip for Gene Amplification: J.W. Hong, T. Fujii, M. Seki, T. Yamamoto, and I. Endo・Proceedings of The fourth International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(PacifiChem 2000), Honolulu, Hawaii, ANYL0290, 2000.12 D

Multiple PDMS-Glass Hybrid Microreactor for Cell-Free Protein Synthesis: T. Yamamoto, T. Fujii, T. Nojima, J.W. Hong and I. Endo,・Proceedings of The fourth International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(PacifiChem 2000), Honolulu, Hawaii, ANYL0711, 2000.12 D

Bringing A Microfabricated Genetic Analysis System into Deep: T. Fujii and T. Naganuma・Proceedings of The fourth International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(PacifiChem 2000), Honolulu, Hawaii, BIOS0625, 2000.12 D

A Variety of Microreactors: Integration and Parallelization: T. Fujii・Proceedings of The fourth International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(PacifiChem 2000), Honolulu, Hawaii, ORGN1743, 2000.12 D

Aqueous Two Phase System for the Continuous Separation of Macromolecules and Particles in a Microchannel: M. Seki, Y. Kakigi, J. W. Hong, T. Fujii and I. Endo・Proceedings of The fourth International Chemical Congress of Pacific Basin Societies(PacifiChem 2000), Honolulu, Hawaii, ANYL0229, 2000.12 D

Utilization of Artificial Signboard Landmarks for Navigation of Advanced Autonomous Underwater Vehicle: Yu, S.-C., Ura, T. and T. Fujii・Proceedings of 6th International Conference on Automation, Robotics and Computer Vision(ICARCV 2000), Singapore, #459 Invited, 2000.12 D

移動に伴う動的視覚情報を用いた行動学習: 石川達也, 川端邦明, 藤井輝夫, 植田佳典, 淺間 一, 遠藤 勲・第12回自律分散システムシンポジウム資料, 那覇, pp.457-462, 2000.1E

マイクロ構造物によるパラメータ制御可能な生きた結合振動子系の構築: 高松敦子, 藤井輝夫, 遠藤 勲・第12回自律分散システムシンポジウム資料, 那覇, pp.299-302, 2000.1 E

液滴操作に基づく微小スケール反応システムの構築: 藤井輝夫・平成12年電気学会全国大会論文集, 東京, pp.1268-1269, 2000.3 E

生化学発光反応用高分子マイクロチップの開発: 金田祥平, 藤井輝夫, Hong J. W., 國井康晴, 関 実, 遠藤 勲・平成12年電気学会全国大会論文集[3], 東京, pp.1104-1105, 2000.3E

生化学反応用のマイクロリアクターシステム: J.W. Hong, 藤井輝夫, 関 実, 遠藤 勲・化学工学会第65年会, 東京, p.359, 2000.3 E

マイクロリアクターチップを用いた酵素反応: 青山龍介, J. W. Hong, 藤井輝夫, 関 実, 遠藤 勲・化学工学会第65年会, 東京, p.360, 2000.3 E

マイクロチャネルを用いた細胞の分離: 柿木康宏, J. W. Hong, 藤井輝夫, 関 実, 遠藤 勲・化学工学会第65年会, 東京, p.349, 2000.3 E

モジュール型ロボットの自律化 (第二報) 自律型モジュールの製作: 宿谷光司, 藤井輝夫, 黒田洋司, 淺間 一, 嘉悦早人, 遠藤 勲・日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2000講演論文集, 熊本, 1A1-32-044, 2000.6 E

流量調節を伴うPDMSマイクロチップ上でのルシフェリンルシフェラーゼ発光反応: 金田祥平, 藤井輝夫, J.W. Hong, 國井康晴, 関 実, 遠藤 勲・日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2000講演論文集, 熊本, 1A1-32-044, 2000.6 E

センサ情報に基づいた移動ロボットの自己診断システム(第3報 故障検出アルゴリズムを用いた基礎実験): 翁信之介, 川端邦明, 藤井輝夫, 國井康晴, 淺間 一, 遠藤 勲・日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2000講演論文集, 熊本, 2A1-71-098, 2000.6E

