II. 研究活動


4. 研究の形態
D. 選定研究

PreviousPage
NextPage
第49号 2000年度
2001.8.23


 選定研究は将来の発展が期待される独創的な基礎研究, および応用開発研究を対象とし所内で教官研究費の一部をあらかじめ留保して, 財源として用いるもので, 新しい研究分野の開拓や若い研究者の研究体制の確立を援助することを目的としている. 配分は所内の特別研究審議委員会の議によっている.


previous page

next page