VI. 研究および発表論文


2. 著書および学術雑誌等に発表したもの
人間・社会大部門

PreviousPage
NextPage
第49号 2000年度
2001.8.23


石井 研究室 Ishii Lab.

Observation of Current Waveshapes of Lightning Strokes on Transmission Towers: T. Narita, T. Yamada, A. Mochizuki, E. Zaima and M. Ishii・IEEE Trans. on Power Delivery, Vol.15, No.1, pp.429-435, 2000.1 C

Preface to Special Issue on International Workshop on High Voltage Engineering: M. Ishii・Trans. of IEE of Japan, Vol.120-B, No.1, p.1, 2000.1 C

Tower Models for Fast-Front Lightning Currents: Y. Baba and M. Ishii・Trans. of IEE of Japan, Vol.120-B, No.1, pp.18-23, 2000.1 C

Investigation Committee on Lightning Location Systems: M. Ishii・Trans. of IEE of Japan, Vol.120-B, No.1, p.105, 2000.1 C

第11回高電圧工学国際会議(ISH'99)報告: 石井 勝・電気学会論文誌B, Vol.120-B, No.3, p.485, 2000.3 C

Evaluation of Transmission Line Arresters against Winter Lightning: T. Wakai, N. Itamoto, T. Sakai and M. Ishii・IEEE Trans. on Power Delivery, Vol.15, No.2, pp.684-690, 2000.4 C

Numerical Electromagnetic Field Analysis on Lightning Surge Response of Tower with Shield Wire: Y. Baba and M. Ishii・IEEE Trans. on Power Delivery, Vol.15, No.3, pp.1010-1015, 2000.7 C

実雷撃に伴って観測された誘導電圧の水平電界を考慮した解析: 道下幸志, 石井 勝・電気学会論文誌B, Vol.120-B, No.10, pp.1304-1308, 2000.10 C

数値電磁界解析によるシールド抵抗分圧器の特性評価: 馬場吉弘, 石井 勝・電気学会論文誌B, Vol.120-B, No.10, pp.1309-1314, 2000.10 C

モーメント法による誘導雷電圧の数値解析法: R. K. Pokharel, 石井 勝, 馬場吉弘・電気学会論文誌B, Vol.120-B, No.10, pp.1330-1335, 2000.10 C

実規模送電線の雷サージ特性: 板本直樹, 島田誠一, 中田一夫, 本山英器, 石井 勝・電気学会論文誌B, Vol.120-B, No.11, pp.1459-1465, 2000.11 C

Advanced Computational Methods in Lightning Performance: The Numerical Electromagnetics Code(NEC-2): M. Ishii and Y. Baba・2000 IEEE Power Engineering Society Winter Meeting, Singapore, Mini-Tutorial, 2000.1 D

Lightning Location Systems in Japan: M. Ishii, T. Shindo, N. Honma and Y. Miyake・Proceedings of 25th International Conference on Lightning Protection, Rhodes, Vol.A, pp.161-165, 2000.9 D

Performance Evaluation of LPATS-T at TEPCO: T. Shioda, T. Narita, E. Zaima and M. Ishii・Proceedings of 25th International Conference on Lightning Protection, Rhodes, Vol.A, pp.170-175, 2000.9 D

Induced Voltage on a Test Distribution Line Associated with a Lightning Stroke to a Tall Structure: K. Michishita, M. Ishii and K. Kami・Proceedings of 25th International Conference on Lightning Protection, Rhodes, Vol.A, pp.249-254, 2000.9 D

Experimental Study of Lightning Surge Characteristics of Test Transmission Tower: S. Shimada, N. Itamoto, K. Nakada, H. Motoyama and M. Ishii・Proceedings of 25th International Conference on Lightning Protection, Rhodes, Vol.A, pp.261-265, 2000.9 D

Lightning-Induced Voltage Influenced by Pole-Type Distribution Transformer: Y. Hongo, K. Michishita and M. Ishii・Proceedings of 25th International Conference on Lightning Protection, Rhodes, Vol.B, pp.535-540, 2000.9 D

Field Test and Evaluation of 154kV Transmission Line Arresters against Winter Lightning: N. Itamoto, T. Wakai, T. Sakai, S. Shimada, K. Arakawa and M. Ishii・Proceedings of 25th International Conference on Lightning Protection, Rhodes, Vol.B, pp.614-618, 2000.9 D

Time-Domain Numerical Electromagnetic Simulation of Tower Surge Response: R. K. Pokharel and M. Ishii・2nd International Workshop on High Voltage Engineering, Tottori, ED-00-158/SP-00-66/HV-00-76, 2000.11 D

Preliminary Evaluation of JLDN: M. Ishii, S. Hidayat, A. Sugita and Y. Miyake・2000 International Lightning Detection Conference, Tucson, 2000.11 D

ファーストアンテナで観測される電磁界パルスの放射源: 齋藤幹久, 石井 勝, 北條準一, 新庄一雄・平成12年電気学会全国大会講演論文集, No.7-009, 2000.3 E

変圧器モデルと誘導雷現象: 本郷保二, 道下幸志, 高木博之, 石井 勝・平成12年電気学会全国大会講演論文集, No.7-017, 2000.3 E

雷インパルス電圧測定用抵抗分圧器に生じる誘導雑音の理論的検討: 菅野智之, 馬場吉弘, 長岡直人, 雨谷昭弘, 石井 勝・平成12年電気学会全国大会講演論文集, No.7-129, 2000.3 E

高構造物への雷撃で生じる電磁界パルスの数値解析: 馬場吉弘, 石井 勝・平成12年電気学会全国大会講演論文集, No.7-140, 2000.3 E

Lightning-Induced Voltage over Lossy Ground Analyzed by Numerical Electromagnetics Code: R. K. Pokharel, 石井 勝, 馬場吉弘・平成12年電気学会全国大会講演論文集, No.7-143, 2000.3 E

Numerical Analysis of Lightning-Induced Voltages on an Overhead Line by NEC-2: R. K. Pokharel, M. Ishii・平成12年電気学会電力・エネルギー部門大会論文集(論文II), No.447, 2000.8 E

誘導雷電圧の観測結果の解析(その2): 本郷保二, 道下幸志, 石井 勝・平成12年電気学会電力・エネルギー部門大会論文集(論文II), No.448, 2000.8 E

シールド抵抗分圧器の数値電磁界解析による特性評価: 馬場吉弘, 石井 勝, 平尾公一, 長岡直人, 雨谷昭弘・平成12年電気学会電力・エネルギー部門大会論文集(論文II), No.552, 2000.8 E

変圧器モデルと誘導雷現象(その2): 本郷保二, 道下幸志, 石井 勝・平成12年度電気関係学会東北支部連合大会, 1C11, 2000.8 E

ファーストアンテナで観測される雷放電初期の電磁界パルス源: 齋藤幹久, 石井 勝, 北條準一, 新庄一雄・大気電気研究, No.57, pp.64-65, 2000.10 G

吉識 研究室 Yoshiki Lab.

半径流入口案内翼列下流に生じる不安定流れに関する研究: 佐藤光太郎, 長尾健一, 辻本良信, 趙 江來, 吉識晴夫・日本機械学会論文集(B編), 第66巻, 第646号, pp.1399-1406, 2000.6 C

過給機タービン性能予測に与えるウィンディッジ特性の影響: 渡辺 勇, 片桐良一, 小西奎二, 吉識晴夫, 田代伸一・第28回ガスタービン定期講演会講演論文集, pp.53-58, 2000.6 E

円形翼列周りに発生する不安定流れ(異音防止タブの効果): 高間信行, 吉識晴夫, 西村勝彦・第15回ガスタービン秋季講演会講演論文集, pp.175-180, 2000.11 E

加藤(千)研究室 Kato C. Lab.

流体騒音解析の現状と課題: 加藤千幸・生産研究, 第52巻第1号, pp.3-8, 2000.1 A

LESによる斜流ポンプ内部流れの非定常解析(第1報, 解析手法): 加藤千幸, 清水勇人, 向井 寛, 岡村共由・生産研究, 第52巻第1号, pp.51-54, 2000. 1 A

数値解析による流体音源の可視化: 加藤千幸・可視化情報学会誌, Vol.20, No.78, pp.203-208, 2000. 7 C

ターボ機械へのLES解析の適用: 加藤千幸, 向井 寛, 真鍋 明, 岡村共由・ターボ機械, 第28巻第12号, pp.717-723, 2000. 12 C

Numerical Simulation of Aerodynamic Sound Generated from a Turbulent Wake of a Complex 3-Dimensional Body: C. Kato・Fifth US-Japan Symposium on Flow Simulation and Modeling, 2000.3 D

Numerical Simulation of Aerodynamic Sound Source in the Wake of a Complex Object: C. Kato, A. Iida, M. Hattori and S. Inadama・AIAA Paper 2000-1942, 2000. 6 D

環状翼列内不安定流れの数値解析: 加藤千幸, 高間信行, 吉識晴夫・第5回日本計算工学会講演会 講演論文集, 2000.5 E

斜流ポンプ内部流れのLES解析: 加藤千幸, 向井 寛, 清水勇人, 岡村共由・第32回乱流シンポジウム講演論文集, pp.421-422, 2000.7 E

二次元翼から発生する空力音の数値解析: 飯田明由, 大田黒俊夫, 加藤千幸・第32回乱流シンポジウム講演論文集, pp.47-48, 2000.7 E

空力騒音解析の現状と課題: 加藤千幸・日本機械学会2000年度流体工学部門講演会講演概要集, 2000.9 E

スーパーコンピュータを利用して流体音源を可視化する: 加藤千幸・スーパーコンピューティングニュース, Vol.2, No.6, pp.31-37, 2000. 11 G

LESによる斜流ポンプ内部流れの非定常解析(第2報, 低流量特性の予測): 加藤千幸, 向井 寛, 真鍋 明, 岡村共由・第14回数値流体シンポジウム講演論文集, p.71, 2000. 12 E

前田(正) 研究室 Maeda M. Lab.

資源と人間とリサイクル: 前田正史・生産研究, 第52巻, 第10号, pp.17-26, 2000.10 A

金属便覧: 前田正史・丸善, p.48, 2000.5 B

「ベンチャー起業論」講義: 前田正史編著・丸善, 2000.12 B

大学の社会的責任: 前田正史編著・丸善, 2000.12 B

Thermodynamic Study of Molten Si-Ti Binary Alloys: S. H. Tabain, M. Maeda, T. Ikeda and Y. Ogasawara・High Temperature Materials and Process, vol.19, Nos.3-4(2000), ed.Y.Waseda, 2000.3 C

Infrared Emission Spectra of CaF2-CaO-SiO2 Melt: Shigeru Ueda, Hirotaka Koyo, Takashi Ikeda, Yoshiharu Kariya and Masafumi Maeda・ISIJ International, 日本鉄鋼協会, 40(2000)8, pp.739-743, 2000.8 C

(英文論文誌編集委員長): 前田正史・ISIJ International, (社)日本鉄鋼協会, 2000 C

(論文誌編集委員長): 前田正史・鉄と鋼, (社)日本鉄鋼協会, 2000 C

Phase Diagrams Study For The Alkali Metal-Oxychloride System: K. Iwasawa, T. Ikeda and M. Maeda・Proceedings of Sixth International Conference of Molten Slags, Fluxes and Salts, 78.pdf, 2000.6.14 D

Thermodynamics study of CaF2 containing melts: Shigeru. Ueda, Takashi Ikeda and M. Maeda・Proceedings of Sixth International Conference on Molten Slags, Fluxes and Salts, Late Professor G.R.Belton(2000)79.pdf, 2000.6.14 D

Minimization of the impact of fllluoride emission in the steel making -phase relations of slag containing CaF2: Shigeru Ueda, Y. Watanabe, Hirotaka Koyo, Takashi Ikeda and M. Maeda・Proceedings of Asia Steel International Conference 2000, pp.634-638, 中国鋼鉄協会, 2000.9.29 D

The EB Purification of Silicon: T. Ikeda, N. Nishikawa, N. Yamauchi, K. Miyazaki, H. Hattori, Y. Shinoda, T. Shimada and M. Maeda・Abstract of Electron Beam Melting and Refining -State of the Art 2000 Millennium Conference,17, Harrah's, Reno, Nevada, October 29-31, 2000.10 D

The Nitrogen Transfer of Molten Steel during EB Melting: T. Ikeda, K. Yamamoto, T. Kuranaga, T. Fuji and M. Maeda・Abstract of Electron Beam Melting and refining -state of the art 2000 millennium conference, 21, Harrah's, Reno, Nevada, October 29-31, 2000.10 D

Fundamental Study of Fe-Zn Intermetallic Compounds for Zinc Evaporation from Galvanized Steel Sheet: K. Mita, T. Ikeda and M. Maeda・Fourth International Symposium on Recycling of Metals and Engineered Materials, pp.261-269, The Minerals Metals & Materials Society, 2000.10 D

Silicon in the World: M. Maeda and T. Ikeda・Proceedings of the Second International Conference on Processing Materials for Properties(PMP2000), ed.B.Mishra, pp.71-76, 2000.11.5-8 D

Recycling and Material Flow of the World: M. Maeda and T. Ikeda・Polymers for Advanced Technologies 11, pp.388-391, John Wiley & Sons, Ltd., 2000 D

アルカリ金属−ケイ素−オキシクロライド混合物質の状態図: 岩沢こころ, 前田正史・材料とプロセス 日本鉄鋼協会 横浜国立大学ポスターセッション, 2000.3.30 E

ふっ化物酸化物融体の赤外発光スペクトルそのモデル化: 植田 滋, 小用広隆, 池田 貴, 苅谷義治, 前田正史・材料とプロセス, 13, 160, 日本鉄鋼協会, 2000.3 E

非鉄金属と社会: 前田正史・第2回資源循環型社会における物質・材料技術に関するシンポジウム「社会と材料の結びつき 〜各学協会・領域における取り組み〜」, 蔵前工業会館, (社)未踏協会エコマテリアル研究会, 2000.5.22 E

リサイクル工学について −環境工学の立場から−: 前田正史・リサイクル工学シンポジウム講演資料集, 日本学術会議エネルギー資源工学研究連絡委員会リサイクル工学専門委員会, 2000.6.27 E

ホットフィラメント法を用いた酸化物融体の赤外発光スペクトル: 岩沢こころ, 前田正史・日本金属学会講演概要集, p.546, 日本金属学会, 2000.10.1 E

シリコン中アンチモンの除去: 池田 貴, 西川直樹, 山内則近, 宮崎浩太, 前田正史・日本金属学会講演概要集, p.409, 日本金属学会, 2000.10.1 E

PbCl2-PbO-SiO2系物質の相平衡: 岩沢こころ, 前田正史・日本金属学会講演概要集, p.308, 日本金属学会, 2000.10.2 E

CaF2-CaO-P2O5系融体の熱力学: 植田 滋, 渡辺祐介, 池田 貴, 前田正史・材料とプロセス132000), 日本鉄鋼協会, 2000.10.2 E

Fe-Zn二元系金属管化合物δ1相の亜鉛蒸気圧測定: 三田和哲, 佐藤 純, 足立芳寛, 池田貴, 山口 周, 前田正史・材料とプロセス, 2000.10 E

日本学術会議50周年記念シンポジウム「産学連携とその将来」報告書: 編者:前田正史・2000.3 F

産学連携の理念の実現としての(株)アイアイエスマテリアル: 前田正史・学術月報, 53, 1, pp.36-38, 日本学術振興会, 2000.1 G

木下 研究室 Kinoshita Lab.

A minimization theory applied to minimization of drag of a two dimensional strut with cavity flow: T. S. Jang and T. Kinoshita・生産研究, 52-8, pp.345-347, 東京大学生産技術研究所, 2000, 8 A

An optimization theory and its application to CFD based design for marine propeller behind ship: T. S. Jang and T. Kinoshita・生産研究, 52-8, pp.348-351, 東京大学生産技術研究所, 2000, 8 A

An ill-posed inverse problem of the wing with locally given velocity data and its analysis: T. S. Jang and T. Kinoshita・Journal of Marine Science and Technology, 5-1, pp.16-20, 2000 C

Third-order wave diffraction by a truncated circular cylinder: T. Kinoshita and W. Bao・Proceedings of International Mechanical Engineers, Vol 214, Part C, pp.789-800, 2000 C

Numerical experiments on an ill-posed inverse problem for a given veloctiy around a hydrofoil by interative and non iterative regularizations: T.S. Jang and T. Kinoshita・Journal Marine Science and Technology, 5-3, pp.107-111, 2000 C

Development of single handed hydrofoil sailing catamaran: Y. Inukai, K. Horiuchi, T. Kinoshita, H. Kanou and H. Itakura・Proceedings of the fourth international conference on hydrodynamics, pp.229-234, 2000 D

谷口 研究室 Taniguchi Lab.

0方程式RANSモデルを用いたLESの壁面モデルの構築: 小林克年, 谷口伸行, 小林敏雄・生産研究, Vol.52, No.1, pp.19-22, 2000.1 A

数値コロモゴロスケ−ルを用いたSGSモデルの改良 ―第1報 モデルの導出―: 張 会来, 谷口伸行, 小林敏雄・生産研究, Vol.52, No.1, pp.35-38, 2000.1 A

数値コロモゴロスケ−ルを用いたSGSモデルの改良 −第2報 数値検証−: 張 会来, 谷口伸行, 小林敏雄・生産研究, Vol.52, No.1, pp.39-42, 2000.1 A

SGS乱流応用, 及び乱流スカラー流束輸送方程式の生成項に着目したLESモデリング −第1報 渦粘性モデル, 渦拡散モデルの構築と差分方による評価−: 坪倉 誠, 小林敏雄, 谷口伸行・生産研究, Vol.52, No.1, pp.43-46, 2000.1 A

SGS乱流応用, 及び乱流スカラー流束輸送方程式の生成項に着目したLESモデリング −第2報 浮力効果の考慮と不安定成層チャンネル乱流における評価−: 坪倉 誠, 小林敏雄, 谷口伸行・生産研究, Vol.52, No.1, pp.47-50, 2000.1 A

CTを利用した脳血管内流れの数値解析: 鳥井 亮, 大島まり, 小林敏雄, 谷口伸行・生産研究, Vol.52, No.1, pp.55-58, 2000.1 A

Two Way Couplingによるチャネル固気混相乱流のLES: 雷 康斌, 谷口伸行, 小林敏雄・生産研究, Vol.52, No.1, pp.59-62, 2000.1 A

バ−ナ拡散火炎の数値シミュレ−ション−乱流拡散火炎LES解析手法の構築−: 弘畑幹鐘, 伊藤裕一, 坪倉 誠, 谷口伸行, 小林敏雄・生産研究, Vol.52, No.1, pp.63-66, 2000.1 A

固気混相流のTwo Way Coupling LESにおけるSGSモデルの改良: 雷 康斌, 谷口伸行, 小林敏雄・生産研究, Vol.52, No.14, pp.8-11, 2000.4 A

固気混相流のTwo Way Coupling LESにおけるダイナミックSGSモデルの提案: 雷 康斌,  谷口伸行, 小林敏雄・生産研究, Vol.52, No.4, pp.31-34, 2000.4 A

粒子間衝突を考慮した固気混相チャンネル乱流のLES: 雷 康斌, 谷口伸行, 小林敏雄・生産研究, Vol.52, No.8, pp.32-35, 2000.8 A

固気混層流のLESにおける粒子運動に対する気体SGS成分への影響: 雷 康斌, 谷口伸行,  小林敏雄・生産研究, Vol.52, No.11, pp.566-569, 2000.11 A

円柱周りの3次元流動解析−第3報, 弾性支持円柱の場合: 泉 元, 谷口伸行, 川田 裕, 小林敏雄・日本機械学会論文集56巻644号B編, pp.1013-1020, 2000.4 C

ボリュートケ−シングの影響を考慮したねじ形遠心ポンプの内部乱流の数値解析: 韓  海, 田中和博, 谷口伸行, 小林敏雄・日本機械学会論文集66巻645号B編, pp.1271-1278, 2000.5 C

差分法ダイナミックSGSモデルに適した等方渦粘性型SGSモデルの構築とその平板チャネル乱流における評価: 坪倉 誠, 小林敏雄, 谷口伸行・日本機械学会論文集(B編)66巻648号, pp.1975-1983, 2000.8 C

Research on the Vortical and Turbulent Structures in tha Lobed Jet Flow Using Laser Induced Fluorescence and Particle Image Velocimetry Techniques: H. Hu, T. Saga, T. Kobayashi and N. Taniguchi・Meas. Sci, Technol.11, pp.698-711, 2000.8 C

A nonequilibrium fixed-parameter subgrid-scale model obeying the near-wall asymptotic constraint: A. Yoshizawa, K. Kobayashi, T. Kobayashi, N. Taniguchi・Physics of Fluids, Vol.12, No.9, pp.2338-2344, 2000.9 C

SGS成分のCouplingを考慮した固気混相チャンネル乱流のLES(ダイナミックSGSモデルの提案): 雷 康斌, 谷口伸行, 小林敏雄・機械学会論文集B編66巻651号, pp.2807-2814, 2000.11 C

レイノルズ平均乱流モデルに基づく壁面境界条件のLESへの適用: 小林克年, 谷口伸行, 小林敏雄・日本機械学会論文集 B編 66巻651号, pp.2780-2787, 2000.11 C

ダム湖における湖水流動を考慮した藻類増殖数理モデルの作成と藻類大量発生抑への応用: 下ヶ橋雅樹, 迫田章義, 谷口伸行, 鈴木基之・水環境学会誌, Vol.23, No.11, pp.697-702, 2000.11 C

Large eddy simulation of turbulent flow in combustor: T. Kobayashi and N. Taniguchi・International Conference on Applications of High-performance Computing in Engineering(Honolulu), 2000.1 D

Applocation of Flame-Wrinkling LES Combustion Models to a Turbulent Premixed Combustion around Bluff Body: N. Park, T. Kobayashi and N. Taniguchi・Int. Symposium on Turbulence, Heat & Mass Transfer(Nagoya), 2000.4 D

Reconstruction of Eddy Viscosity SGS Model Using New Concept of Numerical Kolmogorov Scale: H. Zhang, T. Kobayashi and N. Taniguchi・Int. Symposium on Turbulence, Heat & Mass Transfer(Nagoya), 2000.4 D

CFD of Motored Engine by Using Large Eddy Simulation: H. Zhang, T. Kobayashi and N. Taniguchi・JSAE Spring Convention (Japan Society of Automobile Engineering)20005310, 2000.5 D

Large Eddy Simulation of Motored Engine: H. Zhang, T. Kobayashi and N. Taniguchi・Seoul 2000 FISITA World Automotive Congress, F2000A008, 2000.6 D

Passive control on the jet mixing flow by using vortex generators: H. Hu, T. Saga, T. Kobayashi and N. Taniguchi・Proc. 6th Triennial Syomposium on Fliud Control Measurement and Visualization, pp.094.1-094.6, 2000.7 D

Stereoscopic PIV measurement of a lobed jet mixing flow: H. Hu, T. Saga, T. Kobayashi and N. Taniguchi・Proc. 10 th international Symposium on Application of Laser Techniques to Fluid Mechanics, pp.21.5.1-21.5.16, 2000.7 D

THREE-DIMENSIONAL UNSTEADY ANALYSIS OF TURBULENT FLOWS WITH HEAT AND MASS TRANSFER: N. Taniguchi and T. Kobayashi・International Symposium on Transport Phenomena(Istanbul), 2000.7 D

PIV Meaurement of Interaction Region Between Stator and Rotor in a Diffuser Pump: Y.C. Im, T. Kobayashi, T. Saga, N. Taniguchi and Y. H. lee・9th International Symposium on Flow Visualization, 2000.8 D

Research on The Self-Induced Sloshing Phenomena in a Rectangular Tank: T. Saga, H. Hu, T. Kobayashi, S. Segawa and N. Taniguchi・9th International Symposium on Flow Visualization, pp.259-1-259-10, 2000.8 D

Large Eddy Simulation of a Premixed Combustion Flow in a Gas Turbine Combustor: Y. Itoh, N. Taniguchi, K. Masaki and T. Kobayashi・9th International Symposium on Flow Visualization, pp.148-1-148-6, 2000.8 D

Improvement the spatial resolution of PIV results by using hierachical recursive operation: H. Hu, T. Saga, T. Kobayashi, S. Segawa, N. Taniguchi and S. Segawa・9th International Symposium on Flow Visualization, pp.137-1-137-12, 2000.8 D

Visualization of Multi-Scale Turbulent Structure in Lobed Mixing Jet Using Wavelets: H. Li, H.Hu., T. Kobayashi, T. Saga and N. Taniguchi・9th International Symposium on Flow Visualization, 2000.8 D

Large Eddy Simulation for Engineering Problem: T. Kobayashi and N. Tabiguchi・Proceeding of The First National Congress on Fluids Engineering(Muju, KOREA), 2000.9 D

