II. 研究活動


7. 研究交流

PreviousPage
NextPage
第49号 2000年度
2001.8.23


 研究所公開

 平成12年6月1日(木), 2日(金)にわたって開催された. 本年度は, 六本木キャンパス, 駒場IIキャンパスの2会場に開催され, 約4,000人にのぼる来場者を迎えた.

 公開された講演および研究は次のとおりである。

 講演会

          講  演  題  目

講 演 者

「マイクロ加工−機械系からのアプローチ−」増 沢 隆 久
「企業経営と研究開発」生 駒 俊 明
「資源と人間とリサイクル」前 田 正 史
「トルコ、そして台湾の地震が突きつけた課題」小長井 一 男
「建築緑化の新しい試み−タンポポとニラとマツの家」藤 森 照 信
          研  究  題  目

研究担当者

物質・生命大部門

 
グリーンケミストリーを志向する有機合成化学工 藤 一 秋
粉末焼結材料林   宏 爾
ナノプロービング技術高 橋 琢 二
遷移金属−硫黄クラスタ−の合成と利用溝 部 裕 司
糖質の生体工学畑 中 研 一
光機能性分子システムへのアプローチ荒 木 孝 二
超低消費電力VLSIデバイスと単一デバイス平 本 俊 郎
テラヘルツフォトダイナミクス平 川 一 彦
半導体ナノテクノロジーと次世代デバイス荒 川 泰 彦
染 谷 隆 夫
半導体ナノ構造による電子の量子的制御と素子応用榊   裕 之
材料中水素の可視化森     実
磁性材料に新しい光をあてる七 尾   進
機能性酸化物の作成とその物性小 田 克 郎
ソフトセラミックスの製造・評価・解析香 川   豊
プラスチック成形現象の高次解析横 井 秀 俊
応用セラミック物性岸 本   昭
コンクリート構造の劣化と耐久性診断魚 本 健 人
固体表面における水素の挙動を探る岡 野 達 雄
福 谷 克 之
非線形光デバイスの研究黒 田 和 男
志 村   努
固体の塑性−転移の動力学鈴 木 敬 愛
枝 川 圭 一

情報・システム大部門

 
人にやさしいヒュ−マン・コンピュータ・インタラクション佐 藤 洋 一
コンピュータビジョン池 内 克 史
佐 藤 洋 一
符号と暗号今 井 秀 樹
松 浦 幹 太
高性能・低消費電力VLSI櫻 井 貴 康
鋼構造骨組の地震応答シュミレーション大 井 謙 一
VRみなとみらい21に鎌倉大仏あらわる池 内 克 史
佐 藤 洋 一
イオン・電子デュアル収束ビームによる微小粒子の三次元元素分布解析尾 張 真 則
光電子ホログラフィーによる表面・界面構造解析二 瓶 好 正
粗形材加工の数値理論解析柳 本   潤
木 内   学 
インテリジェント・メカトロニクス橋 本 秀 紀
おもしろ工具大集合上 村 康 幸
谷   泰 弘
柳 原   聖
車両のダイナミクスと制御須 田 義 大
ナノスケールFIB SIMS装置を用いたShave-off深さ方向分析二 瓶 好 正
人間の行動理解にもとづくロボットの高次学習池 内 克 史
佐 藤 洋 一
スマート構造藤 田 隆 史
新しいコンセプトに基づくロボットシステム鈴 木 高 宏
半溶解加工技術の開発と応用木 内   学
柳 本   潤
熱管理技術に関する研究西 尾 茂 文
生体と食品の凍結・保存・解凍白 樫   了
陸域生態系のリモートセンシング安 岡 善 文
3次元デジタルシティの構築柴 崎 亮 介
交通工学の新たな挑戦−渋滞解消、環境改善に向けて−桑 原 雅 夫
サステナブルな都市空間の形成村 上 周 三
実験・CFDによるシックビルディングの室内空気質解析村 上 周 三
材料・構造の非線形数値モデル吉 川 暢 宏
破壊力学の研究渡 邊 勝 彦