コミュニケーションを介した自律ロボットによる言葉の獲得: 津田将之, 伊藤研哉, 尾崎功一, 横田和隆, 藤井輝夫, 淺間 一・日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2000講演論文集, 熊本, 2P1-33-033, 2000.6 E

脳の計算理論に基づく'移動機能'の構築(第2報:目標センサパターン実現制御器の構築): 川端邦明, 藤井輝夫, 淺間 一, 遠藤 勲・日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2000講演論文集, 熊本, 2P2-31-036, 2000.6 E

真正粘菌変形体の3振動子系における時間遅れ効果: 高松敦子, 藤井輝夫, 遠藤 勲・日本生物物理学会第38回年会講演予稿集, 仙台, p. S100, 2000.9 E

遺伝子解析用マイクロチップシステム: J.W. Hong, 藤井輝夫, 関 実, 山本貴富喜, 遠藤 勲・化学工学会第33回秋季大会講演要旨集, 浜松, p.1105, 2000.9 E

集積型マイクロリアクターチップによる生化学分析: 青山龍介, J.W. Hong, 藤井輝夫, 関 実, 遠藤 勲・化学工学会第33回秋季大会講演要旨集, 浜松, p.1148, 2000.9 E

マイクロチャネル内の水性ポリマー分配系の構築とその応用: 柿木康宏, 山田真澄, 清家信弥, J.W. Hong, 藤井輝夫, 関 実, 遠藤 勲・化学工学会第33回秋季大会講演要旨集, 浜松, p.1115, 2000.9 E

センサ情報に基づいた移動ロボットの自己診断システム(第4報:診断結果に基づく対処動作の検討): 翁信之介, 川端邦明, 藤井輝夫, 國井康晴, 淺間 一, 遠藤 勲・第18回日本ロボット学会学術講演会, 草津, pp.115-116, 2000.9 E

マイクロチップによる生化学反応分析技術の開発と極限環境微生物探査への応用: 藤井輝夫, 福場辰洋, 長沼 毅, 遠藤 勲, 第1回極限環境微生物学会年会講演要旨集, 東京, pp.27-30, 2000.9 E

生体外タンパク質合成のためのハイブリッドマイクロリアクター: 藤井輝夫, 山本貴富喜, 野島高彦, Hong Jong Wook, 遠藤 勲・第2回化学とマイクロシステム研究会資料集, 赤穂, P13, 2000.9 E

シリコーンマイクロチップを用いた遺伝子解析: Hong Jong Wook, 藤井輝夫, 関 実, 山本貴富喜, 遠藤 勲・第2回化学とマイクロシステム研究会資料集, 赤穂, P14, 2000.9 E

PDMS−ガラスハイブリッドマイクロチップによる遺伝子解析: Hong Jong Wook, 藤井輝夫, 関 実, 山本貴富喜, 遠藤 勲・第20回キャピラリー電気泳動シンポジウム2000要旨集, 淡路島, pp.48-49, 2000.11 E

マイクロチップを用いた現場分析システムの提案: 藤井輝夫・平成11年度科学技術振興調整費「海洋地殻における生物圏・岩石圏相互作用に関する調査」報告書, 科学技術庁研究開発局海洋地球課, pp.255-259, 2000.3 F

展開計画の概要と全体システム再考: 藤井輝夫・平成11年度「海洋環境の画像によるモニタリングシステムの開発」に関する調査報告書, pp.69-71, 2000.3 F

生化学反応, ほか: 藤井輝夫・新産業創出を目指した「マイクロ流体システム等」に関する技術動向調査, 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 委託先:(財)マイクロマシンセンター, pp.143-168, 2000.3 F

今後の課題, ほか: 藤井輝夫・新産業創出を目指した「マイクロリアクター技術等」に関する技術動向調査, 新エネルギー・産業技術総合開発機構, 委託先:(財)化学技術戦略推進機構, pp.85-103他, 2000.3 F