Large eddy simulation of turbulent methane-air non-premixed flame: M. Hirohata, Y. Itoh, M. Tsubokura, N. Taniguchi and T. Kobayashi・4th KSME-JSME Thermal Engineering Conference(Kobe), 3.151-156, 2000.9 D

NUMERICAL SIMULATION OF 3-D FLOW AROUND A WING SECTION FOR WIND TURBINE: K. Kieda, T. Kogaki, H. Matsumiya, N. Taniguchi and T. Kobayashi・Wind Power for the 21st Century(Kassel, Germany), 2000.9 D

LARGE EDDY SIMULATION OF TURBULENT COMBUSTION: N. Taniguchi, N. Park and T. Kobayashi・3rd Asian Workshop on Computational Fluid Dynamics(MianYang, China), 2000.9 D

LARGE EDDY SIMULATION OF COMPLEX FLOW FIELD: H. Zhang, N. Taniguchi and T. Kobayashi・4th Asian Symposium on Computational Fluid Dynamics(MianYang, China), 2000.9 D

Large Eddy Simulation for Particle-Laden Turbulent Flows Using New Dynamic SGS Models: N. Tanigchi, K. Lei and T. Kobayashi・The Fourth Japan-China Workshop on Turbulent Flows(Nagoya), pp.34-35, 2000.10 D

数値コロモゴロフスケールを用いたSGSモデルとその渦構造: 張 会来, 谷口伸行, 小林敏雄・第15回生研NSTシンポジウム, 2000.3 E

Visualization on the small scale vortices in a jet flow by using hierarchical recursive PIV method: Hu Hui, 佐賀徹雄, 小林敏雄, 谷口伸行・日本機械学会関東支部第6期総会講演会講演論文集, No.000-1, pp.173-174, 2000.3 E

ダイナミックサブグリッドモデルを用いたG方程式による保炎器廻りの乱流予混合燃焼流れのLES: 朴 南燮, 小林敏雄, 谷口伸行・機械学会関東支部講演会(大宮), 2000.3 E

ダム湖水流動と温度躍層生成の数値シミュレーション: 谷口伸行, 永井 秀, 小林敏雄・計算工学会講演会(東京), 2000.5 E

PIVによる燃焼器内流れ場の解析: 楢原和晃, 胡  暉, 佐賀徹雄, 小林敏雄, 谷口伸行・第28回可視化情報シンポジウム講演論文集, (可視化情報, Vol.20, Suppl. No.1, pp.253-256), 2000.7 E

ステレオPIVの噴流解析への適用: 胡  暉, 佐賀徹雄, 小林敏雄, 谷口伸行・第28回可視化情報シンポジウム講演論文集, (可視化情報, Vol.20, Suppl. No.1, pp.245-248), 2000.7 E

固気混相チャネル乱流のFour Way Coupling Dynamic LES: 雷 康斌, 谷口伸行, 小林敏雄・日本流体力学会年会2000講演論文集, pp.335-336, 2000.7 E

レイノルズ平均乱流モデルに基づく壁面境界条件のLESへの適用: 小林克年, 谷口伸行, 小林敏雄・日本流体力学会年会2000講演論文集, pp.117-118, 2000.7 E

メタン空気噴流拡散火炎のLES: 弘畑幹鐘, 伊藤裕一, 坪倉 誠, 谷口伸行, 小林敏雄・日本流体力学会年会講演会pp.109-110, 2000.7 E

高次精度差分スキ−ムを用いたYoshizawaモデルのモデル係数の最適値の再評価: 小林克年, 谷口伸行, 小林敏雄・日本機械学会2000年度年次大会講演論文集(I), 2000.8 E

固気混相流のTwo Way Coupling LES におけるDynamic SGSモデルの提案: 雷 康斌, 谷口伸行, 小林敏雄・日本機械学会2000年度年次大会講演論文集(I), 2000.8 E

並列計算機による時間変動成分を考慮した乱流燃焼解析ソフトウェアの開発: 川名輝子, 小林敏雄, 谷口伸行, 林 茂, 牧田光正・日本機械学会2000年度年次大会講演論文集(I), 2000.8 E

2成分混合噴流に対する入口条件の影響: 村田史仁・弘畑幹鐘・伊藤裕一・谷口伸行・機械学会第78回流体工学部門講演会, 2000.8 E

ロブジェットの混合流の渦構造の可視化: Hu Hui, 佐賀徹雄, 小林敏雄, 谷口伸行, 瀬川茂樹・可視化情報学会全国講演会(札幌)(可視化情報, Vol.20, Suppl. No.2), pp.172-175, 2000.10 E

Simultaneous Velocity Measurement of Liquid-Solid Two-phase Flow by Using a PIV-PTV Combined System: 陳 音, 佐賀徹雄, 胡  暉, 小林敏雄, 瀬川茂樹, 谷口伸行・可視化情報学会全国講演会(札幌)(可視化情報, Vol.20, Suppl. No.2), pp.159-162, 2000.10 E

Simultaneous Velocity and Concentration Measurements in a Turbulent Jet Flow by Using PIV-RLIF CombinedSystem: H. Hu, T. Saga, Y. Kobayashi, N. taniguchi, Y. Chen, S. Chio and K. Narahara・Proceeding of the 4th JSME-KSME Thermal Engineering Conference, Vol.2, pp.257-262, 2000.10 E

風車用翼列まわりの乱流数値シミュレーション: 木枝香織, 小垣哲也, 松宮光軍, 谷口伸行, 小林敏雄・第22回風力エネルギー利用シンポジウム, 2000.11 E

LES計算における数値不安定とその対策: 谷口伸行・第14回数値流体力学シンポジウム, B08-1, 2000.12 E

固気混相乱流のLESにおける粒子運動に与える気体SGS成分の影響: 雷 康斌, 谷口伸行, 小林敏雄・第14回数値流体力学シンポジウム講演論文集, B06-3, 2000.12 E

機器設計における乱流予測の実情: 谷口伸行・慶応サイエンス&テクノロジーシンポジウム2000−乱流現象の数値予測の現状と新世紀への取り組み−, 2000.6 F

乱流CFDの進展: 谷口伸行・機械学会講習会 −流体解析設計ツールとしての「使えるCFD技術」最前線−, 2000.10 F

ジェットミキシングのステレオPIVによるビジュアルセンシング: 胡  暉, 佐賀徹雄, 楢原和晃, 小林敏雄, 谷口伸行・日経サイエンス, 2000.7 G

鈴木(基) 研究室 Suzuki M. Lab.

培養細胞を用いる簡便・迅速なバイオアッセイに関する研究の現状と課題: 庄司 良, 酒井康行, 迫田章義, 鈴木基之・生産研究, 52(1), pp.89-95, 2000.2 A

湖沼生態系数理モデルの現状と今後の課題: 下ヶ橋雅樹, 迫田章義, 鈴木基之・生産研究, 52(1), pp.96-103, 2000.2 A

ゼロエミッション-サステナブルコミュニティーの生産プロセス: 迫田章義, 鈴木基之・生産研究, 52(3), pp.132-135, 2000.3 A

21世紀の技術−どう考えどう行動しようとしているか−: 鈴木基之, 他・日本機械学会誌, 103(974), pp.3-9, 2000.1 C

Preservation of microplate-attached human hepatoma cells and their use in cytotoxicity tests: R. Shoji, Y. Sakai, A. Sakoda and M. Suzuki・Cytotechnol., 32, pp.147-155, 2000.1 C

増殖因子・ホルモン徐放マイクロカプセルを用いたブタ肝細胞凝集体高機能化の試み: 酒井康行, 古川克子, 成瀬勝俊, 牛田多加志, 針原 康, 幕内雅敏, 立石哲也, 鈴木基之・人工臓器, 29(2), pp.426-432, 2000.3 C

研究文化の構築: 鈴木基之・用水と排水, 42(4), p.291, 2000.4 C

ゼロエミッションをめざした物質循環プロセスの構築: 迫田章義, 羽野 忠, 吉田弘之, 藤江幸一, 鈴木基之・用水と廃水, 42(4), pp.333-339, 2000.4 C

ゼロエミッション構想の本質と現状及び今後の展開: 鈴木基之・産業と環境, 29(5), pp.16-20, 2000.5 C

Modelling the structural dynamics of a shallow and eutrophic water ecosystem based on mesocosm observations: M. Suzuki, M. Sagehashi and A. Sakoda・Ecological Modelling, 128, pp.221-243, 2000.5 C

Measurement of the hydrothermal reaction rate of cellulose using novel liquid-phase thermogravimetry: K. Mochidzuki, A. Sakoda and M. Suzuki・Thermochimica Acta, 348, pp.69-76, 2000.5 C

ゼロ・エミッションからの発想: 鈴木基之・環境管理, 36(7), pp.707-714, 2000.7 C

バイオアッセイで評価した化学物質及び環境水の複合的な毒性の定量的記述: 庄司 良, 迫田章義, 酒井康行, 内海英雄, 鈴木基之・水環境学会誌, 23(8), pp.487-494, 2000. 8 C

Decomposition of Cellulose by Continuous Near-critical Water Reactions: Lu, Xiuyang, A. Sakoda and M. Suzuki・Chinese Journal of Chemical Engineering, 8(4): pp.321-325, 2000.8 C

Development of a rapid and sensitive bioassay device using human cells immobilized inmacroporous microcarriers for the on-site evaluation of environmental waters: R. Shoji, Y. Sakai, A. Sakoda and M. Suzuki・Applied Microbiology and Biotechnology, 54, pp.432-438, 2000.9 C

Rapid and sensitive neurotoxicity test based on the morphological changes of PC12 cells with simple computer-assisted image analysis: Y. Sakai, R. Shoji, Y. Mishima A. Sakoda and M. Suzuki・J. Biosci. Bioneg., 90(1), pp.20-24, 2000.9 C

水環境, 化学工学年鑑: 鈴木基之・化学工学, 64(10), pp.533-534, 2000.10 C

ダム湖における湖水流動を考慮した藻類増殖数理モデルの作成と藻類大量発生抑制への応用: 下ヶ橋雅樹, 迫田章義, 谷口伸行, 鈴木基之・水環境学会誌, 23(11), pp.697-702, 2000.11 C

A new assay for hepatotoxicity using LDL-uptaking activity of liver cells: R. Shoji, A. Sakoda, Y. Sakai, H. Utsumi and M. Suzuki・Journal of Health Science, 46(6), pp.493-502, 2000.12 C

Modelling a global biogeochemical nitrogen cycle interrestrial ecosystems: B.-L. Lin, A. Sakoda, R. Shibasaki, N. Goto and M. Suzuki・Ecological Modelling, 135, pp.89-110, 2000.12 C

Formulating bioassay data of chemicals and enviromental water: R. Shoji, A. Sakoda, Y. Sakai, H. Utsumi and M. Suzuki・Water Science and Technology, 42(3-4), pp.115-124, 2000.12 C

A predictive model of long-term stability after biomanipulation of shallow lakes: M. Sagehashi, A. Sakoda and M. Suzuki・Water Research, 34(16), pp.4014-4028, 2000. 12 C

Oxygen Selectivity of Calcined Na-A Type Zeolite: J. Izumi and M. Suzuki・Adsorption, 6, pp.23-31, 2000.12 C

Mechanism of Oxygen Adsorption on Partially K Exchanged Na-A Type Zeolite: J. Izumi and M. Suzuki・Adsorption, 6, pp.149-158, 2000.12 C

Oxygen Selectivity on Na-A Type Zeolite at Low Temperature: J. Izumi and M. Suzuki・Adsorption, 6, pp.205-212, 2000.12 C

Realization of a Sustainable Society through Zero Emission Approaches: M. Suzuki・GRATAMA Workshop 2000, Osaka, 2000.4 D

Human-cell-based bioassay for the environmental risk management: Y. Sakai, R. Shoji, B.-S. Kim, A. Sakoda and M. Suzuki・Gatarama Workshop, A-12, Osaka, 2000.4 D

Large-scale and rapid formation of human fibroblast-spheroids(aggregates)by rotational culture for artificial skin: K. S. Furukawa, T. Ushida, Y. Sakai, M. Suzuki and T. Tateishi・6th World Biomat Congr, Osa, Kamuela, Hawaii, 2000.5 D

Model response to anthropogenic fertilization: A modelling approach to global nitrate leaching: B.-L. Lin, A. Sakoda, R. Shibasaki and M. Suzuki・1st World Water Congress of the International Water Association(IWA), NP118, 2000.7 D

Biodegradation and Utilization of Lignocellulosic Waste by Mushroom Cultivation: D. Wang, A. Sakoda and M. Suzuki・The First Joint China/Japan Chemical Engineering Symposium, Beijing, China, 2000.9 D

Advanced utilization of agricultural wastes by steam-explosion and continuous hot compressed liquid water treatment: 望月和博, 呂 秀陽, 高山 卓, 迫田章義, 鈴木基之・1st Joint China-Japan Chemical Engineering Symposium, Beijin, China, 2000.9  D

Development of simple methods for cultured mammalian-cell-based bioassays and their use in environmental risk management: Y. Sakai, R. Shoji, B.-S. Kim, A. Sakoda and M. Suzuki・YABEC 2000 Symposium, Fukuoka, Japan, PB-19, 2000.11 D

Cultured human-cell-based bioassay for the environmental risk management: M. Suzuki, Y. Sakai, R. Shoji and A. Sakoda・The 3rd International Symposium on Advanced Environmental Monitoring, Chedju, Korea, 2000.11 D

Liquid-phase thermogravimetric measurement of reaction kinetics of waste plant biomass under hydrothermal conditions: 望月和博, 迫田章義, 鈴木基之・AIChE 2000 Annual Meeting, Los Angels, USA, 51g, 2000.11 D

Control of Bacterial Attachment on Carbon Whisker Membrane: S.-D. Bae, Y.-Y. Li, T. Nomura, A. Sakoda and M. Suzuki・AIChE 2000 Annual Meeting, Los Angels, USA, 145j, 2000.11 D

Solid-State Fermentation of Brewery Spent Grain with White-rot Fungus Pleurotus Ostreatus: D. Wang, A. Sakoda and M. Suzuki・The 16th International Conference on Solid Waste Technology and Management, Philadelphia, PA, USA, A26・2000.12 D

産業技術史調査研究の今後の課題と展望: 鈴木基之・国立科学博物館産業技術史資料セミナー, 東京, 2000.2 E

国連大学における研究活動の実践: 鈴木基之・科学技術情報研究所シンポジウム「大学の組織と経営を考える」, 東京, 2000.2 E

細胞毒性試験による酸化・吸着処理における毒性削減評価: 鈴木基之, 金 範洙, 酒井康行, 迫田章義・第34回日本水環境学会年会, 京都, 1-H-15-2, 2000.3 E

ヒト細胞を用いる環境水の簡便・迅速毒性評価チップの開発: 庄司 良, 酒井康行, 迫田章義, 鈴木基之・第34回日本水環境学会年会, 京都, 1-H-9-3, 2000.3 E

地球規模物質循環モデルによる窒素施肥の水環境への影響評価: 林 彬勒・迫田章義・柴崎亮介・鈴木基之・第34回日本水環境学会年会, 京都, 2-C-10-1, 2000.3 E

増殖因子徐放カプセルを含む高機能ラット肝細胞組織体の構築: 酒井康行, 古川克子, 牛田多加志, 立石哲也, 鈴木基之・化学工学会第65回年会, 東京, I315, 2000.3 E

多孔質マイクロキャリアー高密度充填型動物細胞による簡便毒性評価チップの開発: 庄司 良, 酒井康行, 迫田章義, 鈴木基之・化学工学会第65回年会, 東京, J202, 2000.3 E

新しい毒性評価システムとしての動物細胞複合灌流培養の開発: 鈴木基之, 大磯輝将, 酒井康行, 迫田章義・化学工学会第65回年会, 東京, J203, 2000.3 E

肺気道細胞の気相液相培養を利用した気体のバイオアッセイ手法の確立: 鈴木基之, 富田賢吾, 酒井康行, 迫田章義・化学工学会第65回年会, 東京, J204, 2000.3 E

簡便な小腸上皮・肝細胞複合培養系の確立と毒性試験系としての評価: 鈴木基之, 横川 彩, 酒井康行, 迫田章義・化学工学会第65回年会, 東京, 2000.3 E

環境化学工学に関する研究: 鈴木基之・化学工学会第65回年会シンポジウム, 2000.3 E

ゼロエミッションテクノロジー: 鈴木基之・日本農芸化学会2000年度大会講演要旨集, 461(SA-2p), 2000.4 E

増殖因子徐放マイクロカプセルとラット肝細胞とからなるバイオハイブリッド組織体の構築とその機能: 酒井康行, 古川克子, 牛田多加志, 立石哲也, 鈴木基之・第8回細胞療法研究会, 京都, 21, 2000.4 E

旋回培養による正常ヒト線維芽細胞スフェロイドの大量・迅速形成: 古川克子, 牛田多加志, 酒井康行, 鈴木基之, 立石哲也・第8回細胞療法研究会, 京都, 1, 2000.4 E

産業と社会の今後−人類生存のために: 鈴木基之・トリレンマシンポジウム2000, 東京, 2000.6 E

21世紀のゼロエミッション社会: 鈴木基之・新日本気象海洋新本社竣工記念講演会, 東京, 2000.6 E

ゼロエミッションに向けて: 鈴木基之・広島県立東部工業技術センター環境技術講習会, 広島, 2000.6 E

水問題の国際性: 鈴木基之・日本水環境学会第20回総会, 東京, 2000.6 E

ゼロエミッションにおける風力エネルギー開発のコンセプト: 鈴木基之・風力エネルギー利用の現状と国際協力開発国際セミナー, 東京, 2000.6 E

持続社会が期待するGIS: 鈴木基之・「人間社会と地球環境の共生」シンポジウム, 日本学術会議地球環境研究HDP委員会, 他, 東京, 2000.6 E

旋回培養による正常ヒト線維芽細胞のスフェロイドの迅速形成: 古川克子, 牛田多加志, 酒井康行, 鈴木基之, 立石哲也・第3回日本組織工学会, 広島, P19, 2000.6 E

持続的社会をめざしたゼロエミッション: 鈴木基之・第5回国際環境バイオテクノロジーシンポジウム(ISEB2000), 京都, 2000.7 E

リオ+10に向けた国連大学の取組: 鈴木基之・エコアジア2000(環境庁), 北九州, 2000.9 E

シリカ系吸着剤における水中溶存オゾンの吸脱着特性: 鈴木基之, 藤田洋崇, 泉  順, 藤井隆夫, 迫田章義・第14回日本吸着学会研究発表会, A31, 2000.9 E

カーボンウィスカー膜の生成とその応用: 鈴木基之, Sang-Dae Bae, Yuan-Yao Li, 野村剛志, 迫田章義・第14回日本吸着学会研究発表会, P14, 2000.9 E

肺気道細胞の気液界面培養を用いた気体毒性評価システムの開発: 鈴木基之, 富田賢吾, 酒井康行, 迫田章義・大気環境学会第41回年会, 1F1045, 2000.9 E

蒸煮爆砕・高温高圧水処理による籾殻の総合的有価物化: 鈴木基之, 高山 卓, 望月和博, 迫田章義・化学工学会第33回秋季大会, U126, 2000.9 E

高温高圧水中における植物バイオマスの分解挙動の熱重量測定: 望月和博, 迫田章義, 鈴木基之・化学工学会第33回秋季大会, 静岡, U127, 2000.9 E

白色腐朽菌(ヒラタケ)の利用によるビール粕の総合的資源化: 鈴木基之, 井原之偉, 王 殿霞, 藤井隆夫, 迫田章義・化学工学会第33回秋季大会, 静岡, U316, 2000.9 E

New devices using cultured human cells for the evaluation of risks to humans: Y. Sakai, O. Fukuda, K. Tomita, A. Sakoda and M. Suzuki・化学工学会第33回秋季大会, 静岡, Z123, 2000.9 E

肺気道細胞の気液界面培養を利用した気体のバイオアッセイ手法の確立: 鈴木基之, 富田賢吾, 酒井康行, 迫田章義・第6回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会, 寝屋川, 2000.9 E

埋立地浸出水の酸化・吸着処理における毒性変動の解析: 鈴木基之, 金 範洙, 藤井隆夫, 酒井康行, 迫田章義・第6回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会, 寝屋川, 2000.9 E

ゼロエミッションをめざした物質循環プロセスの構築: 鈴木基之・環境フォーラム2000「環境研究の最前線」セミナー, 豊橋, 2000.10 E

バイオマス利用技術の現状と将来展望: 鈴木基之・国連大学ゼロエミッションシンポジウム2000, 東京, 2000.10 E

ゼロエミッションとは何だろう: 鈴木基之・青山国際村文化祭, 東京, 2000.10 E

小腸上皮・肝細胞複合培養系でのBenzo[a]pyreneの吸収・代謝・毒性発現の評価: 鈴木基之, 福田 理, 酒井康行, 迫田章義・日本動物実験代替法学会, P-21, 市川, 2000.11 E

モルト粕の資源化処理システムの検討: 迫田章義, 藤井隆夫, 王 殿霞, 井原之偉, 鈴木基之・第11回廃棄物学会研究発表会, B4-10, 2000.11 E

ゼロエミッションから見たリサイクル論: 鈴木基之・日本金属学会講習会「リサイクル法の同行と材料戦略」, 東京, 2000.12 E

産業技術史資料調査に期待する: 鈴木基之・国立科学博物館ニュース, 378, 4, 2000.10 F

酒井(康) 研究室 Sakai Y. Lab.

培養細胞を用いる簡便・迅速なバイオアッセイに関する研究の現状と課題: 庄司 良, 酒井康行, 迫田章義, 鈴木基之・生産研究, 52(2), pp.89-95, 2000.2 A

複合動物細胞培養: 酒井康行・動物細胞工学ハンドブック, 動物細胞工学会編, 朝倉書店(東京), pp.216-217, 2000.8 B

Preservation of microplate-attached human hepatoma cells and their use in cytotoxicity tests: R. Shoji, Y. Sakai, A. Sakoda and M. Suzuki・Cytotechnol., 32, pp.147-155, 2000.1 C

増殖因子・ホルモン徐放マイクロカプセルを用いたブタ肝細胞凝集体高機能化の試み: 酒井康行, 古川克子, 成瀬勝俊, 牛田多加志, 針原 康, 幕内雅敏, 立石哲也, 鈴木基之・人工臓器, 29(2), pp.426-432, 2000.3 C

バイオアッセイで評価した化学物質及び環境水の複合的な毒性の定量的記述: 庄司 良, 迫田章義, 酒井康行, 内海英雄, 鈴木基之・水環境学会誌, 23(8), pp.487-494, 2000. 8 C

Development of a rapid and sensitive bioassay device using human cells immobilized inmacroporous microcarriers for the on-site evaluation of environmental waters: R. Shoji, Y. Sakai, A. Sakoda and M. Suzuki・Applied Microbiology and Biotechnology, 54, pp.432-438, 2000.9 C

Rapid and sensitive neurotoxicity test based on the morphological changes of PC12 cells with simple computer-assisted image analysis: Y. Sakai, R. Shoji, Y. Mishima A. Sakoda and M. Suzuki・J. Biosci. Bioneg., 90(1), pp.20-24, 2000.9 C

A new assay for hepatotoxicity using LDL-uptaking activity of liver cells: R. Shoji, A. Sakoda, Y. Sakai, H. Utsumi and M. Suzuki・Journal of Health Science, 46(6), pp.493-502, 2000.12 C

Formulating bioassay data of chemicals and enviromental water: R. Shoji, A. Sakoda, Y. Sakai, H. Utsumi and M. Suzuki・Water Science and Technology, 42(3-4), pp.115-124, 2000.12 C

Human-cell-based bioassay for the environmental risk management: Y. Sakai, R. Shoji, B.-S. Kim, A. Sakoda and M. Suzuki・Gatarama Workshop, A-12, Osaka, 2000.4 D

Large-scale and rapid formation of human fibroblast-spheroids(aggregates)by rotational culture for artificial skin: K. S. Furukawa, T. Ushida, Y. Sakai, M. Suzuki and T. Tateishi・6th World Biomat Congr, Osa, Kamuela, Hawaii, 2000.5 D

Enhancement of membrane permeability by electroporation: R. Shirakashi and Y. Sakai・Proceedings of The 37th Annual Meeting of The Society for Cryobiology in Association with The Society for Low Temperature Biology, P7, 2000.7 D

Development of simple methods for cultured mammalian-cell-based bioassays and their use in environmental risk management: Y. Sakai, R. Shoji, B.-S. Kim, A. Sakoda and M. Suzuki・YABEC 2000 Symposium, Fukuoka, Japan, PB-19, 2000.11 D

Cultured human-cell-based bioassay for the environmental risk management: M. Suzuki, Y. Sakai, R. Shoji and A. Sakoda・The 3rd International Symposium on Advanced Environmental Monitoring, Chedju, Korea, 2000.11 D

細胞毒性試験による酸化・吸着処理における毒性削減評価: 鈴木基之, 金 範洙, 酒井康行, 迫田章義・第34回日本水環境学会年会, 京都, 1-H-15-2, 2000.3 E

ヒト細胞を用いる環境水の簡便・迅速毒性評価チップの開発: 庄司 良, 酒井康行, 迫田章義, 鈴木基之・第34回日本水環境学会年会, 京都, 1-H-9-3, 2000.3 E

増殖因子徐放カプセルを含む高機能ラット肝細胞組織体の構築: 酒井康行, 古川克子, 牛田多加志, 立石哲也, 鈴木基之・化学工学会第65回年会, 東京, I315, 2000.3 E

多孔質マイクロキャリアー高密度充填型動物細胞による簡便毒性評価チップの開発: 庄司 良, 酒井康行, 迫田章義, 鈴木基之・化学工学会第65回年会, 東京, J202, 2000.3 E

新しい毒性評価システムとしての動物細胞複合灌流培養の開発: 鈴木基之, 大磯輝将, 酒井康行, 迫田章義・化学工学会第65回年会, 東京, J203, 2000.3 E

肺気道細胞の気相液相培養を利用した気体のバイオアッセイ手法の確立: 鈴木基之, 富田賢吾, 酒井康行, 迫田章義・化学工学会第65回年会, 東京, J204, 2000.3 E

簡便な小腸上皮・肝細胞複合培養系の確立と毒性試験系としての評価: 鈴木基之, 横川 彩, 酒井康行, 迫田章義・化学工学会第65回年会, 東京, 2000.3 E

増殖因子徐放マイクロカプセルとラット肝細胞とからなるバイオハイブリッド組織体の構築とその機能: 酒井康行, 古川克子, 牛田多加志, 立石哲也, 鈴木基之・第8回細胞療法研究会, 京都, 21, 2000.4 E

旋回培養による正常ヒト線維芽細胞スフェロイドの大量・迅速形成: 古川克子, 牛田多加志, 酒井康行, 鈴木基之, 立石哲也・第8回細胞療法研究会, 京都, 1, 2000.4 E

旋回培養による正常ヒト線維芽細胞のスフェロイドの迅速形成: 古川克子, 牛田多加志, 酒井康行, 鈴木基之, 立石哲也・第3回日本組織工学会, 広島, P19, 2000.6 E

肺気道細胞の気液界面培養を用いた気体毒性評価システムの開発: 鈴木基之, 富田賢吾, 酒井康行, 迫田章義・大気環境学会第41回年会, 1F1045, 2000.9 E

New devices using cultured human cells for the evaluation of risks to humans: Y. Sakai, O. Fukuda, K. Tomita, A. Sakoda and M. Suzuki・化学工学会第33回秋季大会, 静岡, Z123, 2000.9 E

肺気道細胞の気液界面培養を利用した気体のバイオアッセイ手法の確立: 鈴木基之, 富田賢吾, 酒井康行, 迫田章義・第6回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会, 寝屋川, 2000.9 E

埋立地浸出水の酸化・吸着処理における毒性変動の解析: 鈴木基之, 金 範洙, 藤井隆夫, 酒井康行, 迫田章義・第6回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会, 寝屋川, 2000.9 E

小腸上皮・肝細胞複合培養系でのBenzo[a]pyreneの吸収・代謝・毒性発現の評価: 鈴木基之, 福田 理, 酒井康行, 迫田章義・日本動物実験代替法学会, P-21市川, 2000.11 E

虫明 研究室 Mushiake Lab.

