部門・センター
部門・センター
ウイルス医療学寄付研究部門
ウイルス医療学寄付研究部門

多くの感染症に対する医療対策は未だ十分ではなく、治療法のない難治性疾患は多数存在していて、新たな治療法・予防法の開発が求められています。このような状況から、医療分野では新たな技術を用いた医療法の開発研究が求められています。本ウイルス医療学部門では、主に新技術による遺伝子改変ウイルスベクターを用いて、新しいワクチン開発や難治性疾患に対する新治療法を開発するとともに、生産技術研究所の様々な技術開発研究とも連携して新しい医療技術を開発して、社会に貢献することを目的としています。

c_IoTSensing_j_2021.jpg