マイクロリアクターを実用化するためのハード面での諸課題, ほか: 藤井輝夫・(財)化学技術戦略推進機構物質・プロセス委員会活動報告書(2000.6), pp.185-192他, 2000.6 F

我国おけるマイクロリアクター研究推進体制構築について: 藤井輝夫・(財)化学技術戦略推進機構マイクロリアクターWG調査報告書, pp.116-118他, 2000.6 F

環境用MicroTAS−極限環境: 藤井輝夫・電気学会技術報告, 第812号(2000.12), pp.36-41, 2000.6 F

ミクロの空間で化学実験を!: 藤井輝夫・21世紀夢の技術展出展, 2000.7 F

生研も出展します! 「21世紀夢の技術展」: 藤井輝夫・生研ニュース, No.65, p.9, 2000.8 F

ナノサイエンス・テクノロジー研究−6: 遠藤 勲, 下村政嗣, 藤井輝夫, 中島光敏, ・科学新聞, p.1, 2000.9 F

大盛況! 「21世紀夢の技術展」: 藤井輝夫・生研ニュース, No.66, p.4 2000.9 F

林(昌) 研究室 Rheem Lab.

振動水柱による弾性浮体の応答低減効果に関する研究: 前田久明, 大西泰史, 林 昌奎, 居駒知樹, 鷲尾幸久, 大澤弘敬, 有田 守・日本造船学会論文集, 第188号, pp.279-285, 2000.11 C

超大型浮体式構造物を利用した複合型海洋エネルギー基地に関する基礎的研究: 有田 守, 前田久明, 増田光一, 林 昌奎, 居駒知樹・日本造船学会論文集, 第188号, pp.271-278, 2000.11 C

防波堤に囲まれた超大型浮体の弾性挙動特性に関する研究: 増田光一, 佐野堅一, 前田久明, 林 昌奎, 居駒知樹・日本造船学会論文集, 第188号, pp.311-316, 2000.11 C

Behavior of Very Large Floating Structure Under Construction in Irregular Waves: H. Maeda, T. Ikoma, K. Masuda and C.-K. Rheem・Proc. of the 19th Int Conf on OMAE 2000, Vol.2, pp.123-131, ASME, 2000.2 D

Hydro-elastic Response Reduction System of A Very Large Floating Structure with Wave Energy Floating Structure with Wave Energy Absorption Devices: H. Maeda, Y. Washio, H. Osawa, C.K. Rheem, T. Ikoma,Y. Onishi, M. Arita・Proc. of Int conf on OCEANS2000, MTS/IEEE, Vol.I, pp.527-531, 2000.9 D

Slowly Varying Wave Drifting Force on A Very Large Floating Structure in Short Crested Waves: T. Ikoma, H. Maeda and C.K. Rheem・Proc. of Int conf on OCEANS2000, MTS/IEEE, Vol.I pp.533-539, 2000.9 D

防波堤を考慮した超大型浮体式海洋構造物の波浪中弾性応答に関する基礎的研究: 佐野堅一, 居駒知樹, 前田久明, 増田光一・第15回海洋工学シンポジウム, 日本造船学会, pp.145-150, 2000.1 E

L型弾性浮体の波浪中応答特性の推定: 藤田尚毅, 緒方重人, 居駒知樹, 前田久明, 増田光一・第15回海洋工学シンポジウム, 日本造船学会, pp.151-158, 2000.1 E

波エネルギー吸収機構付き弾性浮体の波浪応答特性について: 大西泰史, 有田 守, 大澤弘敬, 鷲尾幸久, 佐藤千昭, 居駒知樹, 前田久明・第15回海洋工学シンポジウム, 日本造船学会, pp.173-178, 2000.1 E

防波堤を考慮した超大型浮体式海洋建築物の弾性応答性状に関する基礎的研究 ―その1 防波堤の影響―: 佐野堅一, 増田光一, 前田久明, 居駒知樹・日本建築学会大会学術講演梗概集, 10031, pp.333-334, 2000, 9 E