タイの土壌水分特性に関する土壌採取と土壌試験の実施:小池雅洋・技術官等による技術報告集, 第9巻, pp.23-28, 東京大学生産技術研究所, 2000.9 A

都市の水循環系の再生: 虫明功臣・ぎょうせい, 平本一雄編著, pp.184-204, 2000.2 B

水資源マネジメントと水環境: 虫明功臣, 池淵周一, 山岸俊之・水資源マネジメントと水環境, 浅野孝監訳, 技報堂出版, 2000.8 B

水循環の視点から見た流域マネージメント: 虫明功臣・用水と廃水, Vol.42(1), p.3, 2000.1 C

TRMM-PRによる後方散乱係数を利用したグローバルな土地情報の分析: 平林由希子, 瀬戸心太, 鼎信次郎, 沖 大幹, 虫明功臣・水工学論文集, 第44巻, pp.259-264, 土木学会, 2000.2 C

Comparison of Different Distributed Hydrological Models for Characterization of Catchment Spatial Variability: Yang, D., S. Herath and K. Musiake・Hydrological Processes, Vol.14, pp.403-416, 2000.2 C

The Effects of Heterogeneity within an Area on Areally Averaged Evaporation: T. Nakaegawa, Taikan Oki and Katumi Musiake・Hydrological Processes, Vol.14, pp.465-479, 2000.2 C

Philip式に基づく浸透量集約化規範の導出と浸透パラメータ分布の集約化: 仲江川敏之, 沖 大幹, 虫明功臣・土木学会論文集, No.642/II-50, pp.1-18, 土木学会, 2000.2 C

熱帯水田へのSiB2の適用と水田スキームの導入: 新井崇之, 金 元植, 沖 大幹, 虫明功臣・水工学論文集, Vol.44, pp.175-180, 土木学会, 2000.2 C

インドシナ半島を対象とした全球気候モデルによる地表面パラメータ変化が降水に与える影響に関する数値実験: 鼎信次郎, 沖 大幹, 虫明功臣・水工学論文集, Vol.44, pp.37-42, 土木学会, 2000.2 C

On the Scaling Properties of a Stochastic Rainfall Model: A. Pathirana, S. Herath and K. Musiake・Annual Journal of Hydraulic Engineering, Vol.44, pp.1-6, JSCE, 2000.2 C

Flood Inundation Simulation in a River Basin Using a Physically Based Distributed Hydrologic Model: D. Dutta, S. Herath and K. Musiake・Hydrological Processes, Vol.14, pp.497-519, 2000.2 C

River Network Solution for a Distributed Hydrological Model and Applications: Jha, R., Herath, S. and K. Musiake・ Hydrological Processes, Vol.14, pp.575-592, 2000.2 C

Assessment of Energy Consideration in the Description of Hydrological Processes Modeling: Silva A., Herath S. and Musiake, K.・Annual Journal of Hydraulic Engineering, Vol.44, pp.163-168, JSCE, 2000.2 C

Distributed Hydrologic Model for Flood Inundation Simulation: Dutta, D., Herath, S. and K. Musiake・Journal of Hydroscience and Hydraulic Engineering, Japan Society of Civil Engineers, Vol.18, No.1, pp.11-20, 2000.5 C

陸面植生モデルワークベンチの開発と熱帯水田観測データの適用: 生駒英司, 新井崇之, 金 元植, 沖 大幹, 喜連川優・水文・水資源学会誌, 第13巻, 第4号, pp.291-303, 水文・水資源学会, 2000.7 C

熱帯モンスーンアジアの代表的な土地利用上におけるCO2交換過程の日・季節変化: 戸田 求, 大手信人, 谷 誠, 田中広樹, 虫明功臣, 青木正敏, サマッキー ボーンヤワット・水文・水資源学会誌, 第13巻, 第4号, pp.276-290, 水文・水資源学会, 2000.7 C

能動型マイクロ波リモートセンシングによる土壌水分計測のための土壌水分を既知とした地表面粗度効果の逆推定アルゴリズム: 仲江川敏之, 瀬戸心太, S.A. Romshoo, 小池雅洋, 弘中貞之, 沖 大幹, 虫明功臣・日本リモートセンシング学会誌, 第20巻, 第2号, pp.39-52, 日本リモートセンシング学会, 2000 C

Understanding the Influences of Surface and Vegetation Parameters on Soil Moisture Scattering in the Light of Theory and Experimental Data: Shakil A. Romshoo, T. Nakaegawa, T. Oki and K. Musiake・2000 Western Pacific Geophysics Meeting(WPGM), AGU, Tokyo, Japan, EOS Transactions, p.WP41, American Geophysical Union, AGU, 2000.5 D

Rainfall Characteristics in the Tropical Mountainous Region, the Southeast Asia: K. Dairaku, S. Kanae, T. Oki, K. Punyatrong and W. Sukarnjanaset・2000 Western Pacific Geophysics Meeting, Vol.81, No.22, p.47, AGU, 2000.5 D

Application of the Simple Biosphere Model(SiB2)to Paddy Field in GAME-Tropics: W. Kim, Takashi Arai, S. Kanae, T. Oki and K. Musiake・2000 Western Pacific Geophysics Meeting, AGU, Tokyo. Japan, p.47, AGU, 2000.5 D

Geostatistical Approaches to Characterize the Soil Moisture Patterns Using Remote Sensing Data and Field Measurements: Shakil A. Romshoo, T. Nakaegawa, T. Oki and Katumi Musiake・Proc. 2nd Intl. Summer Symposium, JSCE Conference, p.28, JSCE, 2000.7 D

A Multifractal Approach to Predict High-resolution Rainfall Distributions: A. Pathirana, S. Herath and K. Musiake・Proc. 2nd International Summer Symposium, JSCE Conference, pp.193-196, JSCE, 2000.7 D

Sediment Yield Responses by Cumulative Rainfalls, River Flows and Rainstorms in Chao Phraya River Basin Thailand: M. Habib-ur-Rehman, Srikantha Herath and K. Musiake・Proc. 2nd International Summer Symposium, JSCE Conference, pp.169-172, JSCE, 2000.7 D

Land Surface Monitoring by Backscattering Coefficient from TRMM/PR 2A21: T. Oki, S. Seto and K. Musiake・Proc. International Geoscience and Remote Sensing Symposium, IEEE, Honolulu, Hawai, pp.2032-2034, 2000.7 D

Land Surface Monitoring by the Backscattering Coefficient from Precipitation Radar on the TRMM: T. Oki, S. Seto and K. Musiake・Greenn Age, Petroleum Energy Center, 21, p.3-7, 2000.7 D

Physically Based Surface-River Flow Coupled Model for Flood Inundation Simulation in a River Basin: Dutta, D., Herath, S. and K. Musiake・Proc. 2nd International Summer Symposium, JSCE Conference, 2000.7 D

Land Surface Monitoring using TRMM/PR Backscattering: S. Seto, Y. Hirabayashi, T. Oki and K. Musiake・Eos, Trans., Amer. Geophys. Union, Vol.81, No.22, p.42, 2000.8 D

A New Proposal on Reservoir Watershed Management in Japan: K. Musiake・Proc. Intl. Seminar on Comprehensive Program of Reservoir Watershed Development and Environmental Conservation, pp.93-102, 2000.9 D

Multi-polarized and Multi-angle Radar System for Soil Moisture Determination Under Bare Soil Conditions: Shakil A. Romshoo, T. Oki and K. Musike・Proc. 21st Asian Remote Sensing Conference, pp.4-8, 2000.12 D

Ground Based Multi-frequency Radar System(L-, C-, and X-bands)for Soil Moisture Determination Under Wheat Canopy: Shakil A. Romshoo, T. Oki and K. Musiake・Proc. 4th Intl. Conference on Remote Sensing and GIS/GPS(ICORG2000), pp.1-4, 2000.12 D

Modeling Large Catchments-Case Studies in Chao Phraya and Mekong Basins: Srikantha Herath, Daweng Yang, Dushmantha Dutta and Raghunath Jha・Proc. AP-FRIEND Workshop on Mekong Basin Studies, INCEDE report 19, pp.113-126, 2000 D

Comparison of Different Hydrological Models in Lower Mekong Basin: Herath, S. and D. Yang・Proc. AP FRIEND/INCEDE Workshop on Mekong Basin Studies, INCEDE Report 19, pp.43-52, 2000 D

Distributed Hydrological Modeling in Mekong River Basin: Herath, S. and D. Yang・Proc. Hydrological and Environmental Modelling in the Mekong Basin, Mekong Secretariat, pp.30-39, 2000 D

Water and Energy Cycles in the South East Asia from the Intensive Observation of GEWEX Asian Monsoon Experiment(GAME): 鼎 T. Oki, K. Musiake and T. Yasunari(Invited), Eos, Trans., Amer. Geophys. Union, Vol.81, No.22, p.41, AGU, 2000 D

Estimation of Soil Moisture Using Spaceborne SAR Data and Scattering Models: Shakil A. Romshoo, T. Nakaegawa, T. Oki and K. Musiake・Proc. 28th Remote Sensing Society of Japan Conference, Tsukuba, Tokyo, Japan, pp.19-21, 2000.5 E

陸面水文植生モデル面への熱帯水田でのフラックス観測成果の活用: 沖 大幹, 虫明功臣, 金 元植, 新井崇之・日本気象学会春季大会要旨集, 77, p.110, 日本気象学会, 2000.5 E

Application of The Simple Biosphere Model(SiB2)to Paddy Field in GAME-Tropics.: Wonsik Kim, Takashi Arai, Shinjiro Kanae, T. Oki, K. Musiake and H. Lee・The Ecological Society of Korea, Kumi, Korea, p.63, 2000.5 E

Development of a Network Based Hydrological Analysis System: A. Pathirana, S. Herath and K. Musiake・Engineering Jubilee Congress, 'Engineering Beyond 2000', Faculty of Engineering, University of Peradeniya, Peradeniya Sri Lanka, pp.149-154, 2000.7 E

Estimating Evaporation and Its Spatial Distribution Using Kimberly Penman Equation: Silva A., Herath S. and Musiake, K.・Proc. Engineering Jubilee Congress; Engineering Beyond 2000, Peradeniya, Sri Lanka, pp.155-160, 2000.7 E

Soil Moisture Estimation Using Microwave Remote Sensing Techniques and Simulation Modeling: Shakil A. Romshoo, D. Yang, T. Oki and K. Musiake・Proc. 2000 Annual Conference of Japan Society of Hydrology and Water Resources, pp.146-147, JSHWR, 2000.8 E

都市化流域における人工系流量成分の変動に関する考察−海老川流域を対象として−: 弘中貞之, 虫明功臣・水文・水資源学会2000年研究発表会要旨集, pp.192-193, 水文・水資源学会, 2000.8 E

モザンビーク大洪水時の降水量とTRMM-PRによる地表面解析の比較: 平林由希子, 瀬戸心太, 沖大幹, 虫明功臣, 竹澤洋, 沖理子・水文・水資源学会2000年研究発表会要旨集, pp.30-31, 水文・水資源学会, 2000.8 E

Multifractal Modeling of Some Rainfall Series to Estimate the Rainfall: A. Pathirana, S. Herath and K. Musiake・Proc. 2000 Annual Conference of Japan Society of Hydrology and Water Resources, pp.122-123, JSHWR, 2000.8 E

Spatial and Temporal Distribution of Soil Erosion at Catchment Scales: M. Habib-ur-Rehman, S. Herath and K.Musiake・Proc. 2000 Annual Conference of Japan Society of Hydrology & Water Resources, 2000, pp.96-97, JSHWR, 2000.8 E

水循環過程解明のための酸素・水素同位体測定装置の立ち上げ: 小池雅洋, 沖 大幹, 虫明功臣, 澤田裕介・水文・水資源学会2000年研究発表会要旨集, pp.22-23, 水文・水資源学会, 2000.8 E

Use of the Pfafstetter Basin Numbering System in Hydrological Modeling: Yang, D., K. Musiake, S. Kanae and T. Oki・水文・水資源学会2000年研究発表会要旨集, pp.200-201, 水文・水資源学会, 2000.8 E

Estimation of Global Soil Erosion by Using RUSLE: Nam, P.T., D. Yang, T. Oki and K. Musiake・水文・水資源学会2000年研究発表会要旨集, pp.202-203, 水文・水資源学会, 2000.8 E

Active Microwave Remote Sensing for Soil Moisture Sensing: An Analysis of C-band Scatterometer Results: Shakil A. Romshoo, Masahiro Koike, S. Hironaka, T. Nakaegawa and Katumi Musiake・Proc. 55th Annual Conference of JSCE, pp.21-22, JSCE, 2000.9 E

Multifractal Properties of Rainfall Observations: An Analysis of the Temporal Variation: A. Pathirana, S. Herath and K. Musiake・Proc. 55th Annual Conference of JSCE, JSCE, 2000.9 E

Sediment Yield Characteristics of Chao Phraya River Basin, Thailand: M. Habib-ur-Rehman, S. Herath and K. Musiake・Proc. 55th Annual Conference of JSCE, JSCE, 2000.9 E

土壌水分の現地観測データを用いたTRMM/PRの地表面解析の検証: 瀬戸心太, 沖 大幹, 虫明功臣・日本気象学会秋季大会要旨集, 78, p.103, 日本気象学会, 2000.10 E

On the Multifractal Characterization of Spatial Distributions of AMeDAS Rainfall: A. Pathirana, S. Herath and K. Musiake・Proc. Workshop on Water Resources Development and Flood Control, Tohoku University, Sendai, Japan, Sponsored by the JSCE, pp.35-41, 2000.12 E

東南アジア熱帯山岳地域における降雨特性: 大楽浩司, 鼎信次郎, 沖大幹, 蔵治光一郎, 鈴木雅一・Kowit PUNYATRONG・Wathana Sukarnjanaset・Proc. Workshop on Water Resources Development and Flood Control,(Tohoku University)Sendai, Japan, Sponsored by the JSCE, pp.10-15, 2000.12 E

Application of SiB2 to GAME-Tropics IOP98 Data: Takashi Arai, Wonsik Kim, T. Oki and K. Musiake・GAME Letter, (1), pp.7-9, 2000.1 G

Webでアクセス可能なSiB2利用システムの構築: 生駒栄司, 喜連川優, 新井崇之, 金 元植, 沖 大幹・GAME News Letter, (5), pp.9-12, 2000.2 G

SiB2のGAME-Tropics領域への適用: 新井崇之, 金 元植, 沖 大幹, 虫明功臣, 青木正敏・GAME News Letter, (5), pp.12-14., 2000.2 G

Land Surface Monitoring by Sigma Note from TRMM/PR: T. Oki, S. Seto and K. Musiake・News letter, Euro. Geophys. Soc., 74, p.282 , 2000 G

沖 研究室 Oki Lab.

Philip式に基づく浸透量集約化規範の導出と浸透パラメータ分布の集約化: 仲江川敏之, 沖 大幹, 虫明功臣・土木学会論文集, No.642/II-50, pp.1-18, 土木学会, 2000.2 C

TRMM-PRによる後方散乱係数を利用したグローバルな土地情報の分析: 平林由希子, 瀬戸心太, 鼎信次郎, 沖 大幹, 虫明功臣・水工学論文集, 第44巻, pp.259-264, 土木学会, 2000.2 C

熱帯水田へのSiB2の適用と水田スキームの導入: 新井崇之, 金 元植, 沖 大幹, 虫明功臣・水工学論文集, pp.175-180, 土木学会, 2000.2 C

インドシナ半島を対象とした全球気候モデルによる地表面パラメータ変化が降水に与える影響に関する数値実験: 鼎信次郎, 沖 大幹, 虫明功臣・水工学論文集, Vol.44, pp.37-42, 土木学会, 2000.2 C

The effects of heterogeneity within an area on areally averaged evaporation: T. Nakaegawa, T. Oki and K. Musiake・Hydrological Processes, 14, pp.465-479, 2000.2 C

陸面植生モデルワークベンチの開発と熱帯水田観測データの適用: 生駒英司, 新井崇之, 金 元植, 沖 大幹, 喜連川優・水文・水資源学会誌, 第13巻, 第4号, pp.291-303, 水文・水資源学会, 2000.7 C

能動型マイクロ波リモートセンシングによる土壌水分計測のための土壌水分を既知とした地表面粗度効果の逆推定アルゴリズム: 仲江川敏之, 瀬戸心太, S.A. Romshoo, 小池雅洋, 弘中貞之, 沖 大幹, 虫明功臣・日本リモートセンシング学会誌, 第20巻, 日本リモートセンシング学会, 第2号, pp.39-52, 2000 C

Validation of the Output from JMA-Sib Using the Combined Water balance Method and a River Routing Scheme - A Case Study in the Mackenzie River Basin: K. Miyaoka, H. Matsuyama and T. Oki・J. Geophys. Res., Vol.104, No.D24, p.31, 199-31, 206, 2000 C

Understanding the Influences of Surface and Vegetation Parameters on Soil Moisture Scattering in the Light of Theory and Experimental Data: Shakil A. Romshoo, T. Nakaegawa, T. Oki and K. Musiake・2000 Western Pacific Geophysics Meeting(WPGM), AGU, Tokyo, Japan, EOS Transactions, p.WP41, American Geophysical Union, 2000.5 D

Rainfall Characteristics in the Tropical Mountainous Region, the Southeast Asia: Koji Dairaku, S. Kanae, T. Oki, K. Punyatrong, W. Sukarnjanaset・2000 Western Pacific Geophysics Meeting Vol.81, No.22, p.47, AGU, 2000.5 D

Application of the Simple Biosphere Model(SiB2)to Paddy Field in GAME-Tropics: Wonsik Kim, Takashi, Arai, Shinjiro, Kanae, T. Oki and K. Musiake・2000 Western Pacific Geophysics Meeting, AGU, Tokyo. Japan, p.47, AGU, 2000.6 D

Geostatistical Approaches to Characterize the Soil Moisture Patterns Using Remote Sensing Data and Field Measurements: Shakil A. Romshoo, T. Nakaegawa, T. Oki and K. Musiake・Proc. 2nd Intl. Summer Symposium, JSCE Conference, p.28, 2000.7 D

Land Surface Monitoring by Backscattering Coefficient from TRMM/PR 2A21: T. Oki, S. Seto and K. Musiake・Proc. International Geoscience and Remote Sensing Symposium, IEEE, Honolulu, Hawai, pp.2032-2034, 2000.7 D

Multi-polarized and Multi-angle Radar System for Soil Moisture Determination Under Bare Soil Conditions: Shakil A. Romshoo, T. Oki and K. Musike・Proc. 21st Asian Remote Sensing Conference, pp.4-8, 2000.12 D

Ground Based Multi-frequency Radar System(L-, C-, and X-bands)for Soil Moisture Determination Under Wheat canopy: Shakil A. Romshoo, T. Oki and K. Musiake・Proc. 4th Intl. Conference on Remote Sensing and GIS/GPS(ICORG2000), pp.1-4, 2000.12 D

Water and Energy Cycles in the South East Asia from the Intensive Observation of GEWEX Asian Monsoon Experiment(GAME): 鼎 T. Oki, K. Musiake and T. Yasunari・(Invited), Eos, Trans., Amer. Geophys. Union, Vol.81, No.22, p.41, AGU, 2000 D

Land surface monitoring using TRMM/PR Backscattering: S. Seto, Y. Hirabayashi, T. Oki and K. Musiake・Eos, Trans., Amer. Geophys. Union, Vol.81, No.22, p.42 , AGU, 2000 D

Land Surface Monitoring by Sigma Note from TRMM/PR: T. Oki, S. Seto and K. Musiake・News letter, Euro. Geophys. Soc., 74, p.282, 2000 D

Estimation of Soil Moisture Using Spaceborne SAR Data and Scattering Models: Shakil A. Romshoo, T. Nakaegawa, T. Oki and K. Musiake・Proc. 28th Remote Sensing Society of Japan Conference, Tsukuba, Tokyo, Japan, pp.19-21, 2000.5 E

Application of The Simple Biosphere Model(SiB2)to Paddy Field in GAME-Tropics.: Wonsik Kim, Takashi, Arai, Shinjiro, Kanae, T. Oki, K. Musiake and Hojoon Lee・The Ecological Society of Korea, Kumi, Korea, p.63, 2000.5 E

陸面水文植生モデル面への熱帯水田でのフラックス観測成果の活用: 沖 大幹, 虫明功臣, 金 元植, 新井崇之・日本気象学会春季大会要旨集, 77, p.110, 日本気象学会, 2000.5 E

インドシナ半島における森林伐採が降水に与える影響に関する研究: 鼎信次郎, 沖 大幹, 小池雅洋, 大手信人, 澤田祐介, 虫明功臣・第8回地球環境シンポジウム講演論文集, pp.169-174, 土木学会, 2000.7 E

Soil Moisture Estimation Using Microwave Remote Sensing Techniques and Simulation Modelimg: Shakil A. Romshoo, D. Yang, T. Oki and K. Musiake・Proc. 2000 Annual Conference of Japan Society of Hydrology and Water Resources, 2000.8 E

Use of the Pfafstetter Basin Numbering System in Hydrological Modeling: Yang, D., K. Musiake, S. Kanae and T. Oki・水文・水資源学会2000年研究発表会要旨集, pp.200-201, 水文・水資源学会, 2000.8 E

Estimation of Global Soil Erosion by Using RUSLE: Nam, P.T., D. Yang, T. Oki and K. Musiake・水文・水資源学会2000年研究発表会要旨集, pp.202-203, 水文・水資源学会, 2000.8 E

モザンビーク大洪水時の降水量とTRMM-PRによる地表面解析の比較: 平林由希子, 瀬戸心太, 沖 大幹, 虫明功臣, 竹澤 洋, 沖 理子・水文・水資源学会2000年研究発表会要旨集, pp.30-31, 水文・水資源学会, 2000.8 E

タイにおける降水の同位体比変動特性: 大手信人, 杉本敦子, チャッチャイ タンタスリン, ニポン タンサム, パンヤ ポルサン, 沖 大幹・水文・水資源学会2000年研究発表会要旨集, pp.24-25, 水文・水資源学会, 2000.8 E

水循環過程解明のための酸素・水素同位体測定装置の立ち上げ: 小池雅洋, 沖 大幹, 虫明功臣, 澤田裕介・水文・水資源学会2000年研究発表会要旨集, pp.22-23, 水文・水資源学会, 2000.8 E

長期間の日降水量記録に基づく東京の大雨の経年変化に関する研究: 沖 大幹, 西元正明, 鼎信次郎・日本気象学会秋季大会要旨集, 78, p.159, 日本気象学会, 2000.10 E

土壌水分の現地観測データを用いたTRMM/PRの地表面解析の検証: 瀬戸心太, 沖 大幹, 虫明功臣・日本気象学会秋季大会要旨集, 78, p.103, 日本気象学会, 2000.10 E

Comparison Spatial Estimation of Rainfall in Thailand by Rain Gauges and TRMM/PR: Perapol Begkhuntod, Dawen Yang and T. Oki・Proc. Met. Soc. Japan Fall Meeting, 78, p.97, 2000.10 E

GAME-Tropicsで観測された降水日変化: 里村雄彦, 沖 大幹・日本気象学会秋季大会要旨集, 78, p.88, 日本気象学会, 2000.10 E

インドシナ半島における準2週間周期変動: 渡辺 明, 他18名・日本気象学会秋季大会要旨集, 78, p.256, 日本気象学会, 2000.10 E

東南アジア熱帯山岳地域における降雨特性: 大楽浩司, 鼎信次郎, 沖 大幹, 蔵治光一郎, 鈴木雅一, K. Punyatrong, Wathana Sukarnjanaset・Proceedings of the Workshop on Water Resources Development and Flood Control, Sendai, Japan, pp.10-15, 2000.12 E

玄倉川その後, シリーズ「発想のたまご」: 沖 大幹, 安形 康, 牛山素行・水文・水資源学会誌, 第13巻, 第5号, pp.406-407, 水文・水資源学会, 2000 F

Application of SiB2 to GAME-Tropics IOP98 Data: T. Arai, W. Kim, T. Oki and K. Musiake・GAME Letter, (1), pp.7-9, 2000.1 G

Webでアクセス可能なSiB2利用システムの構築: 生駒栄司, 喜連川優, 新井崇之, 金 元植, 沖 大幹, GAME News Letter, (5), pp.9-12, 2000.2 G

SiB2のGAME-Tropics領域への適用: 新井崇之, 金 元植, 沖 大幹, 虫明功臣, 青木正敏・GAME News Letter, (5), pp.12-14, 2000.2 G

Land Surface Monitoring by the Backscattering Coefficient from Precipitation Radar on the TRMM: T. Oki, S. Seto and K. Musiake・Greenn Age, Petroleum Energy Center, 21, pp.3-7, 2000.7 G

安井 研究室 Yasui Lab.

