NExT教育プログラム概要


設立の背景と目的

産業構造やビジネスモデルが急激に変化しているなか、単一企業の中でこれまでに培ってきた技術だけでは対応できない状況が生まれつつあり、社会状況や最新技術動向を俯瞰的に把握し、様々な技術を統合して新たな事業を創り出せる人材が求められています。このような社会情勢の中、我が国では、定式なき時代に自ら問題・課題を定義し、解決策を見いだしていくための訓練と勉学の機会が必ずしも十分とは言えません。新しい事業展開や融合的事業のスタートに向けて、新しい分野の知識、技術シーズの習得、異分野技術に関する洞察力の涵養など、企業のエンジニアが新たな知識や能力を構築するための教育的支援が喫緊の課題です。

東京大学生産技術研究所(以下「東大生研」という)は、工学の全分野を包括するとともに、学問分野間の垣根を取り払い、分野横断的な連携研究を推進しているユニークな研究所です。このような東大生研の特長を活かし、上述のような社会的要請に応えるため、「社会人新能力構築支援(New Expertise Training)教育プログラム(以下「NExT教育プログラム」という)」を開講しています。

NExT教育プログラムでは、新たな能力を構築したいという意欲をもった企業のエンジニアの皆様に門戸を開放し、その能力構築を支援することにより、我が国の新産業分野創成を担う人材を育成します。企業で人材育成を担当されている方々におかれましても、新人教育や社員教育の一環としてのご利用をご検討いただければ幸いです。


育成する人材のイメージ

新入社員

  • 最先端技術を駆使して、新規・複合分野等で活躍できる人材
  • 新規技術シーズを自律的に学び、幅広い視野で企業内での業務をこなせる人材

中堅社員

  • 社会的・産業的課題を解決する広範囲の最先端技術を習得し、研究リーダーとなる人材
  • 第二の専門分野を構築し、異分野融合イノベーションを提案・牽引する人材
  • 最先端プロジェクトの基本を学び、研究の統括ができる人材

期待できる効果

これまでの専門とは異なる分野での研修を通じて、新たな工学分野における最先端の知識の学習と、新分野創成に通じる研究開発の手法や複数分野を有効に組み合わせる手法を身につけていただきます。具体的には、以下のような効果が期待できます。

新入社員

  • 企業の中だけでは得ることができないシーズ技術に関する知識を得ることができます。
  • 新規で異分野の技術シーズに触れることにより、エンジニアとして活躍するための研究人脈と視野が広がります。
  • 入社前に学んだ知識に本研修で得た知識が加わることで、自律的に幅広い視野で企業内での業務をこなすための方法論が身につきます。

中堅社員

  • 企業における新規挑戦分野を技術的に統括できるような基礎と最先端の知識が身につきます。
  • 新分野創成に向けた多様な技術シーズに触れることにより、エンジニアの皆様の研究人脈と視野が広がり、新規分野に挑戦するきっかけとなります。
  • 従来とは異なる専門に関する研究プロジェクトの調査・立案を通じて、独創的に新分野を開拓するための方法論が身につきます。
  • 工学における異分野の学習とそれらの融合により、イノベーションを起こすようなプロジェクトリーダーとしての能力が向上します。

※特記事項

  • すべての研修生は指導教員の研究室に所属し、研修を受けていただきます。
  • 実験・設計・計算など実習の希望がある場合は、指導教員と相談のうえ、認められる場合があります。ただし、実習にかかる経費については、負担していただく場合があります。
  • 受入期間修了時に修了審査を行い、合格者には修了証を発行します。
  • 本プログラムは、研修生が主体的に工学に関する幅広い知識を習得し、イノベーションにつながる統合的な研究開発能力の向上を目指す教育プログラムであり、共同研究や委託研究とは趣旨が異なります。本プログラム修了後、博士課程への進学希望や、共同研究として研究の継続希望などがある場合、別途ご相談に乗ることができます。