人間・社会大部門

 
空間構造の形態と構造性能川 口 健 一
機能性セラミックスの形成と評価安 井   至
環境情報の社会伝達技術−LCAから人類生存問題へ−安 井   至
燃料電池用材料開発宮 山   勝
燃焼器設計における乱流LESの適用小 林 敏 雄
乱流のラージ・エディ・シュミレーション谷 口 伸 行
大 島 ま り
小 林 敏 雄
新しい環境管理技術鈴 木 基 之
迫 田 章 義
ヒト健康維持のための培養細胞の利用鈴 木 基 之
酒 井 康 行
原子尺度における薄膜構造制御と人工格子材料山 本 良 一
地球環境と金属生産技術前 田 正 史
電磁界解析による雷サージの研究 石 井   勝
地盤の変形と破壊の予測古 関 潤 一
船と海洋構造物に働く流体力の研究
(一人乗り双胴水中翼ヨットの開発, 大型浮体に働く非線形波力他)
木 下   健
計算固体力学の研究都 井   裕
多次元ビジュアルセンシング小 林 敏 雄
谷 口 伸 行
生体流体力学−脳動脈瘤に関する流体力学的検討− 大 島 ま り
小 林 敏 雄
ゼロエミッション技術の開発迫 田 章 義
ベトナム・ハノイ36通り地区における高密度居住藤 井   明
曲 渕 英 邦
21世紀の水資源虫 明 功 臣
沖   大 幹
「戦後モダニズム図面展」
 (An Exhibition of Drawing From Post-War modernist Architecture)
藤 森 照 信
サービスプロバイダーとしての建設産業野 城 智 也
地震災害の監視と制御−リアルタイム地震防災システム−山 崎 文 雄
建築物の耐震性中 埜 良 昭
地盤と構造物のエネルギー収支を考慮した耐震設計法の模索小長井 一 男
風洞実験・実測・CFDによる大空間の環境解析加 藤 信 介
音場解析とシュミレーション橘   秀 樹
坂 本 慎 一
サーマルマネキンを用いた人体周辺の温熱・空気環境解析加 藤 信 介
流体騒音の予測と低減加 藤 千 幸

計測技術開発センター

 
光機能生体系の解析と応用渡 辺   正

概念情報工学研究センター

 
最近の高度データベーステクノロジ:Webマイニング, SAN-PCクラスタ, 投機トランザクション, デジタルアース喜連川   優
概念情報工学坂 内 正 夫
喜連川   優
瀬 崎   薫
佐 藤 洋 一
生 駒 俊 明
視覚的インタフェースによるコミュニティ情報媒介舘 村 純 一
概念コミュニケーション瀬 崎   薫
マルチメディア情報媒介システム坂 内 正 夫

材料界面マイクロ工学研究センター

 
個体アイオニクス材料−ソフト化学的アプローチ−工 藤 徹 一
材料界面マイクロ工学工 藤 徹 一
香 川   豊
光 田 好 孝
酒 井 啓 司
気相からのダイヤモンド生成光 田 好 孝

国際災害軽減工学研究センター

 
より安全な地球のために大学研究者は何をするべきか!!国際災害軽減研究センター
−ネットワークコンピュータ環境を活用した最新防災ツールの開発−A. S. Herath
−都市インフラの安全性向上と災害軽減のための効果的な国際協力とは−須 藤   研
−都市の安全性と防災ポテンシャルを高めるソフトとハード−目 黒 公 郎

マイクロメカトロニクス国際研究センター

 
マイクロ加工と測定増 沢 隆 久
ナノメカトロニクス川 勝 英 樹
IC技術で作るマイクロマシンとその応用藤 田 博 之
年 吉   洋
マイクロマシンの国際ネットワーク研究マイクロメカトロニクス国際研究センター
藤 田 博 之(代表)

海中工学研究センター

 
マイクロチップによる生化学反応/分析の新展開藤 井 輝 夫
メガフロートと海洋のリモートセンシング林   昌 奎
海を拓く海中ロボット浦     環
浅 川 賢 一
高 川 真 一

千葉実験所

 
千葉実験所における研究活動の紹介千葉実験所

共同研究

 
工学とバイオ研究グループ−工学からバイオへの新たな接近−工学とバイオ研究グループ
渡 辺   正(代表)
メソスコピック&ナノ・エレクトロニクス量子ナノ・エレクトロニクス研究グループ
荒 川 泰 彦(代表)
太陽電池用シリコン素材の製造プロセス(株)アイアイエスマテリアル
前 田 正 史
プロダクションテクノロジィ研究会プロダクションテクノロジィ研究会
増 沢 隆 久(代表)
集積化マイクロメカトロニクスとナノテクへの応用LIMMS/CNRS France
乱流の数値シュミレーション乱流の数値シュミレーション
(NST)研究グループ
耐震工学に関する研究:最近の研究成果とトルコ地震・台湾地震の調査報告耐震構造学研究グループ(ERS)

共  通

本所の学術・産学研究交流広報委員会
国際交流室
(財)生産技術研究奨励会
中高生のための東大生研公開SNGグループ
工作機械設備および製作品の写真展示試作工場
生研駒場IIキャンパスLANとコンピュータファシリティ電子計算機室


previous page

next page