上質紙のLCI 非木材パルプと古紙パルプの比較評価: 中澤克仁, 片山恵一, 桂 徹, 坂村博康, 安井 至・第67回紙パルプ研究発表会, 2000.6 C

上質紙のLCA:ライフサイクルインベントリー: 桂 徹, 庭田博章, 中澤克仁, 片山恵一, 坂村博康, 安井 至・紙パルプ技術協会誌, 2000.8 C

LCA手法による飲料用容器の環境負荷分析: 中澤克仁, 片山恵一, 坂村博康, 安井 至・環境科学会2000年会, 2000.9 C

Crystallization and Electrical Properties of Doped and Undoped IndiumOxide Films: M. Kamei, H. Akao, P. K. Song, I. Yasui and Y. Shigesato・The Korean Ceramic Society, Vol.6, No.2(2000)107., 2000 C

Donor Compensation and Carrier-Transport Mechanisms in Tin-doped In2O3 Films Studied by Means of Conversion Electron 119Sn Mossbauer Spectroscopy.: N. Yamada, I. Yasui, Y. Shigesato, H. L. Ujihira and K. Nomura・Jpn. J. Appl. Phys.Vol.39(2000)4153., 2000 C

Structuraland Electrical Properties of Gallium Zinc Oxide Films: P. K. Song, M. Kamei, I. Yasui, M. Oguchi, Y.Shigesato・The Korean Journal of Ceramics 5(4), 404-408(2000), 2000 C

Study on fluorine-doped indium oxide films deposited by RF agnetron sputtering: Y. Shigesato, N. Shin, M. Kamei, P. K. Song and I. Yasui・Jpn. J. Appl. Phys. 39, pp.6422-6426(2000), 2000 C

Vanadium oxide films growth onto various buffer layers deposited by RF magnetron: H. Miyazaki and I. Yasui・Trans. Mat.Res.Soc.Jpn, 2000 C

Growth simulation of MgO on MgO(100)substrate with a step-terrace structure: F. Utsuno and I. Yasui・1st Conference of Crystal Groth and Technology ,T-P-137, 2000.8 D

非木材パルプと古紙パルプによる上質紙のライフサイクルインベントリー分析(科学技術振興事業団・戦略的基礎研究推進事業): 中澤克仁, 片山恵一, 桂 徹, 坂村博康, 安井 至・第4回エコバランス国際会議(2000年10月30日〜11月2日), 2000.10,11 D

Life Cycle Analysis of Glass Bottles in Japan: K. Tanaka, I. Yasui, H. Sakamura and K. Morishita・Proc.5th Int.Conf. On Ecobalance, Tsukuba, E1-07, 2000.11 D

The assessment of the environmental burden for chlorine using system dynamics technique: M. Kokubun and I. Yasui・Proc.5th Int.Conf. On Ecobalance, Tsukuba, B1-03, 2000.11 D

The material selection of containers for drinks: T. Okawa, I. Yasui, H. Sakamura, S. Komatani and K. Nakazawa・Proc.5th Int.Conf. On Ecobalance, Tsukuba, B2-13, 2000.11 D

Comparison among the packages by LCA method: K. Chiku, I. Yasui, H. Sakamura and S. Komatani・Proc.5th Int.Conf. On Ecobalance, Tsukuba, E1-10, 2000.11 D

Life Cycle Analysis of Aluminum Can in Japan: H. Sakamura, I. Yasui, K. Morishita and K. Tanaka・Proc.5th Int.Conf. On Ecobalance, Tsukuba, P2-05, 2000.11 D

Life Cycle Impact Assessment for Beverage Containers by the Method Based on the Consumption of Time: I. Yasui, H. Sakamura, K. Nakazawa, T. Ohkawa and K. Chiku・Proc.5th Int.Conf. On Ecobalance, Tsukuba, C2-22, 2000.11 D

分子動力学法を用いたITO系薄膜形成シミュレーション: 小金丸亮, 宇都野太, 安井 至・日本セラミックス協会2000年年会, 2K06, 2000.3 E

分子動力学法によるMgO薄膜の成長過程: 宇都野太, 安井 至・日本セラミックス協会2000年年会, 2K06, 2000.3 E

RFスパッタリング法によるフッ素ドープIn2O3薄膜の作製と評価(2): 進奈緒子, 宋 豊根, 重里有三, 亀井雅之, 安井 至・第47回応用物理学関係連合講演会, 2000.3 E

MgO(100)(111)基板上へのMgO薄膜の成長シミュレーション: 宇都野太, 安井 至・2000計算化学討論会, 2P08, 2000.6 E

社会的受容性獲得のための情報伝達技術の開発: 伊藤健司, 二宮和之, 森下 研, 坂村博康, 安井 至・社団法人環境科学会2000年会一般講演シンポジウム, 76, 2000 E

行動選択に対するコンピュータを用いた環境情報の影響評価: 二宮和之, 伊藤健司, 鳩山宣伸, 原美永子, 坂村博康, 安井 至・社団法人環境科学会2000年会一般講演シンポジウム, 76, 2000 E

IT社会のハードから見た課題: 安井 至・ゼロエミッションシンポジウム2000予稿集, 15−1, 2000 G

リターナブルびんが作る循環型社会: 安井 至・婦人の友, 2000年9月号, pp.110-115, 2000 G

環境コミュニケーションと広告: 安井 至・日経広告手帳, No.2, 2000, pp.2-9, 2000 G

環境技術のトランスファーを考える: 安井 至・ARCA, No.32, 2000.1, pp.1-8, 2000 G

環境ビジネスの自律的発展を考える: 安井 至・ARCA, No.32, 2000.1, pp.9-17, 2000 G

遺伝子組換え食品問題は広く環境問題としてとらえ急ぎすぎないこと: 安井 至・列島ジャーナル, 16, p.1, 2000 G

宮山 研究室 Miyayama Lab.

金属酸化物水和物のプロトン伝導性: 田中優実, 日比野光宏, 宮山 勝, 工藤徹一・生産研究, 52(11), pp.9-13, 2000.11 A

水和ジルコニア及び水和酸化スズのプロトン伝導性: 原 晋治, 宮山 勝, 工藤徹一・生産研究, 52(11), pp.27-29, 2000.11 A

Electrical Anisotropy in Single Crystals of Bi-layer Structured Ferroelectrics: M. Miyayama and I.S. Yi・Ceram. International, 26(5), pp.529-533, 2000 C

Structural and Electrical Characterization of Bi5Ti3Fe1-xMnxO15 System: Sung-Lak Ahn, Y. Noguchi, M. Miyayama and T. Kudo・Mater. Res. Bull., 35, pp.825-834, 2000 C

Structural and Electrical Characterization of Bi5Ti3Fe1-xMnxO15 System: Sung-Lak Ahn, Y. Noguchi, M. Miyayama and T. Kudo・Mater.Res.Bull., 35, pp.825-834, 2000 C

Effect of Bi Substitution at the Sr Site on the Ferroelectric Properties of Dense Strontium Bismuth Tantalate Ceramics: Y. Noguchi, M. Miyayama and T. Kudo・J.Appl.Phys., 88(4), pp.2146-2148, 2000 C

Electrical Conduction in Bismuth Layer Structured Bi2K1-xNb2O8.5-d Polycrystals: N. Yasuda, M. Miyayama and T. Kudo・Solid State Ionics, 133, pp.273-278, 2000 C

Ferroelectric Properties of Intergrowth Bi4Ti3O12-SrBi4Ti4O15 Ceramics: Y. Noguchi, M. Miyayama and T. Kudo・Appl.Phys.Lett., 77(22), pp.3639-3641, 2000 C

Defect Control for Large Remanent Polarization in Bismuth Titanate Ferroelectrics - Doping Effect of Higher-Valent Cations -: Y. Noguchi, I. Miwa, Y. Goshima and M. Miyayama・Jpn.J.Appl. Phys.(Express Letters), 39 Part 2(12B), L1259-L1262, 2000 C

Structure dependence of Ferroelectric Properties in Single Crystals of Bismuth Layer-Structured Ferroelectrics: H. Irie, M. Miyayama and T. Kudo・Key Eng. Mater., Vol.181-182(CSJ-6), pp.27-30, 2000 C

Analysis of Crystal Structure by the Rietveld Method and Ferroelectric Properties of Sr1-xBi2+xTa2O9: Y. Noguchi, M. Miyayama and T. Kudo・Key Eng. Mater., Vol.181-182(CSJ-6), pp.209-212, 2000 C

Self-Amplifying Effect on Gas Sensitivity of ZnO Thin Film by Oxygen Pumping through YSZ Substrate: A. Ogawa, T. Kudo and M. Miyayama・Trans. Mater.Res. Soc. Jap., 25(1), pp.261-264, 2000 C

Structural and Dielectric Properties of Intergrowth Bi4Ti3O12-SrBi4Ti4O15 Ceramics: Y. Noguchi, M. Miyayama and T. Kudo・Trans.Mater.Res. Soc.Jap., 25(1), pp.185-188, 2000 C

Fabrication of Bismuth Layer Structured Lead Bismuth Titanate Thin Films Through Sol-gel Spin Coating: Y.I. Park and M. Miyayama・Ceramic Trans. Vol.100 ; Dielectric Ceramic Materials, pp.185-194, 2000 C

Proton Conductivity of Tungsten Trioxide Hydrates at Intermediate Temperature: Y-m. Li, M. Hibino, M. Miyayama and T. Kudo・Solid State Ionics, 134, pp.271-279, 2000 C

Structural Dependence of Ferroelectric Properties in Bismuth Layer-structured Ferroelectrics: M. Miyayama, H. Irie and Y. Noguchi・102nd An. Meet., The Am.Ceram.Soc., A2-012-00, p.152, 2000.5 D

Ferroelectric Properties of Sr1-xBi2+xTa2O9 Dense Ceramics: Y. Noguchi, M. Miyayama and T. Kudo・12th IEEE International Symposium on the Applications of Ferroelectrics(ISAF 2000), 3-3-2, 2000.8 D

Effect of Ta, Nb and V Substitution at Ti site on Ferroelectric Properties in BaBi4Ti4O15 Single Crystals: H. Irie, M. Miyayama and T. Kudo・The 1st Asian Meeting on Electroceramics, 2PA12, 2000.10 D

Proton Conductivity of Oxide Hydrates at Intermediate Temperature under High Water Vapor Pressure: M. Miyayama, S. Hara, Y-M. Li, Y. Tanaka M. Hibino and T. Kudo・International Symposium on Fuel Cell for Vihicles, 2A01, pp.38-39, Nagoya, Japan, 2000.11 D

Proton Conductivities of Oxide Hydrates at Intermediate Temperatures: S. Hara, M. Miyayama and T. Kudo・Pacificchem 2000 Congress Secretariat at the ACS, 2000.11 D

Vacancy Accompanying Bi Substitution at Perovskite A site in Bismuth layer-structured Ferroelectrics: Y. Noguchi, M. Miyayama and T. Kudo・Pacificchem 2000 Congress Secretariat at the ACS, 2000.11 D

Low-temperature Properties of Single-chamber Solid Oxide Fuel Cell using Ceria as Solid Electrolyte: M. Takahashi, M. Miyayama・Pacificchem 2000 Congress Secretariat at the ACS, 2000.11 D

Bi4V2O11系多結晶体の酸化物イオン伝導に及ぼす陽イオン置換効果: 鈴木 忠, 安田直人, 宮山 勝, 工藤徹一・第39回セラミックス基礎科学討論会, 2E-01, 2000.1 E

Bi3TiTaO9層を含むビスマス交代層構造酸化物の合成と誘電特性評価: 佐藤力哉, 野口祐二, 宮山 勝, 工藤徹一・第39回セラミックス基礎科学討論会, 2B-03, 2000.1 E

酸素ポンピングによる酸化亜鉛薄膜のガス感度増幅: 小川 亮, 宮山 勝, 工藤徹一・第39回セラミックス基礎科学討論会, 2E-09, 2000.1 E

単結晶ZnOを用いたCuO/ZnOヘテロ接合・接触の電気特性およびガスセンサ特性: 鈴木真也, 中村吉伸, 野口祐二, 工藤徹一, 宮山 勝・日本セラミックス協会2000年年会, 1E-18, 2000.3 E

水和ジルコニアにおける中温域プロトン伝導性: 原 晋治, 宮山 勝, 工藤徹一・日本セラミックス協会2000年年会, 1D-22, 2000.3 E

高密度MeBi4Ti4O15(Me=Ba, Sr, Pb)セラミックスの強誘電物性: 野口祐二, 宮山 勝, 工藤徹一, 日本セラミックス協会2000年年会, 2E-16, 2000.3 E

ゾル-ゲル粉体から作製したBi4-xBaxTi3-xNbxO12の強誘電物性: 羅 実, 野口祐二, 宮山 勝, 工藤徹一・日本セラミックス協会2000年年会, 2E-18, 2000.3 E

高密度Sr1-xBi2+xTa2O9セラミックスの強誘電物性: 野口祐二, 宮山 勝, 工藤徹一・平成12年春季第47回応用物理学会学術講演会, 29p-T-5, 2000.3 E

ビスマス層状構造強誘電体の物性と結晶構造解析: 野口祐二, 宮山 勝, 工藤徹一・第16回セラミック協会関東支部研究発表会, 2B03, 2000.8 E

陽イオン欠陥導入によるBi層状強誘電体の巨大分極特性: 野口祐二, 宮山 勝, 工藤徹一・第13回セラミック協会秋季シンポジウム, 1D04, 2000.10 E

セリアを固体電解質とする単室型燃料電池の特性: 宮山 勝, 高橋尚武・第13回セラミック協会秋季シンポジウム, 2H19, 2000.10 E

Ba・Ta置換ビスマス層状構造酸化物Bi3TiTaO9の強誘電物性: 野口祐二, 妹尾光朗, 羅  実, 宮山 勝, 工藤徹一・第20回電子材料研究討論会, 2B09, 2000.10 E

金属酸化物水和物のプロトン伝導性: 原 晋治, 宮山 勝, 工藤徹一・第26回固体イオニクス討論会, 1C07, 2000.10 E

高水蒸気下における水和酸化スズと水和ジルコニアのプロトン伝導特性: 原 晋治, 宮山 勝, 工藤徹一・第12回MRS学術シンポジウム, I2-O03, 2000.12 E

Effect of Manganese Substitution on Electrical Conductivity of Bi5Ti3FeO15: 三輪一郎, 野口祐二, 宮山 勝・第12回MRS学術シンポジウム, E-1-P11, 2000.12 E

Mechanism of Giant Polarization in Bismuth Layer-structured Ferroelectrics with Cation Vacancies: 野口祐二, 宮山 勝・第12回MRS学術シンポジウム, E-1-O02, 2000.12 E

大学におけるセラミックス学生実験: 宮山 勝・第36回全国セラミック教育研究大会資料, 2000.12 G

圧電セラミックスを利用した振動吸収: 宮山 勝・超音波TECHNO, 12(10), pp.38-42, 2000 G

山本 研究室 Yamamoto Lab.

 (東京大学国際・産学共同研究センターの項参照)

小長井 研究室 Konagai Lab.

LAT/PSC Test for Microscopic Observation of Three-Dimensional Granular Fabric: T. Ishii, T. Matsushima and K. Konagai・Bulletin., Earthquake Resistant structure Research Center, IIS, University of Tokyo, 33, pp.3-10, 2000.3 A

Deformation Buildup in Soils and Damage to Viaduct Foundations: H. Kamiya and K. Konagai・Bulletin., Earthquake Resistant structure Research Center, IIS, University of Tokyo, 33, pp.57-64, 2000.3 A

Buildup of Soil Deformations and Damage to Subway Tunnels: S. Nishiyama, A. Nishimura and K. Konagai・Bulletin., Earthquake Resistant structure Research Center, IIS, University of Tokyo, 33, pp.65-72, 2000.3 A

Strain Distributions in Soils and Rocks along Faults: K. Konagai・International Journal for Housing Science and its Applications, 24(1), pp.39-46, 2000.6 C

Simple Expression of the Dynamic Stiffness of Grouped Piles in Sway Motion: K. Konagai, R. Ahsan and D. Maruyama・International Journal of Earthquake Engineering, 4(3), pp.355-376, 2000.6 C

Deformation Buildup in Soils along a Subway in the 1995 South-Hyogo Earthquake: S. Nishiyama, A. Nishimura and K. Konagai・Proceedings of Railway Mechanics, JSCE, 4, pp.49-54, 2000.6 C

Simulation in Shaking Table Tests of Soil Structure Interaction Effect: R. Ahsan and K. Konagai・Proceedings of Railway Mechanics, JSCE, 4, pp.55-60, 2000.6 C

Shaking Table Test Allowing Interpretation of Damage to Structure in terms of Energy Influx and Efflux through Soil-Structure Interface: K. Konagai・Report of Research Project, 2000,Grant-in Aid for Scientific Research, 10450174, Ministry of Education, Science, Sports and Culture, 2000.3 F

中埜 研究室 Nakano Lab.

AIJ Technical Guide for Temporary Restoration of RC School Buildings Damaged by 921 Chichi Earthquake: Y. Nakano・Bulletin of Earthquake Resistant Research Center, No.33, pp.139-152, Institute of Industrial Science, University of Tokyo, 2000.3 A

既存鉄筋コンクリート造公共建築物の耐震補強に関する事例分析: 藤井賢志, 楠 浩一, 中埜良昭・生産研究, Vol.52, No.12, pp.48-51, 東京大学生産技術研究所, 2000.12 A

被害想定と災害シナリオ: 楠 浩一, 中埜良昭(分担執筆)・地震防災の事典, pp.464-487, 朝倉書店, 2000.9 B

耐震診断: 中埜良昭・鉄筋コンクリート構造の設計, pp.55-68, 日本建築学会関東支部: 2000.1 C

せん断破壊を伴う1層鉄筋コンクリート造建物のねじれ地震応答性状: 藤井賢志, 楠 浩一, 中埜良昭・構造工学論文集, pp.583-590, 日本建築学会, 2000.4 C

1999年台湾集集地震による被災地の復旧状況: 中埜良昭, 李 碩康・建築防災, pp.26-32, (財)日本建築防災協会, 2000.9 C

既存建物の耐震対策: 中埜良昭・予防時報, pp.36-41, (社)日本損害保険協会, 2000.10 C

POSTERIOR TIMESTEP ADJUSTMENT TECHNIQUE IN SUBSTRUCTURING PSEUDODYNAMIC TEST: K. Kusunoki, Y. Nakano, Waon-Ho YI and Li-Hyung LEE・Proceedings of 12th World Conference on Earthquake Engineering, (CD ROM), The New Zealand Society for Earthquake Engineering, 2000.1 D

POTENTIAL SEISMIC RISK ASSESSMENT OF URBAN CITIES IN JAPAN CONSIDERING THEIR REGIONAL CHARACTERISTIC: Kang-Seok LEE, Y. Nakano, G. Urakawa, S. Murakami and T. Okada・Proceedings of 12th World Conference on Earthquake Engineering, (CD ROM), The New Zealand Society for Earthquake Engineering, 2000.1 D

SEISMIC CAPACITY OF EXISTING RC SCHOOL BUILDINGS IN OTA CITY, TOKYO, JAPAN: T. Ohaba, S. Takada, Y. Nakano, H. Kimura, Y., Ohwada and T. Okada・Proceedings of 12th World Conference on Earthquake Engineering, (CD ROM), The New Zealand Society for Earthquake Engineering, 2000.1 D

SEISMIC RETROFIT OF RC SCHOOL BUILDINGS USING POST -INSTALLED WALLS WITH OPENINGS: H. Okumura, E. Niino, S. Takada, Y. Nakano, T. Ohta and T. Okada・Proceedings of 12th World Conference on Earthquake Engineering, (CD ROM), The New Zealand Society for Earthquake Engineering, 2000.1 D

STUDY ON PERFORMANCE AND PRACTICAL USE OF NEW BUILDING STRUCTURAL SYSTEM WITH STEEL PLATES AND CONCRETE: T. Kamimaura, Y. Nakano and T. Furata・Proceedings of 12th World Conference on Earthquake Engineering, (CD ROM), The New ealandSociety for Earthquake Engineering, 2000.1 D

TORSIONAL RESPONSE OF RC BUILDINGS RETROFITTED WITH STEEL FRAMED BRACES: Y. Nakano, K. Kusunoki and Y. Hino・Proceedings of 12th World Conference on Earthquake Engineering, (CD ROM), The New Zealand Society for Earthquake Engineering, 2000.1 D

QUICK INSPECTION PROCEDUREAPPLICABLE TO RC BUILDINGS IN TURKEY: F. Kumazawa, T. Kaminosono and Y. Nakano・Proceedings of The Third Japan-Turkey Workshop on Earthquake Engineering, February 21-25. 2000, pp.391-402, 2000.2 D

Temporary Restoration Guide of RC School Buildings Damaged by the 21.9.99 Chichi Earthquake: Y. Nakano・Series on Innovation in Structures and Construction / Implication of Recent Earthquakes on Seismic Risk, Vol.2, pp.51-66, Imperial College Press, 2000.4 D

SEISMIC CAPACITY EVALUATION AND RETROFITTING OF EXISTING REINFORCED CONCRETE BUILDINGS IN JAPAN: H. Fukuyama, S. Sugano, Y. Nakano and K. Watanabe・Proceedings of US-Japan Symposium on Seismic Rehabilitation of Concrete Structures -State of Research and Practice-, pp.(D2)1-18, Japan Concrete Institute / National Science Foundation, 2000.6 D

Seismic Capacity Upgrading Program of Existing RC School Buildings in Ota City, Tokyo, Japan: Y. Nakano, T. Ohba, H. Okumura and K. Fujii・Third Cairo Earthquake Engineering Symposium on Earthquake Preparedness and Response, (CD-ROM), Egyptian Society of Earthquake Engineering, 2000.11 D