防波堤を考慮した超大型浮体式海洋建築物の弾性応答性状に関する基礎的研究−その2 フェーズIIモデルの検討−: 緒方重人, 佐野堅一, 増田光一, 前田久明, 居駒知樹・日本建築学会大会学術講演梗概集, 10032, pp.335-336, 2000, 9 E

空気室を有する超大型浮体式海洋構造物の応答 制に関する実験的研究: 伊藤和彰, 前田久明, 増田光一, 鷲尾幸久, 大澤弘敬, 居駒知樹, 有田 守・日本建築学会大会学術講演梗概集, 10034, pp.339-340, 2000, 9 E

圧力分布法による空気室付弾性浮体の流体力解析法について: 居駒知樹, 前田久明, 鷲尾幸久, 大澤弘敬, 増田光一・日本建築学会大会学術講演梗概集, 10035, pp.341-342, 2000, 9 E

(客員)高川 研究室 Takagawa Lab.

深海掘削計画 OD21プロジェクトの概要: 高川真一, 阪井大輔, 小澤宏臣, 山本廣光・Techno Marine, No.849, pp.170-179, 2000.3 C

特集「21世紀の若者へ」: 五感と第六感を磨き上げよう: 高川真一・Techno Marine, No.858, p.857, 2000.12 C

RISER ANGLE CONTROL DPS: 今北明彦, 高川真一, 網谷泰孝・Proc. OMAE 2000, (CD-ROM)講演集, OSU OFT-3001, 2000.2 D

Intelligent Riser Angle Control DPS: 今北明彦, 高川真一, 網谷泰孝・Proc. DP Conference,(CD-ROM)講演集, INTELL〜, PDF, 2000.10 D

Model Test for the DPS of the OD21 Drilling Ship: 高川真一, 網谷泰孝, 吉野亥三郎・五十嵐和之・Proc. DP Conference,(CD-ROM)講演集, MODELT〜, PDF, 2000.10 D

(客員)浅川 研究室 Asakawa Lab.

海底ケーブル調査用自律型水中ロボットAQUA EXPLORER 2: 浅川賢一, 生産研究, Vol.52, No.7, pp.297-303, 2000.7 A

自律型海中ロボットによる鯨観測の研究―その1 観測装置―: 岩上 寛, 浦  環, 藤井輝夫, 浅川賢一, 小島淳一, 浅田輝之, 東 直人, 福地鐵雄・生産研究, Vol.52, No.7, pp.312-315, 2000.7 A

自律型海中ロボットによる鯨観測の研究―その2 座間味沖における観測実験―: 岩上 寛, 浦  環, 藤井輝夫, 浅川賢一, 能勢義昭, Rajendar Bahl, 福地鐵雄・生産研究, Vol.52, No.7, pp.316-319, 2000.7 A

Inspection of Submarine Cable of over 400km by AUV AQUA EXPLORER 2: 浅井輝之, 小島淳一, 浅川賢一, 磯 友常・Proc.Underwater Technology2000, pp.133-135, 2000.5 D

Autonomous Underwater Vehicle AQUA EXPLORER 2 for Inspection of Underwater Cables: 浅川賢一, 小島淳一, 加藤洋一, 松本重貴, 加藤直三・Proc. Underwater Technology2000, pp.242-247, 2000.5 D

AQUA EXPLORER 2 for Underwater Cable Inspection and Cable-tracking Sensor for AUV: 浅川賢一, 小島淳一・Proc. Sensors and Sensing Technology for Autonomous Ocean Systems 2000, (CD-ROM)講演集, 2000.10 D

海底ケーブル調査用自律走行式水中ロボットの研究開発: 小島淳一, 浅川賢一, 松本重貴, 加藤洋一, 大垣健一, 加藤直三・日本造船学会論文集, Vol.188, pp.351-358, 2000.12 E


previous page

next page