耐震診断の利点と問題点: 中埜良昭・「耐震診断・耐震補強の現状と今後の課題」シンポジウム資料, pp.3-10, 日本建築学会 関東支部 構造専門委員会, 2000.1 E

1999年・台湾集集地震における建築学会の技術協力活動: 中埜良昭・第30回 安全工学シンポジウム 講演予稿集, pp.7-9, 日本学術会議, 1999.7 E

1999年・台湾集集地震における被災建築物の応急復旧技術協力: 中埜良昭・2000年度日本建築学会大会 災害部門 研究協議会資料, pp.35-38, 日本建築学会, 2000.9 E

1999年台湾中部地震により被災した鉄筋コンクリート建物の耐震性能に関する研究: 劉  鋒, 李 康碩, 楠 浩一, 中埜良昭・日本建築学会学術講演梗概集, Vol.C-1, pp.905-906, 日本建築学会, 2000.9 E

せん断破壊を伴う単層鉄筋コンクリート造建物のねじれ地震応答性状(その1. 構面の耐力低下がねじれ応答に与える影響): 藤井賢志, 上田芳郎, 楠 浩一, 中埜良昭・日本建築学会学術講演梗概集, Vol.C-2, pp.39-40, 日本建築学会, 2000.9 E

せん断破壊を伴う単層鉄筋コンクリート造建物のねじれ地震応答性状(その2. 耐力偏心率と重心位置での最大回転角の関係): 藤井賢志, 上田芳郎, 楠 浩一, 中埜良昭・日本建築学会学術講演梗概集, Vol.C-2, pp.41-42, 日本建築学会, 2000.9 E

ニューラルネットワークによる履歴推定手法を用いたオンライン地震応答実験に関する研究(その3 ニューラルネットワークによる地震応答解析): 楊 元稙, 中埜良昭, 楠 浩一・日本建築学会学術講演梗概集, Vol.B-1, pp.399-400, 日本建築学会, 2000.9 E

韓国の鉄筋コンクリート造建物を対象とした耐震改修工法の開発に関する研究 −その1 耐震診断による耐震性能の把握−: 李 康碩, 崔 琥, 楠 浩一, 李 元虎, 中埜良昭・日本建築学会学術講演梗概集, Vol.C-2, pp.895-896, 日本建築学会, 2000.9 E

韓国の鉄筋コンクリート造建物を対象とした耐震改修工法の開発に関する研究 −その2 静的弾塑性解析による耐震性能の把握−: 李 康碩, 崔 琥, 楠 浩一, 李 元虎, 中埜良昭・日本建築学会学術講演梗概集, Vol.C-2, pp.897-898, 日本建築学会, 2000.9 E

地域特性を考慮した都市の地震災害危険度の評価に関する研究 −その4 地震災害危険度のパターン及び地震対策の急がれる都市の選別−: 李 康碩, 齋藤陽子, 村上亜紗子, 中埜良昭, 村上處直, 岡田恒男・日本建築学会学術講演梗概集, Vol.B-2, pp.85-86, 日本建築学会, 2000.9 E

鉄骨ブレース架構が偏心配置された鉄筋コンクリート造骨組の弾塑性ねじれ応答性状: 日野泰道, 中埜良昭, 楠 浩一・日本建築学会学術講演梗概集, Vol.C-2, pp.37-38, 日本建築学会, 2000.9 E

1999年台湾・集集地震災害調査報告および応急復旧技術資料: 中埜良昭(分担執筆)・2000年度日本建築学会大会 災害部門 研究協議会資料, 234p(第I編)+ 116 p(第II編), 日本建築学会, 2000.11 F

Macro-Zonation of Potential Seismic Risk in Urban Cities: S. Murakami, T. Okada, M. Murakami, Y. Nakano, Y. Murosaki et al.・Confronting Urban Earthquakes, Report of Fundamental Research on the Mitigation of Urban Disasters caused by Near-Field Earthquakes, pp.90-131, Grant in Aid for Scientific Research on Priority Areas, Ministry of ESSC, 2000.3 G

都井 研究室 Toi Lab.

ASI法による骨組構造体の衝撃破断挙動の有限要素解析: 李 廷権, 都井 裕・生産研究, 第52巻, 第8号, pp.329-332, 2000.8 A

損傷力学モデルによるアルミニウム合金の低サイクルおよび高サイクル疲労シミュレーション: 都井 裕, 山崎伸也・生産研究, 第52巻, 第8号, pp.352-355, 2000.8 A

溶融亜鉛めっき時の構造部材の三次元損傷解析: 都井 裕, 李 帝明・日本機械学会論文集(A), 66巻, 643号, pp.618-625, 2000.3 C

Analysis of Structurally Discontinuous Reinforced Concrete Building Frames Using the ASI Technique: D. Isobe and Y. Toi・Computers and Structures, Vol.76, No.4, pp.471-481, 2000.7 C

Finite Element Crash Analysis of Framed Structures by the Adaptively Shifted Integration Technique: Y. Toi and J.-G. Lee・JSME International Journal, Series A, Vol.43, No.3, pp.242-251, 2000.7 C

Finite Element Damage Analysis of Structural Members in Hot-Dip Galvanization: Y. Toi and J.-M. Lee・Proceedings of the International Conference on Computational Engineering & Sciences(Tech Science Press), Vol.1, pp.1020-1025, 2000.8 D

熱荷重を受ける傾斜機能材料の損傷挙動の有限要素解析: 李 帝明, 都井 裕・第49回理論応用力学講演会講演論文集(NCTAM2000), pp.79-80, 2000.1 E

ASI法による骨組構造体の有限要素クラッシュ/破断解析: 李 廷権, 都井 裕・第49回理論応用力学講演会講演論文集(NCTAM2000), pp.197-198, 2000.1 E

骨組構造の弾塑性損傷挙動の有限要素解析: 李 廷権, 都井 裕・計算工学講演会論文集(日本計算工学会), Vol.5, pp.619-622, 2000.5 E

傾斜機能材料の熱損傷過程の有限要素解析: 李 帝明, 都井 裕・計算工学講演会論文集(日本計算工学会), Vol.5, pp.737-740, 2000.5 E

免震鋼棒ダンパーの大変形弾塑性解析: 大家貴徳, 玉松健一郎, 岡本哲美, 土師利昭, 都井 裕・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), Vol.5, pp.671-672, 2000.9 E

免震鋼棒ダンパーの大変形弾塑性解析: 玉松健一郎, 岡本哲美, 土師利昭, 大家貴徳, 都井 裕・巴コーポレーション技報, No.13, pp.82-87, 2000.3 G

材料損傷を考慮した構造物の非線形有限要素解析: 都井 裕・機械の研究(養賢堂), 第52巻, 第11号, pp.1-8, 2000.11 G

大島 研究室 Ohshima Lab.

数値シュミレーションによる脳血管内流れの解析: 鳥井 亮, 大島まり, 小林敏雄, 谷口伸行・「生産研究」, 第51巻第1号, pp.41?44, 東京大学生産技術研究所, 1999.1 A

CTを利用した脳血管内流れの数値解析: 鳥井 亮, 大島まり, 小林敏雄, 谷口伸行・「生産研究」, 第52巻第1号, pp.55-58, 東京大学生産技術研究所, 2000.1 A

Image-Based Model Construction and Numerical Simulation of the Cerebral Artery: M. Oshima, R. Torii, K. Takagi and T. Kobayashi・The proceedings of RIKEN Symposium, pp.61-68, 2000.5 D

脳動脈内を流れる血液の数値シミュレーション: 大島まり・「シミュレーション」, 第19巻第2号, pp.36-39, 日本シュミレーション学会, 2000.6 C

脳動脈瘤の計算力学: 大島まり, 鳥井 亮, 高木 清・「Bio Medical Engineering」, 第14巻第10号, pp.14-17, 日本ME学会, 2000.10 C

CT画像を利用した脳血管内流れ数値解析システムの構築: 鳥井 亮, 大島まり, 小林敏雄, 高木 清・機論B編, 第66巻第652号, pp.3041-3048, 日本機械学会, 2000.12 C

The Hemodynamic Study of the Cerebral Artery Using Numerical Simulations Based on Medical Imaging Data: R. Torii, M. Oshima, T. Kobayashi and K. Takagi・The 9th International Symposium of Flow Visualization CO-ROM Proceedings, Paper No.425, 2000.8 D

出前授業とSNG: 大島まり・「日本機械学会2000年度年次大会講演論文集」日本機械学会, 2000.8 E

血流シュミレーションにおけるCT画像のスムージングの誤差評価: 鳥井 亮, 大島まり, 小林敏雄, 高木 清・「日本機械学会2000年度年次大会講演論文集1」, pp.261-262,日本機械学会, 2000.8 E

Numerical Visualitation of Blood Flow in the Cerebral Artery: R. Torii, M. Oshima, T. Kobayasi and K. Takagi・Journal of Visualization, 2000.12 E

桑原 研究室 Kuwahara Lab.

A simulation model for evaluation of merging capacity on the Metropolitan Expressway: M. Sarvi, M. Kuwahara and I. Nishikawa・生産研究, Vol.52, No.2, pp.16-19, 東京大学生産技術研究所, 2000.2 A

動的ネットワーク解析 −これまでの知見とこれからの展望−: 桑原雅夫, 赤松 隆・土木学会論文集, No.653/IV-48, pp.3-16, 土木学会, 2000.7 C

ETC導入による料金所容量への影響に関する理論的解法と考察: 堀口良太, 桑原雅夫・土木学会論文集, No.653/IV-48, pp.29-38, 土木学会, 2000.7 C

高速道路の利用予約制に関する基礎的研究: 赤羽弘和, 桑原雅夫, 佐藤拓也・土木学会論文集, No.660/IV-49, pp.79-87, 土木学会, 2000.10 C

期待される次世代信号制御ロジックの開発 (最新の交通信号制御技術(安全性と円滑性を求めて)): 桑原雅夫・交通工学, Vol.35, No.6, pp.3-6, 交通工学研究会, 2000.11 C

A Manual of Verification Process for Road Network Simulation Models - An Examination in Japan: R. Horiguchi, M. Kuwahara and T. Yoshii・Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Torino, 2000.11 D

A STUDY ON THE DYNAMIC RAMP CONTROL STRATEGY UNDER CONSIDERATION OF SURFACE STREETS: K. Kumagai, M. Kuwahara and T. Yoshii・Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Torino, 2000.11 D

A Theoretical Analysis on Departure Time Choice for Morning Commute Traffic Considering Individual Variation in Time Value and an Application to Road Pricing: T. Iryo and M. Kuwahara・Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Torino, 2000.11 D

AN EVALUATING METHOD ON EFECTS OF DYNAMIC TRAFFIC INFORMATION: T. Yoshii and M. Kuwahara・Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Torino, 2000.11 D

AUTOMATIC TUNING OF PARAMETERS IN A NETWORK TRAFFIC SIMULATION MODEL: M. Furukawa and M. Kuwahara・Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Torino, 2000.11 D

INVESTIGATION OF DAILY VARIATION OF ORIGIN-DESTINATION TRAFFIC DEMAND ON METROPOLITAN EXPRESSWAY USING AUTOMATIC VEHICLE IDENTIFICATION: H. Oneyama, M. Kuwahara, H. Akahane, Y. Murakami, Y. Tanaka and H. Inoue・Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Torino, 2000.11 D

Improving the control strategies of freeway merging point using modeling and simulation approach: M. Sarvi, M. Kuwahara, A. Ceder, H. Morita and I. Nishikawa・Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Torino, 2000.11 D

Estimation of Traffic Pattern Analyzing UPLINK Information: Y. Mashiyama, M. Kuwahara, R. Ikeda, T. Oda and T. Otokita・Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Torino, 2000.11 D

A STUDY ON REAL-TIME SIGNAL CONTROL FOR AN OVERSATURATED NETWORK: H.C. Liu and M. Kuwahara・Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Torino, 2000.11 D

Travel Time Prediction Method for Expressway Using Toll Collection System Data: Y. Ohba, H. Ueno and M. Kuwahara・Proceedings of 7th World Congress on Intelligent Transport Systems, Torino, 2000.11 D

料金収受システムデータを用いた走行所要時間情報演算方法の開発: 大場義和, 上野秀樹,  桑原雅夫・平成12年電気学会全国大会講演論文集 4-236, 電気学会, 2000.3 E

時間均一な混雑料金の利用者行動への影響に関する個人差を考慮した理論的解析: 井料隆雅, 桑原雅夫・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, IV-046, 土木学会, 2000.7 E

交通ネットワークシミュレーションに用いるパラメータの自動調整法: 古川 誠, 桑原雅夫・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, IV-361, 土木学会, 2000.7 E

車両走行軌跡の取得を目的とした光学式ビーコンの効率的な配置を求める手法と車載機高度化による効果: 堀口良太, 桑原雅夫, 赤羽弘和・第20回交通工学研究発表会講演論文集, pp.73-76, 交通工学研究会, 2000.11 E

首都高速道路合流部における車両挙動に関する研究 −交通流シミュレーションを組み込んだドライビングシミュレータの活用−: 西川 功, Majid Sarvi, 桑原雅夫, 森田綽之・第20回交通工学研究発表会講演論文集, pp.45-48, 交通工学研究会, 2000.11 E

個人差を考慮した出発時刻選択問題における均衡状態の安定性の解析: 井料隆雅, 桑原雅夫・土木計画学研究・講演集 No23(2)pp.255-258, 土木学会, 2000.11 E

ETC応用の所要時間算出ロジックと応用システム: 上野秀樹, 大場義和, 島田重人, 桑原雅夫・電気学会研究会資料 道路交通研究会, RTA-00-11〜20, pp.41-45, 電気学会, 2000.6 G

古関 研究室 Koseki Lab.

コンクリート擁壁の耐震性判定と補強: 古関潤一・生産研究, Vol.51, No.12, pp.1-7, 2000.12 A

土質試験の方法と解説(第1回改訂版)第7編第6章: 古関潤一(共著者:時松孝次)・土質試験の方法と解説(第1回改訂版), 地盤工学会, pp.635-654, 2000.3 B

Damage to sewer pipes during the 1993 Kushiro-Oki and the 1994 Hokkaido-Toho-Oki earthquakes: J. Koseki, O. Matsuo, T. Sasaki, K. Saito and M. Yamashita・Soils and Foundations, Vol.40, No.1, pp.99-111, 2000.2 C

地下空洞掘削に伴う堆積軟岩地盤の長期変形: 松本正士, 早野公敏, 龍岡文夫, 古関潤一・土と基礎, Vol.48, No.2, pp.13-16, 2000.2 C

Liquefaction tests with hollow-cylindrical torsional shear apparatus under low confining stress: J. Koseki, D. Itakura, S. Kawakami, T. Sato, K. Hayano and M. Torimitsu・Bulletin of ERS, No.33, pp.11-21, 2000.3 C

Preliminary report on damage to retaining walls caused by the 1999 Chi-Chi earthquake: J. Koseki and K. Hayano・Bulletin of ERS, No.33, pp.23-34, 2000.3 C

土と基礎の地震時変形解析技術と地盤のモデル化: 古関潤一, 森谷俊美, 福永 勧, 龍岡文夫, 佐伯宗大・地質と調査, 2000年第1号, pp.13-18, 2000.3 C

Change of small strain quasi-elastic deformation properties during undrained cyclic torsional shear and triaxial tests of Toyoura sand: J. Koseki, S. Kawakami, H. Nagayama and T. Sato・Soils and Foundations, Vol.40, No.3, pp.101-110, 2000.6 C

Damage to retaining walls caused by the 1999 Chi-Chi earthquake and model tests on seismic behavior of retaining walls: J. Koseki, K. Hayano, K. Watanabe and C.C. Huang・International Workshop on Annual Commemoration of Chi-Chi Earthquake, Vol.3-Geotechnical Aspect, pp.251-262, 2000.9 C

Model test on seismic stability of several types of soil retaining walls: J. Koseki, K. Watanabe, F. Tatsuoka, M. Tateyama, K. Kojima and Y. Munaf・International Workshop on Seismic Performance of Geosynthetic-Reinforced Soil Structures, New York, 2000.10 C

Modeling of stress-strain relationships of a reconstituted gravel subjected to large cyclic loading: K. Balakrishnaiyer and J. Koseki・Proc. of 3rd Japan-UK Workshop on Implications of Recent Earthquakes on Seismic Risk, pp.105-114, 2000.4 D

Cyclic torsional and triaxial liquefaction tests measuring quasi-elastic deformation properties: J. Koseki, S. Kawakami, H. Nagayama and T. Sato・Proc. of GeoEng2000, Vol.2, p.534, 2000.11 D

試料の乱れが堆積軟岩の変形特性に及ぼす影響とその評価: 早野公敏, 龍岡文夫, 古関潤一・軟岩と硬質土のロータリー式サンプリング技術と物性評価に関するシンポジウム, 地盤工学会, pp.105-108, 2000.5 E

Isotach理論に基づく試料の乱れが堆積軟岩のクリープ特性に及ぼす影響の評価: 早野公敏, 龍岡文夫, 古関潤一・軟岩と硬質土のロータリー式サンプリング技術と物性評価に関するシンポジウム, 地盤工学会, pp.127-132, 2000.5 E

原位置調査と室内試験による東京湾口海底軟岩の変形・強度特性の検討: 小高猛司, 古関潤一, 早野公敏, 北条義則, 板橋利昭・軟岩と硬質土のロータリー式サンプリング技術と物性評価に関するシンポジウム, 地盤工学会, pp.161-166, 2000.5 E

Anisotropy of the elastic deformation characteristics of Toyoura sand by means of elastic wave measurement: K. Hayano and V. Fioravante・第35回地盤工学研究発表会発表講演集, pp.277-278, 2000.6 E

Modified stress-strain state parameter for representing small strain deformation characteristics of dense gravel: K. Balakrishnaiyer and J. Koseki・第35回地盤工学研究発表会発表講演集, pp.313-314, 2000.6 E

Lower bound stress-strain relationship of gravel: L.Q., Anh Dan, J. Koseki and F. Tatsuoka・第35回地盤工学研究発表会発表講演集, pp.315-316, 2000.6 E

台湾集集地震における擁壁・補強土構造物への被害事例(その1): 内村太郎, 龍岡文夫, 古関潤一, 早野公敏・第35回地盤工学研究発表会講演論文集, 岐阜, pp.243-244, 2000.6 E

台湾集集地震における擁壁・補強土構造物への被害事例(その2): 古関潤一, 早野公敏, 龍岡文夫, 内村太郎・第35回地盤工学研究発表会講演論文集, 岐阜, pp.245-246, 2000.6 E

繰返し三軸試験における異なる載荷方法が密な砂質土の変形特性に及ぼす影響: 西川昌芳, 早野公敏, 古関潤一・第35回地盤工学研究発表会講演論文集, 岐阜, pp.819-820, 2000.6 E

細粒分を含む砂の液状化特性に及ぼすエージング時間と過圧密の影響: 大田 行, 古関潤一・第35回地盤工学研究発表会講演論文集, 岐阜, pp.769-770, 2000.6 E

中型中空ねじりせん断試験装置の開発: 佐藤剛司, 小野達也, 河上定弘, 永山 浩, 古関潤一・第35回地盤工学研究発表会講演論文集, 岐阜, pp.837-838, 2000.6 E

橋台振動実験の加振波形の影響: 舘山 勝, 青木一二三, 窪田元恢, 堀井克己, 古関潤一, 龍岡文夫, 木村英樹・第35回地盤工学研究発表会講演論文集, 岐阜, pp.2035-2036, 2000.6 E

耐震強化した直接基礎橋台の履歴応答性: 堀井克己, 米澤豊司, 光本 香, 舘山 勝, 古関潤一, 龍岡文夫: 第35回地盤工学研究発表会講演論文集, 岐阜, pp.1893-1894, 2000.6 E

各種補強土橋台に関する模型振動実験結果: 鈴木恒男, 米澤豊司, 舘山 勝, 小島謙一, 龍岡文夫, 古関潤一, 木村英樹・第35回地盤工学研究発表会講演論文集, 岐阜, pp.2179-2180, 2000.6 E

耐震強化した直接基礎橋台の模型振動実験結果: 木村英樹, 青木一二三, 米澤豊司, 舘山 勝, 古関潤一, 龍岡文夫・第35回地盤工学研究発表会講演論文集, 岐阜, pp.1891-1892, 2000.6 E

模型実験による異なる形式の擁壁の地震時挙動の比較: 渡辺健治, 古関潤一, 舘山 勝, 小島謙一・第35回地盤工学研究発表会講演論文集, 岐阜, pp.2031-2032, 2000.6 E

Modified stress-strain state parameters for representing small strain deformation characteristics of granular material under different testing conditions: K. Balakrishnaiyer, and J. Koseki・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 第3部(A), pp.22-23, 2000.9 E

Creep deformation characteristics of dense gravel: L.Q., Anh Dan, J. Koseki and F. Tatsuoka・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 第3部(A), pp.72-73, 2000.9 E

三主応力制御試験による堆積軟岩の異方的弾性変形特性: 早野公敏, 古関潤一, 須藤朗宏・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 仙台, 第3部(A), pp.518-519, 2000.9 E

繰返し中空ねじり試験による低拘束圧下での砂の液状化特性(その2): 古関潤一, 河上定弘・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 仙台, 第3部(A), pp.156-157, 2000.9 E

大規模橋梁基礎の地震後残留沈下量推定手法の検討(その2): 加島延行, 福永 勤, 佐伯宗大, 古関潤一・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 仙台, 第1部, 2000.9 E

擁壁模型実験におけるすべり面発生の一測定方法について: 佐藤剛司, 渡辺健治, 古関潤一, 舘山 勝, 小島謙一・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 仙台, 第3部(A), pp.278-279, 2000.9 E

地震時擁壁土圧に関する物部岡部式の妥当性の検討: 渡辺健治, 古関潤一, 舘山 勝, 小島謙一・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 仙台, 第3部(A), pp.280-281, 2000.9 E

異なる条件下で圧密した細粒分を含む砂の液状化特性と微小変形特性: 大田 行, 古関潤一・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, 仙台, 第3部(A), pp.186-187, 2000.9 E

人工岩の強度変形特性におよぼすコア採取方法による影響について: 政枝 宏, 山内博行, 辻野敏文, 細野高康, 園田玉紀, 早野公敏・全地連, 「技術フォーラム2000」講演集, pp.125-126, 2000.9 E

補強土擁壁の地震時安定性に関する傾斜・振動台実験(その2): 渡辺健治, 古関潤一, 舘山 勝, 小島謙一・ジオシンセティックス論文集, 第15巻, IGS日本支部, pp.254-263, 2000.12 E

加藤(信)研究室 Kato S. Lab.

簡易圧縮生LESによるサーマルキャビティー内の自然対流解析: 白石靖幸, 加藤信介, 村上周三, 石田義洋・生産研究 第52巻第1号, 2000.1 A

揮発性有機化合物の放散・吸脱着等のモデリングとその数値予測に関する研究, 室内濃度分布計算における吸脱着のモデル化と数値解析: 山本 明, 村上周三, 加藤信介・生産研究, 第52巻第1号, 2000.1 A

人体の熱的順応を考慮したアダプティブ空調による空調エネルギーのCFD解析: 金 泰延, 加藤信介, 村上周三・生産研究, 第52巻第1号, 2000.1 A

室内化学物質空気汚染とサステナビリティ: 加藤信介, 村上周三・生産研究, 52巻3号, 2000.3 A

火災煙流動における自由プルームの標準k-εモデルに基づく数値予測: 原 哲夫, 横井睦己, 加藤信介・日本建築学会計画系論文集, 第530号, 2000.4 C

CFDを用いた人体周辺微気象解析による受動喫煙の研究: 林 立也, 加藤信介, 村上周三, 曽 潔・日本建築学会計画系論文集, 第533号, 2000.7 C

対流・放射・湿度輸送と空調システム制御の連成シミュレーション第2報, 室内居住域PMV一定条件での空調負荷評価と応用: 金 泰延, 加藤信介, 村上周三・空気調和・衛生工学会論文集 No.78, 2000.7 C

換気システムを変化させた場合の規準化居住域濃度, Visitation Frequency, Purging Flow Rate の系統的解析, 第1報−オフィス空間を対象とした居住域換気効率の評価に関する研究: 加藤信介, 伊藤一秀, 村上周三・空気調和・衛生工学会論文集, No.78, 2000.7 C

Particale TracingによるVisitation Frequency, Purging Flow Rateの基礎的解析, 不完全混合室内の居住域換気効率の評価に関する研究: 伊藤一秀, 加藤信介, 村上周三・日本建築学会計画系論文集, 第534号, 2000.8 C

換気効率指標の数値解析検証用の2次元室内気流実験, 不完全混合室内の居住域換気効率の評価に関する研究: 伊藤一秀, 加藤信介, 村上周三・日本建築学会計画系論文集, 第534号, 2000.8 C

Combined Simulation of Airflow, Radiation and Moisture Transport for Heat Release from A Human Body.: S. Murakami, S. Kato and J. Zeng・Building and Environment Vol.35 No.6, 2000.8 C

Design of High-Density Neighborhood Units with Low Environmental Load at Hot & Humid Regions: S. Murakmai, S. Kato, Y. Shiraishi, T. Ikaga and R. Ooka・ISRE 2000, International Workshop "Energy and Environment of Residential Buildings in China", 2000.8 C

平成12年技術動向, 2.2自然換気システム, ハイブリッドシステム: 加藤信介・空気調和・衛生工学, 第74巻第12号, 2000.12 C

高密度居住における居住密度限界の検討, 居住密度が室内照度, 建物周辺の通風量に及ぼす影響: 宋 斗三, 村上周三, 加藤信介, 伊香賀俊治, 金 泰延, 白石靖幸・日本建築学会関東支部研究報告集, 2000.3 E

揮発性有機化合物の放散・吸脱着等のモデリングとその数値予測に関する研究(その15), Small Test Chamberによる各種Purintからの化学物質放散量測定: 神 卓也, 村上周三, 加藤信介, 伊藤一秀, 朱 清宇・日本建築学会関東支部研究報告集, 2000.3 E

LESによる非等温室内気流解析, 2次元閉鎖空間内流れにおけるレイノルズ応力, 温度フラックスの収支について: 土屋直也, 村上周三, 加藤信介, 大岡龍三, 飯塚 悟・第11回計算流体シンポジウム講演梗概集, 2000.7 E

火災プルームによる天井ジェットの標準k-εモデルに基づく数値シミュレーション: 原 哲夫, 横井睦己, 加藤信介・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

LESによる地形まわりの局所風況の予測(その1), 2次元山越え気流を対象として地表面粗度の影響の検討: 李 春絃, 持田 灯, 村上周三, 加藤信介, 飯塚 悟・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9, E

(1方程式+WET型)Two layer modelによる建物外壁面の対流熱伝達率の解析: 吉田伸治, 村上周三, 大岡龍三, 加藤信介, 金 泰延・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

室内化学物質による呼吸空気質汚染の数値解析とその制御に関する研究(その6), トレーサーガス実験による人体吸気勢力範囲の測定: 朱 晟偉, 加藤信介, 村上周三, 林 立也・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

室内化学物質による呼吸空気質汚染の数値解析とその制御に関する研究(その7), 個別汚染源の人体吸入空気汚染への寄与に関するCFD解析: 林 立也, 加藤信介, 村上周三, 朱 晟偉・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

揮発性有機化合物の放散・吸脱着等のモデリングとその数値予測に関する研究(その16), Small Test Chamberを用いた各種ペイントからの化学物質放散量測定: 神 卓也, 村上周三, 加藤信介, 伊藤一秀, 近藤靖史, 朱 清宇・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

揮発性有機化合物の放散・吸脱着等のモデリングとその数値予測に関する研究(その17), カップ法による各種ペイント, 壁紙材中の有効拡散係数の測定: 加藤信介, 村上周三, 伊藤一秀, 朱 清宇, 近藤靖史, 神 卓也・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

揮発性有機化合物の放散・吸脱着等のモデリングとその数値予測に関する研究(その18), ペイント硬化による化学物質放散速度減衰効果を組み込んだ放散モデルの開発: 伊藤一秀, 村上周三, 加藤信介, 近藤靖史, 朱 清宇・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

揮発性有機化合物の放散・吸脱着等のモデリングとその数値予測に関する研究(その19), 小型デシケータによる壁紙材透過のVOC放散実験とCFD解析: 朱 清宇, 村上周三, 加藤信介, 近藤靖史, 伊藤一秀, 神 卓也・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

揮発性有機化合物の放散・吸脱着等のモデリングとその数値予測に関する研究(その20), 実大居室模型を用いた化学物質濃度分布・吸脱着効果の測定: 山本 明, 村上周三, 加藤信介, 伊藤一秀, 近藤靖史, 迫田章義・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

揮発性有機化合物の放散・吸脱着等のモデリングとその数値予測に関する研究(その21), CFDによるFLEC内の流れ場・拡散場解析: 村上周三, 加藤信介, 朱 清宇, 田辺新一, 伊藤一秀・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

開放型灯油ストーブによる室内空気汚染に関する研究, CFDによるモデル室内の汚染質濃度解析と吸着効果の検討: 佐藤寛之, 加藤信介, 村上周三, 金 泰延・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

自然通風と放射パネル冷房を併用したハイブリッド空調方式に関する研究, 放射パネル方式と床吹出方式の比較: 平山禎久, 加藤信介, 村上周三, 金 泰延, 宋 斗三・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

高温多湿気候区の都市高密度居住に関する研究(その1), ハノイの伝統的民家における環境実測の概要: 金 泰延, 村上周三, 加藤信介, 白石靖幸, 大岡龍三, 伊香賀俊治, 李 顕旺・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

高温多湿気候区の都市高密度居住に関する研究(その2), ハノイの伝統的民家における室内温熱環境実測結果: 李 顕旺, 村上周三, 加藤信介, 白石靖幸, 大岡龍三, 伊香賀俊治, 金 泰延・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

ポーラス型居住区の環境工学的特性の解明(その1), VOIDの概念設計と環境解析のためのモデル設定: 白石靖幸, 村上周三, 加藤信介, 伊香賀俊治, 金 泰延, 宋 斗三・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

ポーラス型居住区の環境工学的特性の解明(その2), ポーラス化, 高密度化が室内天空率に与える影響の検討: 宋 斗三, 村上周三, 加藤信介, 白石靖幸, 伊香賀俊治, 金 泰延・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

冷房時のオフィス空間における自然換気併用ハイブリッド空調方式に関する研究(その13), 自然換気流入湿度変化が快適性・空調負荷に与える影響: 張 賢在, 加藤信介, 村上周三, 北村規明, 近本智行, 金 泰延・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

冷房時のオフィス空間における自然換気併用ハイブリッド空調方式に関する研究(その14), タスク域温度一定制御時の自然換気流入温度が室内温熱環境と空気質に及ぼす影響: 近本智行, 加藤信介, 村上周三, 張 賢在, 金 泰延, 北村規明・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

自然換気されるドーム内部の夏期の温熱環境に関する研究(その2), 頂部, 壁面の開口条件と室内発熱及び換気回数の関係に関するCFD解析: 栩木 学, 加藤信介, 村上周三, 張 賢在, 高橋岳生・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

非等温室内気流性状のLESデータベース作成に関する研究(その1), レイノルズ応力, 温度フラックスの輸送方程式におけるコンシステントスキームの適用: 土屋直也, 大岡龍三, 村上周三, 加藤信介, 飯塚 悟・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

非等温室内気流性状のLESデータベース作成に関する研究(その2), 2次元閉鎖空間内流れにおけるレイノルズ応力, 温度フラックスの収支について: 飯塚 悟, 土屋直也, 村上周三, 加藤信介, 大岡龍三・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

風力発電用風車建設最適地検討用の局所風況予測モデルに関する風洞実験(その1), 二次元丘陵模型を用いた山越え気流に関する予備実験: 高橋岳生, 加藤信介, 村上周三, M.F.Yassin・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

応力方程式モデルによる乱流浮力プルームの解析: 青柳 敦, 加藤信介, 村上周三・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

建築・都市の環境負荷評価に関する研究(その2), 我が国の建築関連CO2排出削減対策の検討: 伊香賀俊治, 村上周三, 加藤信介, 白石靖幸・日本建築学会大会学術講演梗概集(東北), 2000.9 E

我が国の建築関連CO2排出量の2050年までの予測, 建築・都市の環境負荷評価に関する研究: 伊香賀俊治, 村上周三, 加藤信介, 白石靖幸・日本建築学会計画系論文集 第535号, 2000.9 E

ボイドを有する高層大学校舎における自然換気ハイブリッド空調システムに関する研究(その1), システム概要と省エネルギー効果: 近本智行, 伊香賀俊治, 中村准二, 加藤信介, 村上周三, 高橋岳生, 張 賢在・空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 2000.9 E

ボイドを有する高層大学校舎における自然換気ハイブリッド空調システムに関する研究(その2), 実測概要と秋期実測結果: 高橋岳生, 加藤信介, 村上周三, 張 賢在, 伊香賀俊治, 近本智行, 中村准二・空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 2000.9 E

揮発性有機化合物の放散・吸脱着等のモデリングとその数値予測に関する研究(その22), Small Test Chamberに設置した建材表面の物質伝達率に関するCFD解析: 加藤信介, 村上周三, 朱 清宇, 伊藤一秀・空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 2000.9 E

揮発性有機化合物の放散・吸脱着等のモデリングとその数値予測に関する研究(その23), 実大居室模型を対象とした化学物質放散・吸脱着のCFD解析: 朱 清宇, 加藤信介, 村上周三, 伊藤一秀, 太田直希・空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 2000.9 E

揮発性有機化合物の放散・吸脱着等のモデリングとその数値予測に関する研究(その24), FLEC内の化学物質放散性状に関するCFD解析: 村上周三, 加藤信介, 朱 清宇, 伊藤一秀, 田辺新一・空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 2000.9 E

冷房時のオフィス空間における自然換気併用ハイブリッド空調方式に関する研究(その15), 自然換気流入温・湿度変化が室内温熱環境と空気質に及ぼす影響: 張 賢在, 加藤信介, 村上周三, 北村規明, 近本智行, 金 泰延・空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 2000.9 E

室内温熱環境のCFD逆問題解析による最適設計手法の開発, 吹出口の位置および形状の違いが室内環境に及ぼす影響: 金 泰延, 加藤信介, 村上周三・空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 2000.9 E

Field Test on Natural Ventilation Performance of Swinging Windows in a Building: LEE Sen Wong, Kato Shinsuke, Murakami Shuzo, Takahashi Takeo, Chang Hyunjae・空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 2000.9 E

自然通風と放射パネル冷房を併用したハイブリッド空調方式に関する研究(その2), 夏季と冬季における室内温熱環境性状・空調負荷の検討: 平山禎久, 加藤信介, 村上周三, 宋 斗三, 金 泰延・空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 2000.9 E

高温多湿気候におけるアダプティブ空調システムに関する研究, 人間の熱的適応性を考慮したアダプティブモデルの文献調査と考察: 宋 斗三, 加藤信介, 村上周三, 白石靖幸, 金 泰延・空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 2000.9 E

ポーラス型居住区の環境工学的特性の解明(その3), 局所換気効率指標による街区スケールVOIDの通風性状評価: 白石靖幸, 村上周三, 加藤信介, 伊香賀俊治, 金 泰延, 宋 斗三, 平野智子・空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 2000.9 E

ポーラス型居住区の環境工学的特性の解明(その4), 建物, 街区スケールのVOID変化が室内, 屋外の天空率に与える影響の検討: 平野智子, 村上周三, 加藤信介, 伊香賀俊治, 白石靖幸, 金 泰延, 宋 斗三・空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 2000.9 E

室内化学物質による呼吸空気質汚染の数値解析とその制御に関する研究(その8), 静穏室内における個別汚染源の人体吸入空気汚染への寄与に関するCFD解析: 林 立也, 加藤信介, 村上周三, 朱 晟偉・空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集, 2000.9 E

LESによる非等温室内気流解析, LES Analysis of Non-Isothermal Room Airflow: 土屋直也, 村上周三, 加藤信介, 大岡龍三・第14回 数値流体力学シンポジウム, 2000.12 E

CFD解析による室内環境の最適設計手法に関する研究, Developing Design Method of Indoor Thermal Environment using CFD Method: 金 泰延, 加藤信介, 村上周三・第14回 数値流体力学シンポジウム, 2000.12 E

(1方程式+WET型)Two-Layerモデルによる建物外表面の対流熱伝達率分布の数値解析, Numerical analysis on heat transfer coefficients of outdoor wall surface with two layer model: 吉田伸治, 村上周三, 大岡龍三, 加藤信介, 金 泰延・第14回 数値流体力学シンポジウム, 2000.12 E

風による火の粉飛散に伴う都市火災伝搬に関するCFD解析: 白石靖幸, 加藤信介, 吉田伸治, 村上周三・第16回 風工学シンポジウム, 2000.12 E

Distribution of Chemical Pollutants in a Room Based on CFD Simulation Coupled with Emission/Sorption Analysis: Shuzo Murakami, Shinsuke Kato, Kazuhide Ito, Akira Yamamoto, Yasushi Kondo, Jun-ichi Fujimura, 2000 G

川口 研究室 Kawaguchi Lab.

Experimental Studies of Single Layer Lattice Structures- Cantilever Beams and Lattice-Type Plates: Liu Peng, A. Nishida and K. Kawaguchi・Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, No.33, pp.87-96, 2000.3 A

膜の捩れパターンを利用した開閉式屋根構造に関する研究: 小澤雄樹, 川口健一・生産研究, 52巻, 4号, pp.15-18, 東京大学生産技術研究所, 2000.4 A

圧電ポリマーを用いた膜構造のための低剛性センサーの開発に関する基礎的研究: 樫本信隆, 川口健一・生産研究, 52巻, 4号, pp.19-22, 東京大学生産技術研究所, 2000.4 A

シザーズ型展開構造物の単層ラチスドームへの適用に関する研究: 近藤慎輔, 川口健一・生産研究, 52巻, 4号, pp.23-26, 東京大学生産技術研究所, 2000.4 A

平板型ラチス構造物の波動伝播に関する研究: 劉 鵬, 西田明美, 川口健一・生産研究, 52巻, 5号, pp.43-46, 東京大学生産技術研究所, 2000.5 A

矩形張力膜のしわ性状に関する実験的研究: 呂 品埼, 川口健一・構造工学論文集, Vol.46B, pp.161-165, 日本学術会議, 2000.3 C

単層ラチス構造物の波動伝播特性に関する基礎的研究 その1: インパクトハンマーによる片持ち梁の打撃実験: 西田明美, 劉 鵬, 川口健一・構造工学論文集, Vol.46B, pp.175-179, 日本学術会議, 2000.3 C

パーツ方式によるハイブリッド単層ラチスシェルの試設計と解析: 金山 敬, 福本早苗, 藤井彰人, 和田安弘, 川口健一・日本建築学会技術報告集, 12号, pp.83-88, 日本建築学会, 2000.3 C

円筒膜の捩りパターンを利用した開閉式膜構造システム: 川口健一, 小澤雄樹・膜構造研究論文集'99, pp.43-48, 日本膜構造協会, 1999.12 C

平面矩形張力膜のしわ発生に関する実験的研究: 呂 品埼, 川口健一・膜構造研究論文集'99, pp.49-55, 日本膜構造協会, 1999.12 C

Experimental Studies about Wave Propagation Properties of Single Layer Lattice Structures - Part 1: Preliminary Tests: Peng Liu, A. Nishida and K. Kawaguchi・Proc. of 6th Asian Pacific Conference on Shell and Spatial Structures, Volume I, Ed. by T.J. Kwun and D.G. Lee, Hakmun Pub. Inc., pp.57-63, 2000.10 D

Experimental Studies about Wave Propagation Properties of Single Layer Lattice Structures - Part 2: Tests of Lattice-Type Plate Medels -: A. Nishida, P. Liu and K. Kawaguchi・Proc. of 6th Asian Pacific Conference on Shell and Spatial Structures, Volume I, Ed.by T.J. Kwun and D.G. Lee, Hakmun Pub. Inc., pp.65-71, 2000.10 D

A Deployable Frame for Single Layer Lattice Frames: K. Kawaguchi and S. Kondo・Proc. of 6th Asian Pacific Conference on Shell and Spatial Structures, Volume I, Ed.by T.J. Kwun and D.G. Lee, Hakmun Pub. Inc., pp.175-182, 2000.10 D

Preliminary Design of Single Layer Lattice Domes for Experimental Study: S. Oya and K. Kawaguchi・Proc. of 6th Asian Pacific Conference on Shell and Spatial Structures, Volume I, Ed.by T.J. Kwun and D.G. Lee, Hakmun Pub. Inc., pp.263-270, 2000.10 D

A Study on Precast Prestress Shell Structures with Irregular Shape: H.-H. Lee and K. Kawaguchi・Proc. of 6th Asian Pacific Conference on Shell and Spatial Structures, Volume II, Ed.by T.J. Kwun and D.G. Lee, Hakmun Pub. Inc., pp.573-580, 2000.10 D

Application of PVDF as a New Strain Gauge for Membrane: K. Kawaguchi and N. Kashimoto・Proc. of 6th Asian Pacific Conference on Shell and Spatial Structures, Volume II, Ed.by T.J. Kwun and D.G. Lee, Hakmun Pub. Inc., pp.661-668, 2000.10 D

Large Displacement Analysis for Flexible Structures using Singular Value Decomposition(SVD): K. Kawaguchi and Y. Hangai・Abstracts, IASS-IACM 2000, the Fourth International Colloquium on Computation of Shell & Spatial Structures, pp.146-147, 2000 D

Large Displacement Analysis for Flexible Structures using Singular Value Decomposition(SVD): K. Kawaguchi and Y. Hangai・Proc. of IASS-IACM 2000, the Fourth International Colloquium on Computation of Shell & Spatial Structures, CD-ROM, \Files\340.PDF, 12p, 2000 D

Fokdable Rigid Connections: M. Ebara and K. Kawaguchi・Proc. of the IUTAM-IASS Symposium on Deployable Structures: Theory and Applications, pp.97-105, 2000 D

A New Approach to Retractable Membrane Structures: K. Kawaguchi・Proc. of the IUTAM-IASS Symposium on Deployable Structures: Theory and Applications, pp.193-199, 2000 D

離散構造物の波動伝播解析−動的剛性法−: 西田明美・(続)兵庫県南部地震における構造物の衝撃的破壊に関するシンポジウム, pp.87-94, 2000.3 E

プレキャスト(PC)・プレストレスト(PS)工法による非定型シェルに関する研究: 李 炯勲, 川口健一・日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.845-846, 日本建築学会, 2000.9 E

トポグラフィシェルの力学的性状に関する実験的研究−荷重モードによる影響−: 松田知博, 林 完次, 高山 誠, 宮崎賢一, 真柄栄毅, 李 炯勲, 川口健一・日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.857-858, 日本建築学会, 2000.9 E

単層ラチス構造物の波動伝播実験 その2:平板型ラチス構造物の波動伝播実験−実験概要と実験結果−: 劉  鵬, 西田明美, 川口健一・日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.915-916, 日本建築学会, 2000.9 E

単層ラチス構造物の波動伝播実験 その3:平板型ラチス構造物の波動伝播実験−考察−: 西田明美, 劉 鵬, 川口健一・日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.917-918, 日本建築学会, 2000.9 E

大スパン構造物の耐震性能について, (その1:現状と各側面からの認識): 本田博之, 川口健一・日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.929-930, 日本建築学会, 2000.9 E

変形逆WT字型ユニットを用いた空間構造システムの研究開発: 矢野正敬, 今川憲英, 真柄栄毅, 宮崎賢一, 高山 誠, 川口健一・日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.973-974, 日本建築学会, 2000.9 E

シザーズ型展開システムによる単層ラチスドーム構造の試作: 近藤慎輔, 川口健一・日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.999-1000, 日本建築学会, 2000.9 E

空気の分子量に着目した空気膜構造のインフレート解析: 金子雅彦, 川口健一・日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.1063-1064, 日本建築学会, 2000.9 E

膜の捩れを利用した開閉式屋根構造: 小澤雄樹, 川口健一・日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.1073-1074, 日本建築学会, 2000.9 E

平面膜のしわ性状に関する実験的研究: 呂 品埼, 川口健一・日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.1077-1078, 日本建築学会, 2000.9 E

応力及び変位を指定した膜構造の逆解析 その1:定式化と簡単な例題: 小林 充, 川口健一・日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.1081-1082, 日本建築学会, 2000.9 E

圧電ポリマーを用いた膜構造のための低剛性歪センサーの開発に関する実験的研究: 樫本信隆, 川口健一・日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.1083-1084, 日本建築学会, 2000.9 E

大スパン構造物の歴史に関する調査: 呂 振宇, 川口健一・日本建築学会大会学術講演梗概集, B-1, pp.1103-1104, 日本建築学会, 2000.9 E

3次元拡張構造: 頴原正美, 川口健一・日本応用数理学会2000年度会講演予稿集, pp.80-81, 2000.10 E

内包空気分子数に着目した空気膜構造のインフレーション解析について: 金子雅彦, 川口健一・日本応用数理学会2000年度会講演予稿集, pp.86-87, 2000.10 E

応力変位指定の膜構造線形逆解析に関する基礎的研究について: 小林 充, 川口健一・日本応用数理学会2000年度会講演予稿集, pp.88-89, 2000.10 E

3次元拡張構造とその応用: 頴原正美, 川口健一・中部セメントコンクリート工学 論文集, 15号, pp.87-89, 中部セメントコンクリート研究会, 2000.11 E

ラチス構造物の波動伝播特性−平板型ラチス構造物の波動伝播実験−: 劉  鵬, 西田明美, 川口健一・平成12年度京都大学防災研究所研究集会論文集: 大空間構造に想定し得る被災の要因と対策, pp.1-10, 京都大学防災研究所, 2000.11 E

特集 形態解析: 川口健一・計算工学, Vol.5, No.4, 日本計算工学会, p.6, 2000.10 G

建築構造形態と形態解析: 川口健一・計算工学, Vol.5, No.4, 日本計算工学会, pp.7-10, 2000.10 G

表紙のCGの説明: 川口健一・計算工学, Vol.5, No.4, 日本計算工学会, p.54, 2000.10 G

藤井(明)研究室 Fujii A. Lab.

集落探訪: 藤井 明・建築資料研究社, 2000.12 B

断面系列に関する研究 その4−レ−ブグラフを用いた空間分析(2)−: 山中新太郎, 藤井 明, 曲渕英邦, 槻橋 修・日本建築学会大会学術講演梗概集, E-1, pp.947-948, 2000.9 E

世界の伝統的集落に関するインターネット・データベース・システムの開発−その1. 「世界集落データベース・評価版」の設計と試験公開: 槻橋 修, 藤井 明, 曲渕英邦, 及川清昭, 山中新太郎, 福若郷子・日本建築学会大会学術講演梗概集, E-2, pp.263-264, 2000.9 E

グラフ指標を用いたコンパウンドの空間組成分析−北カメルーン・マリの現地調査より その1−: 福若郷子, 藤井 明, 曲渕英邦, 及川清昭, 槻橋 修, 伊原朋行・日本建築学会大会学術講演梗概集, E-2, pp.287-288, 2000.9 E

街区スケールにおける空隙の形態に関する研究 ベトナム・ハノイ36通り地区の現況調査: 郷田桃代, 藤井 明, 曲渕英邦, 鍋島憲司・日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, pp.641-642, 2000.9 E

都市空間の歩行者分布に関する調査分析 その5 歩行条件を考慮した歩行者分布のシミュレーション: 大河内学, 藤井 明, 曲渕英邦, 伊藤香織・日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, pp.833-834, 2000.9 E

コンパウンド(複合住居)の空間組成に関する研究: 藤井 明, 及川清昭, 曲渕英邦, 槻橋修, 伊原朋行, 福若郷子・住宅総合研究財団 研究年報, No.26, pp.119-130, 2000.3 F

人型住居 バンディアガラ断層のドゴン族: 藤井 明・すまいろん, 53号, pp.2-3, 住宅総合研究財団, 2000.1 G

てりむくり, 日本建築に固有の曲線美: 藤井 明・産経新聞, 2000.3 G

鞍型屋根の連続住居 インドネシアのマドゥラ族: 藤井 明・すまいろん, 54号, pp.2-3, 住宅総合研究財団, 2000.4 G

「コーリン・ロウ」という科学: 槻橋 修・建築文化2000年4月号, p.106, 彰国社, 2000.4 G

集落に見る不思議な形: 養老孟司, 藤井 明・日経サイエンス第30巻第6号 pp.92-97, 2000.6 G

屋根裏の隠し部屋 カメルーン・ヒデ族のコンパウンド: 藤井 明・すまいろん, 55号, pp.2-3, 住宅総合研究財団, 2000.6 G

下北沢: 槻橋 修・建築文化2000年7月号, p.88, 彰国社, 2000.7 G

アタカマ砂漠のオアシス ノルテ・グランデのカスパーニャ: 藤井 明・すまいろん, 56号, pp.2-3, 住宅総合研究財団, 2000.10 G

シティ・オブ・ツーリズム: 槻橋 修・表象のディスクール6 創造 現場から/現場へ(共著), p.33, 東京大学出版会, 2000.10 G

拡張するランドスケープのデザイン手法: 槻橋 修, 後藤 武・建築文化2000年11月号, p.46, 彰国社, 2000.11 G

インサイド・ランドスケープ: 槻橋 修・建築文化2000年11月号, p.106, 彰国社, 2000.11 G

アーバンスケープについて: 槻橋 修・建築文化2000年11月号, p.142, 彰国社, 2000.11 G

インテリアという戦場: 槻橋 修・node20世紀の技術と21世紀の建築(新建築2000年11月臨時増刊), p.138, 新建築社, 2000.11 G

トライバル・タウン: 槻橋 修・node20世紀の技術と21世紀の建築(新建築2000年11月臨時増刊), p.176, 新建築社, 2000.11 G

リバース・アーキテクチャ: 10+1 No.22, p.174, INAX出版, 2000.12 G

曲渕 研究室 Magaribuchi Lab.

大学キャンパスの計画手法に関する研究 〜マスタープランの計画水準とその階層構造〜: 今井公太郎, 曲渕英邦, 大河内学・日本建築学会大会学術講演梗概集, E-1, pp.185-186, 2000.9 E

断面系列に関する研究 その4−レ−ブグラフを用いた空間分析(2)−: 山中新太郎, 藤井 明, 曲渕英邦, 槻橋 修・日本建築学会大会学術講演梗概集, E-1, pp.947-948, 2000.9 E

平面形態の充填指標に関する研究: 鍋島憲司, 曲渕英邦, 郷田桃代・日本建築学会大会学術講演梗概集, E-1, pp.949-950, 2000.9 E

世界の伝統的集落に関するインターネット・データベース・システムの開発−その1. 「世界集落データベース・評価版」の設計と試験公開: 槻橋 修, 藤井 明, 曲渕英邦, 及川清昭, 山中新太郎, 福若郷子・日本建築学会大会学術講演梗概集, E-2, pp.263-264, 2000.9 E

グラフ指標を用いたコンパウンドの空間組成分析−北カメルーン・マリの現地調査より その1−: 福若郷子, 藤井 明, 曲渕英邦, 及川清昭, 槻橋 修, 伊原朋行・日本建築学会大会学術講演梗概集, E-2, pp.287-288, 2000.9 E

街区スケールにおける空隙の形態に関する研究 ベトナム・ハノイ36通り地区の現況調査: 郷田桃代, 藤井 明, 曲渕英邦, 鍋島憲司・日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, pp.641-642, 2000.9 E

テナントの持続と交替にみる都市空間の変容 その4 テナントデータ拡張に向けて: 伊藤香織, 曲渕英邦, 今井公太郎・日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, pp.803-804, 2000.9 E

都市空間の歩行者分布に関する調査分析 その5 歩行条件を考慮した歩行者分布のシミュレーション: 大河内学, 藤井 明, 曲渕英邦, 伊藤香織・日本建築学会大会学術講演梗概集, F-1, pp.833-834, 2000.9 E

コンパウンド(複合住居)の空間組成に関する研究: 藤井 明, 及川清昭, 曲渕英邦, 槻橋修, 伊原朋行, 福若郷子・住宅総合研究財団 研究年報 , No.26, pp.119-130, 2000.3 F

橘 研究室 Tachibana Lab.

音響インテンシティ法による在来線鉄道の音響放射特性の検討: 朱 鎭洙, 日高新人, 橘 秀樹・日本音響学会誌56巻1号 pp.32-38, 2000.1 C

Numerical study on the absorption characteristics of resonance-type brick/block walls: Shinichi Sakamoto, Hikari Mukai, and Hideki Tachibana・J. Acoust. Soc. Jpn.(E), Vol.21, No.1 p.9-16, 2000.1 C

音環境の技術的展望: 橘 秀樹・環境技術, Vol.29, No.2, p.149-456, 2000.2 C

Psychoacoustic studies on assessment of floor impact sounds: Anna Preis, Mutsumi Ishibashi and Hideki Tachibana・J. Acoust. Soc. Jpn.(E), Vol.21, No.2 p.69-77, 2000.3 C

トンネル坑口周辺部の騒音予測法について: 三宅龍雄, 高木興一, 山本貢平, 橘 秀樹, 飯森英哲・騒音制御 Vol.24, No.2 pp.127-135, 2000.4 C

遮音性能評価法の整合化と今後の課題: 橘 秀樹・日本音響学会誌56巻5号(2000), pp.286-291, 2000.5 C

ホール音響のオーラリゼーション: 橘 秀樹・日本音響学会誌56巻5号(2000)pp.354-360, 2000.5 C

演奏者にとっての「実感」 −心の通い合う演奏を求めて−: 千住真理子, 橘 秀樹, 小野隆彦, 河原英紀・日本音響学会誌56巻5号(2000), pp.367-371, 2000.5 C

Experimental study on the effect of early reflections on players by binaural simulation technique: K. Ueno, H. Tachibana, F. Sato, Takahiko Ono and M. Senju・J. Acoust. Soc. Jpn.(E), Vol.21, No.3 p.167-170, 2000.5 C

道路交通騒音の調査・予測・評価の手法と留意事項: 橘 秀樹・騒音制御, Vol.24, No.4 pp.218-225 , 2000.8 C

Difference in acoustic effect of sound diffusers due to room shapes: T. Yokota, T. Seimiya, S. Sakamoto and H. Tachibana・J. Acoust. Soc. Jpn.(E), Vol.21, No.5 pp.283-285 , 2000.9 C

Recent movement of administration for environmental noise problem in Japan: H. Tachibana・J. Acoust. Soc. Jpn.(E), Vol.21, No.6 pp.297-306, 2000.11 C

音響測定における2乗積分の効用: 橘 秀樹・Journal of Signal Processing, Vol.4, No.6, pp.405-416, 2000.11 C

Recent movement of administration for environmental noise problem in Japan: H. Tachibana DAGA2000(2000.3), 2000.3 D

Subjective effect of HVAC noise on music players: K. Ueno, M. Senju, H.Tachibana and T. Ono・Proceedings of InterNoise 2000, pp.337-340, 2000.8 D

Numerical and experimental study on the performance of noise barriers with a variety of shapes: S. Sakamoto and H. Tachibana・Proceedings of InterNoise 2000, pp.527-530, 2000.8 D

New heavy impact source for the measurement of floor impact sound insulation of buildings: K. Inoue, M. Yasuoka and H. Tachibana・Proceedings of InterNoise 2000, pp.1493-1496, 2000.8 D

New environmental impact assessment method for road traffic noise in Japan: K. Uesaka, H. Ohnishi and H. Tachibana・Proceedings of InterNoise 2000, pp.1867-1872, 2000.8 D

The present situation and the trend of standards and regulations for sound environment protection in Japan: Y. Okumura, H. Tachibana and H. Fujita, Y. suzuki, E. Toda・Proceedings of InterNoise 2000, pp.1874-1879, 2000.8 D

Road traffic noise prediction model 'ASJ MODEL 1998' proposed by the acoustical society of Japan -Part 1: Its structure and the flow of calculation: H. Tachibana・Proceedings of InterNoise 2000, pp.3075-3080, 2000.8 D

Road traffic noise prediction model 'ASJ MODEL 1998' proposed by the acoustical society of Japan -Part 2: Calculation model of sound power levels of road vehicles: Y. Oshino, S. Kono, T. Iwase, H. Ohnishi, T. Sone and H. Tachibana・Proceedings of InterNoise 2000, pp.3081-3086 , 2000.8 D

Prediction of road traffic noise around tunnel mouth: K. Takagi, T. Miyake, K. Yamamoto and H. Tachibana・Proceedings of InterNoise 2000, p.3099-3104, 2000.8 D

Road traffic noise prediction with the consideration of the relation between traffic volume and vehicle speed: T. Tajika, H. Tachibana, K. Yamamoto and Y. Oshino・Proceedings of InterNoise 2000, pp.3105-3110, 2000.8 D

Visual and aural presentations for education of architectural acoustics: H. Tachibana・Proceedings of InterNoise 2000, pp.3699-3704, 2000.8 D

Laboratory measurement of air-bone sound insulation of building elements by sound intensity: H. Yano and H. Tachibana・Proceedings of InterNoise 2000, pp.3747-3750, 2000.8 D

Development of a loud speaker type reference sound source: A. Takazawa, M. Ohnishi, H. Suzuki, T. Ono and H. Tachibana・Proceedings of InterNoise 2000, pp.3819-3822 , 2000.8 D

The outline of road traffic noise prediction model ASJ Model 1998 proposed by the Acoustical Society of Japan: H. Tachibana・Proceedings of the seventh Western Pacific Regional Acoustics Conference pp.775-782, 2000.10 D

Experimental study on the effect of noise on conversation in public spaces using 6-channel recording/reproduction system: S. Yokoyama, K. Ueno and H. Tachibana・Proceedings of the seventh Western Pacific Regional Acoustics Conference pp.843-846, 2000.10 D

Subjective experiment on the effect of long-path reflection on players in a simulated sound field: K. Ueno, F. Satoh, H. Tachibana and T. Ono・Proceedings of the seventh Western Pacific Regional Acoustics Conference pp.973-976, 2000.10  D

Numerical study on the effect of sound diffusers for various room shapes: S. Sakamoto, T. Yokota, T. Seimiya and H. Tachibana・Proceedings of the seventh Western Pacific Regional Acoustics Conference pp.1299-1304, 2000.10 D

新幹線騒音の予測評価手法について: 長倉 清, 善田康夫, 橘 秀樹・日本音響学会騒音・振動研究委員会/建築音響研究会資料, N-2000-01/AA-2000-01, 2000.1 E

ホール・ステージ上の音場評価における演奏者の評価構造: 上野佳奈子, 小島隆矢, 橘 秀樹・日本科学技術連盟第23回多変量解析シンポジウム発表要旨, pp.133-138, 2000.3 E

聖イグナチオ教会の音響設計: 橘 秀樹, 飯田一博, 向井ひかり・日本音響学会建築音響研究委員会資料 AA2000-12, 2000.3 E

6チャンネルシステムによるステージ音場シミュレーション: 上野佳奈子, 橘 秀樹, 安田勝彦, 小野隆彦・日本音響学会研究発表会講演論文集 p.713-714, 2000.3 E

不連続音響反射板の反射特性−受音位置の違いによる反射特性の差異−: 横田考俊, 坂本慎一, 橘 秀樹・日本音響学会研究発表会講演論文集, pp.717-718, 2000.3 E

環境騒音測定における建物の反射の影響: 橘 秀樹, 山本貢平, 吉村純一, 岩瀬昭雄, 和気信二・日本音響学会研究発表会講演論文集 pp.635-636, 2000.3 E

拡散体の音波散乱特性と室内音場の拡散性への寄与: 横田考俊, 清宮拓磨, 坂本慎一, 橘秀樹・日本音響学会建築音響研究委員会資料, AA2000-19, 2000.5 E

音場の主観評価実験のための6ch.収音・再生システム: 橘 秀樹, 上野佳奈子, 横山 栄・JASコンファレンス2000 pp.114-117, 2000.6 E

残響室法吸音率の測定結果に対する室形状の影響: 坂本慎一, 豊田恵美, 橘 秀樹・電子情報通信学会信学技報 EA2000-20, 2000.6 E

建築物及び建築部材の遮音性能の評価方法: 橘 秀樹・日本音響学会建築音響研究会資料 AA2000-33, 2000.7 E

障壁による音波の反射・回折の可視化: 清宮拓磨, 坂本慎一, 橘 秀樹・日本音響学会建築音響研究会資料 AA2000-42, 2000.8 E

各種断面形状をもつ防音塀の減音効果: 清宮拓磨, 坂本慎一, 橘 秀樹・日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集, pp.141-144, 2000.9 E

ASJ Model 1998による遮音壁の設置延長に関する検討: 平野米子, 田近輝俊, 山本貢平, 橘 秀樹・日本騒音制御工学会研究発表会講演論文集, pp.149-152, 2000.9 E

環境騒音に関する法律体系とアカデミックスタンダード: 橘 秀樹・日本騒音制御工学会研究発表会, 2000.9 E

演奏者に対する空調騒音の影響に関する実験的検討: 上野佳奈子, 安田勝彦, 橘 秀樹・日本建築学会大会学術講演梗概集, pp.49-50, 2000.9 E

SIスキャニング法による石膏ボード2層張りの音響透過損失の測定: 内藤洋一, 矢野博夫, 坂本慎一, 橘 秀樹, 松本敏夫・日本建築学会大会学術講演梗概集, pp.195-196 , 2000.9 E

音響インテンシティ法を用いた実験室における音響透過損失測定法: 矢野博夫, 内藤洋一, 渡辺勇一朗, 橘 秀樹・日本建築学会大会学術講演梗概集, pp.223-224, 2000.9 E

残響室法吸音率の測定結果に対する室形状の影響−その1. 実験的検討: 豊田恵美, 坂本慎一, 橘 秀樹・日本建築学会大会学術講演梗概集, pp.225-226, 2000.9 E

残響室法吸音率の測定結果に対する室形状の影響−その2. 差分法による数値解析: 坂本慎一, 豊田恵美, 橘 秀樹・日本建築学会大会学術講演梗概集, pp.227-228, 2000.9 E

道路交通騒音の環境影響評価技術手法: 上坂克巳, 大西博文, 橘 秀樹・日本音響学会講演論文集, pp.555-556, 2000.9 E

商業施設内を低速走行する場合の自動車走行騒音パワーレベルの検討: 田近輝俊, 押野康夫, 坂本慎一, 橘 秀樹・日本音響学会講演論文集, pp.569-570, 2000.9 E

間欠騒音のLAmaxの予測に関する基礎的研究: 石橋睦美, 田近輝俊, 坂本慎一, 橘 秀樹・日本音響学会講演論文集, pp.571-572, 2000.9 E

路面の平均溝深さとタイヤ/路面騒音の関係: 三上哲夫, 押野康夫, 橘 秀樹・日本音響学会講演論文集, pp.593-594, 2000.9 E

SI法によるパワーレベル測定における閉曲面内吸音力の測定精度への影響: 矢野博夫, 橘秀樹・日本音響学会講演論文集, pp.631-632, 2000.9 E

6チャンネル収音・再生方式を用いた公共空間の音環境評価 −会話のしやすさに関する評価実験: 横山 栄, 上野佳奈子, 橘 秀樹・日本音響学会講演論文集, pp.737-738, 2000.9 E

差分法による開領域計算のための完全吸音境界の検討: 内藤洋一, 横田考俊, 坂本慎一, 橘 秀樹・日本音響学会講演論文集, pp.751-752 , 2000.9 E

不連続音響反射板の反射特性−高さ方向に配置を変化させた場合−: 横田考俊, 斉木 崇, 内藤洋一, 坂本慎一, 橘 秀樹・日本音響学会講演論文集, pp.779-780, 2000.9 E

6チャンネル収音・再生システムによる音場シミュレーション −聴感実験のための受聴エリアに関する検討: 安田勝彦, 池田正人, 横山 栄, 上野佳奈子, 橘 秀樹・日本音響学会講演論文集, pp.789-790, 2000.9 E

数値解析による多次元音場シミュレーション−平面4chシステムの試み−: 坂本慎一, 清宮拓磨, 横田孝俊, 橘 秀樹・日本音響学会講演論文集, pp.799-800, 2000.9 E

文京シビックセンター大ホールの音響計画: 司馬義英, 桂川潤次郎, 橘 秀樹・日本音響学会講演論文集, pp.825-826, 2000.9 E

広島市立基町高等学校の音響設計: 園田有児, 橘 秀樹・日本音響学会講演論文, pp.835-836, 2000.9 E

障壁による音波の反射・回折現象の可視化: 清宮拓磨, 坂本慎一, 橘 秀樹・日本音響学会講演論文集, pp.1073-1074, 2000.9 E

ホール・ステージ音場における演奏者の評価: 上野佳奈子, 小島隆矢, 橘 秀樹・日本行動計量学会第28会大会, pp.105-108, 2000.10 E

6ch.収音・再生システムの原理と応用: 橘 秀樹, 横山 栄, 上野佳奈子, 安田勝彦, 池田正人・電気情報通信学会 信学技報, HDA2000-13, 2000.11 E

ホール・ステージ音場における演奏者の評価−統計的因果分析による評価モデル構築の試み−: 上野佳奈子, 小島隆矢, 橘 秀樹・日本音楽知覚認知学会平成12年度秋季研究発表会資料, pp.26-31, 2000.11 E

音響設計の概要と音響性能(広島市立基町高等学校): 橘 秀樹・建築技術, 2000.8 G

野城 研究室 Yashiro Lab.

Economic Structure and Maturity: Collected papers in input-output modeling and applications: Ranko Bon, 野城智也(一部分担 「Some New Evidence of Old Trends: Japanese Construction, 1960-1990」pp.329-338 を担当)・E & FN Spon, 2000.3 B

Continuous customization in housing - Proceedings of the conference of CIB W104 open building implementation, 16-18 October 2000, Tokyo: 野城智也(編者)・OBT organizing committee(CIB publication no.254), 2000.10 B

みんなの声でつくる公共建築 成功させる公共プロジェクト VMS: 野城智也(編集委員長), 土屋邦男, 長谷川直司, 加藤秀雄, 河原 透, 観音克平, 竹内義雄, 片渕利幸・87p, 公共建築協会, 2000.11 B

地域の中小規模住宅生産組織の現状に関する研究 その1 東京都世田谷区にみる維持保全改修市場における潜在的可能性: 野城智也, 西本賢二, 渡邊雄二・住宅問題研究, Vol.16, No.2, pp.47-72, (財)住宅金融普及協会, 2000.5 C

Development of open building system as sustainable urban element: T. Yashiro, S. Okamoto, M. Matsuie and R. Tanaka・Proceedings of the RILEM/CIB/ISO International Symposium, Integrated Life-Cycle Design of Materials and Structures ILCDES, pp.260-264, VTT, 2000.5 D

Earthquake safety assessment of proposed open building system with target service life of 200 years: M. Okamoto, M. Ozaki, T. Hayashi, K. Yashiro, M. Nakamura, Y. Matsuie, Tanaka and J. Gu・Proceedings of the RILEM/CIB/ISO International Symposium, Integrated Life-Cycle Design of Materials and Structures ILCDES, pp.265-270, VTT, 2000.5 D

Sustainable Building - A Japanese perspective: T. Yashiro・Second Japan-Scandinavia Seminar on building technology,“Life Cycle Quality, Productivity and Ecology in building”, Majvik, Masala, Finland, 25-26 May, VTT, 2000.5 D

Sustainable building ? a Japanese perspective: Tomonari Yashiro・Workshop資料w2-5 ? 16, International Symposium“AOF Asia 2000” in Tokyo, June 23-25, (社)日本建築家協会, 2000.6 D

Construction sectors as 'service providers', Alternative business model for sustainable construction: T. Yashiro・Proceedings of CIB W55/65/82 TG23 joint meeting, Univ. of Reading, 2000.9 D

From product provider to service provider - Relevant industrial change for sustainable building implementation: T. Yashiro・Proceedings of international conference sustainable building 2000, 22-25 October 2000, Maastricht, The Netherlands, pp79-81, Aeneas Technical publishers(ISBN: 90-75365-36-5), 2000.10 D

Sustainable building implementation from Japanese perspective: S. Murakami, T. Yashiro, T. Tanaka, T. Ikaga and K. Iwamura・Proceedings of international conference sustainable building 2000, 22-25 October 2000, Maastricht, The Netherlands, pp58-60, Aeneas Technical publishers(ISBN: 90-75365-36-5), 2000.10 D

Trial of 'skeleton rent system' in private sector using Nikkenkei open housing system: S. Okamoto T. Yashiro, M. Matsuie and R. Tanaka・Proceedings of the conference of CIB W104 open building implementation 'continuous customization in housing', 16-18 October 2000, Tokyo, pp71-78,OBT organizing committee(CIB publication no.254), 2000.10 D

建築生産における資源再利用パフォーマンスの計測方法に関する研究, サステナブル・コンストラクションの評価インジケーターに関する考察 第2報: 野城智也,楊 詩弘, 翁 佳梁・日本建築学会第16回建築生産シンポジウム論文集, pp.39-44, 日本建築学会,  2000.7 E

住宅部品及びその構成材の再利用に関する基礎的研究: 西本賢二, 野城智也,楊 詩弘, 翁 佳梁・日本建築学会第16回建築生産シンポジウム論文集, pp.89-94, 日本建築学会, 2000.7 E

変革期における建設業の技術開発の展開: 田中良寿, 岡本 伸, 野城智也・日本建築学会第16回建築生産シンポジウム論文集, pp.119-126, 日本建築学会, 2000.7 E

公的建築プロジェクトにおけるバリューマネジメントシステムに関する研究: 小野久美子, 野城智也, 長谷川直司, 観音克平, 吉田邦雄, 竹内義雄, 加藤秀雄, 河原 透・日本建築学会第16回建築生産シンポジウム論文集, pp.205-210, 日本建築学会, 2000.7 E

Relevant factors and possible indicator to 'resource reuse efficiency' in construction: T. Yashiro・Official report of OECD/IEA Joint workshop on achieving sustainability and efficiency in building Part II, ENV/EPOC/PPC(2000)3/PART2, p101-pp113, Environment Policy Committee OECD, 2000.5 F

建設資材リサイクル法と建築: 野城智也・雑誌 新建築, p.25, 新建築社・2000.5 G

野城智也さんと考える・住まいの誌上講座 ストック時代の住宅と設備にグローバル感覚を: 野城智也・月刊ヴォーン, 2000年7月号, pp.7-13, 詢報社, 2000.7 G

短寿命「貧困トラップ」から脱出しよう: 野城智也・月刊環境共生住宅, pp.10-15, 環境新聞社, 2000.8 G

いま日本にはどのくらいの建物ストックがあるのか: 野城智也・BELCA NEWS, Vol.12, No.68, pp.29-35, (社)建築・設備維持保全推進協会, 2000.9 G

インタビュー 環境にダメージを与えない「家の捨て方」: 野城智也・週刊住宅情報, 平成12年11/1号, pp.76-77, リクルート, 2000.10 G

VM・VEとは: 野城智也・新建築創刊75周年記念2001年11月臨時増刊node:20世紀の技術と21世紀の建築, pp.88-89, 新建築社, 2000.11 G

地球環境のとらえ方: 野城智也・新建築創刊75周年記念2001年11月臨時増刊node:20世紀の技術と21世紀の建築, pp.108-109,新建築社, 2000.11 G

藤森 研究室 Fujimori Lab.

建築緑化の新しい試み−タンポポとニラとマツの家: 藤森照信・生産研究/第52巻, 第10号, pp.39-46, 東京大学生産技術研究所, 2000.10 A

ドクドクしいぞ21世紀は: 藤森照信・建築雑誌, Vo.115, No.1468, p.27, 日本建築学会, 2000.12 C

21世紀・林業と木造建築について思うこと: 藤森照信・らぴと/no.006, (財)日本建築センター, 2000.12 C

自然と自然素材: 藤森照信・第14回外壁構法シンポジウーム外壁の自然素材を通して環境を考える, pp.15-23, pp.24-41, 日本建築学会/建築計画委員会, 2000.4 E

近代武漢における中国人建築家の活動と建築作品の特徴−近代武漢の都市形成に関する研究−: 李  江・日本建築学会学術講演会梗概集(東北)(F-2)建築歴史・意匠, pp.341-342, 日本建築学会,2000.9 E

18世紀帰化城(フフホト)の空間構造について−中国内モンゴル・フフホトの都市と建築の近代化に関する研究 その1−: 包 慕萍・2000年度日本建築学会大会学術講演梗概集,(F-2)建築歴史・意匠, pp.341-342, 日本建築学会, 2000.9 E

ブルーノ・タウトの見た能楽空間: 奥冨利幸・日本建築学会大会学術講演梗概集(F-2)建築歴史・意匠, pp.29〜30,日本建築学会, 2000.9 E

ベトナム・ナムディン省の伝統的民家の建築的特徴について: 大田省一・日本建築学会大会学術講演梗概集(F-2), pp.297-298, 日本建築学会, 2000.9 E

近代日本の土木デザインに関する史的研究(2)−昭和戦前期における鉄筋コンクリート橋−: 佐々 暁生・日本建築学会大会学術講演梗概集(F-2歴史・意匠), p.61, 日本建築学会, 2000.9 E

植民地時代(1905〜45年)の韓国における民間建築活動に関する研究−その1, 建築事務所の設計活動を中心に−: 鄭 昶源・日本建築学会大会学術講演梗概集(F-2歴史・意匠), p.361, 日本建築学会, 2000.9 E

戦後都市計画の展開に関する研究−丹下健三 稚内都市計画(1950−52)をめぐって−: 石崎順一・日本建築学会大会学術講演梗概集(F-2歴史・意匠), p.109, 2000.9 E

原現代住宅再見17〜22回 連載継続中(渡辺洋治の龍の砦, 黒川紀章の中銀カプセル, 宮脇檀のかんのぱっくす, 渡辺洋治の斜めの家・田中邸, 増沢洵のコアのあるH氏のすまい, 藤井厚二の聴竹居): 藤森 照信・TOTO通信 , pp.42-45, 東陶機器広報宣伝室(株),2000.1〜2000.12 E

公共建築のあゆみと展望: 藤森照信・mcm 建設月報, pp.50-51, (社)建設広報協議会,2000.1 G

GA広場・歴史は現代建築に必要か: 藤森照信・GA JAPAN/ 44, 5-2000, pp.106-107, ADAエディタートウキョウ, 2000.5 G

GA広場・歴史は現代建築に必要か: 藤森照信・GA JAPAN, pp.106-107, ADAエディタートウキョウ, 2000.5 G

熊本県立農業大学校学生寮−中庭形式と独立柱の試み: 藤森照信・新建築, 75, 8, pp.102-113, 新建築社, 2000.8 G

自然素材と表現: 藤森照信・ディテ−テル/#146, pp.97-104, 彰国社, 2000.10 G

門なきデテイール城を遠く望んで: 藤森照信・ディテ−ル/#146, pp.9-12, 彰国社, 2000.10 G

九州の建築文化: 藤森照信・早稲田バウハウススクールの実践, pp.237-238, toto出版, 2000.11 G

日本の美術館1〜6回/連載継続中: 藤森照信・モダンリビング, No.129, 236-No.134, 241, 2000.3〜2000.12 G

伊豆大島にツバキ城1〜11回/連載継続中: 藤森照信・日経アーキテクチュア No.663〜No.684, pp.106-109, 2000.4〜2000.12 G

山崎 研究室 Yamazaki Lab.

地震応答解析に基づく建物被害関数の構築: 山口直也, 山崎文雄・生産研究, Vol.52, No.8, pp.17-20, 生産技術研究所, 2000.8 A

Spectral Analysis of Optical Remote Sensing Images for the Detection of Damage due to The 1999 Kocaeli, Turkey Earthquake: M. Estrada, M. Matsuoka and F. Yamazaki・生産研究, Vol.52, No.12, pp.12-15, 生産技術研究所,2000.12 A

K-NET地震記録を用いた地盤増幅度と平均S波速度の関係: 田村 勇, 山崎文雄, ホスロウTシャベスタリ・生産研究, Vol.52, No.12, pp.16-19, 生産技術研究所, 2000.12 A

Vulnerability Functions for Japanese Buildings based on Damage Data due to the 1995 Kobe Earthquake: F. Yamazaki and O. Murao・Implications of Recent Earthquakes on Seismic Risk, Series of Innovation in Structures and Construction, Vol.2, pp.91-102, Imperial College Press, 2000.4 B

5.2 地震情報と地震防災システム: 野田 茂, 山崎文雄・地震防災の事典, pp.489-515, 朝倉書店, 2000.9 B

自治体の被害調査結果に基づく兵庫県南部地震の建物被害関数: 村尾 修, 山崎文雄・日本建築学会構造系論文集, No.527, pp.189-196, 2000.1 C

兵庫県南部地震の被害データに基づく建物倒壊危険度評価法の提案: 村尾 修, 田中宏幸, 山崎文雄, 若松加寿江・日本建築学会構造系論文集, No.527, pp.197-204, 2000.1 C

詳細な建物情報を含む被災度調査結果に基づく西宮市の地震動分布の再推定: 山口直也, 山崎文雄・土木学会論文集, No.640/I-50, pp.203-214, 2000.1 C

地震動振幅を用いた基盤地動分布の確率的補間: 野田 茂, 盛川 仁, 山崎文雄・土木学会論文集, No.640/I-50, pp.131-147, 2000.1 C

4.われわれは何を引き継ぐべきか(3)情報課題, 特集 阪神大震災からの教訓 21世紀に何を引き継ぐか, 土木学会誌, Vol.85, No.1, pp.63-65, 2000.1 C

Relationship between Geomorphological Land Classification and Site Amplification Ratio Based on JMA Strong Motion Records: F. Yamazaki, K. Wakamatsu, J. Onishi and K.T. Shabestari・Soil Dynamics and Earthquake Engineering, Vol.19, No.1, pp.41-53, Elsevier, 2000.1 C

兵庫県南部地震の宝塚市域データに基づく建物被害関数の構築: 杉浦正美, 山崎文雄・土木学会論文集, No.647/I-51, pp.305-315, 2000.4 C

西宮市の被災度調査結果に基づく建物被害関数の構築: 山口直也, 山崎文雄・地域安全学会論文集, No.2, pp.129-138, 2000.11 C

航空写真を用いた兵庫県南部地震における建物被害の目視判読: 小川直樹, 山崎文雄・地域安全学会論文集, No.2, pp.119-128, 2000.11 C

Site Amplification Ratios Estimated from Geomorphological Land Classification and JMA Strong Motion Records: F. Yamazaki, K. Wakamatsu, J. Onishi and K. T. Shabestari・Proceeding of the 7th U.S.-Japan Workshop on Earthquake Resistant Design of Lifeline Facilities and Countermeasures Against Soil Liquefaction, Technical Report MCEER-99-0019, pp.55-68, 1999.11 D

Remote Sensing: Assessing the Built Environment by Remote Sensing Technologies: F. Yamazaki and M. Matsuoka・Second International Workshop on Earthquakes and Megacities, pp.27-34, 1999.12 D

Real-time Earthquake Damage Estimation Methodology for Highway Systems: F. Yamazaki, J. Onishi and S. Tayama・Proceedings of the Center-to Center Project Workshop on Earthquake Engineering Frontiers in Transportation Systems, INCEDE-Report 1999-05, pp.65-75, 1999.12 D

Attenuation Relation of Response Spectra in Japan Considering Site-Specific Term: K. T. Shabestari and F. Yamazaki・12th World Conference on Earthquake Engineering, CD-ROM, 8p, 2000.1 D

Damage Assessment of Expressway Networks in Japan based on Seismic Monitoring: F. Yamazaki, H. Motomura and T. Hamada・12th World Conference on Earthquake Engineering, CD-ROM, 8p, 2000.1 D

Determination of Building Damage due to Earthquakes using Aerial Television Images: H. Hasegawa, F. Yamazaki, M. Matsuoka and I. Sekimoto・12th World Conference on Earthquake Engineering, CD-ROM, 8p, 2000.1 D

Fragility Curves for Buildings in Japan based on Damage Surveys after the 1995 Kobe Earthquake: N, Yamaguchi and F. Yamazaki・12th World Conference on Earthquake Engineering, CD-ROM, 8p, 2000.1 D

Interferometric Characterization of Areas Damaged by the 1995 Kobe Earthquake using Satellite SAR Images: M. Matsuoka and F. Yamazaki・12th World Conference on Earthquake Engineering, CD-ROM, 8p, 2000.1 D

Photo-Interpretation of Building Damage due to Earthquakes using Aerial Photographs: N. Ogawa and F. Yamazaki・12th World Conference on Earthquake Engineering, CD-ROM, 8p, 2000.1 D

Risk Evaluation Method of Building Collapse from the Experience of the Kobe Earthquake: O. Murao, H. Tanaka and F. Yamazaki・12th World Conference on Earthquake Engineering, CD-ROM, 8p, 2000.1 D

Super High-Density Realtime Disaster Mitigation System: Y. Shimizu, A. Watanabe, K. Koganemaru, W. Nakayama and F. Yamazaki・12th World Conference on Earthquake Engineering, CD-ROM, 7p, 2000.1 D

Comparative Study on the Methods for Detection of Soil Liquefaction from Strong Motion Records: M. Kostadinov, F. Yamazaki and K. Sudo・8th ASCE Specialty Conference on Probabilistic Mechanics and Structural Reliability, CD-ROM, 6p, 2000.7 D

Comparison of Empirical and Analytical Fragility Curves for RC Bridge Piers in Japan: K. R. Karim F. Yamazaki・8th ASCE Specialty Conference on Probabilistic Mechanics and Structural Reliability, CD-ROM, 6p, 2000.7 D

Characteristics of Satellite SAR Images in the Areas Damaged by Earthquakes: M. Matsuoka and F. Yamazaki・Proceedings of the IEEE 2000 International Geoscience and Remote Sensing Symposium, IEEE, CD-ROM, 3p, 2000.7 D

Automated Detection of Damaged Buildings Using Aerial HDTV Images: H. Hasegawa, H. Aoki, F. Yamazaki, M. Matsuoka and I. Sekimoto・Proceedings of the IEEE 2000 International Geoscience and Remote Sensing Symposium, IEEE, CD-ROM, 4p, 2000.7 D

Super Dense Real-time Monitoring of Earthquakes for a City Gas Network in Japan: F. Yamazaki and Y. Shimizu・Proceedings of the 17th International Symposium on Automation and Robotics in Construction, pp.581-586, 2000.9 D

Seismic Motion Observed by New SI sensors and Microtremor Measurement in Taipei Basin: Y. Shimizu, K. Koganemaru, I. Suetomi, F. Yamazaki and I. Tamura・Proceedings of International Workshop on Annual Commemoration of Chi-Chi Earthquake, Vol.II, pp.248-259, 2000.9 D

Use of Optical Satellite Images for the Recognition of Areas Damaged by Earthquakes: M. Estrada, M. Matsuoka and F. Yamazaki・Proceedings of the 6th International Conference on Seismic Zonation, pp.109-114, 2000.11 D

Use of Interferometric Satellite SAR for Earthquake Damage Detection: M. Matsuoka and F. Yamazaki・Proceedings of the 6th International Conference on Seismic Zonation, pp.103-108, 2000.11 D

Site Amplification Characteristics in Miyazaki Prefecture, Japan Using Microtremor and Seismic Records: Y. Okuma, T. Harada, F. Yamazaki and M. Matsuoka・Proceedings of the 6th International Conference on Seismic Zonation, pp.551-556, 2000.11 D

Estimation of Ground Motion Characteristics and Damage Distribution in Golcuk, Turkey, based on Microtremor Measurements: H. Arai, H. Hibino, Y. Okuma, M. Matsuoka, T. Kubo and F. Yamazaki・Proceedings of the 6th International Conference on Seismic Zonation, pp.289-294, 2000.11 D

Microtremor Measurements for the Estimation of Seismic Motion Along Expressways: Y. Maruyama, F. Yamazaki and T. Hamada・Proceedings of the 6th International Conference on Seismic Zonation, pp.1361-1366, 2000.11 D

Relationship Between the Average S-Wave Velocity and Site Amplification Ratio Using K-NET Records: I. Tamura, F. Yamazaki and K. T. Shabestari・Proceedings of the 6th International Conference on Seismic Zonation, pp.447-452, 2000.11 D

Development of Super High-Density Realtime Disaster Mitigation System for Gas Supply System: Y. Shimizu, E. Ishida, R. Isoyama, K. Koganemaru, W. Nakayama and F. Yamazaki・Proceedings of the 6th International Conference on Seismic Zonation, pp.1181-1186, 2000.11 D

Seismic Motion Observed in Taipei Basin by New SI sensors and Its Implication to Seismic Zoning: Y. Shimizu, K. Koganemaru, F. Yamazaki, I. Tamura and I. Suetomi・Proceedings of the 6th International Conference on Seismic Zonation, pp.497-502, 2000.11 D

Near-Fault Directivity Effect on Ground Motion Characteristics During the 921 Chi-Chi, Taiwan Earthquake: K. T. Shabestari, F. Yamazaki and M. Kostadinov・Proceedings: Second Japan-Iran Workshop on Earthquake Engineering and Disaster Mitigation, pp.47-52, 2000.11 D

Use of Landsat Images for the Identification of Damage due to the 1999 Kocaeli, Turkey Earthquake: M. Estrada, M. Matsuoka and F. Yamazaki・Proceedings of the 21st Asian Conference on Remote Sensing, Vol.2, pp.1185-1190, 2000.11 D

Automated Detection of Building Damage due to Recent Earthquakes using Aerial Television Images and Photographs: H. Mitomi, F. Yamazaki and M. Matsuoka・Proceedings of the 21st Asian Conference on Remote Sensing, Vol.1, pp.401-406, 2000.11 D

Development of GIS-Based Building Damage Database for the 1995 Kobe Earthquake: K. Umemura, O. Murao and F. Yamazaki・Proceedings of the 21st Asian Conference on Remote Sensing, Vol.1, pp.389-394, 2000.11 D

Prospect for the Method of Urban Safety Analysis and Environmental Design: O. Murao and F. Yamazaki・Proceedings of the 21st Asian Conference on Remote Sensing, Vol.2, pp.1155-1160, 2000.11 D

空撮映像を用いた地震被害建物分布の自動抽出: 青木 久, 長谷川弘忠, 山崎文雄, 関本泉・第28回学術講演会論文集, 日本リモートセンシング学会, pp.89-92, 2000.5 E

トルコ・コジャエリ地震の被災地における人工衛星SAR画像の特徴: 松岡昌志, 山崎文雄・第2回リアルタイム地震防災シンポジウム論文集, pp.165-168, 土木学会, 2000.5 E

空撮ハイビジョン映像を利用した被害建物の自動抽出の試み: 長谷川弘忠, 青木 久, 山崎文雄, 関本 泉・第2回リアルタイム地震防災シンポジウム論文集, pp.41-46, 土木学会, 2000.5 E

地震動代表値の増幅度特性に及ぼす影響因子: 末富岩雄, 清水善久, 小金丸健一, 中山 渉, 山崎文雄・第2回リアルタイム地震防災シンポジウム論文集, pp.25-32, 土木学会, 2000.5 E

早期被災地推定システムEDESの開発に向けて: 小檜山雅之, 橋寺 晋, 牧 紀男, 松岡昌志, 林 春男, 山崎文雄, 藤田晴啓・第2回リアルタイム地震防災シンポジウム論文集, pp.159-164, 土木学会, 2000.5 E

K-NET地震記録を用いた平均S波速度と地盤増幅度の関係: 山崎文雄, 田村 勇, K. T. Shabestari・第35回地盤工学研究発表会講演集, pp.2359-2360, 2000.6 E

人工衛星リモートセンシングによる地震にともなう海没地域の把握: 松岡昌志, 山崎文雄・第35回地盤工学研究発表会講演集, pp.411-412, 2000.6 E

宮崎県の地震観測点における地盤増幅度の推定: 大熊裕輝, 山崎文雄, 松岡昌志, 原田隆典・第35回地盤工学研究発表会講演集, pp.2343-2344, 2000.6 E

微動観測から推定したギョルジュク(トルコ)の地震動特性: 日比野浩, 大熊裕輝, 山崎文雄, 久保哲夫, 新井 洋・第35回地盤工学研究発表会講演集, pp.2345-2346, 2000.6 E

集集地震における台北市の地震動特性(その1. 新SIセンサーによる測定結果): 清水善久, 小金丸健一, 末富岩雄, 山崎文雄, 田村 勇・第35回地盤工学研究発表会講演集, pp.227-228, 2000.6 E

集集地震における台北市の地震動特性(その2. 台北市における常時微動特性): 末富岩雄, 山崎文雄, 田村 勇, 清水善久, 小金丸健一・第35回地盤工学研究発表会講演集, pp.229-230, 2000.6 E

常時微動のH/Vスペクトル比を利用した高速道路の地震動推定: 丸山喜久, 山崎文雄, 本村 均, 浜田達也・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, I-B, pp.670-671, 2000.9 E

K-NET地震記録を用いた平均S波速度による地盤増幅度の推定: 田村 勇, 山崎文雄, K. T. Shabestari・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, I-B, pp.714-715, 2000.9 E

建物被害想定における建物属性の最適分類区分に関する考察: 梅村幸一郎, 村尾 修, 山崎文雄・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, I-B, pp.564-565, 2000.9 E

地震応答解析に基づく建物被害関数の構築: 山口直也, 山崎文雄・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, I-B, pp.562-563, 2000.9 E

兵庫県南部地震における航空写真を用いた倒壊建物判読: 小川直樹, 山崎文雄・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, I-B, pp.558-559, 2000.9 E

画像解析を用いた空撮映像からの自動被害抽出手法の検討: 長谷川弘忠, 山崎文雄, 青木久, 関本 泉・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, I-B, pp.560-561, 2000.9 E

Identification of Damaged Areas Due to the 1999 Kocaeli Earthquake Using Satellite Remote Sensing: M. Estrada, M. Matsuoka and F. Yamazaki・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, CS, pp.470-471, 2000.9 E

Analytical Fragility Curves for RC Bridge Piers for Different Earthquake Events: K. R. Karim and F. Yamazaki・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, I-B, pp.380-381, 2000.9 E

Destructiveness of Near-Fault Ground Motion from the 1999 Chi-Chi, Taiwan Earthquake: M. Kostadinov and F. Yamazaki・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, I-B, pp.318-319, 2000.9 E

Relations of USGS MM Intensity Versus Earthquake Ground Motion Indices Using the Three Recent California Earthquakes: K. T. Shabestari and F. Yamazaki・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, I-B, pp.654-655, 2000.9 E

超高密度リアルタイム地震防災システム: 清水善久, 小金丸健一, 中山渉, 山崎文雄・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, I-B, pp.554-555, 2000.9 E

台北市における地盤震動特性と地盤構造の関係: 末富岩雄, 山崎文雄, 田村勇, 清水善久, 小金丸健一・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, I-B, pp.684-685, 2000.9 E

GISを用いた地盤増幅度の面的整備手法に関する検討: 石田栄介, 山崎文雄, 清水善久・土木学会第55回年次学術講演会講演概要集, I-B, pp.556-557, 2000.9 E

都市デザインにおける都市解析手法MUSEの意義: 村尾 修, 山崎文雄・日本建築学会大会学術講演概要集, F-2, pp.569-570, 2000.9 E

トルコ・コジャエリ地震の建物被害地域における人工衛星SAR画像の特徴: 松岡昌志, 山崎文雄・日本建築学会大会学術講演概要集, B2, pp.39-40, 2000.9 E

微動観測から推定したアダパザル・ギョルジュクの地盤特性: 新井 洋, 久保哲夫, 大熊裕輝, 山崎文雄, 日比野浩・日本建築学会大会学術講演概要集, B2, pp.23-24, 2000.9 E

ギョルジュク(トルコ)の推定地震動に基づく建物被害分布の解釈: 日比野浩, 久保哲夫, 大熊裕輝, 山崎文雄, 新井 洋・日本建築学会大会学術講演概要集, B2, pp.25-26, 2000.9 E

兵庫県内強震観測点における常時微動記録に基づく地盤特性の把握: 齋田 淳, 松岡昌志, 山崎文雄・第10回地域安全学会梗概集, pp.175-178, 2000.11 E

画像解析による地震被害の自動抽出: 三冨 創, 山崎文雄, 松岡昌志・日本写真測量学会秋季学術講演会発表論文集, pp.143-146, 2000.11 E

社会基盤システムの実時間制御技術: 山崎文雄・平成11年度文部省科学研究費補助金(特定領域研究)研究成果報告書, p.319, 2000.3 F

Real-time Control System for Civil Infrastructures during a Seismic Disaster ? Overview of the Research?: F. Yamazaki・Confronting Urban earthquakes, Report of Fundamental Research on the Mitigation of Urban Disasters Caused by Near-Field Earthquakes, K. Toki eds, pp.210-211, 2000.3 F

Development of Fragility Curves for Expressway Structures in Japan: F. Yamazaki・Confronting Urban earthquakes, Report of Fundamental Research on the Mitigation of Urban Disasters Caused by Near-Field Earthquakes, K. Toki eds, pp.220-225, 2000.3 F

Development of Fragility Curves for Buildings in Japan: O. Murao and F. Yamazaki・Confronting Urban earthquakes, Report of Fundamental Research on the Mitigation of Urban Disasters Caused by Near-Field Earthquakes, K. Toki eds, pp.226-230, 2000.3 F

Satellite Remote Sensing of Damaged Areas due to the 1995 Kobe Earthquake: M. Matsuoka and F. Yamazaki・Confronting Urban earthquakes, Report of Fundamental Research on the Mitigation of Urban Disasters Caused by Near-Field Earthquakes, K. Toki eds, pp.259-262, 2000.3 F

The Marmara Earthquake: A View from Space: R. T. Eguchi, C. K. Huyck, B. Houshmand, B. Mansouri, M. Shinozuka, F. Yamazaki and M. Matsuoka・The Marmara, Turkey Earthquake of August 17, 1999: Reconnaissance Report, Technical Report MCEER-00-0001, pp.151-169, 2000.3 F

A Proposal for Method for Detection of Soil Liquefaction using Strong Motion Records: M. Kostadinov, F. Yamazaki and K. Sudo・Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, No.33, pp.35-45, Institute of Industrial Science, University of Tokyo, 2000.3 F

Comparison of Empirical and Analytical Fragility Curves for Highway Bridge Piers: K. R. Karim and F. Yamazaki・Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, No.33, pp.117-128, Institute of Industrial Science, University of Tokyo, 2000.3 F

Method for Building Collapse Risk Assessment based on Actual Damage Data due to the 1995 Kobe Earthquake: O. Murao, H. Tanaka, F. Yamazaki and K. Wakamatsu・Bulletin of Earthquake Resistant Structure Research Center, No.33, pp.129-138, Institute of Industrial Science, University of Tokyo, 2000.3 F

地震被害の的確な自動判読をめざして: 山崎文雄・理研ニュース, No.230, pp.5-7, 理化学研究所, 2000.8 G

岡部 研究室 Okabe Lab.

The Standard Enthalpy and Entropy of Formation of Rh2O3 - A Third-Law Optimization: K.T.Jacob, T.Uda, T.H.Okabe and Y.Waseda・High Temperature Materials and Processes, vol.19, no.1(2000), pp.11-16, 2000.1 C

Recovery of Molybdenum from Sulfide Concentrate by Electro-oxidation and Precipitation: T. Darjaa, T.H. Okabe, Y. Waseda and Y. Umetsu・J. Mining and Materials Institute of Japan, vol.116(2000), pp.203-210, 2000.3 C

Contactless Electrochemical Reduction of Titanium(II)Chloride by Aluminum: T. Uda, T.H. Okabe, Y.Waseda and K.T. Jacob・Metall. Mater. Trans., vol.31B, no.4(2000), pp.713-721, 2000.4 C

Recovery of Rhenium from Molybdenum Concentrate by Electro-oxidation and Precipitation: T. Darjaa, T.H. Okabe, Y. Waseda and Y. Umetsu・J. Mining and Materials Institute of Japan, vol.116, no.6(2000), pp.520-526, 2000.6 C

Physicochemical Studies of Lithium Nitride in Molten LiCl-KCl: T. H. Okabe, A. Horiuchi, K. T. Jacob and Y. Waseda・Materials Trans. JIM, vol.41, no.7(2000), pp.822-830, 2000.7 C

溶融塩・液体金属の混合体を利用したTiCl4の還元: 道下尚則, 岡部 徹, 酒井直秀, 田中淳一, 二上 愛, 梅津良昭・日本金属学会誌, vol.64, no.10(2000), pp.940-947, 2000.10 C

Solid-State Cells with Buffer Electrodes for Accurate Thermodynamic Measurements: System Nd-Ir-O: K.T. Jacob, T.H. Okabe, T. Uda and Y. Waseda・Electrochimica Acta, vol.45(2000), pp.1963-1971, 2000 C

Phase Equilibria and Thermodynamics of the System Ag-Rh-O: K.T. Jacob, T. Uda, T.H. Okabe and Y. Waseda・Jounal of Chem. Thermodyn., Vol.32(2000), pp.1399-1408, 2000 C

Recovery of Molybdenum and Rhenium from Sulfide Concentrate by Electro-Oxidation and Precipitation: T. Darjaa, T. H. Okabe and Y. Umetsu・Proceedings of 2nd Intl. Conf. on Processing Materials for Properties(PMP)(San Francisco, Nov. 5-8)Edited by B. Mishra and C. Yamauchi, TMS(2000), pp.751-756, 2000.11 D

Titanium Powder Production by Reactive Molten Salt as an Reductant: T. Uda, T. H. Okabe and Y. Waseda・Proceedings of 2nd Intl. Conf. on Processing Materials for Properties(PMP)(San Francisco, Nov. 5-8)Edited by B. Mishra and C. Yamauchi, TMS(2000), pp.31-36, 2000.11 D

金属・溶融塩混合体への固体TiCl4の投入還元: 道下尚則, 岡部 徹, 梅津良昭・資源素材学会・春季大会[千葉](2000.3.29)講演論文集, 2000.3 E

硝酸銅水溶液からの銅の電析: 三品和彦, 岡部 徹, 梅津良昭・資源素材学会・春季大会[千葉](2000.3.29).講演論文集, 2000.3 E

新しい反応制御による省エネルギーチタン粉末製造方法の開発: 田中淳一, 藤谷 義, 酒井直秀, 梅津良昭, 岡部 徹, 高橋和秀, 二上 愛・平成11年度新規産業創造型提案公募事業成果報告会[東京](2000.3.14). 講演論文集, 2000.3 E

溶融塩を利用した希土類金属・合金の高純度化と素材再生プロセス: 岡部 徹, 梅津良昭・溶融塩・熱技術協会第91回研究講演会[仙台](2000.8.21). 講演資料, 2000.8 E

須田 研究室 Suda Lab.

 (東京大学国際・産学共同研究センターの項参照)


previous page

next page